自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

76
2010年01月19日 (火) | 編集 |
おととい日曜の朝6時、ヒデから電話が入りました。

「雪がすごくてお店が開けられない。どうしよう」

窓の外は、確かに向こうが見えないぐらい雪が降っています。

「もう1時間以上雪かきやってるんだけど、ちょっとどうにもならないんだよ」
「分かった、今から行くから」
「いや、歩道も除雪が全然入ってないからムリだよ」
「でも話だけじゃ様子が分からないから、とにかく行くよ」

鍵と携帯と替えの靴下だけを持っていざ出陣。
エレベーターを降りてマンションの外に出てみると・・・

道が無い。

いえ、日曜の早朝でもかろうじて通行した人がいるらしく、
けもの道のようなものがうっすら残っていたので、そこを頼りに歩きます。
が、うちを出て10mほどで、靴の中に雪が侵入したのが分かりました。
長靴を持っていればよかったのですが、私は持っていなかったのです。
だって今まで、長靴必要だったことなんてないんだもん!

交差点を渡って緩い坂道に入ると、そのけもの道すらなくなり
信号ですれ違ったオジサンのものと思われる、ひとり分の足跡だけが続いていました。
その足跡に自分の足をはめて進みますが、スッポリ膝まで雪に埋もれてしまい、
どこの陸上部かと思うような腿上げをしながらの前進で、ゼハーゼハーです。

坂道を終えた先には、もはやその足跡すらなくなり、
本当の本当に、歩道が腰ほどもある雪の下に水没ならぬ雪没して、なくなっていました。

さすがにその雪を漕いで進む根性など持ち合わせていなかったので
ためらわず除雪の入っている車道を行くことにしました。あ~楽ちん。
でもその車道も、3車線のところ除雪された雪で1.5車線分ぐらいしか道幅がありません。
前日の夜まではちゃんと3車線分は見えていたのに・・・

ふたつ目の交差点を過ぎ、なんとかお店に到着した私の目に入ったのは、
雪に埋もれて歩道に斜めに止まっている愛車と、雪かきスコップを持って立ち尽くすヒデと、
お店の前一面に広がる大海原並みの大雪原でした。


0118-1.jpg
自宅から見た、翌日月曜の風景。


「えっと・・・どうすればいいの?」

どうするもこうするも、雪かきするしかないんですけど、
例えば、ウエディングパーティとか有名人のバースデイとかでよく用意される
ちょっとしたテーブルサイズのケーキを出されて、
「全部食べてね!」と言われてしまった時の困惑、あんな感じでしょうか。
「え?ナニ?これ全部食べるの?ひとりで?」みたいな。
どっから手をつけていいのかサッパリ分からない状態で、ただ呆然です。

しかも天からは、次から次へと隙間なく雪が降り続いています。
特大ケーキとわんこそばを足して2で割ったような状態です。

特注が入っていたのでお店は開けることにしましたが、
極限まで品数と量を減らして、売り切れ御免にすることにしました。
さすがにこの雪では、お客さんもよほどじゃない限り買い物には来られないでしょう。

ということで、ヒデはパン作りに入り、私はヒデの長靴を借りていざ雪かきへ。
わー長靴サイコー!あったかーい!いーねーこれ!なんか強くなった気がする!

そんな強気に引かれるように、隣の美容室のニイチャンも2時間早くやってきました。

「すごいですね~、これどうしたらいいんですかね」
「とりあえず、車が入れるようにしていきましょう」
「こんなの初めてですよ」
「あ、やっぱりそうなんですか?」

私たちより長く札幌にいる静岡出身のニイチャンも、こんな大雪初めてとのこと。
5時に起きて自宅の雪かきをしてから、お店に来たそうです。

明るくなり、街灯が消え、少しずつ人や車が動き始めましたが、
皆一様に「なんだこの雪は、どこ歩けばいいんだ」オーラを全身から放っています。

さらさらの雪で、気温も恐らく氷点下だったと思いますが、
右へ左へ雪をかいての全身運動、上着の下はうっすら汗をかいてきました。暑いわー。

なんとか駐車場に車を止められるようにし、ある程度均したところで雪かき終了。
さすがに3時間ずっと雪かきしてたら、体の疲れ以上に気持ちが飽きちゃうわ。
お店に入り、あったかい窯の前で食べたヒデのぶどうパンの美味しかったこと・・・
ああ、労働って素晴らしい・・・


0118-2.jpg


ローカルニュースによると、札幌市10区の中で
ねこ村夫妻の住む区が積雪が1番多くて、なんと76センチ!
私の身長が自称156センチなので、私の身長の半分程も雪が降ったことになります。
そりゃー雪かき後に放心状態にもなるさー。

お昼前からはあの雪がウソのように穏やかな晴天になり、
おかげさまで、予想していたよりもたくさんのお客さんが来てくれました。
追加で少し焼きましたが、あれこれ選んで頂けるほどは全く揃えられず、
ありがたいのと、申し訳ないのと・・・

年々、雪が遅かったり少なくなったり感じていましたが、
なんだかんだでやっぱりここは北海道なんだなと、確信した1日でした。
コメント
この記事へのコメント
スゴっ!
おととい日曜日は、小春日和かと言うほどの暖かな
穏やかな陽気でしたよ、北部九州地方。
日本はやっぱし長いですねー、縦に(ーー;)。

雪の壁って、一度館山黒部アルペンルートのトコで見たことありますが、
あれは2メートル越えてましたが、それでも、76センチも深いですよね。
2メール越は上に乗っても固まってましたが、76センチは掻き分けて進むとなると
断然76センチの方がツラそうです。
雪掻きには憧れるけど、それは苦労を知らないからなんだろうなぁ・・・。
うーん、でも、ちょっとその豪雪、体験してみたい気もします。
あ、でも、氷点下なのか、・・・うーん。
2010/01/19(火) 23:01:52 | URL | みーや #mQop/nM.[ 編集]
76センチですか・・・・
雪かきも大変やな~
私も雪かきって一度経験してみたいって思うけど、
確かに雪を知らない所の人だから思うんだろうな~
み~やさんと同じで寒いとやだし^_^;
2010/01/20(水) 19:13:58 | URL | シバヤン #uSG38wC6[ 編集]
みーやさん >>>
南の方は、札幌より少し先に結構な雪が降ったりしてたんですもんね。
アルペンルートの雪は、私が見てもすごいと思います。圧巻ですよね!
なんて、映像で見たことしかないんですけど・・・(汗)
でも、日常生活の積雪は、それとは違った感覚かな~って思います。
今回の雪は本当に、「すごい・・・」通り越して「唖然・・・」でした。
いや~なんだかんだで、ここ北海道なんですね~思い出しました。
私、雪かきは嫌いじゃないですよ。好きってことでもないけれど、面白いです。
ただそれも、お店の前の雪かきだけでいいから言えることかなと思ったり。
仕事に行く前に早起きして雪かきしなきゃいけないとなると、やっぱり大変だろうなあ。


シバヤン >>>
今回はさすがに大変でした~。
どこまでやっていいか分からないぐらい、雪かきした先から雪降るし。
ただ、北海道ってそんなに寒くないんですよ、実は。
雪かきしてればすぐに暑くなるし、
部屋の中は本州よりもずっと暖かいですから♪
今は冬に本州には絶対行きたくないです。風邪ひきそう。(笑)
2010/01/20(水) 23:36:01 | URL | アキ #VZRdE7nc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。