自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賢介に何を今更
2013年01月30日 (水) | 編集 |
2013年1月30日 17:06 (ZAKZAK/夕刊フジ)
『田中賢介につきつけられた厳しい現実 米ジャイアンツと“大減俸”でマイナー契約』

日本ハムからフリーエージェント(FA)宣言した田中賢介内野手(31)は、米大リーグ・ジャイアンツと“大減俸”でマイナー契約。メジャーへの険しい道を歩む。

 田中は28日、札幌市内の球団事務所で会見。複数球団から誘いがあったことや、ジャイアンツを選んだ理由について「自分のスタイルと目指す野球がマッチすると思った」と説明した。

 年俸はメジャーに昇格したとしても75万ドル(約6800万円)。昨季の2億7000万円から2億円以上も下がるが、「ずっと目指してきたところだったので、非常にうれしかった。メジャーでレギュラーとして試合に出る」と意気軒高だ。

 しかし現実は厳しい。ジャイアンツの公式ホームページでは、昨季途中に加入したマルコ・スクータロ内野手(37)の「控えを争う」と紹介された。大ベテランだが、オフに3年2000万ドル(約18億円)で再契約したばかり。その競争相手には昨季112試合に出場し、打率・270のホアキン・アリアス内野手(28)がいる。二塁、三塁、遊撃を守れるため、二塁のみの田中は分が悪い。

 昨季マリナーズとのマイナー契約からメジャーにはい上がった川崎宗則内野手(31)=現在FA=は、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)などでの国際経験が生きたが、日本ハムだけしか知らない田中は心許なく映る。

 一方で田中が去った日本ハムの二塁には、頼もしい後継候補がいる。3年目の西川遥輝内野手(20)は昨季、田中が故障離脱後に穴を埋め、リーグ優勝に貢献した。

 今月はチームメートの中田翔内野手(23)とともに、阪神に移籍した西岡剛内野手(28)の合同自主トレに参加。“臨時コーチ”を務めた夕刊フジ評論家の金森栄治氏(56)も、猛練習する姿に「強い意気込みを感じた」と話す。

 「本人が打撃で疑問に思っていたことを聞かれたので、腰の利いた打撃をするよう助言した。まだ体で実践するには至らないが、考え方はだいぶ整理されたはず。打撃は柔らかさがあるし、これから楽しみ」と飛躍を期待している。

 西川の今季年俸は1000万円。今オフには、田中と年俸が逆転するなんてこともある!?

------------------------------------------------------------


まず、賢介は、一流待遇でメジャーになんてこれっぽっちも思っていなかっただろうし、
もちろん目指すはメジャーの舞台だけど、
マイナー契約でも文句ありません、実力で上にいけるよう頑張ります、
って、そういうスタンスでメジャー挑戦を決意したっていうのは、
恐らくファイターズファンなら誰もが理解しているところではなかろうかと。

逆に、賢介メジャー挑戦決めたはいいものの、取ってくれるところあるのか・・・
ぐらいに思ってたんじゃないでしょうか。私は思ってました。
だから、契約してくれる球団があったのは、本当に嬉しかったです。

給料下がるのも、そんなの最初から承知の介だったと思いますよ。
それを、何を今更大減俸とか大騒ぎ?ぷ。

まあ、夕刊フジですし。

まあ夕刊フジですけど、西川くんがここで出てくる意味がよく分からない。
確かに、西川くんは賢介が怪我で離脱した後よく頑張ったし、
優勝に大きく貢献してくれたひとりに間違いないけど、
まだまだ、賢介の足元にも及ばないよ?多分。

さてはライター、書くことなくて無理矢理こじつけたな?

まあ、夕刊フジですからね。

賢介、頑張れ。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。