自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花畑牧場の花畑
2009年05月11日 (月) | 編集 |
十勝の、広い広い空。
090511-1.jpg

さて、今年初の遠出ドライブ 『花畑牧場へ豚丼を食べに行こう』 は、
ファイターズとベイスターズの活躍で、とても楽しく終わることができました。

目的地での満足度はほとんど・・・というより全くゼロパーセントでしたが、
私個人的には、非常に大きくて大切な勉強をさせてもらえました。

090511-2.jpg

私たちは、札幌から5時間かけてこの場所まで来て、
更には目的を達するまで2時間も立ちっぱなしで行列しました。
1日の半分の時間を、ここに来て目的を果たすためだけに使った人がいる。
その事実を、代表取締役始めここのスタッフはどれだけ受け止めていたでしょう。

パン屋を始めて間もない頃、義母から頂いた言葉があります。
「実るほど首を垂れる稲穂かな、だよ」
私の知りうる情報で、5~6年前には柵ぐらいしか無かったという花畑牧場、
めちゃめちゃ実りまくっている今、その稲穂は高々と天を向いていました。

そもそも、最初に「あれ?」って思ったんですよね。
牧場内の花壇に植えてある花たちが、踏みつぶされたり枯れているのを見て。
おそらく観光客がショートカットするとき花壇を通って踏んだのでしょう。
たくさんの靴あとが花壇の中に残っていました。
花がつらそうでした。

もちろんそこを通る観光客のマナーがなっていないのですが、
北海道のしかも人が集まる場所で、こんな悲しげな花壇を見たのは初めてで、
誰か何とかしてあげなよと思ったけれど、そこで働くスタッフのほとんどが
人の数をさばくのでいっぱいいっぱい、そんな余裕あるもんかい。
花も、この牧場のスタッフの一員なんだけどな。

前回お話ししたように、豚丼と生キャラメルに関しては
「まあこんなもんでしょ、予想以上でも以下でもなし」 というのが私の感想です。
だけど、そこで感じたぎすぎすと愛情のない雰囲気は予想以上でした。

わざわざ半日かけて、自分たちの作ったものを買いに来てくれる。
自分たちの作ったものを買うために、わざわざ半日費やしてくれる。
これって、めちゃめちゃすごいことじゃないですか?
そこのところを、田中義剛は分かってるのかなあ。

ハッキリ言って、愛より金だけしか感じられない場所でした。
あの花たちは、誰よりもそれを感じていたのかもしれない。

090511-3.jpg

さて、話を我が身に返して。

ねこ村パン屋は、これと比べなくても吹けば飛ぶよなお店です。
方や年商150億、方やご想像にお任せしますが吹けば飛ぶよな年商。
だけど、自社製品を求めて店舗まで足を運んでくれる人がいる部分では全く同じで、
それがどういうことなのか、私は今回のドライブで身をもって知ることができました。

半日費やそうが、5分で来られようが、
うちのパンを買いにわざわざ来てくれる。
それってやっぱりめちゃめちゃすごいことなんですよ。
すごくて、そしてありがたいことなんです。
心から、痛感しました。

商売始めてもうすぐ丸6年になろうとしている、
そんな今さら気付くのは遅すぎるのかもしれませんが・・・

嫌味ではなく、本当にいい勉強をさせてもらったと思っています。
愛と感謝の気持ちを忘れずに、日々お店に立ちたいと思います。
だから今年の初遠出ドライブ 『花畑牧場に豚丼を食べに行こう』 は
本当に行って良かった、とても実りある1日でした。

そうそう。
スタッフ全てがぎすぎすチャンではなかったんですよ。
私たちに豚丼を運んでくれた、あの場所で1番ホールの仕事ができていた青年。
腰をかがめて
「どれぐらい待たれましたか?」
「2時間ぐらいですかね」
「ああ~そうですか・・・」
と、心から申し訳なさそうに応対してくれました。
私は、彼とのほんの1分にも満たないこうしたやり取りで、
とりあえず報われたかなと思えました。

田中社長、見てたか?こういうスタッフこそ大切にしろよ!
コメント
この記事へのコメント
最初はそんな牧場じゃなかったんだろうけどね、
やはり儲かると段々そうなるのかな?
以前少し遠くにバイキング食べに行った事有る、
結構名前が売れてて一度行きたいって思ってて・・
でも味はなんだこれ?でした、
それに部屋の隅になんとクモの巣が!
あれには驚いた^_^;
2009/05/11(月) 20:01:48 | URL | シバヤン #uSG38wC6[ 編集]
飛行機の会社に勤めてる母の知り合いから聞いたのですが
ヨシタケさんは、飛行機の中で(悪い意味で)すんごいらしいですよ…
人間、やっぱり謙虚さが大事ですよね。えらくなればなるほど。

試合前、グラウンドに入る前と、試合後、ベンチ裏に下がっていく時に
必ず頭を下げる稲葉さんを見るたび、「ああいうのって、イイよなぁ」と思います。


それから、生キャラメル。我が家でも自作したんですが
自作の方がずっと美味しかったです(笑)
2009/05/12(火) 03:28:56 | URL | miz #-[ 編集]
こんにちは
先日はコメントありがとうございます。

札幌から長旅と行列と大変でしたね。お疲れ様です。

アキさんの文章の内容の潔さに関心しましたよ。
私は実際ここまでキッパリと書く勇気がありませんでした。

でも、アキさんのブログを読んで私が思っていた通りの場所なんだなと想像しました。

パンやさんを営んでいらっしゃるんですね?私も地元のハンバーグレストランのキッチンでお料理を作っています。
食べ物つながりですね^^
こういうお仕事をしていると一番大切なのは作ったお料理をお金を払って食べてくれるお客様に感謝するって事なんですよね。
そういう考えのお店かどうかは働いているスタッフの対応やお店の雰囲気で不思議と解るんですよね~

商品が売れていて年商が凄いということよりも小さくても販売している商品やお客様を大切にしているお店はお買い物をしていると嬉しい気持ちにさせてくれますよね。
私もそういうことが一番大切だとおもいますよ。
アキさんのお店もきっとそんなパン屋さんなんでしょうね。
今はパン屋さんも増えて大変な面も多いとは思いますが
頑張ってくださいね。

それから
花畑牧場のある中札内には「中札内美術村」があるのはご存知ですか?そのなかに「ポロシリ」というレストランがあります
地元の食材を使った家庭料理が食べられます。私の好きなスポットです。これからの季節とても良い場所ですよ。


では、長々ととりとめのない文章でごめんなさいね。
今度、ゆっくりブログ、拝見させて頂きますね。
2009/05/12(火) 10:33:50 | URL | 庵 #-[ 編集]
シバヤン >>>
最初はどんなだったんでしょうね。
以前テレビで見た時は、もうちょっと牧場っぽい所あったんだけど
私が行ったスペースは完璧にお土産屋さんでただの観光地でした。
まあ、もうまったくどうでもいーやーって感じになってます。(笑)
っていうか、別にあの場所でする必要があるの?って思いましたよ。
北海道とか十勝ならではの良さがどっこにもなかったし・・・
いや、まあ、もう2度と行かないからいいんですけど。
シバヤンの行ったバイキングのお店も痛いですね~。
でもクモの巣って、儲かってんだか儲かってないんだか・・・(笑)


mizさん >>>
彼は、ウィキペディアのプロフィールにも傲慢らしいと取り上げられていました。
花畑牧場を検索している時にも、そこに行った観光客の人から傲慢というコメント・・・
筋金入りですね~。(汗)
でも、なんか分かります。きっと花畑牧場に行けば、本人にいなくても
そんな空気がそこはかとなく漂ってるのが分かると思います。
生キャラメルは、多分手作りだからこその食べ物なんだと私も思いました~。
別に買ってまで食べるほどのものでもないな、と。
ネタでお土産に買うぐらいかな~。
同じ値段出して食べるなら、絶対私は白い恋人買いますね。(笑)
稲葉がスターターキッズと一緒に守備につく時、
ちびっこたちはみんな、意気揚々と一緒に飛び出していくじゃないですか。
でも稲葉が1度止まって一礼するから、子供たち「おっとっと!」ってなるの、
私あれ見るの大好きなんです。(笑)
そして、大人はこうして子供のお手本となっていくんだなあって。
稲葉、やっぱりすごいですよね。私も稲葉に勉強させてもらってます。
ゼイタク言えば、得点圏打率がもうちょっと上がると、もっとすごいんだけど~・・・(笑)


庵さん >>>
こちらこそ、お越しくださってありがとうございます!
私、十勝へのドライブは本当に大好きなんですよ♪日勝峠も大好き♪
だから、長旅そのものは全然苦じゃなかったんですが・・・(笑)
このような内容で書けたのは、私が札幌に住んでいるからで、
もし近くにこの牧場があったとしたら、ここまで書かなかったと思います。
そういうところからも、私にはどこかで他人事という気楽さがあるでしょうが、
地元で同じようなことを感じている人がいるとしたら、しんどいだろうなと思います。
それぐらい、あの場所に溶け込んでいない、とがった雰囲気を私は受けました。
結局は、何にも愛を感じられなかったってことなんですが・・・
私は今回のドライブで、どこか頭でしか理解できていなかった
「お客様に感謝する」ということを、心から理解できた気がしています。
豚丼なら千歳空港でも食べられるし、生キャラメルなんて札幌の地下街で売ってます。
その中で1番遠くて大変な場所を選んだのは、どういうことか・・・
パン屋も同じで、別にうちじゃなくてもスーパーやコンビニでもっと安く売っているし、
それこそ今やドラッグストアにだってパンを売っているような時代です。
そのたくさんの選択肢の中で、うちに買いに来てくれるのはどういうことか・・・
もし、アイスや豚丼や生キャラメルが想像していたより美味しかったり、
もしくは、そこで働く人たちがとても心地よい人たちだったとしたら、
私はきっとその意味に気づけなかったと思います。
花畑牧場に行った私は、うちのお店に来てくれるお客様と一緒で、
ってことは、ああなるほど、そういうことか、
って、頭の先から足の先まで「感謝のわけ」が分かったような気がしたんです。
あ、いけない、また長々と思うままに喋ってしまった。(汗)
閑話休題!
庵さんも食べものに携わるお仕事をされているんですね。
美味しいものを食べることは生きる幸せのひとつなので、
幸せを運ぶとっても素晴らしいお仕事ですね♪
ハンバーグ・・・あ~おなか減ってきた。もう寝るだけなのに。(笑)
中札内美術村、知ってます知ってます!次に行ってみたい場所です!
この前お客様とその話ししたばかりで「いい所よ」って教えていただきました。
庵さんにもこうして紹介していただいたってことは、次の十勝ドライブは
美術村に決定ってことですね!ポロシリ、食べに行きますよ~♪
2度と行くことはない花畑牧場ですが、こうして大切な勉強をさせてもらえたり
庵さんと出会うきっかけを作ってくれたということで、感謝しています。
私もまた庵さんのブログに遊びに行かせていただきまーす!
2009/05/13(水) 00:21:02 | URL | アキ #VZRdE7nc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。