自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートプログラムを終えて
2010年02月25日 (木) | 編集 |
キムヨナ選手におけるSPの感想です。

ノーミスなら、浅田選手が73点台だったので75点ぐらいは仕方ないかと思いましたが、
世界最高得点を更新する78点台。
そりゃもう、びっくらこきましたよ。

■キム ヨナ
SS 8.60 TR 7.90 PE 8.60 CH 8.40 IN 8.75
■浅田 真央
SS 8.25 TR 7.40 PE 8.40 CH 8.10 IN 8.20

SS Skating Skills (技術)
TR Transitions (つなぎ)
PE Performance/Execution (演技/遂行力)
CH Choreography (振付)
IN Interpretation (曲の解釈)

技術ってのは、素人では分からないところですかね。
エッジワークの深さとか、そういうのですか?じゃ素人には分からないなあ。

つなぎってのは、この前のNHKスペシャルでも少しやっていましたが、
キム選手と浅田選手のそれに、こんなに開きが出るものなんですか?

パフォーマンス・・・ねえ。
え、なに、これは、役者としての演技力のこと?『ボンドガール役』みたいな。
私007見たことないから分からないんだけど、個人的な好みで言えば
昨シーズンにロシェット選手がエキシビションでやった演技の方が、ずっと良かったな。
まあ、好みですけど。

振付は飛ばして、曲の解釈。
男子シングルの時から思いましたが、これは選手による曲の解釈じゃなくて、
審査員がその曲をどう解釈しているか・・・私は完璧にそう捉えています。
ジャッジの感性を見るような感じですね。
その上で、キム選手に8.75出せるなら、鈴木選手の6.95はないでしょう。

飛ばした振付について。
振付の点数は振付家につければいいじゃんと思いたくなりますが、
同じ振りでも、演じる人によって全く印象や出来栄えが変わってくるので
この部分も選手の力量を測るポイントだなと私は思っています。
そこを踏まえて今回のキム選手の振付に関して。

「随分楽させたなー」というのが、私の1番強い印象でした。

先に述べたNHKスペシャルでも、楽出来るポイントをキム陣営自ら語っていましたが、
それを知ってなお、ビックリするぐらい楽させた振付になっていたと思います。
やらた大げさな静止に近いポーズが多かったことと、
ストレートラインステップでの振付そのものに、特にそれを感じました。

全選手を見たわけではないので断定はできませんが、
多くの選手は、ステップの部分で上体を非常に大きく動かしています。
しかしキム選手のステップは、足を除いて動いているのは頭と腕だけです。
首の切り返しと腕の流れでそれらしい雰囲気を出していますが、
彼女の上半身が腰より下に動くことは一切なく、かなり高い姿勢が保たれていました。
やってみれば分かるけど、これはめちゃめちゃ楽ですよ。
そしてこういうのを、小手先のテクニックというのだと思います。

他の選手がダイナミックでエネルギッシュな動きを追及しているところ、
それに逆行する動きを極めようとしているんですかね。
小手先のテクニックじゃ、人は感動させられないんだけどなあ。

・・・もしかして、キム選手の体力不足を補うテクニックか?

あの指パッチンをキム選手が1番のお気に入りと言っているのにも驚きでした。
私が1番引いた部分だったので。ま、感性の違いだな、これは。

ああいう動きが、彼女の魅力を最大限に引き出すものなのかもしれませんが、
その方法には遠からず限界が来ると思うんですよね。
やっている方も虚しくなってくると思う。

そしてそれに連動して技術ですが、
上半身の動きが楽なものであれば、ステップなどにもより集中しやすいですよね。
男子シングル高橋選手の演技中、解説者の方が
「あれだけ上半身を動かしながらステップを踏むのは、非常に難しい」
と言っていましたが、まさにそういうことですよ。
だとすれば、キム選手の今回の8.60はある意味妥当なのかもしれません。

キム陣営は、国際スケート連盟の技術役員らを呼んで
ちょくちょくミーティングをしていると雑誌『Number』に書いてありました。
書いてあるということは、別に違法なことではないのでしょうが、
そこから練りに練って出したプログラムにハイスコアがつくのは
自然と言えば自然なことと思えなくもないですね、考えてみれば。

今回のSPを見て、残念だったことがひとつ。

キム選手も気に入っているであろうこのプログラムですが、
心のこもった演技には全然見えなかったこと。
良い結果だけを求めて、観客もその結果を得るための材料にしかなっていなかったこと。
お客さんに喜んでもらおう、楽しんでもらおう、感動してもらおう、
そういった思いが、全く伝わってこなかったこと。
非常に残念です。

選手にとっては結果が全て、観客の感動なんて知ったこっちゃない。
のだとしたら、あまりにも人を馬鹿にしすぎてますよね。
自分ひとりの力でここまでこれたわけでは、絶対ないのだから、
その感謝の気持ちを表す絶好のチャンスじゃないんですかね、試合っていうのは。
嬉しいことに、日本代表3選手はみんな感謝の気持ちを持って滑っています。
だからこちらも一所懸命応援したくなる。
そうやって、人って繋がっているんじゃないんですかね。

世界最高得点をオリンピックの舞台で出したにしては、
非常に淡白なリアクションだったキム選手とオーサーコーチ。
浅田陣営のキス&クライとは対照的なその光景に、
「なんじゃこりゃ」と思わずにはいられず、長々と書いてしまいました。

友人からのメールで。

仕事中、ワンセグで浅田・キム・鈴木の3選手の演技を数人で見たとのこと。
感想は「やっぱりキムヨナは上手だなあ」だったそうです。

鈴木選手を加藤さん、キムヨナ選手をキムソナと本気で思っていた友人なので、
少なくとも私よりはずっとずっとフィギュアに疎いと思いますが、
フィギュアに疎い人たちは、やはりキム選手の演技を「上手い」と思うのだなあと
溜息と同時に妙に納得できる部分もあるやりとりでした。

「あんなに点差がつくとも思えないけどね」

そんな友人のメールの最後に書いてあった文章です。
コメント
この記事へのコメント
通りすがりのフィギュアスケートファンです。

キムヨナ選手が楽をしているとは思いませんでした。深いエッジを正確に踏むということに関しては、解説者も実況で褒めていましたし。
そもそもレベル3狙いだったのですから、レベル4狙いの浅田選手・鈴木選手らに比べると、動きに物足りなさはあったかもしれません。
ただ、スケーティングの質(滑らかさ・エッジ使い)・スピード・そして音楽との調和(どの動きもタイミングがばっちりでした)がよかったので、質のいいレベル3として認められたのだと思います。

例えていうなら、スピードが遅く・バランスを崩したパールスピンと、ものすごく出来のいいレベル3のキャメルスピン、どっちを高得点とすべきか難しいところだと思いますが、今の採点法はそこの評価方法の詰めがまだ甘いということでしょう。

個人的にはステップ・スピンは全体的に技術アップしているし、レベル5くらいまで認定レベルを増やしてもいいような気がします。

あと、競技者として試合に臨んでるわけですから、心理的にセーブしておくことも、心の揺れをコントロールする技術のひとつだと思います。
キスクラの態度でこう書かれるのは、少しかわいそうな気が…
浅田陣営は、苦手部分を乗り切ったのですから、よりはしゃぐのは当然で、逆にキム陣営は苦手なフリーを前にはしゃげないのも当然では…

少なくとも私には、キム選手は「自分のできることをしっかりとやることで、観客に喜んでもらおう」という演技をしていたように見えました。
金メダルでなくてもいい、それより良い演技をしたいとずっと言ってる選手ですし。
2010/03/06(土) 17:25:36 | URL | Z #2PRdxZIg[ 編集]
Zさん >>>
コメントありがとうございます。
「楽をしている」というのは、私が見たテレビで実際そのような言葉を使っていたので
私も使わせてもらいました。加えて、私自身ダンスをずっとやってきているので、
体の使い方に関しては、多少なりともそれなりの見方が出来るつもりでいます。
そういう部分から、やはりキム選手のショートは「楽させたなー」と思いました。
フィギュアという競技やその採点方法に関しては全く素人ですし、
詳しく調べて勉強しようという気持ちもさらさらありません。
自分が見て、いいと感じたものはいいと判断するし、
そうでないものはそうでないと判断して、自分のブログで述べているにすぎません。
実際、キム選手のフリーに関しては、自分なりに評価をしているので
そちらを見て頂ければ、少しは納得していただけるのかもしれませんね。
このブログに書いてあることは、全くの私の主観です。
上記の記事にも書いたのですが、私はキム選手は嫌いです。
やはり好きじゃない選手に関しては、辛口になるところは普通にあると思いますし、
Zさんと同じ感想を彼女に持つこともあれば、持たないこともあって当然だと思います。
キスクラの様子も、Zさんにはそのように見えたのだろうと思いますし
(ただし、「当然」かどうかは個人の解釈で真実ではないですよね)
私にはこの記事に書いたように見えた、それだけのことと思って頂ければ幸いです。
どちらが良い悪い、どちらが正しい間違っている、
そんなところを断定しているつもりは全くありませんので、ご理解ください。

(とお返事書いてみたものの、通り過ぎの方が読み返しに来るとは思ってませんが・・・汗)
2010/03/07(日) 00:34:49 | URL | アキ #VZRdE7nc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。