自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円山の白い双子ちゃんその3
2009年04月30日 (木) | 編集 |
もう少し続くホッキョクグマの双子ちゃん。
ひとしきり遊んだあとは・・・

090430-1.jpg
「おかあさ~ん、おなかすいたー」

090430-2.jpg
「おなかすいたー」「おなかすいたー」
「ハイハイ、じゃあこっちいらっしゃい」

090430-3.jpg
「はやくはやくー」「ちょーだいちょーだい」

090430-4.jpg
「そんなに慌てなくても、ちゃんとふたつあるんだから」

090430-5.jpg
「ハア~、双子は大変だけど、その分幸せも2倍だわね・・・」

090430-6.jpg
「アラ、ご覧でしたの?お恥ずかしい、オホホホホ」

その頃、おとうさんは・・・
090430-7.jpg
「早く中に入れろー」

ホッキョクグマのオスは、父親要素より雄要素の方が断然強いそうです。
だから、子育てはおろか家庭にも全く関与しないどころか、
一緒にするとコグマをライバルとみなして襲うこともあるらしいので
完全に別の熊山エリアでシングルライフを送っていました。

ちなみにこの双子ちゃんたちも、どうやら男の子のようです。
数年後にどこかの動物園で、自分の遺伝子を持つコグマがアイドルになっている側で
このおとうさんみたいに「早く中に入れろー」とか言ってるのかもしれませんね。

こうして親子3頭で幸せに満ちあふれる生活も、人間ほどは長くないんだなあと思うと
この親子のこの瞬間に立ち会えたことは、実は奇跡なのかもしれないなんて思ったりして、
ちょっぴりジーンとするのでした。
コメント
この記事へのコメント
良いな~小熊(^-^)
本当しばらくの母子の団らん?
どの位で母親と離されるんだろう?
お父さん気の毒・・・って言うか、子供をライバルかい^_^;

まっしろでせんみたい(^-^)
2009/05/01(金) 19:20:11 | URL | シバヤン #uSG38wC6[ 編集]
シバヤン >>>
ヒトも動物も、必ず親離れ子離れする時期は来ますからね。
ヒト以上に多分動物は、親がキッチリ子離れをしていくんでしょうね。
おとうさんはお父さんの自覚が全くないみたいだから、気の毒じゃないですよ。(笑)
せんちゃんは子供の頃もちゃんと真っ白でしたよね♪
2009/05/01(金) 23:09:07 | URL | アキ #VZRdE7nc[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/05/02(土) 17:00:41 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。