自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワークショップ
2013年02月05日 (火) | 編集 |
昨日、このワークショップを受けてきました。

『ジャン・サスポータス&齋藤徹ワークショップ』

ここ何年かで、何度か、
まあ数えるほどでしかありませんが、
それでも幾つかのワークショップなるものを受けてきましたが、
今回のワークショップ(WS)で初めて、
自分とWSとの付き合い方というのが見えた気がしました。

初めてのWSは、大好きなダンサー平原慎太郎さんのWS。
その後何度か平原さんのWSを受けました。
主にコンテンポラリーの中のコンタクトというテクニックのレッスンでしたが、
正直、それが私の表現にどう繋がるのか、分からないでいました。
平原さんは大好きです。踊りも、人柄も。

柳本雅寛さんのダンスワークショップも受けたことがあります。
私がこれまで受けたWSの中で1番よく踊ったWSでした。
でも当時の私は、振りを覚えるのでいっぱいいっぱいで、
終わってみてなんだったのかと思うと、なんだかいっぱいいっぱいだったなあ、と。
柳本さんも好きです。かっこいいです。

昨日のWSは、ちょっとここまで受けてきたのと比べると異色で、
いわゆる踊りのナンタラというWSではなかったと思います。

が、受講してみて得るものは確かにあったなと。

言葉で説明するには、私の文章力がそこに届かないので省きますが、
要は、受ける側の意識の問題なのだな、と気付いたのです。

私は、自分で表現するのは、バレエでもジャズでもストリートでもなく、
タップシューズを履いて踊る、いわゆるタップと呼ばれるジャンルの踊りですが、
昨日の、タップのタの字も出て来ないWSの中にも、
私が表現したいタップ、私がタップで表現したいもの、
もっと言えば、全ての表現、
美術でも、音楽でも、日常生活でも、全ての自己表現、
それら全部通じるもの、通用するもの、繋がるもの、
そういったものに意識を向ける、意識と体を向ける、アンテナを伸ばす、張る、
そして自分の表現したいことに反映する、還元する、
そういうことなんだなあと思えたのです。

多分今なら、今の意識の持ち方だったら、
平原さんのWSも自分なりの参加の仕方が出来て、
自分なりのアンテナを持って、レッスンを受けられるだろうと思います。
また、今なら何を感じるだろうと、受けてみたいとも思います。

ワークショップって、私なりの解釈ですが、
その場で何かが出来ることが重要なのではなくて、
いやいや、もちろんその場で即座に何かが出来た方がいいんですよ、ずっと、
でもそれだけじゃなくて、そこで経験したことを、
その先の自分にどう活かしていけるか、どう反映させられるか、
受講した価値を見出すのはそこにじゃないかな、と思っています。

つまり、自分次第。

いいワークショップでした。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。