自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪の降る
2008年02月20日 (水) | 編集 |
わたしは

雪の白さも 雪の重さも 知っている人間になりたい

雪の重さを知らずして 雪の白さを謳うのは 哀しい
雪の白さに目を瞑り 雪の重さを嘆くのは 寂しい

ここは雪舞う北の国
雪とともに暮らす
長い冬を

雪は白い 雪は重い 雪はつめたい 雪はあたたかい

雪は 人の心を輝かせ
雪は 人の命を奪い去り

わたしは

雪の白さも 雪の重さも 知っている人間になりたい

080220.jpg


私の住んでいる区は、札幌市の中で現在1番積雪が多いんですって。
少ない区に比べると約2倍の4m。すごいぞ!
お店の前の雪山も、雪かきすごろくの翌日・翌々日に更に巨大化していました。
幹線道路の除雪が入って、その雪が雪山に積まれたんですね。
その姿、もはや雪山などと綺麗ではなくモンスターとかエイリアンとか。
気をつけないと、次の朝には食べられちゃうぞ!

私は、雪かきすごろくで話したように、雪かきが好きです。
更には雪かきラブ仲間がいたことが判明し、とっても嬉しかったです。
嬉しかったんですけど・・・

私は、イマジネーションの深い人になりたいです。
雪かきが嫌いな人の気持ちも、ちゃんと分かっていたい。
私は好きだけど、雪かきが嫌いだったり困難だったり苦痛だったり、
それでも雪かきしなければいけない人の気持ちも、分かっていたいんです。
そこに気付かないで、雪の綺麗さだけを讃えるのはいや。

私は「もうイヤだー!」と思うほど雪かきをした経験がないし、
本当に雪かきで苦労している人の気持ちを理解するのは難しいかもしれないけど、
だけど、その気持ちを理解する努力と想像力を持っていたいんです。

たとえば、共働きで、雪かきをどうしてもしなければいけない住環境で、
大雪が降ったら朝早く起きて、とりあえず仕事前に少しでも雪かきして、
当然いつもより早く仕事に出ないと、どこでどう遅れるか分からないから、
慌しく仕事に行って、そして1日普通に働いて、夜疲れて帰ってきて、
そんな疲れた時でも、やっぱり雪かきはしなければいけなくて、
それでも雪かき好きって言えるかというと、私はちょっと自信ないかも・・・

私が雪かき嫌いになることは、上のような現状ではないので、今はないですが、
つまりは、物事の一面だけ見て全てを語りたくないんです。
一面だけしか見えないなら、一面だけしか見えてないことも分かっていたい。

屋根の雪が落ちてきて、下にいる人が生き埋めになって亡くなられたり、
屋根の雪下ろしをしていた人が、作業中下に落ちて亡くなられたり、
雪は白くて綺麗だけど、それだけじゃないってことをちゃんと飲み込んだ上で
雪の降る街で暮らすのは思った以上に好きみたい、そう言えるようになりたいです。

そして、そう自信を持って、私はまだ言えないみたいです。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは♪ アキさん
アキさんの言ってる事 ほんとにそうだな、、って思います
いつも自分を見つめ直しながら生活しているアキさんは偉いね

私も雪は大好きだけど雪掻きは好きじゃないほうです
ezomomongaさんが雪掻き大好きって前の冬に言ってたのを読んで羨ましかったです
でも、この冬は体力がついたらしくてけっこう好きになれたと思うわv-433

北海道の雪は軽くて雪掻きも楽
屋根の雪下ろしも どちらかというと楽ですね
気温が低いから屋根もあまり滑らないし・・・
東北や新潟の人は大変だな~といつも思います
きっと私もあそこにいたら雪が嫌に違いないです

そんなこと考えながら やっぱりうんと寒い冬は好きだな~~美しいなぁ~~と思うんですよ
もう少し年をとったら逃げたくなるかもね
2008/02/21(木) 15:50:25 | URL | yuuko #7PUYXG.I[ 編集]
yuukoさん >>>
私、てっきりyuukoさんは雪かき好きなんだと思っていました。
たき姐さんが雪中の話聞いて、てっきり雪かきも好きなんだと思っていました。
こうやって思い込んで、うっかりした発言をしてしまうことも反省です。
yuukoさんのブログからは、北海道の寒い冬に対する感動と喜びが
いっぱい感じられるんです。あの喜びは、紛れもなく真実のものですよね。
だって、読んでてyuukoさんの楽しさが手に取るように分かるんですから。
そしてそれは、yuukoさんが冬の美しさだけではなく厳しさも感じているから、
より深い愛情になってるんだろうなって、頂いたコメントを読んで思いました。
なんか、嬉しいです♪そういうのが、好きです。
光があって、影があって、影があるから光はより深みを増して輝いて、
ただ光だけの世界って、薄っぺらくて、本当に輝いているのかどうか分からなくなって、
その時光の輝きを教えてくれるのは影だと思っているので、
私は影の存在を大切にしたいんです。影は影で、決して闇ではないですし。
yuukoさんの、白い雪に伸びる美しい影の風景、あれも気持ちよいですよね♪
2008/02/21(木) 23:11:22 | URL | アキ #VZRdE7nc[ 編集]
アキさんの思いが好き!
この詩が好き!

雪かきは私も好きじゃないかも・・・(笑)。
でも雪はすきなのよねぇ。アキさんに怒られちゃうかもね!

でも、ここに書いてあることはその通り。アキさん、よく人の生活を観察しているんだなって、感激してしまいました。

うちも、本当にそうでした。
うちの実家は江別ですが、江別も雪がすごく多いんです。
うちの両親は共働きでしたから、やっぱり、毎日、朝早く4時とか5時とかに除雪車が入ると、二人で早起きして、雪かきをしてから出勤していました。本当に頭が下がるような思いですよね。

そんな北国の暮らし。雪はやはり美しさだけではないんですね。
アキさんのお陰で、何か新しい観点を得たような気がします。
ありがとう!

白黒コンビの写真がなんとも愛らしいです~!!!
2008/02/22(金) 19:17:08 | URL | Megi #-[ 編集]
なんか良い詩ですね(^o^)

ひとつの事に夢中になって、他の事忘れると困る。
以前は猫を外に自由に出してたけど、
好きに遊べて猫には良いと思ってた、
でも近所の方には迷惑・・・
やっぱバランスって言うか、大事ですよね。
2008/02/22(金) 20:51:22 | URL | シバヤン #uSG38wC6[ 編集]
こんばんは。
雪…アキさんは関東に住んでおられたのでわかると思うのですが、関東あたりだと滅多に降らないもので雪が珍しく思えるんですよね。ところがほんの少しでも降ると電車が、バスが…と交通機関が遅れたり止まったり。5センチも積もれば雪かきしないと道路が凍って近所中の大迷惑に…。翌日はたいてい凍って滑った転んだで救急車の出動が増えて、あっという間に普段の生活が一変してしまう、そういう面も持ち合わせています。(北海道の人が聞いたら呆然の弱さですよね、ホントに。)
雪の結晶は確かに美しいし、雪景色もきれい、それも雪の一面、でもそれだけじゃない、過疎化が進む豪雪地帯で雪がきれいだなんて同じことが言えるか?って言ったら…。数年前に新潟の知人が雪で家を一軒潰してしまったため、余計そんな事を思うのかもしれません。

私も決して多面的にものを見られる人間ではないので、アキさんの言葉が心に刺さったりしてます。う~む…。雪だけではなくて、何事にもいろいろな面があるんですよね。何であってもいい面だけ見てとりいれていくのは悪いわけではないけど、その背後にあるもの、悪い面、全て見られるようにしてはいたいものですね…。

うわ、これってよく考えると人間に対しても同じかも…。
2008/02/22(金) 21:47:33 | URL | タピアン #n9J5qrlM[ 編集]
Megiさん >>>
私がポエムモードになるのは、何か訴えたい時とか吐き出したい時なので
読んで前向きな気持ちとか明るい気持ちには、あまりなれないと思います。
Megiさんの詩とは逆ですね。(笑)
でも、好きって言ってくださってとても嬉しい!ありがとうございます♪
前のコメントを読んで、Megiさん雪かき好きじゃないんだろうなって思いました(笑)。
雪かき、好きでも嫌いでもいいんです。
チョコレートを好きな人がいれば嫌いな人もいる、それと同じぐらいの感覚で。
私は、雪も好きだし雪かきも好き~でもウィンタースポーツはイヤ~って感じです。
ただ、雪が白くて綺麗だからって、それに雪の暮らしの全てを結びつけるのは
違うと思うんです。 やっぱり雪かきは大変だし、そこに雪の白さは関係ないし・・・
でも雪が白いって言うなってことではないんです。雪も、やっぱり白くて綺麗。
つまり・・・無邪気な大人にはなりたくないって思ったと言うか・・・
えへへ、ちょっと吐き出したかったんです。
江別、お隣さんじゃないですかー!札幌の中でも江別に1番近いところに住んでますよ!
ご両親の苦労、私は想像でしか知ることが出来ないですが、Megiさんは
そんな様子を見てきたから、やっぱり雪かきの大変さを知っているのでしょうね。
親の背中を見て育つって、そういうことなんだなと思います。
あの写真は、2年前今のマンションに引っ越したばかりの頃です。
だから窓がまだ綺麗(笑)。


シバヤン >>>
ありがとうございます。
Megiさんのコメントでも話したのですが、私が詩を書くときは
大抵何かもやもやしたものを吐き出したいときなので、なんか・・・アレです。(笑)
そうなんですよね。
単純に、猫が好きな人もいれば嫌いな人もいる・・・
猫が好きな人も、嫌いな人がいることをちゃんと飲み込んでいれば
より猫に深く関われるような気がするんです。上手く言えないけど・・・
猫のためにも、自分のためにも、猫が嫌いな人のためにも。
バランス取るって、簡単なようで難しくて、難しいようで簡単なんでしょうね。


タピアンさん >>>
私が今でも忘れられない、東京と雪の思い出です。
フレンチレストランでバイトしていた時のこと。その日は朝から雪が降って
ニュースなどでも大騒ぎになっていました。でも、出歩けないほどではないし
べたっとした水分の多い雪がごちゃっと降ったなあという印象でした。
ランチの準備をしていると電話が掛かってきて、「今日は営業していますか?」
雪が降ったからと、営業しているかどうかの確認の電話だったんですよ。
えー!これぐらいなら営業するでしょう!って思ったんですけど
これがやっぱり東京と雪との関係なんだなあ~って。とても印象的な出来事でした。
でも仕方ないんですよね。北海道では当たり前に冬&雪装備が備わってますが、
雪が日常じゃない地域は、やっぱり雪は非常に特別なものですから。
冬靴だって必要ないし、雪かきグッズだって必要ないし、その他もろもろの冬アイテムも。
だから、雪が特別な人が雪に無心に憧れるのは、それはそれでいいと思うんですよ。
ただ、雪の生活の中にいる人が、雪かきの大変さを知らずして雪の美しさを説いたり
雪の綺麗な部分だけで全てをくくっちゃおうとするとしたら、それはやっぱりイヤです。
私たちが北海道に来て住居探しをしたときの1番最初の条件に挙げたのが
「雪かきをしなくてもいい物件」でした。無意識で大変さは思っていたんでしょうね。
だから、幸い住居に関する雪かきの苦労はほとんど経験ないんですけど、
その分、代わりに雪かきをしてくれている人が必ずいるわけですよ。
その人たちにも同じように、「雪は綺麗ですね~」って私は絶対言えない。
新潟の豪雪地帯は、札幌以上の大変さがあるんでしょうね。雪の質も違うだろうし。
雪で1軒家が潰れるなんて、ちょっと想像を絶する出来事です。すごいな・・・
私も多面的には見られないですよ~かなりワガママだし。
でも、せめて光と影ぐらいは見出していけたらなって。それは必ず対になってるし。
光ばかり、影ばかりじゃなくて、光も影も。影は決してマイナスではないですから。
タピアンさんのおっしゃるように、人との関係も、まさにそうなんでしょうね。
って、頭では分かるんだけどなー。(笑)
2008/02/22(金) 23:29:20 | URL | アキ #VZRdE7nc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。