自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽器とタップ
2008年03月29日 (土) | 編集 |
話が前後してしまいますが、水曜のタップの練習では、ライブで生演奏を披露してくれる
若き音楽家達との顔合わせと初合同稽古が行われました。
楽隊は、ヴァイオリンに中学生の女の子、サックス・トランペット・トロンボーンは
大学生のお姉さん方、ギターは音楽総監督風タカハシ氏の総勢6名です。

初めて生演奏にあわせてステップを踏んでみたら、
タップは、やっぱり打楽器でした。

歌うように奏でるようにといっても、ドレミファソラシドの音階を持たないタップは
ドレミファソラシドで流れるように演奏する人たちを前に、
あまりにも明確に、パーカッションとしてのポジションがそこにあったのです。

当たり前といえば当たり前すぎることに、またまた今頃気がついた。
というか、実感。というか、痛感。

だからと言って、歌い奏でるタップを諦めたわけではないんですよ。
パーカッションはパーカッションとして、歌い奏でていけるようになりたいんです。
そこは外せない、一生求め続けていくところ。
かな。

演奏する人の中で、どうやってパーカッションとして成立させるか。
そしてその中で、どうやって歌い奏でていけるか。

ここに来て、また新たな課題が浮上してきましたよ。
間に合うか?ワタシ間に合うのか?
やるしかないのでやりますが、好きなことなので苦じゃないです。
タップシューズは魔法のシューズです。

もっともっといろんな作品を見たい気持ちが膨らんできました。
古き良き時代のものから、新しくて瑞々しいものから、
リズムタップでも、シアタータップでも、一流の作品をたくさん見てみたい。
もっとタップのことを知りたい。

どーしよー。
ますますタップが好きになってきたかも。

ちなみにワタシ今度のライブでは、見に来てくれた人のためにはもちろんのこと、
ヴァイオリンを演奏してくれる女の子のためにも踊りたいと思います。
ものすごおーくステキな演奏をしてくれるんです。涙ものです。
彼女のために、現時点でサイコーのステップを踏めるよう、オネエサンガンバルよ!

って意気込んだら、思いっきりあっちこっち間違えました。
はあ~平常心平常心・・・常に平らな心で。
しかし熱く!

む~ずかしい~なあ~。
コメント
この記事へのコメント
深いですね~
どんどん、イベントが近づいていて、
それにむけてアキさんがスゴくがんばっているようで、私も励みになります。

今週は、私も先生とダンスやタップなど、がっつり話ができて、
タップのいろんな流れについて少し理解ができました。
発表会では、全然違うタイプの振りを選んだので、
その違いを楽しみたいと思ってます。
いろんな種類のタップがあるけど、根底は同じだし、
バレエも含め色々なダンスの根幹に流れるもの共通だなって
あらためて実感しました。

タップはパーカッション的要素が近いけど、
歌いたい奏でたいって、私も思います。
生の演奏で踊るなんて、ほんと、ライブ感満載(*^^)
演奏者と呼吸があうと、気持ちいいでしょうね~
あ~
アキさんのライブ見れないの、ちょー残念(≧▽≦;)

2008/03/29(土) 22:54:05 | URL | raull #-[ 編集]
今回はカタカナが多い!
おじさんついていけないかも~(^-^;
本当奥が深いね~
なんでもはじめたら奥は深いんだろうけど・・
奥が深いと感じるのはかなりのレベルに来てるから(^o^)
大丈夫!自分が思ってるよりアキさん上手だから!
2008/03/30(日) 17:32:21 | URL | シバヤン #uSG38wC6[ 編集]
raullさん >>>
それに向けて頑張っていたのですが、ここに来て若干体に不調が・・・(涙)。
まあ、体調崩したとかではなく、体の歪みと疲労が原因のことだと分かっているので
本番までを逆算して、上手く調整&練習していきたいと思っています。
何事も、やりすぎはいかんのですな、やりすぎは。(笑)
日本の太鼓ってあるじゃないですか。和太鼓。
あの、お祭りとかでピーヒャラドンドンってやつですね。
世界的な有名な和太鼓集団で、『鼓童』っていうグループもありますよね。
ああいう祭囃子とか聞いていると、心がワクワクしてきませんか?
勝手に体が動いちゃうとか、思わず踊りだしたくなっちゃうような。
そういうタップができるようになりたいです。憧れです。
あれも、リズムを刻む=パーカッションという部分がしっかりしてるからだと思うんです。
歌い奏でることは、きっとその先に成立するものの気がしているところです。
私はまだまだ自分の楽器を使いこなせない未熟な演奏家だから、
とにかく、ひとつひとつの音を大事に、ひとつひとつのリズムを大切に、
本番ギリギリまでがんばってみようと思います。ほどほどに(笑)。
raullさんは、初めてのタップの舞台、是非いい思い出をいっぱい作ってくださいね!
お互い頑張りましょう!ほどほどに(爆)。


シバヤン >>>
出葉、今度葉、漢字尾一杯似仕手三間下。胴出巣可?(←無理。笑)
いやあ~ホント、奥が深かったです。ていうか、今までが浅かった・・・?
頭で分かるのと、心で分かるのとでは違うから、
私の場合、心で分かるまでに人4倍ぐらいの時間が必要だったということで。
いろんな意味で残された時間や年数を考えると、今頃気付いたことに
ちょっとだけ「むむう」という複雑な気持ちが無きにしも非ずなんですが、
まあ80才になった時でもタップ踊っているつもりなので、まだ先は長いかな。
焦らず、しかし貪欲に、射手座らしく的に向かって矢を射っていきたいと思います。
励ましてくれて有難うございます!ちょっとだけ自信持てた!・・・かな?(笑)
2008/03/31(月) 15:02:20 | URL | アキ #VZRdE7nc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。