自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おつかい
2007年05月10日 (木) | 編集 |


うつむく桜が見つめるものは・・・


夕方、ねこ村パン屋に小さなお客さんがやって来ました。
自分の身長の半分ぐらいもある大きなマイバッグ、少々持て余しながら
カゴとトレイを持って、ひとり言を呟きながらパンを選んでいきます。
ちょっと大きめのひとり言。

「あっクロワッサンあった!」
「チョコパン・・・えーっと・・・あっ」

レジにやって来た小さなお客さん。
「お金足りるかなあ」
千円札を出すのに手が空かなくて、レジに置いたのはお母さんからのメモ。
メモに書かれた、パンの名前と、お母さんの携帯番号。
「じゃあ、計算してみるね」
大丈夫。お母さんはちゃんと足りるように、千円札持たしてくれたんだよ。
小さな手に、レシートとお釣りを返して。

「いくつなの?」
「6才」
「小学1年生?」
「うん」

パンを包む1分足らずの間、小さなお客さんと小学校のクラスの話。
「1組なら、町田君知ってる?」
「まちだくん?・・・まちだナニくん?」
「しげきくん」
「あっ!いる!」
「あとね、たいらくん。え~っと、おおうら~・・・」
「おおくぼたいらくん!」
ハハ、楽しいな。

小さなお客さんは大きなマイバッグを肩から下げて、
両手でエイッとドアを開けて、最後にもう1度バイバイして、
そして振り返らずに帰っていきました。

空っぽの大きなカバンに詰まったワクワクとドキドキ。
1枚のメモと1枚のお札には、離れていても繋がっているお母さんの心。
お釣りと品物が入ったカバンには、もうひとつ、小さなお客さんの達成感も加わって。

嬉しいのは、おつかいに来る小さなお客さんのほとんどが、
ちゃんと 「ありがとう」 って言えること。
案外こどもはしっかりしてます。ただし親の見てないところで。

小さなお客さんに重ねあわせる、子供だった私のおつかい。
大人になった今は、子を送り出すお母さんの気持ちも分かるようになりました。
だから、すごく楽しい。その瞬間に立ち会えることが。


うつむく桜が見つめるものは、

070510-2.jpg

空を見上げる小さな太陽。
コメント
この記事へのコメント
高いところから見つめる、桜の花のお相手が
低いところから見上げている太陽だったとは!!

いやいや、これはフェイントをかけられましたね~♪
なんと意外な、そして素敵な計らいなのでしょう♪
こういう発想を思いつくアキさんこそ、
素晴らしい感性の持ち主じゃあないですか。
私も、まだまだ見習わないとって、思いました。
ただ綺麗な花が見つかったからと写真を並べてるだけじゃ
味も粋も無いなって・・・・うんうん感心です。

おつかいの子供さん、しつけの良いお母さんに育てられて
スクスクと健康的に育っていくでしょうね~
こういうお子さんばっかりだと、未来も明るいのにね。。

「ありがとう」って言える子供たち、私も旦那の実家で
タバコ屋の店番をしているときに何度も遭遇しました。
日用品やちょっとした文具も売っていたので、子供も買いにくるのですが
ちゃんと、お客さんの方からも、「ありがとう」って言うのですよね。
ちっとも、「買ってやったんだぞ」っていう高慢なところがない。
あれは、接客をしていて気持ちよかったです。
2007/05/11(金) 14:04:38 | URL | あっこ #Z9AS4gps[ 編集]
ミニシアターでほのぼの映画を見ているような気分になりました。このぬくもりはアキちゃんならではのまなざしだよね。仕事休みの前の日に1週間の疲れた身体が癒されるようなエッセイありがとう!
2007/05/11(金) 18:25:57 | URL | ポコよし #-[ 編集]
お使いか~
目に浮かぶよ(^o^)
チョココロネは買わなかった?
有難うは良いですよね、
言った方も言われた方も気持ち良い(^o^)
夫婦でも親子でも大事な言葉。

いや~長いトンネルだった~
関門トンネル位長かった(^-^;
2007/05/11(金) 19:42:07 | URL | シバヤン #uSG38wC6[ 編集]
あっこさん >>>
あの、これ、本当にそういうシチュエーションだったんです。
「わー桜キレイー♪」でふと足元を見たら、「おお、お前さんこんな所に!」と。
なので、私の発想ではなくて、お花の神様の粋な計らいだったんです。ハイ。
う~ん、いっぱい褒めていただいただけに恐縮です。
でもやっぱり私が何かしたわけじゃないもんなあ・・・
褒めていただけたの凄く嬉しいしもったいない(笑)けど、やっぱり違います。うん。
私思うに、可愛い子には旅をさせろって本当なんだなあって。
旅をさせるのは不安だし心配だけど、子はそうやって世の中に出て行くんです。
そこで思い切って旅に出させられるか。やっぱり子は親次第なんですよね、きっと。
子供って、ありがとうも素直に言えていいですよね。
お金出して買ったのだから、ありがとうと言われて良い立場ではあるのですが、
そうじゃなくて、もっとシンプルに「パンをくれてありがとう」と、そのああたりで
言えてるんじゃないかなって。ああ、ありがとうってとてもシンプルな気持ちなんですね。
明日の仕事、今の気持ちで頑張ってみようっと。
あっこさん、良いきっかけを与えてくれて、ありがとう!


ポコよしちゃん >>>
や~ん、こちらこそありがとう!照れるし。
こういう、普通の子と普通にお店で話するのって大好き。
子供の方が私のレベルで話してくれるから楽しくて。
で、やっぱり親がいない方がしっかり話してくれるんだよね、みんな。面白いよ。


シバヤン >>>
だから、うちチョココロネ売ってないですからー!(笑)
時に、何でもかんでもありがとうで、ありがとうの安売りをする人がいますが
言われた方が嬉しくなるありがとうは、ちゃんと心のあるありがとうですよね。
まあなんでもそうか。
みんなが気持ち良いありがとうの花を、私も咲かせられるようになりたいなあ。
シバ家は、いっぱい咲いてるでしょう?そんな感じがする♪
トンネルを抜けたら、そこは黄色い風船舞うパラダイスでしたー!でしたね、今日も!
今日、阪神ファンのお客さんに「勝ちましたね!」って言ったら、やっぱり
「長かったあ~」っておっしゃってましたよ。ハムも早く出ておいでー♪
2007/05/12(土) 00:09:11 | URL | アキ #VZRdE7nc[ 編集]
いいなぁ、良い出会いがありましたね、ねこ村パン屋さん(^^)。
心がホッコリと温かくなります。
でも、よく考えたら、私もパン屋にお使いに行かせたりしますね。
パン屋さんって、行かせやすいんですよ。戸口は一つだし。
やることはパンを買うことダケだし(笑)。

もう商店街も行かせるけど、あんまり小さい時だと一人で歩かせるのは危険だし。
スーパーは出入り口が沢山あるからこれまた誰に連れ出されても気付かないから危険だし。
今の世の中子供を一人で買い物させる場所がないんですよね。
良いオネーサン(笑)のいるパン屋さんが近くにあるのは、その子にとってもよい事ですよ。
良いなぁ、町のパン屋さん♪(^^)。

>案外こどもはしっかりしてます。ただし親の見てないところで。

この台詞。先日ウチの小さいのの所属する合唱団のコンサートで
指導して下さってる先生がおっしゃってました。
「子供は何でもやれば出来るんですよ。ただし、親の見てないところでネ」って。

そこは高校3年生から小学校の1年生までが所属していて
上級生が下級生を指導するというように、良い意味での縦社会が築かれているんですけど、
昨年よりもしっかり歌って踊れて昨年よりも断然舞台上で輝いていたウチの小さいのを見て
確かにそうだなぁと思ってしまったことですよ。
自分よか小さい子の立ち位置直してやったりしてね。しっかり先輩してたんですよ。
ホントに、子供って親の知らないところで成長してるんですね、きっと。
2007/05/15(火) 10:22:27 | URL | みーや #mQop/nM.[ 編集]
みーやさん >>>
お返事ごっつう遅くなってごめんなさい!
私達が子供の頃って、近所の大人達がみんな、子供に目を配ってくれている、
そんな安心感とか連帯感とかありませんでしたか?うちが田舎だったからかな。
監視しているとかじゃなくて、ちゃんと子供達の様子を見てあげているという感じ。
今は迂闊に気配り目配りしようものなら、怪しい人と受け止められますものね。
子供が自由に外で遊べない環境、本当に寂しいと思うし、私が子供の頃は
本当に良い時代だったなと、改めて我が身の幸せに感謝してます。
・・・ばばくさい?(笑)
子供って、親が思っている以上にしっかりしてるんですよね、ホント。
舞台なんかだとそれが顕著に見えて、親は嬉しいやらびっくりやらじゃないかしらと。
本番前にギャーギャー駄々こねてた3才の女の子が、本番では彼女なりにきっちり
小さなおねえちゃまについて踊って(体動かして)いたり、小さなおねえちゃまも
実はまだ就学前だったりして、あれには本当に驚きと感動です。
みーやさんちの小さいのサンも、小さな先輩としての自覚あると思いますよ。
とは言え親の前ではまだまだ子供で甘えていたいんですよね~そこがやっぱり子供♪
2007/05/21(月) 11:32:11 | URL | アキ #VZRdE7nc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。