自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジミーとセビオン、9年後
2013年01月29日 (火) | 編集 |
前回の記事で紹介した、ジミー・スライドとセビオン・グローバー。

その後の彼らの動画を見つけて、
これまたステキだったので、是非こちらも紹介させてください。



前回の動画は、1989年のもので、当時セビオンは15才。
今回のは1998年、ジミーは71才だそうです。セビオンは24才かな。

ジミーのタップも粋でかっこよくてオシャレですが、
それ以上に私がわーと思ったのは、時折映るそれを見ているセビオンの表情。

実際、技としては、セビオンの方がいろいろ出来るんだと思います。
セビオンには出来て、ジミーには出来ないこともあるんだろうと思います。
でも、そういうことじゃないんですよね。

最近、タップについて思いを巡らすことがよくあって、
自分の好みも含めて、ナンダロウ、ナンナンダロウ、と、
古い新しい関わらず、いろいろ動画を見ては考えています。
まあ、そんなこと考えること自体、無意味に思える瞬間もあるのですが。

私が表現したいタップがそれかどうかは別として、
このジミーとセビオンの動画、
これを見て私が感じたこと、言葉には出来ないけど心によぎったもの、
それは、自分の引き出しの、いつでも取り出せる場所にしまっておこうと思いました。

とても抽象的な言い方しているから、
もしかしたら数年後の私がこの記事読んだら、
なんのことやらって思うのかも。

それでもいいです。

大切なのは、他者への愛。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。