自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

襟裳岬・風の館
2007年05月08日 (火) | 編集 |
襟裳岬にある、風の館にて。


3年前の襟裳岬ドライブ時、あまり興味がなかったので入らなかった風の館。
今回は、この施設で風速25m/秒の風を体験したくて、入ってみました。
070508-2.jpg 070508-3.jpg
風速25m/秒の風に果敢に立ち向かうヒデとよその子の後ろ姿と、
風速25m/秒の風にもたれる私の変な姿。軽く浮いてる?

写真では非常に分かりにくいですが、ありえないぐらい強風です。
「せーの」とか言っている間に25m進むぐらいだから、ものすごい強さです。
ちょっとでも気を許すと、ぶわっと風に飛ばされて転びそうです。
ここでは「強風を体験するぞー!」と心の準備のもとで立っていられますが
こんなのが街中に吹いたらと思うと・・・ちょっとゾッとします。

時に優しく、時に激しく。

風そのものの姿を目にすることは出来ないけど、
髪がなびいたり、洗濯物がハタハタしたり、木がザワザワしたり、
それから、草原にいると草の間を走り抜ける風の見えない姿が見えたり。
見えないのに、その存在は常に身近でまるで見えているような気にすらなる。
風っていうのは、不思議な存在です。

ここにも、風。
070508-4.jpg
コメント
この記事へのコメント
風の体験、面白そうですね~
風速25メートル/秒だと・・えっと、台風の時に体験したかなぁ??
襟裳岬は、風が強いところなのですね。

アキさんの故郷の津山では、おだやかな時が多かったですか?
中国地方でも、西の島根県に行くと
出雲あたりでも日本海に面したところでは風、強いです。
家を強風から守るために、松を植えて防風林にした
築地松(だったかな?)四角く囲われている松が印象的でした。

草の間を走り抜ける風 と言えば、
鳥取県の米子市に居たころ、家のまん前が田んぼだったので
秋になると稲穂が風になびいて、
まるで海の さざなみ のように稲穂が順々に動いていくさまが
とっても綺麗でした~!
アキさんが観た、草原の風も、同じようなのかしらね?
2007/05/09(水) 12:35:12 | URL | あっこ #-[ 編集]
凄いな~25メートルでもかなりなんですね、
よく台風とかで30メートルとか聞くけど、
やはり本物の25メートルが凄いですか!!
でも面白い施設が有るな~
私も一度体験してみたい(^-^;
2007/05/09(水) 19:21:20 | URL | シバヤン #uSG38wC6[ 編集]
あっこさん >>>
ハイ、襟裳岬はいつ行っても風が強い所です。
でも海は綺麗だし、7日の記事で最初の岬の写真、あの写真のどこかに
アザラシもいるんですよ。肉眼では見えませんが、望遠鏡ではこの日も見えたそうです。
津山は、本当に気候は穏やかで過ごしやすい街だったと思います。
普通に暑いし普通に寒い、あまり特別な災害があった記憶もありません。
中国山脈はさんで日本海側は、やはり荒れるみたいですね。
防風林、分かります。北海道にも風の強い地域にはあるんですよ。
でも松じゃないです。何の木かな?そして、風の向きに合わせて曲がってるのもあります。
防風林に使われる木々にも、その土地に合う植物があって面白いですね。
秋の田んぼ・・・黄金色に染まって夕日に映える恵の海、綺麗だあ~。
そうですそうです、そのさざなみです。草のさざなみ。稲穂のさざなみ。
「あそこに風がいる!」って妙にドキドキするんですよね。


シバヤン >>>
多分、台風の30mの方が凄いとは思います(笑)。
25メートルでも凄い威力!こんなのが突風で吹いたら、シバヤンでも飛ばされますよ。
これはこの施設の1番の目玉らしく、で、1番以外の目玉はありませんでした(汗)。
2007/05/09(水) 22:08:11 | URL | アキ #VZRdE7nc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。