自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そのひと言が
2005年10月29日 (土) | 編集 |
「ごちそうさん」
そう言って、男性はお店を後にしました。

「ありがとうございました!またお越しくださいませ!」

食べ終わって、そのまま何も言わずに帰ることだって出来るのに
最後のひと言を、私たちに残してくれる。
これが本当に嬉しいんですよね。本当に嬉しいんです。

パンを袋に入れて
「お待たせいたしました。ありがとうございます!」
「どうも」
このひと言で、ご褒美を貰ったような気持ちになります。

私たちの元気は、お客様から頂いています。
「ごちそうさま」「どうも」
このほんの短い言葉に含まれたエネルギーの大きさに比べれば
自分発の元気パワーの小さいこと小さいこと。

お店をやる前は、自分発のエネルギーで
お客さんをハッピーな気分にしてあげたいと思っていました。
それはどうやら思い上がりで、幸せにしてもらっているのは
間違いなく私たちの方。



自営業って本当に大変です。
私たちのような若輩自営業者は、毎日が不安との戦いです。
でも、だからこそ感じられる喜びだってあるんですよね。
それは、自営業をやっていなければきっと気づくことのなかった喜び。

その喜びを少しでもお返し出来るよう、「いらっしゃいませ!」
そして、「ありがとうございました!またお越しくださいませ!」
コメント
この記事へのコメント
わかります~
職種は違うけど、私も帰り際に、「ありがとうね」と言っていただいて、ほんわかした気持ちになりました。
今のお仕事、私は、お年を召した方を担当する事が多く、おばぁちゃまにそう言ってもらえてうれしかったですよー。何気ない一言に勇気付けられることってあるよねー!
自分も 逆の立場に立ったときは、一声かけさせていただいてます~
2005/10/31(月) 11:30:08 | URL | らびぃ #27TOMKG.[ 編集]
同感です^^
同じ気持ちです。
私もお店に出ている仕事なんですけれども、ほんの一言いただいただけで、一日がパッと明るくなりますね。
それは例えば仕事の時だけじゃなく、当たり前のことなのにちょっとしたことにお礼を言っていただけたりすると、こちらこそ~と笑顔を返したくなりますね。
エレベーターで開のボタンを押し続けていること、たったそれだけのことだったりなんですけどね(笑)
2005/10/31(月) 22:39:01 | URL | 恵美 #T/Hj2dgY[ 編集]
らびぃさん >>>
もしかしたら当たり前のひと言なのかもしれないけれど
案外その当たり前が言えないことも多くって
だからその忘れていた当たり前に触れると、とても嬉しくなるんですよね。
私も逆の立場では、出来るだけ言うようにしています。
でも、態度が悪い店員のお店では絶対言わないな~(笑)。


恵美さん >>>
恵美さんも接客をされているのですか?
同業(接客)だとちょっと緊張しますね(笑)。
「当たり前のことなのに」っていうの分かります。「こちらこそ~」も♪
些細なことにも、感謝の気持ちを伝えられるようになりたいですよね。
そうしたら、きっともっともっと楽しい毎日が送れるんだと思います。
今日もたくさんの「ありがとう」「こちらこそ」に出会えますように。
2005/11/01(火) 08:10:26 | URL | アキ #-[ 編集]
こんにちは♪
まさに接客業が救われる言葉ですね~。
自営業はよっぽどの信念と
自分に厳しさを持っていないとできません。
そして毎日一喜一憂。
全てがダイレクトにくるので大変だけれど
やりがいはありますよね!!
2005/11/01(火) 11:05:29 | URL | めろん #-[ 編集]
お客である私は、スマキチさんからたくさんの幸せをもらっています。
初めて食べた時の感動を伝えたくて、「このパンを食べると幸せな気持ちになるんです」と伝えたくて伝えたくて、ちょっぴりドキドキしながらアキさんに勇気を振り絞って言ったのを覚えています^^
感謝の気持ちを言葉に出すお客さんも、言葉には出さないお客さんも、ヒデさんが心を込めたパンと、アキさんの素敵な笑顔でたくさんの幸せをもらっているはずです!
また幸せいただきに行きますね~♪
2005/11/01(火) 17:48:21 | URL | まさえ #-[ 編集]
めろんさん >>>
私はずっと接客業(パン屋以外でも)に携わってきたのですが
こうしたひと言で、いつも嬉しい気持ちにさせて貰ってきたなあと思います。
そして、雇われていた時と自営とでは、その感じ方も
同じ様で微妙に違うということにも気付きました。
今の方が、あの時の何倍も感謝・感激の気持ちが大きいですね。
でも、私は自分に甘い自営業者なんですよ~(笑)。


まさえさん >>>
私もその時のことを思い出しましたよ。
よく足を運んで下さる大人しい印象の方が、突然話し掛けてくれたことの
驚きと嬉しさが、あの時の私の1番強い記憶です。
そうか、まさえさんはドキドキしてたんですね(笑)。そうですよね。
私達は、商品を本当に自分の子供のように思っているので
旅立つ子供達が、ひとりでも多くの人に幸せを運んで行ってくれたらと
いつも祈るような気持ちで見送っています。
まさえさんのもとに旅立つ子供達が、また小さな幸せを運べますように♪
2005/11/02(水) 08:09:39 | URL | アキ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。