自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20年と半年の光
2007年04月28日 (土) | 編集 |


あそこに太陽がある。

地球に似た星が、地球から20.5光年の場所に見つかったって。
20.5光年、光の速さで20年半の距離。
今見えているその星の光は、その星が20年と半年前に放った光。
そんなこと言われても、どれだけ遠いのかもうさっぱりだ。

子供の頃から天体が好きで、よく星空を見上げていました。
星座図鑑や天体図鑑を何度も眺めて、遠い場所に思いを馳せて。
その時の名残で、今も少しだけなら星座を見つけられます。
星、大好き。

専門家の人たちが、20光年先にある星を見つけて大賑わいになる。
私はそれを聞いて、とても滑稽な気持ちになる。

だって宇宙はこんなに広いんだよ!それこそ想像を越えてしまう。
地球に似た星が1つや2つや10個や100個あったって不思議じゃないし、
何かが存在していても、全然おかしくない。

いえいえ、違うんです、そうじゃなくて。
でもやっぱり可笑しい。

果てしない宇宙の中の、言葉では表現できないぐらい小さな星の上で、
どれだけ小さいか想像も出来ないぐらい小さい人間が、
やっぱり小さな小さなたった1つの星を見つけて大騒ぎになる。
宇宙はこんなに広いのに。何があってもおかしくないのに。

例えば大自然の前に立って、あまりの存在感に圧倒されて、
「人間って小さいなあ。自分の悩みなんて、この自然に比べたら小さいなあ」
そんな風には絶対思わない。
地球の上にいる自分は絶対無二の存在で、悩んでいることも真実で、
その悩みに大きいも小さいも、ましてや自然と比べるものでも全然なくて、
きっと比べられた自然も困る。

私が唯一人間のちっちゃさを感じるのは、宇宙が相手になった時。
想像すら及ばない存在の宇宙を考えた時に、すっかりお手上げになる。
そのお手上げな気持ちを、私はとても楽しんで。
次の小さな真実の発見を、期待と滑稽が入り混じった気持ちで見つめて。

宇宙は広くて、太陽はあそこに、私は地球の、今ここに。
コメント
この記事へのコメント
うんうん、宇宙の大きさ、大自然の偉大さ、
それと、自分の悩みの大きい小さいとは、比べるものじゃ~
ないですよね。 ホントそうだ。

地球と同じくらいの生物も、どこかの星に居てもおかしくないし、
文明は今が一番、進歩してる、ってわけでも
ないんじゃないかな、って思うんですよ。

何十光年も先の星から、きっと一瞬の間に来たりできる技術も
あるかもしれないし・・・

私も星を眺めるの、子供の頃から大好きでした~!
夢でね、
綺麗な色とりどりの星と、何か形を成したもの(うまく言えない・・)を
観て、夢の中で楽しんでいたことがあります。
2007/04/29(日) 14:14:56 | URL | あっこ #Z9AS4gps[ 編集]
おはようございます。
私も星大好きです。一時期は日本で見られる一等星の名前と明るさなんて全て暗記していたほど。数年前インドネシアで南十字星を見たときも大騒ぎしちゃいました。
今見ている光がその星を○年前に出た光という感覚、今も何だか不思議な感覚です。場合によっては現在もうその星自体がないなんてこともあるんですよね。光のスピードを考えると・・・となる私でした。何ともスケールの大きな話。私の場合、宇宙にも地球にも存在の不思議を感じていたりします。そんな中で小さな事をいろいろ考えている一人の人間の私など、本当にどうにも小さなものです。
でもそれも私、多分宇宙のどこを探しても一人しか居ないんですよね…。その立場をめいっぱい楽しんで、地球も含めた宇宙の不思議を楽しんでいけたらと思ってしまいます。何だかわけがわからないコメントになってしまいました…。
2007/04/29(日) 14:22:52 | URL | タピアン #n9J5qrlM[ 編集]
そうだよね、星ってものすごい多いんだろうね。「巨人の星と」か、「トップスター」なんて星は数少ない人がなれる象徴のようなたとえにもなるけれど、天の川が見られるような所で星を見ていると、トップもなにもないくらい星がひしめいていてさ(笑)どれだけあるんだか?それはきっと星の数ほどあるんでしょう~
2007/04/29(日) 18:54:17 | URL | ポコよし #-[ 編集]
ボギーの散歩とか行った時良く夜空を見上げます、
星座って余り良く知らない(^-^;
でも地球に似た惑星を発見したってニュースはなんか嬉しい(^o^)
SFでは似た惑星はゴロゴロしてるけど、
やっぱ現実では凄い事なんだね。

昨日は日帰りバスツアーに行ってました、
20光年よりちと近いバルタン星まで(笑)
滋賀の彦根城まで行ってたよ~
中々楽しかったです。
2007/04/29(日) 19:07:54 | URL | シバヤン #uSG38wC6[ 編集]
自分の悩みだって、決して小さいものだとは思わないんです。
「あんぱんにしようか、クリームパンにしようか」が大きいとも思わないですが(笑)。
宇宙の広さ、自然の偉大さと、自分の存在は、それぞれ全部大きいと思います。
私もあっこさんのように、地球人以外の存在、絶対あると思ってます。
もしかしたら、私たちの想像を越えた姿形に生存の仕方かもしれないし。
想像つかないから、もう笑うしかなかったりして(笑)。
綺麗な夢を見られたんですね。
それをずっと覚えてらっしゃるぐらい、きっと楽しくてステキな瞬間だったんでしょうね♪


タピアンさん >>>
そうそう!今見えて輝いている星が、現在は存在しないかもしれない!
それ、私も考えることあります!すごく不思議な感覚に陥りますよね~。
南十字星ご覧になったことあるんですか!いいなあ。日本では絶対無理だわ。
>小さな事をいろいろ考えている一人の人間の私など、本当にどうにも小さなものです。
記事にも書いたように、私は絶対そういうふうには思いません。
自分の存在は、宇宙と同じぐらい重くて尊いものですよ。
いろんな偶然と必然が織り合わさって生まれた、唯一の輝く存在です。
小さなことをいろいろ考えられるのも、人間に与えられた能力の1つですよ。
大きな宇宙に暮らす小さな大きな存在の自分が、宇宙や星と同じぐらい好きです。


ポコよしちゃん >>>
何故巨人の星?日ハムでしょー(笑)!トップスターって宝塚っぽいね。
うん、きっと間違いなく、星の数ほど星はあるだろうね。その通りだわ!
その中のピンポイントのピンポイントのピンポイントのピンポイントのピンポイントぐらいに
自分がいると思うと、それはそれですごいよね。


シバヤン >>>
北斗七星とか、オリオン座とか、カシオペアは、わりと分かりやすい星座です。
でも星座知らなくても、夜空にきらめく星はそれだけで綺麗ですよね。
ひとつの星座の星同士も、実際はびっくりするぐらい離れてる星たちですし。
あー、こういう話してるだけで、すごくワクワクします。
似た惑星の今後、気になりますよね。
滋賀のバルタン星、楽しかったですか!いいゴールデンウィークのスタートでしたね。
日帰りバスツアー、私たちも近いうちデビューしたいなと思ってます。
2007/04/29(日) 22:29:08 | URL | アキ #VZRdE7nc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。