自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キムヨナブランド
2010年02月10日 (水) | 編集 |
この大会で出した今季自己ベスト得点は、ショートプログラム(SP)の失敗があったとはいえ183・96点で、金妍児の今季ワースト、187・98点より低い。特に表現力などを示すプログラム構成点はフリーで58・16点(5項目は6・60~7・55点)で、大崩れしたロシア杯フリーの59・28点(同7・20~7・50点)より低かった。小林芳子・日本スケート連盟フィギュア強化副部長は「(好演技の)この出来ならもう少し出てほしい」と首をかしげる。ある連盟関係者は「ジャッジは欠点を見がちなもの。以前は実績で点数が出ていた面もあったが、試合でミスが続いたことで“貯金”が底をついた。4大陸選手権優勝で盛り返せるとは思うが……」と懸念する。

毎日jp バンクーバー五輪 『輝け!日本のエースたち』より抜粋


へー!そうだったんだ!

われらが北海道日本ハムファイターズの春季キャンプ、今日は休日だったこともあり、
ますます今日も今日とて真央ちゃんのワタクシでございます。

何がそうだったかというと、抜粋した内容の通り、真央ちゃんのフリーの演技で、
今季初優勝を飾った四大陸選手権、つまり「この試合」のプログラム構成点が
今季1番出来の良くなかったグランプリシリーズロシア杯のそれより低かったことです。
私は大会毎に出てきた数字を、そこまで記憶に残していないので、
今さらながら驚いているんですね。

いやいや、点数付けるってのも分からんもんですな。

これまた今更ながらに考えるようになったことなんですが、
韓国のキムヨナ選手に、なぜにあんな高い点数がつくのか。
確かにジャンプの質はいいと思うし、ビュンビュンよく滑るし、上手いと思うけど、
個人的には1度見れば十分な演技で、魅力はさほど感じてないんですね。
でもめっちゃ高得点が出る。なぜに?!

つまり、上記抜粋の記事である連盟関係者が言っている、まさにそれが答えなんでしょう。
キム選手は恐らく何年もかけて、もしくはここ1~2年の間で、
たくさんの“貯金”をしてきたんだろうなあ、と。
それに対して真央ちゃんは、今まで持っていた“貯金”を使い果たしてきたような状態で、
なんだかんだ言っても、どの世界でもお金ってのは大切で信頼の証にすらなりますから、
貯金のない選手への風当たりは冷たいんですよ、やっぱり。

最近マイブームな言葉が、『キムヨナブランド』。

前のエントリーで紹介した雑誌『Number』にも書かれてありましたが、
キム選手は、この五輪で金メダルを取る準備をずっとしてきたそうです。
それが、ここ数年変わることのないプログラム構成だったり、
国際スケート連盟の技術役員を交えたミーティングを行ったり、
常に自分に挑戦し続けている浅田選手が好きで応援している私としましては
「なんじゃそりゃ」と思いたくもなるような準備だったりするのですが、
でも間違いなく、彼女は彼女で準備してきた事実があるわけです。

その準備と実績で確実にしたものが、『キムヨナブランド』。

ブランド力って、めちゃめちゃ大きいんですよ。
これ、実際うちがパン屋を経営していて痛感することなんですけど、
ハッキリ言って「はあ?!」みたいなパンでも、ブランドになると無条件に売れるし、
ちょっとやそっとのことじゃ揺るがない販売力を発揮し続けるんですね。
残念ながら、まだねこ村パン屋にはそういったヒット商品はありませんが・・・

この、「無条件」と「揺るがなさ」と「し続ける」状態、
まさにキム選手の演技に当てはまる気がすごくするんです。

微妙な回転不足とかエッジの使い方とか、そんなのはサッパリ分かりませんよ。
でも、転んだりジャンプを跳ばなかったりしても、目が出るような高得点が出る。
これはひとえに、『キムヨナブランド』の成せる業ではないかと。

私は、これを否定しません。

「はあ?!」なブランドパンはどうだか知りませんが、
キム選手の場合は、才能もあればブランドになるだけの努力もしてきたでしょう。
決してまがい物とかインチキではないと思います。
その上でブランドを作り上げてきたんだから、まあしゃーないやねって感じです。
売れるためにいろんな角度からいろんな作戦をとるのは、普通のこと。
それをやるかやらないかだけで。

真央選手は、それをやらなかった方なんだなと思います。

「五輪で金メダル」という目標は同じでも、それに向かう手段がキム選手とは違った。
より険しい道を選び、貯金もはたき丸腰とも思えるような状況にまで陥り、
その道すがら、たくさんの誘惑が、本当にたくさんの誘惑があったにもかかわらず、
しかし彼女は、自分が選んだいばらの道を自らの足で黙々と歩き続け、
今、ひとつの大きな目標に限りなく手の届くところまで進んできています。
そりゃ、めっちゃ応援したくもなりますよ。

ブランド力があるだけ、キム選手の金メダル有力説も仕方ないことと思っています。
ただ私の感覚では、キム選手の演技で心に響いてくるものは特になく、
記録には残るけど記憶には残らない芸術には全く興味がありません。
とは言うものの、私がジャッジして順位が決まることでもないので、
五輪開幕が本当に待ち遠しくてたまらないってことなんです。
ブランドが勝つか?人間力が勝つか?

そのためにも、みんな、悔いの残らない演技が出来ますように!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。