自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日もRiverdance
2009年02月16日 (月) | 編集 |
今日もまた、『Riverdance』 のビデオを観ました。

1年ちょい前の記事に、
「オススメビデオ感想文その1」
なんてのを書いてて、その2はどこに行ったんだと思ったらどこにもなくて、
はは~ん、めんどくさくなって書かなかったな。

で、その2で書くつもりだったのが、この 『Riverdance』 なのでした。
初演はもう15年とか20年とか前だったと思いますが、今も世界ツアーやってる作品です。
私が見たのは15年ぐらい前、最初はビデオで、次は東京公演、次はNYブロードウェイで。
ブロードウェイで観たのは、『Riverdance on Broadway』 といって、
本家本元 『Riverdance』 とは内容が違い、ちょっぴり残念でしたが、
日本人の女の子が躍っていて、すごくびっくりしたのを覚えています。ブラボー!
去年は日本ツアーもあって、でも仙台までしか北上しなかったんですよね。
ちくちょー!札幌ガンバレ!

もうこのビデオは何回観たことでしょう。
っていうぐらい大好きです。
ちゃっちい言い方だけど、女性の女性らしさ、男性の男性らしさが溢れていて、
「あ~女に生まれてヨカッタ!私も髪伸ばそ!」とか激しく思えるのです。
「女らしいこと」「男らしいこと」がとても素晴らしく感じられる、本当に優れた作品です。

もちろんそれだけじゃなくて、本当にたくさん学べるところのあって、
実際ビデオを観ながら、ヒデとあーだねこーだねと話し合うのですが、
あまりにもたくさん学べたり、たくさん感動するものだから、
体の中がエネルギーでいっぱいになって、活字で表現しきれないのがもどかしいところ。
この感じたものを自分にどう活かしていくか、今はまだ頭と心で整理中です。

百聞は一見に如かず。
You Tube から探し出してピックアップしてみたので、ぜひご覧になってみてください。
「全部観たい~!」と思った方は、ぜひうちに遊びに来てください。
一緒に観ましょう。
ソレいいね~!


『Riverdance』 のオープニング
Reel Around the Sun

私の大好きなダンサー、ジーン・バトラー
Woman of Ireland

男性ダンサーの雄々しさ溢れるナンバー
Thunderstorm

『Riverdance』 の中で1番ワクワクする、タップとアイリッシュダンスの共演
Trading Taps


『Riverdance』 のエンディング
Riverdance International
コメント
この記事へのコメント
そんなに素敵なビデオなんだ~!!!
それに、アキさん、ブロードウェイにも行ったの~!!!
すごい~!
ここまでアキさんがお勧めなのだから、本当に素敵なダンスや内容なのでしょうね。
是非、お宅に遊びに行かせていただきます(笑)。

>女性の女性らしさ、男性の男性らしさが溢れていて
この部分が一番心に響きました。
これ、現代社会に一番欠けていることじゃないだろうか。
なんだか、男性が女性化し、女性が男性化しきているよね。
私も、女性に生まれてきて本当に幸せだし、やっぱり女性らしく生きたいです。
そして、男性らしい男性が断然好きだなぁ(笑)。
優しくて強い人^^

では、一緒に観るのを楽しみに♪
それいいね~♪
2009/02/17(火) 08:55:33 | URL | Megi #-[ 編集]
Megiさん >>>
もう、すっばらしい作品です!!!
アイリッシュダンスを通じて、アイルランドの歴史とかも組み込んでいるので
ちょっぴり切ない気持ちになるシーンもあるのですが、それも含めて
本当に素晴らしいです。歌もあるんです。これがまた、心に響くんです。
今思い出しても泣きそうになってきます。思い出し笑いならぬ思い出し感動。(笑)
是非一緒に観ましょうね!我が家の14インチブラウン管テレビで!(笑)
私は子供の頃から、2つ上の兄のお下がりを喜んで着ていて、
木登りしたり探検したり男の子顔負けのハッスルカントリーガールだったので
今でもスカートはく時はすごく特別な気分になってしまうのですが、
女性だから持つ男性にない要素は、きっちり意識していきたいと思っています。
長髪の人はたくさんいて、長髪の似合う男性もいると思いますが、
長髪であることが綺麗に映るのはやっぱり女性の方だな~と思うんですね。
そういう部分を忘れないでいきたいです。ただ、髪の長い短いの問題じゃなくて・・・
上手く言葉に出来ないけど、きっとMegiさんには伝わりますよね、この感覚。
男性らしい男性、私も断然好きー!そうそう、優しくて強い人ですよね♪
優しさや強さにもいろんな質があって、Megiさんや私はそれぞれ、
自分が本当に安心できる優しさや強さを持った人と過ごしているんですよね♪
もう~~~~~幸せ者~~~~~~~~!!!
あ、そうそう!
ビデオは1時間40分ぐらいあるので、お店の定休日にゆっくり観ましょうね。(笑)
2009/02/18(水) 00:04:28 | URL | アキ #VZRdE7nc[ 編集]
もうめっちゃ好きです。
バレエに繋がるタップ。
こういうの踊りたいです。
こう言うの習いたいです。
ダンサーの美しさ、コールドの一体感。
タップなのに空中で踊ってますよね。
上半身の表現力は動かさなくても伝わるんだって
すごく思います。
アイルランドの歴史を考えた時
私もダンサーの足の表情に涙が出ます。

こんな風な足さばきで踊りたいってずっと思ってタップしてたの。
でも時代の流れとともに変わっていくんですよね。
ただどれだけしんどいか(笑)

タップとアイリッシュダンスのコラボは最高ですね。
ダンサーは何でもできる中で
見せているのはほんの一部って。
2009/02/20(金) 16:19:23 | URL | ドロシー #WLLrP7ig[ 編集]
ドロシーさん >>>
んー、アイリッシュダンスとタップは似ているようだけど全然違うので
タップを習っていたら、どんな先生についてもこうは踊れないと思います~。
聞きかじった話なのでどこまで信憑性があるかは分かりませんが、
植民地支配されて全ての娯楽を禁じられたアイルランド人が、
それでも踊ることを求めて、窓から見える上半身は動かさないようにして
足だけで踊った、それがこのアイリッシュダンスの始まりなんですって。
そんで、国を追われて(だったか自らだったか)移民した先で、
アメリカ方面はタップに、ヨーロッパ方面はフラメンコになったとか。
それぞれのダンスの発祥には諸説あるので、ホント、定かではないですけど。
アイリッシュダンスは古典的な舞踊らしいですよ。
そういう点ではバレエと似てますよね。
タップはもっともっと自由なダンスだから、私は何でもアリだと思ってます。
その中で、自分の好きなスタイルを見つけていけばいいかなあって。
そして私の好きなスタイルは、ドロシーさんとこのスタジオとも
私が通ってるスタジオ(今はお休み中)とも違うんですよ。(笑)
Trading Taps に出てくるタップダンサー、メインじゃない方の人と
サックス吹いているでぶっちょのおじちゃんが私は大好きです♪クール!
いつか、ドロシーさんのバレエと私のタップのコラボなんてのもしてみたいですね!
バレエとタップ、どんなのになるんだろう~!
2009/02/20(金) 22:08:23 | URL | アキ #VZRdE7nc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。