自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅田真央の敗因、キムヨナの勝因
2010年02月27日 (土) | 編集 |
試合から一夜明けて、とっても穏やかな笑顔の真央ちゃんの映像を見て、
真央ちゃんが元気ならもういいかと思ったりもしましたが、
自分の中で整理と決着を付けるため、今回のフィギュア女子シングルの結果を
自分なりに分析してみることにしました。


浅田真央選手の1番の敗因は、ジャンプで2つのミスをしてしまったことです。
パーフェクトな演技が出来なかったこと、これに尽きると思います。

浅田選手のコーチに就任した頃のインタビューだったか、時期は忘れましたが、
その時話していたタラソワコーチの言葉を借りれば、浅田選手は
「誰にも出来ないことをやって、誰でも出来ることが出来なかった」ということです。

氷に足を取られるという不運もあったと思いますが、そのリカバリーも含め、
誰でも出来ることをやりきれなかった浅田選手に、今回は勝因はなかったのでしょう。

一方キムヨナ選手の勝因は、誰でも出来ることを完璧にやった、
もっとコンパクトに言えば、質も含めてジャンプを完璧に決めたということです。

・・・分析、終わっちゃった。

ジャンプの加点については、キム選手のはいいとして、
浅田選手の最初の単独トリプルアクセルに、出来栄え点のGOEが0.8っていうのは
非常に納得いかないです。これだけはどうしても納得できない。
男子よりもめっちゃ綺麗で高さもあるジャンプでしたよ。
あ、あれかな?回転不足気味だったとか?
これまでの大会だったら、回転不足で認定されなかったであろうところ、
今大会では、回転数は全体的に甘く見てもらっているらしいので、その部分?
回り切れてるような回り切れてないような~だけどまあ高さもあったし~
0.8ぐらいあげとくか~みたいな?
それぐらいのことでなければ、あのジャンプにたった0.8は意味が分からん。

キム選手のジャンプはすごいと思います。
幅、高さ、回転速度、着氷、どれも素人見でも高い技術を感じます。
なので、GOEが高いのも仕方ないなと納得できます。

ジャンプ以外の要素では、同じか浅田選手が若干ご褒美点貰っているみたいです。
が、フライングシットスピンでのGOEの差が0.2しかないとか、
ストレートラインステップでのGOEの差が0.1しかないことには、ブーイングです。

今回のキム選手のフリー、キム選手は嫌いですが、良かったと思います。
いつもキム選手のフリーは途中で退屈してのけぞってしまうのですが、
この大会のフリーだけは、退屈することなく最後まで見ることができました。
そんな中、唯一間延びしたのがストレートラインステップのところだっただけに、
浅田選手の渾身のストレートラインステップと同レベルにはされたくない思いです。
一応浅田選手のGOEが全選手の中では1番高いみたいですが、じゃあもっとちょうだい。

技術点で私が感じるのは、こんなところです。
では次に演技構成点はどうかというと、もうよく分かりません。

この演技構成点って、GOEみたいなもんですよね。
完璧に審査員の主観によるものですよね。
それとも、技術点における基礎点のようなハッキリした基準があるのでしょうか。
あるならそこを是非とも知りたい。

そう!そこなんです!ここなんです!

技術点のGOEにしろ演技構成点にしろ、採点基準を知りたいんですよね。
演技構成点の5つの要素・・・Skating Skills(技術)、 Transitions(つなぎ)、
Performance/Execution(演技/遂行力)、Choreography(振付)、Interpretation(曲の解釈)
これらの点数が出る仕組みというか、どうすれば評価されるのか、知りたいんですよ。
採点されるポイントが分かれば、より点数が出るよう取り組みやすくなる。

で、それを、どうやったら点数が出るかということを、
国際スケート連盟の技術役員にちょくちょく聞いていたのがキムヨナ陣営で、
ゆえにノーミス演技で高得点を出すことができたっちゅうことですよ。

まあ、ルール違反でなければ何やったっていいじゃんといえばそうですが、
そういうのはあまりフェアな感じがしないというか、つまらないというか、
全選手を一堂に会して、そういうミーティングをするならまだしも、
ごく個人的な選手のミーティングでそれをやっちゃうのは、聞こえは良くないですよね。

でもまあルール違反じゃないんでしょうから、問題もないのでしょう。

現行の採点システムに関して、高難度の技に対する評価が低すぎるという声が
終わってみれば男女ともに上がり、見直しを求める署名運動もあるとかないとか。

これに関しては、私は単純に見直せ派には便乗出来ません。

真央ちゃんファンだから、トリプルアクセルをもっと評価して欲しい気持ちはあるけど、
それは基礎点が他のジャンプより高いところで差がついていると思うし、
コンビネーションで3回転半と2回転を跳んだ場合、
3回転3回転のコンビネーションとの差をどのようにどの程度つけるか、
ということを具体的に考えると、なかなか簡単に「上げろ」とは言えないんですよね。
見直せ派も、具体的に「こうすればもっと良くなるじゃん」てな代替え案を出してみて
それでスケート連盟にどうだと示してみればいいんですよ。
「もっと評価しろー!」って叫んでるだけでは、気持ちは分かるけど伝わりにくい。

で、私はいいアイデアが浮かばないから、採点システムには静観派です。

いや、なんだかんだダラダラと書いてしまいましたが、
結局は、キム陣営の作戦とその作戦を100%遂行したキム選手の勝利だと思います。
どんなに上手い作戦を立てても、今回のフリーでキム選手がミスをしてしまえば
結果は大きく変わっていたかもしれません。

作戦を最大限有効にするため、オーサーコーチとキム選手は
長い年月をかけていろんな角度からアプローチをし続けてきたのだと思います。

プログラム構成をほとんど変えず、新しいことには挑戦せず、
とにかく毎年毎年、そのひとつのプログラム構成を完璧に仕上げることに費やし、
オリンピックでミスなく滑るため、スケート以外でも人前に出る機会を増やし、
プレッシャーや緊張する場面での対応の仕方を体得し、
そういった作業を繰り返して固めてきたのだろうと思います。

思うに、オリンピックより、去年の韓国開催グランプリファイナルの方が
キム選手にとってはよほどプレッシャーでストレスかかったんじゃないでしょうかね。
あれに比べればオリンピックなんて、っていうのもあるような気もします。

ジャンプが決まれば、プログラムがより引き締まって見えるし、
どの大会でもミスなく滑るということは必勝条件だと思うし、
ジャンプを決めてミスなく滑ったキム選手のフリー演技は、
私は本当にキム選手は嫌いだけど、金メダルに値するものだと認めます。

逆に言えば、浅田選手はただジャンプミスが出てしまった、それだけです。・
世間が騒いでいるほど、私はキム選手と実力の差があるとは思いません。
浅田選手のジャンプの能力、体も五感も全てをフル稼働させられる表現力、
どこがキム選手より劣っているのか、教えてもらいたいぐらいです。

それぞれの選手の勝因、敗因は、ノーミスの演技が出来たか出来なかったか、
私の分析は、やはり結局それに尽きるということです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。