自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Blues Brothers
2010年01月03日 (日) | 編集 |
お正月休みはこの映画を見ようと心に決めていたのが、『ブルース・ブラザース』
ねこ村パン屋のお客さまとこの映画の話題になって、見てみることにしたのです。

ストーリーは、ブルース兄弟が自分たちの育った孤児院を救うために
バンド活動をしてお金を工面する・・・と、めっちゃ端折って言うとこんな話です。

じゃブルース兄弟って何者よというと、かなりに悪ガキな大人で、
なんでバンド活動なのよっていうと、脚本と主演を務めたダン・エイクロイドが
ブルースやR&Bが好きで、それらの良さをもっとアピールしたかった・・・から?
ぶっちゃけ、見たけど詳細は私にはよく分かりません。

分かりませんが、ここ数年でそのかっこよさに気付かされたジェイムス・ブラウンとか、
名前は聞いたことあるぞのレイ・チャールズとか、
見たことあると思ったら、スター・ウォーズのお姫様だよキャリー・フィッシャーとか、
映画や音楽にめっぽう疎い私でも「おお」と思えるキャスティング、
見る人が見れば、豪華キャストで彩られているんじゃないでしょうか。

端折って言うと、上に書いた通り2行ぐらいで説明できるストーリー。
そのストーリーにあれやこれやとくっついた、娯楽映画となっております。
そのくっつき方が半端じゃないんですね、この映画は。

アニメの『ルパン三世』、あるじゃないですか。
あれの実写版みたいな感じです。

ブルース兄弟はルパンと次元みたいな感じだったし、
不二子ちゃんほどではないけれどバズーカ砲ぶっ放す謎の女は出てくるし、
なんといってもあのド派手なカーチェイス!!!
いやもう本当に、ハンパないんですよ、そのカーチェイスが。
あの縦横無尽ぶり、本気でルパン三世の世界でした。
あんなの実写でできるのね~びっくりしまくったさ。

でもって、もちろんバンド活動するので音楽要素もちりばめられていて。
これがまた最高のエンターテイメントになっているから、痛快なんですよね。

ジェイムス・ブラウンは、インチキくさい牧師役で登場するのですが、
意味不明な説教からノリノリのゴスペルに持っていくパワーは桁外れだったし、
レイ・チャールズは、インチキくさい楽器店の店主役で登場するのですが、
インチキピアノで歌い始めた途端エネルギーが爆発したし、
でも1番の驚きは、ブルース兄弟役のジョン・ベルーシと前述のダン・エイクロイド。
この2人が、バンド活動でもハンパなくカッコ良かったんですよね~。
ルパンと次元のカッコ良さが分かる人には、この2人のカッコ良さも分かります。
ルパンや次元は歌いませんけどね。

この映画は、世界名作劇場のような名作では決してないけれど、
クールという言葉がピッタリのめっちゃ楽しい傑作だなあと思いました。
まーとにかくあのカーチェイスや警察官との追いかけっこ。
あそこまで徹底してやってくれたら、文句の付けどころもございません。
もちろん音楽もクール。
ブルースやR&Bを知らなくても、シンプルに楽しめてなおかつ爽快。
いやいや、勉強になりました。

何か物づくりで迷った時は、迷わずこの映画を思い出そう。
コメント
この記事へのコメント
ブルース・ブラザーズ
バカバカしくて痛快で、そしてクールで。。
いかにもアメリカ映画らしいドタバタ劇には僕らもかなり魅了されましたよ。

特に音楽好きの僕はその彼等のデビュー・アルバムにしてライブ盤という登場の仕方にびっくり!
そのデビュー・アルバム『ブルースは絆』と2作目にあたる映画「ブルース・ブラザーズ」のサントラ盤『ザ・ブルース・ブラザーズ』はアメリカ音楽の素晴らしさを最高の形で伝える超名作だと断言できます!

1stなら「ソウル・マン」、そして2ndなら「ギミ・サム・ラヴィン」が特に好き^^
2010/01/03(日) 23:13:02 | URL | yui #GYfx15Bo[ 編集]
yuiさん >>>
そうそう、バカバカしいですよね!ホント!そうそうそうそう!!!
最初はいろんなものがむやみやたらに破壊されるので(モールとか)
エコな今の時代的には唸ってしまう部分が結構あったのですが、
あそこまで徹底してやってもらうと、むしろ爽快で開き直って見れました。(笑)
多分私は、yuiさんの言う「デビュー・アルバムにしてライブ盤という登場の仕方」
というこのあたりのところが良く理解できて言ないと思われるので
楽しさもその分減っちゃってるような感触があるんですけど、
それ差し引いても、見終わった後に「はあ~面白かった!」ってなりました。
一緒にレンタルしたハリウッド映画が、これでもかこれでもかとばかりに
あらゆる特撮技術を見せつけているだけの印象でうんざりだったので、
この底抜けにクールでアナログな映画が、余計に人間くさくて嬉しかったです。
こういう映画や音楽に触れるのも、いいですね~♪かっこよかった!
2010/01/04(月) 00:14:27 | URL | アキ #VZRdE7nc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。