自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強い音・弱い音
2008年03月23日 (日) | 編集 |
タップのライブ、本番までいよいよあと1ヶ月を切りました。
前回の練習では、4曲全部の立ち位置が決まりました。
「ソロで踊りたいぐらい好き!」と思っていたアコースティックギターの曲では
センターで躍らせてもらえることになりました。
本番で言うと、音を拾うマイクの1番近くってことになりそうです。

ひいっ・・・!

今まで、私は何を思ってステップを踏んできたんだろうと思います。
アコースティックギターの曲は、とってもとっても繊細です。
前にもお話しましたが、足でピアノを弾いているような感覚。
タップに、こんなに無限の音の広がりがあるなんて、知りませんでした。

音の強弱を表す記号に、ピアノ(小さく・弱く)とかフォルテ(大きく・強く)とか、
その間のメゾピアノとかメゾフォルテとか、更にピアニッシモとかフォルティッシモとか、
他にクレッシェンド(だんだん大きく・強く)とかデクレッシェンド(だんだん小さく・弱く)とか、
あるじゃないですか。これって、打楽器にももちろんあることなんですよね。

タップシューズを打楽器と考えたら、当然メゾピアノやクレッシェンドもあるってことですよ。
今までの私には、ピアノとフォルテ、あとメゾフォルテぐらいしかなかったなあ・・・
本当に、今まで何を思ってステップ踏んできたんだろうと思います。
後悔してるわけじゃないんですけどね。

世の中のありとあらゆる楽器には、音の強弱というものがあって、
強いと弱いの間には、無限のちょっと強いやちょっと弱いがあって、
それは打楽器にも弦楽器にも管楽器にも鍵盤楽器にも共通することで、
だからつまり、タップもそうなんですよ。あれはただの音が出る靴じゃないんですよ。
今気がついた。今頃気がついた。

それにしても、楽器を奏でながら踊るって、タップって何事でしょう。
アイリッシュダンスやフラメンコもそうだけど、なんで踊りながら音を出すんでしょう。
踊るだけでもテンション上がるのに、なんでそこに音なんだろう。
リズムってなんだろう。
・・・まあいいや。そのうちなにか分かるタイミングが来るのかもしれないし、
悩みながら踊って踊ってしているうちに、きっと今回みたいに気付くものなんでしょう。

だから、今は踊るのだ。

他の3曲も、かなりいい場所で躍らせてもらいます。
ということは、お客さんにより近い場所で踊るっていうことです。
今回の舞台は、大きなステージではなくて一般的なライブハウスでやるので
きっと舞台に立ったら、お客さんは目の前です。
お肌のケアもちゃんとしておかなきゃだわ。きゃ!

080323.jpg
「至近距離でも耐えられるように」
コメント
この記事へのコメント
ひぇ~~!
タップでもそんなに!
小さく弱くとか大きく強くとか・・
段々弱く、段々強く・・・・足ってそこまで器用にできるん??
そもそもタップそのものが凄く難しいと思ってるのに、
そんな事・・・手でしても出来ないよ、私・・・・(^-^;

私はアップは向きません(笑)
2008/03/24(月) 19:44:51 | URL | シバヤン #uSG38wC6[ 編集]
む、難しそう・・・でもそれってきっと先日アキちゃんが話していた「足先だけではなく身体を使って踊る(奏でる)タップ」なのでしょうか。ひょっとしてわかったふりのコメント書いているかも!?だとしたらごめんなさ~~い!いいポジションで踊るんだね、釘付けで見させてもらうわ、そのお肌v-238(笑)
2008/03/24(月) 22:03:41 | URL | ポコよし #-[ 編集]
シバヤン、ポコよしちゃん、いつも遊びに来てくれてありがとう!
お返事遅くなってゴメンナサイ。


シバヤン >>>
足って、そこまで器用に出来るんですよ。訓練すれば。多分。
ドアをノックするとしますよね。
状況により、軽~く「コンコンッ」って叩くこともあれば、
力いっぱい「ドンドン!」と叩くこともあれば(怒ってる?笑)、
その軽くコンコンも、「コンコン」だったり「コツコツ」だったりしますよね。
そんな感じ。かな。
要は意識の問題なんだと思うんですけど、手ほど簡単にはできないです~。
私は、誰だか分からないぐらいアップならイケますよ(笑)。


ポコよしちゃん >>>
んとね、それとは違うの。今回のは、もっと単純にタップの技術的な部分のこと。
今まで(東京)の私は、「身体を使って踊る」ことの方に重点起きすぎてたかな~って。
タップを踊ってるにしては。それはそれで、否定はしてないんだけどね。
例えば今季の真央ちゃんて、すごく表現力が増したでしょ?
あれは、ロシアのコーチにバレエの特訓を受けた成果がもちろんあると思うんだけど、
土台にスケーティングの上手さがあるからこそだと思うんだよね。
どんなにバレエの動きが綺麗でも、スケート下手だとやっぱりフィギュアとしてはダメじゃん。
そんな感じ。かな。
どんなに見た目かっこよくても、タップのステップ下手じゃダメじゃん、タップなのにって。
ステップの技術があって尚且つ表現力もあって、やっとタップダンサーなのかなってね。
そう思うと、タップってすごく奥が深くて難しいわ。(笑)
私の美しさに見とれて、くれぐれもダンスの方を見落とさないようにしてねっ♪
2008/03/28(金) 23:12:33 | URL | アキ #VZRdE7nc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。