自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館ぷち観光
2007年08月17日 (金) | 編集 |
日帰り函館B級グルメドライブ、思いのほか早く目的を達したので
ぷらりぷらりと函館プチ観光をすることにしました。

070817-1.jpg
『函館聖ヨハネ教会』。

070817-2.jpg 070817-3.jpg
『カトリック元町教会』。
ステンドグラスに描かれている花や実にも、何か意味があるんでしょうね。

名前だけは知っていた 『函館ハリストス教会』。
この建物は、見た瞬間からその造りの面白さに惹きつけられました。
070817-4.jpg 070817-5.jpg
こっちから見てもそっちから見ても、同じデザイン。
造った人の意図が建物全体から伝わってきて、すごく興味深かったです。
私が1番好奇心をくすぐられたのは、このあたりのアングル。
070817-6.jpg
1歩進むだけでも見え方が変わり、とても新鮮でその意匠には脱帽です。

と、ちょっとのぷらりで3つの教会を訪れることが出来る、異国情緒溢れる函館で、
私が1番1番心ときめいたのはこちら。
070817-7.jpg
なんと見事な瓦葺の屋根!
『東本願寺函館別院』 の瓦葺屋根で、ある道に出ると、目の前にこの瓦屋根が
ぐわあーっと圧倒的な存在感で迫ってくるのです。ホント、目の前に、です。
北海道でこんな立派な瓦屋根を見られるなんて、感動の一言に尽きます。

北海道で瓦葺屋根の建物、特に普通の住宅には、圧倒的に少ないんですね。
だからこちらに来たばかりの頃は、建つ家建つ家全てが外国の家みたいで、
すごく不思議な感覚に陥りましたが、今は、飛行機に乗って本州に帰ると
黒々と輝く瓦屋根の家が立ち並んでいるのを見て、わあ~っとなります。

それにしても、こういった建物ひとつにも、自分の歴史が語られるものですね。
私は城下町で生まれ育ち、小学校は寺町の側にあったので、何度も写生で
お寺を描いたし、遊び場所は神社の境内で、また親戚に住職がいたりと、
そういった子供時代があったから、瓦屋根にノスタルジーを感じたのでしょう。
もし私がクリスチャンで、教会やミサが生活の中に当たり前にあれば、
同じ風景でも違った感覚を覚えただろうなと思います。

では最後に、和洋建造物に花を添えて。
070817-8.jpg

070817-9.jpg


コメント
この記事へのコメント
函館は、2回行った事があります。
なつかしいです~
北海道に着陸する前、私もいつも建物がちがうな~って感じるのですが、
やはり、本州にくらべ瓦屋根が少ないんですね~
なるほど( ̄∀ ̄*)
函館グルメ旅の写真を拝見してると、
北海道大好きの北海道行きたい熱がムクムクと。。。。( ̄▽ ̄;;)




2007/08/18(土) 00:41:10 | URL | raull #67oAcE0k[ 編集]
この立派な屋根!とても印象に残っています。私も見とれてしまいましたよ~
教会などの洋風建築が並ぶ中で、すごく大きくて美しくてちょっとびっくりするんですよね
あのあたりは和洋折衷の古い民家も良く手入れされていて
たくさん写真を撮ってかえりました。
あとで知ったのですが、
保存のために住人のかたはいろいろと苦労がありたいへんなのだそうです。
街ぐるみで美しい景観をつくる努力をしているのですね~
ハリストス教会ではちょうど結婚式がありライスシャワーのシーンに遭遇しました♪
なんかいろいろ思い出して、また行きたくなってきたなぁ・・・
函館とは違う話で申し訳ないのだけど、北海道で私が一番ぞくっときた風景。
写真を撮ることも、あれ何?と尋ねることもなぜだかできない威圧感があって
ずっとあれは何だったんだろうって心に引っかかっていました。
最近になってやっと調べる気持ちになり、幾春別で見たのは炭鉱の施設のようです。
でもどの写真もみな明るくて、私が見たのと違うもののように見えます。
自分の心が沈んでいてそんなふうに見えたのかなぁ
あまりに大きくてあまりに古くて何か別の空間みたいでとても怖かったのです。
なんか変な話でごめんなさい!アキさんは見たことありますか?
桂沢湖の近くだったと思います。
2007/08/18(土) 00:52:48 | URL | みきねこ #-[ 編集]
カトリック元町教会・・・元町で横浜が浮かびました(^^ゞ

瓦屋根が少ないのは、雪との関係でしょうか。
タチアオイと百合(カサブランカ?)が建物にマッチしてステキですね!!
2007/08/18(土) 11:19:08 | URL | ハナ #QMnOeBKU[ 編集]
なんだか塔が傾いて見えるね!
私が驚いたのはアキさんの写真撮る腕前!
どれも凄く綺麗に撮れてる~~♪
観光のパンフレットになりそうや!!
日帰りで観光までできたら良いね(^o^)
2007/08/18(土) 20:14:43 | URL | シバヤン #uSG38wC6[ 編集]
raullさん >>>
北海道に住む私より、raullさんの方が函館通ですね(笑)。
北海道の住宅は、いわゆる三角屋根は少なくて、フラットなタイプが多いんです。
フラットな屋根にして、屋根からの落雪を防ぐらしいですよ。落雪はキケンですから。
函館、ステキな街ですよね~♪正直、観光都市ということで期待してませんでしたが
2度3度と訪れたい街のひとつになりました。raullさんも、是非3度目を!


みきねこさん >>>
本州でもこんなに立派な瓦屋根を、しかも目の前で見られるなんてことないですよね。
函館は坂の街だから、目と同じ高さに屋根がくることも可能なんでしょうね。
ぎらぎらと黒光りする瓦屋根に、私もすっかり釘付けになりました。
私たちが回ったのは、函館市の末広町と元町をちょろちょろとだったのですが
この辺り、観光客相手のお店の隣が全く普通の民家だったりと、
観光地と住宅地が融合して、でも不思議と違和感を感じない街でした。
それも街の方の努力あってからのものだったんですね。
簡単なことではないと思います。函館の方の街を愛する気持ちに感服です。
えっと、桂沢湖は行ったことがあるんですが、私全く覚えてないんです。
富良野や芦別に行く時は大抵桂沢湖横を通りますが、炭鉱のことは
全く知りませんでした。実際見ていないのでどういう感じになるかは分からないけど
炭鉱址というと、なんとなく何かがあってもおかしくないような場所かもしれませんね。
三笠に住んでらっしゃるお客様がいらっしゃるので、今度お会いした時聞いてみますね。
私は・・・怖くて行けないかも(汗)。


ハナさん >>>
私も、元町というと横浜です(笑)。
おっしゃるとおり、瓦屋根じゃないのは雪と関係してるみたいですよ。
瓦屋根だと、屋根の雪下ろしも大変なのかな。痛むのかもしれないし。
でも新潟の豪雪地帯とか農村部は瓦屋根ですよね。む~。
函館には、いろんなお花が咲き乱れていましたよ~。またその記事も書きますね♪


シバヤン >>>
いつも褒めてくださってありがとうございます!
毎度言ってるかもしれませんが、北海道は誰もが名カメラマンになれるスポットが
たっくさんあるんです。しかも、このピーカンの素晴らしいお天気!
きっとこの場にシバヤンがいたら、シバヤンも名カメラマンに即変身ですよ、きっと♪
今度は別の街の別の風景にどっぷり使ってみたいです~。
2007/08/18(土) 22:57:04 | URL | アキ #VZRdE7nc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。