自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校生ジャンパーの思い
2013年03月27日 (水) | 編集 |
『高2佐藤 “完全”V「沙羅の負担も軽くなる」』  

 スキー第84回宮様国際大会ジャンプノーマルヒル (3月1日 札幌市宮の森=HS100メートル、K点90メートル)

 男子では高校3冠のホープが優勝した。

 佐藤幸椰(札幌日大高2年)が99メートル、89メートルで2本とも飛距離、得点ともにトップで、岡部や小林ら実績ある年上の選手をなぎ倒した。高校生以下の選手が優勝したのは、現在W杯最多勝利を誇るシュリーレンツァウアー(オーストリア)以来7大会ぶり。佐藤は「僕らの世代が活躍すれば日本チームも注目される。今は一人で頑張ってる沙羅の負担も軽くなる」と心意気を示した。

e0310216_20581687.jpg

もうほぼ1ヶ月前の話になっちゃいますが、どうしても残しておきたくて。

今季は、スキージャンプ女子の高橋沙羅選手が大きく大きく取り上げられました。
それだけの記録を残してきたし、まだ16才という年齢も話題性抜群でしょう。
沙羅ちゃん本人は、自分は光の当たる所に出るのは好きじゃないと言っていましたが、
ソチ五輪を前にして、きっと注目度は上がっていくでしょう。
アメリカのサラちゃんと一緒で、いまや世界の沙羅ですから。

沙羅ちゃんの特集の番組で、インタビューに答えていた沙羅ちゃん。
「16才でそんなにいろいろ背負って大変じゃないですか?」
とのインタビュアーの問いに、間髪いれず
「背負っているのは私だけじゃないですから」

スキージャンプで女子が男子と同じように認められて、まだ年数が浅く、
サッカーや他の競技と同じく、ジャンプの女子選手はこれまで苦悩の道だったそうです。
女子の試合がなくて、男子と一緒に試合に出ていた女子選手も。
ちょっと今名前を忘れてしまいましたが、その選手がずっと頑張ってきて、
そして今の女子ジャンプに繋がっているとのことでした。
私がそのことを知ったのは、2年前のスポーツ雑誌の記事だったと思います。

女子サッカーの宮間選手は、負けると女子サッカーが注目されなくなると、
そういった発言を何度も繰り返してきていました。
多分、今でもその思いはあるのだろうと思います。
これだけ女子サッカーがなでしことして話題に上るようになってきた、その今でも。

傍から見ると、今、女子ジャンプでは沙羅ちゃんが1人で
女子ジャンプを背負っているように思えます。
実際、世界のトップクラスで戦えているのは、沙羅ちゃんだけです。
マスコミの注目も当然沙羅ちゃん1人に集まるし、
各世界を舞台にした試合でも、周囲の表彰台への期待は膨らむだろうし、
当然、沙羅ちゃんの意思に関わらず、
表舞台に立たざるを得ない状況も増えてくると思います。
きっと相当なプレッシャーもあると思います。
でも沙羅ちゃんは、自分1人が背負っているわけではない、とね。
すごいですよね。

そして、周りの仲間達は、そんな沙羅ちゃんの立場をよく理解しているんですね。
そのことが、この佐藤くんのひと言でぐわっと伝わってきました。
なんつうか、ぐっと心をつかまれました。
男子とか女子とかじゃなくって、ノルディックスキージャンプというひとつの競技で
どの選手もみんな尊重し合って切磋琢磨し合っているんだなあと。

佐藤くんのこの心意気に1ヶ月前ガツンとやられて、
ずっと記事にしようしようと思って、
シーズンも終了して4月目前の今、やっとこさっとこ思い腰が上がった次第です。

yukiya.jpg

佐藤君、4月からは高校3年生だね。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。