自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記念すべき
2009年03月22日 (日) | 編集 |
今年に入ってから、ポコよしちゃんと2曲目になる作品作りをしています。
異ダンスユニット記念すべき第1作は、去年の10月、丹後の曲で踊りました。
基、タンゴの曲で踊りました。

記念すべき第2作は、G‐クレフの 『HELLO!陸王!』 という曲で作っています。
テーマは 『水』 。今回初めてテーマを設けて振り付けをしています。
今回つっても、まだ2作目。

振りを作っていて思うのは、「この曲で踊ってみたい!」と思う曲ほど作りにくいということ。
最初のインパクト、イメージや思い入れが強すぎて、なにかと進めにくいのです。
「この曲で」と思うものは、人に作ってもらった方がいいのかもしれない。
実際、やりたいけどお蔵入りしている曲が現在2曲ほど・・・
テクニック&キャリア不足ってとこもなきにしもあらずか。
踊ってみたいんだけどなあ~。

タンゴはポコよしちゃんが、陸王は私が持ち寄った曲です。
どちらも「このへんでどう?」ぐらいの、比較的ユルい気持ちで選曲しました。
「この曲で」の情熱よりも、曲の長さや作りやすさなど実用性重視。
もちろん、曲そのものはとってもいい曲です。

自分で曲を選んで、自分で振りをつけて、自分で踊るということは、
今の自分に足りないものが、ものすごく明確になってきます。
明確になるから、足りないものに対して明確に取り組んでいける。
そして何より、踊ることに責任を持てるようになります。

今まで私は、自分のことを「タップダンサー」とは決して言えませんでした。
スタジオに習いに行って、先生の作った振りで踊って、
そんな私は「タップを習っている人」で、「タップダンサー」ではありませんでした。

去年の秋に初めて、自分の選曲、自分の振り付けで踊って、
ちょっとした評価も頂いて、それが次の舞台にもつながったのですが、
そこでやっと、自分のことをタップダンサーと言ってもいいのかなと思えるようになりました。
ま~だまだまだペーペーですけど。

パートナーがいることも、私にとってはとても心強いことで、
まだ一人歩きが出来ない私に、ポコよしちゃんの存在は何よりの支えです。
ポコよしちゃんに迷惑をかけないために。
ポコよしちゃんに負けないために。
2人で、お互いの力を引き出せあえたら嬉しいと思っています。

もっと、上手くなりたい。
コメント
この記事へのコメント
わかるっv-364
こちらこそよろしくっv-426
負けないわよ・・・フフッv-419
2009/03/28(土) 11:29:47 | URL | ポコよし #-[ 編集]
ポコよしちゃん >>>
うん、負けない。
だから頑張るんだ~。
もっともっと進化したいの。
見ててね!
2009/03/30(月) 20:55:44 | URL | アキ #VZRdE7nc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。