自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自信の定義
2010年02月08日 (月) | 編集 |
去年の夏ごろ、『自信』という言葉についてブログに載せたことがあります。
いま読み返してみると、その時にはひとつの結論めいたものが出ていたっぽいですが、
それがどういうものだったか、今はさっぱり記憶にも感覚にも残っておらず、
本当に人間ってのはつくづく、面白いというかもったいないというか・・・

で、昨日ふと、『自信』という言葉について思い当たったりしたので
忘れないうちに記録に残しておこうと。
半年後にはまた忘れているかもしれないから。ひょー。

先の記事で『自信』とは『自分を信じること』と私は定義づけていました。
もしかしたらその時、『自信』について発見できたのはここまでだったのかもしれません。
今回はもうひとつその先、『自分を信じる』とはどういうことか、
そのどういうことかの部分で、ある定義を思いついた様子です。

『自分を信じる』・・・これだけだとかなりざっくばらんな感覚に思えます。
『自分』の『ナニ』を信じるか。

『ナニ』。
それは、『自分のやってきたこと』に他ならないのではないかと。

いやね、いまさら何をそんな分かり切ったことを・・・と思われるかもしれません。
加えて以前の記事では
>練習を目一杯した時ってやはり自信もって試合できるよ。
>勿論その時だけの練習じゃなくてね。
というコメントも頂いています。もちろんちゃんと読みました。
でもまだその時は、言葉としては理解できたけど、感覚として理解できておらず、
なるほどそれも一理ありと思っていました。

その一理の部分が、自分の納得いける感覚として今回ストンと落ちてきたわけです。
なぜ落ちてきたかというと、ここで真央ちゃんが登場するわけです。

バンクーバーオリンピックまであとわずか。
女子フィギュアスケートは後半にあるので、あと2週間弱ですね。
オリンピックシーズンの今季、浅田選手はずっと苦しみ続けてきた様子は
テレビや雑誌などの報道からも、充分に伺え知れるところです。

number_100218_mag.jpg

文藝春秋社の『Number』に掲載されている浅田選手のインタビューでも
彼女の言葉でそれが語られていました。
その中で、「試合になるとうまくいかない」という内容が書かれてありました。
言い換えれば、練習では出来ているということですよね、単純に考えて。

更に浅田選手のインタビューで、「練習通りに」というのもよく耳にしました。
ってことは、やっぱり練習ではうまくいっているということですよね、単純に。

試合で練習時の力が発揮できない理由までは分かりませんが、
「真央ちゃん、自分のやってきたことを信じれば大丈夫なのに~」
ふと昨日そう思ったのです。

彼女の練習熱心さは、周知の事実です。
トレーナーや栄養士について、理に適ったトレーニングを積んでいることでしょう。
ジャンプ専門の専任コーチがいないという情報も入っていますが、
むやみやたらに飛んだり回ったり、というトレーニングはしていないと思います。
その証拠に、トリプルアクセルを自信持って飛ぶようになってきました。

あ、自信って言葉出てきた。

つまりそうなんですよ。
自分を信じるって、自分のやってきたことを信じるってことなんですよ。
そうだそうだ、そうなんだ。自信ってそういうことなんだ。
自分という『人間』じゃなくて、上手い言葉が見つかりませんが、
『それに対する積み重ね』を信じるってことなんだ。
ほほう、なるほどそうなんだ。やっと分かった気がついた。

とまあ、こんなあんばいです。

だからこそ、もうこれ以上やり残したことはない、後はやるだけだと思えるぐらい、
内容のある練習を積み重ねていくことが大切で、
その積み重ねが、結果自分という人間を育ててくれていくことにも繋がり、
その成長を『自信』という言葉に置き換えることもできるのかもしれない・・・
のかな~なんて。

そしてきっとそれは、フィギュアや野球の試合にかかわらず、
自分の仕事だったり家族との関係だったり、
いろんな局面で言えることなんじゃないかなと感じているのですね、今。

もしかしたらそんなに簡単に「自信を持って」という言葉は
本当は出てこないものなのかもしれません。
そう言えるだけのことを、果たして自分はやってこれたのか?
案外それは、想像しているよりも大変なことのような気もします。
やっぱり、自信を持つってそんなに簡単にできることじゃないんですね。

でも、真央ちゃんは自信を持っていいと思うよ。
むしろもっと持って。
いいっていいって、もっと自分を評価してあげても。
それは決して自惚れではないから。

って本人に直接言えたら、どんなに幸せなことか。
今はただ、カナダで素敵な仮面舞踏会が開かれることを心待ちにするだけです。

『自信』は『自身』にあらず。
以上、浅田真央選手から学んだ私流自信の定義でした。
コメント
この記事へのコメント
前の時は確か、目一杯練習してなんとかかんとかって書いたような気が^_^;
この時は「これだけやったんだから!」って意味で書いたけど、
確かにそれだけじゃないよね・・・
積み重ねも大事、後は経験も大事だよな~
2010/02/08(月) 19:55:57 | URL | シバヤン #uSG38wC6[ 編集]
シバヤン >>>
ハイ、まさに記事で引用した以前頂いたコメントはシバヤンからのものです。
「これだけやったんだから!」っていう「これだけ」の部分も
れっきとした積み重ねですよね。1日やそこらの練習じゃないはずですから。
積み重ねと経験、言葉は簡単だけど本当に大事なことだと思います。むう~。
2010/02/09(火) 22:56:12 | URL | アキ #VZRdE7nc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。