自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポロトコタン
2009年08月18日 (火) | 編集 |
090818-1.jpg
静かな湖の向こうに、小さな集落。

090818-2.jpg
出迎えてくれたのは、村長コタンコルクルの像。

ここは白老にある『ポロトコタン』。
アイヌ語で『ポロ』は大きい、『ト』は湖・沼、『コタン』は町・村。
ポロコトタンとは、大きな湖のそばにある村のことです。
090818-7.jpg
日本むかしばなしに出てきそうな茅葺の家。
アイヌでは村の平等を保つため、全部同じ造りにしてあるのだそうです。
そして、東西南北もみんな同じ方向を向いています。

090818-3.jpg
可愛いらしいアイヌの兄妹、にーチャン足元スニーカーやんけー。
貸衣装があって、みんな身につけて記念撮影をしていました。
この刺繍の入った服は正装で、普段着ではないそうです。
『ポロチセ』という看板が見えますか?
『ポロ』は大きいでしたよね、『チセ』は家を意味します。大きな家。
反対に小さな家は『ポンチセ』といいます。

村の入り口にある手前の家、『サウンチセ』の中に入ってみましょう。

090818-4.jpg
囲炉裏からは、本当に炭火がくすぶっていました。
上にぶら下がっている藁みたいなのは、いわゆる『しめ縄』です。
囲炉裏には火の神様がいるので、火の神様を祀っているそうです。
奥の刺繍のラグみたいなのが壁に掛けてある場所、
あれはいわゆる『神棚』みたいなものなんだそうです。
神棚みたいな場所なので、しめ縄みたいなのもいっぱいぶら下がっています。

090818-5.jpg
ここでは、アイヌの子孫の人たちによるアイヌ古式舞踊が見られました。
アイヌ古式舞踊は国の重要無形民俗文化財です。

ハッキリ言って、バレエやタップに比べれば、
華やかさとか「おーすげー」的な要素は全くありません。
だけど、なんだろ、すごく充たされていました。
そうであることが当たり前というか、何の違和感もないというか、
上手く言えないけど、踊っている人たちの踊っていることとか存在が
何も特別ではなくここでは当たり前のことのような・・・うーん。
踊りが、生活の一部みたいな。
寝る、起きる、食べる、歯を磨く、踊る、仕事する、
まあ、アイヌの人が歯を磨いたかどうかは別として、
そういう、日常のごく当たり前の行動のひとつみたいな感じ・・・なのかなあ。
もちろんアイヌの人たにちだって、舞踊は特別なイベントだったと思いますが、
でもなんつうか、とってもそれが生活に密着している感じがしました。

090818-8.jpg
新潟から来た若い夫婦と、アイヌの子孫のおっちゃん。
おっちゃんのトークは観光客のハートをガッチリキャッチしていました。
ノリとしては、綾小路きみまろ系です。
観光客は、新潟や神奈川、遠くは韓国からも来ていました。
チセの隣にあるちっちゃい高床式の建物は、食糧庫です。
なんだっけな~、『ポ』だっけ、『プ』だっけ、なんかそんな名前です。

090818-9.jpg
アイヌの男衆は、この船に乗ってカジキマグロを獲っていたそうです。
すごいですよねー、ほとんどカヌーとかカヤックじゃないですか。
乗ったが最後、身動きするなの世界なのに、これで漁ですよ。
そして漁をするアイヌの人たちの体の、美しいこと。
もういいおっちゃんなはずなのに、引き締まって無駄のない美しい体でした。
筋トレとかしなくても、日常生活であの体になるんだ。
自然と共に生きている証です。

090818-10.jpg
コタン側から見たポロト湖。

私は岡山出身で、道民歴まだ6年そこそこの新参者なので、
アイヌ民族の存在や歴史にピンとくるものがない、というのが正直なところです。
でもこういった先住民族の文化や暮らしに触れることで、
シンプルに生きるとはどういうことか、とか、
自然と共存するってどういうことか、とか、
信仰とはどういうものか、とか、
無理のない研ぎ澄まされた生き方、そんなものを感じました。
コメント
この記事へのコメント
アイヌですか、テレビとかで見る程度の知識しかないです。
当然歴史も文化もわからないです・・
一度は現場に行きたいですね~
分からなくても見るだけでも色々感じれるかな??
2009/08/19(水) 21:15:29 | URL | シバヤン #uSG38wC6[ 編集]
シバヤン >>>
私はテレビで見る程度の知識もなかったんですよ。テレビ見ないし。
このポロトコタンでは、たとえば和人に迫害されたとかなんとかではなく
(そんな事実があったかどうかすら私は知りませんが、例えばの話で・・・)
アイヌの人々の生活や文化を、とても分かりやすく知ることができました。
なんとなく、先住民族とか少数民族って迫害されたイメージがあったので
(実際住処を追われたり独自の文化を否定された民族もいますが)
悲しい雰囲気かなと勝手に無意識に想像していましたが、
とても穏やかで新鮮で面白くて、そしてちょっと神秘的な感じがしました。
きっと見るだけでもいろいろ感じられると思いますよ♪ぜひ行ってみてくださいな。(笑)
2009/08/19(水) 23:37:48 | URL | アキ #VZRdE7nc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。