自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビンゴ!
2007年03月16日 (金) | 編集 |
ねこ村タップ教室の生徒さんから届いた、1通の葉書。


   発表会 and 交流会の企画 ありがとうございました
   とっても楽しい会でした

タップ教室1回目から参加してくれている、最古参の生徒さんから。
『 口下手なので 』 葉書でいっぱい、ありがとうの気持ちを伝えてくれました。

   今回感じたのは、踊るのが好きだなーってこと

一昨年の外部発表会、結局本番最後まで、ほとんど伏し目で踊った彼女。
出るのを辞めたいと涙ながらに訴えたこともありました。
今回、その時と同じ曲を同じメンバーで踊ってもらいました。
それを見たヒデ、「メチャメチャ上手くなってた!ビックリした!」
もちろん、彼女のことです。

ほとんどの初期の生徒さんが辞めていった中、彼女だけは3年も続いていて
だから、きっとタップは嫌いじゃないんだろうとは思っていたけど、
だけど、好きなのかどうかは、正直確信持てないでいました。

彼女に変化が見え始めたのは、交流会の練習も押し迫った頃。
彼女は、決してステップもダンスも上手な方ではありません。むしろ少し不器用。
そんな彼女が、みんなで同じ振りを踊っていると目を引くようになったのです。
私が掛ける 「 いいですよ 」 という言葉も、圧倒的に増えてきました。
いつもどこか閉じこもっているような動きだったのが、
何かから解き放たれたように、のびのびと開放的に、自由に。

どんな理由で彼女の殻が破れたのか。
その答えを、この葉書に見つけたような気がします。

「踊るのが好き」

踊るのが好き・・・この気持ちに気付いた彼女は、まだまだ上手くなるでしょう。
「好き」という気持ちがあれば、前に進むのは怖くないし、もっと前に行ける。
何があっても 「好き」 という最後の砦が崩れなければ、大丈夫。

そんなことを考えていたら、同じことを言っている人を こちらに 発見。
そうだよね。やっぱりそうだよね。そうだと思う。それに尽きるよね。そうなのよ。
なんともタイムリーに同じことを考えていたなんて、こりゃもう運命ですね。
今年も熱く行きますよー!ファイターズ!
・・・あれ?何の話だっけ?てへー!
コメント
この記事へのコメント
心をこめて書かれたはがき、良い思いでになりますね。
何事によらず、好きであれば自然それに熱中するので、上達する。
まさに「好きこそ物の上手なれ」ですよね(^-^)

う~ん?私の場合は・・「下手のよこずき」になりそう(^^ゞ

ファイターズが熱く行くなら、スワローズは暖かくいきます~(*^_^*)
2007/03/17(土) 10:06:03 | URL | ハナ #QMnOeBKU[ 編集]
この記事を読んでいたら雪がやんで太陽が・・・好きという気持ちになれることに出会えるのは簡単そうで簡単ではない
2007/03/17(土) 12:58:13 | URL | ポコよし #-[ 編集]
パート2 最初のコメントを中途半端で終えてしまいました、ごめんなさい。簡単じゃないからこそ大切なんだろうね。
プー太郎なのでオープン戦中継をこれから見ます。
2007/03/17(土) 13:04:26 | URL | ポコよし #-[ 編集]
好きこそものの上手なれ・・だったか??(^-^;
好きだからできるんですよね~
それで私も少し前の若い頃を思い出しました。
野球やってた頃、練習が辛いって余り思わなかった、
やはり野球が好きだったから!
練習してても試合してても楽しかったの思い出したよ~♪
やっぱり一番は好きな事ですね!

バック転は出来ないけど・・(笑)
2007/03/17(土) 20:04:58 | URL | シバヤン #uSG38wC6[ 編集]
こんばんは。
無事発表会が終了したのですね。一連の記事を読ませていただいてました。

この記事を読んではっとしました。私の後輩とほとんど同じです。
実は同じ先生にフルートを習っているのです。その人は最初、先生が「どうしよう」と思うほどの状態だったそうです。彼女自身が先生の前で一人でフルートを吹くのもイヤ、全員がやることになっている教則本が難しすぎるからイヤだと訴える、発表会なんて「私絶対出ません!強制だったら無断欠席します!」と抗議してしまうほどだったとか。
ところがそんな彼女が最近驚くほど変わったのだそうです。音が変わり練習もたくさんしてくるようになり、楽器を買い替えてからさらに上達していると(実は既に教則本の進度だけでは私は追いつかれている)。
彼女、フルートを吹くのがとにかく好きなのだそうです。私にもそんな話をしていました。先生も最近そのことに気がついたと話していました。
好きだということに気がつくと、たとえ時間がかかっても力は着実に伸びていきますし、将来の展望や可能性も開けてくるでしょうね。私自身のフルートに対する姿勢に一石を投じる記事でした。

ちなみに私の場合は完全に下手の横好きです。だからいつまでたってもなかなか先に進まないのですね。
2007/03/17(土) 20:59:40 | URL | タピアン #n9J5qrlM[ 編集]
ハナさん >>>
下手の横好きも好きこそものの上手なれも、私の中では一緒なんです。
好きならそれでいいじゃん!みたいな(笑)。上手下手はその先の話で。
もちろん、上手になればもっと楽しくなりますが人と比べての上手ではなくて、
昨日より1ヶ月前より1年前より上手になってれば、それがいいかなと思ってます。
スワローズ、投手陣大丈夫ですか?なんだか怪我っぽくなってるみたいで・・・


ポコよしちゃん >>>
今度は、その好きな気持ちにいっぱい水をあげたり日光をあげたり、
そういう手伝いが出来ればいいなと思ってます。
せっかく芽生えた好きの気持ちを、大きく育てていければなあって。
もちろん試行錯誤しながらで、きっと悩むに変わりないんだけど(笑)。
昨日の試合も見た?グリン投手、前日のダルと共に素晴らしかったね!


シバヤン >>>
シバヤンは本当に野球が好きなんですね。
前話して貰った時もそう思ったけど、今回も文面からその気持ちが
すごく伝わってきます。「少し前の」若い頃の話♪
実際、そのトレーニングとか何かをやってる時しんどかったりはするけれど、
そのしんどさすら快感というか、そんなのありませんでしたか?
私はまさにあります!もうMの領域です(笑)。
だからと言って、私もバク転は出来ません。側転も出来ません。
でも、練習すると出来るらしいですよ(笑)。


タピアンさん >>>
ハイ、お陰さまで楽しい交流会になりました!
後輩の方もツワモノですね、確かに先生も「どうしよう」だったと思います(笑)。
でも、フルートの楽しさに気付いてもらえて良かったですね。
全てとは言いませんが、多くの何かを教え伝える「先生」の立場の人たちは
もっと好きになってもらいたい、もっと楽しんでもらいたい、そう思ってると思います。
そのためには、いろんな技術が必要だし、もちろん土台となる基礎がとても大切で、
その技術や基礎を習得する時間や労力は、時としてしんどかったりするけど
でも、その先にある楽しさや幸せを、指導者はいつも見据えていると思うんです。
そこを目指しているといっても過言じゃないかもしれません。少なくとも私の場合は。
そしてそんな私も、やっぱり「好き」が1番の気持ちで動いているのですね。
>好きだということに気がつくと、たとえ時間がかかっても力は着実に伸びていきますし
とタピアンさんがおっしゃってるように、下手の横好きと好きこそ物の上手なれは
反対ではなくて同じことじゃないかな~とも思う今日この頃です。
2007/03/19(月) 14:10:21 | URL | アキ #VZRdE7nc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。