自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GPS第2戦スケートカナダ男子感想いろいろ
2012年10月29日 (月) | 編集 |
そんなに自分盛り上がってないなと思っていたけど、
なんだかんだ結果を追ったりしているうちに、動画も見たりして、
そしたらやっぱり感想書きたくなっちゃったので書くぞー勝手なこと言うぞー。

男子で動画を見たのは、
ノブナリ全部、Pチャン全部、フェルナンデス君フリー、アモやんフリー途中まで。

ノブナリは、とにかくショートの衣装あれマズイでしょ、どう考えても誰が見ても。
つか、誰があの衣装にゴーサイン出したのさ、ヤバイってアレ。
つか、シニアであの衣装似合う人って誰かいる?ゆづでもあれはもう卒業レベルでしょ。
誰かアレを着こなせる人がいたらちょっと連れてきて。
っていうくらい、衣装が気になって仕方ありませんでした。
私だったら、あの曲であの振り付けだったら、白シャツに黒パンの超シンプルスタイルにして、
曲と動きで、見ている人の想像力を掻き立てるような演技に持っていくよう演出するけどなあ。
曲の雰囲気で衣装作ってはみたものの、着る人が完全に衣装負けしているというか、
だからあの衣装に勝てる人がいたら連れてきて。
フリーもビミョーな・・・いや、すごく似合ってたけどね、あの衣装は似合ってた。
似合ってたけど、今度は逆に振り付けと合ってないというか、あれは何を表現したかったの?
コミカルぽい動きもあったり、なんというか、ビミョーでした。

でもって、ノブナリがSP・FSのプログラムで何を表現したかったのかも分からなかった。
上手に順番追っているようにしか私には見えなくて。
FSで最後の方、曲に乗って上手く体が動いているところは見応えあったけど、
それ以外は、
ハイ手を挙げました、ハイ大きく体を動かしました、ハイ演技してみました、
・・・うん、そうだね、で、単純につまんなかったです。

Pチャンは、去年まではすごく嫌味な印象を勝手に持っていて嫌いだったけど、
今年はなんだろ全然嫌いじゃないし、むしろ好き・・・までは言わないか、
言わないけど、すっごくニュートラルな気持ちで見ることができました。
やっぱりPチャン上手いねー。
去年とかに比べて、いい意味でプログラムに対していっぱいいっぱいな感じがして、
そのいっぱいいっぱいのギリギリな感じが、とても好感持てたのかな。
人間味を感じたんですよ。去年までは全く感じなかった人間味を。
ジャンプが決まる決まらないじゃなくて、振り付けに対しての生身感ギリギリ感。
人生で嫌いな人が少なくなるって、こんなに幸せなんですね。

フェルナンデス君のジャンプ、あのギュルギュル感が私は大好きです。
なんとなく陸上でのダンスの回転に似ているように見えて。
フリーのプログラム、とっても素敵でした。もっともっと上手になりそう。
もっともっと自分のものにして、観客を虜にしてほしいです。ぶらぼー。

アモやんは・・・今年もまた・・・滑らないのか!
あれはモロゾフのせいか?!モロゾフがスケーターを立ち止まって躍らせているのか?!
スケートなんだから滑れや!!!
の、ひと言に尽きます。もったいないわーホントに。
踊りも上手いし、見せ方も上手いし、雰囲気持ってるし、いいヤツだし、
だけど、振り付けで立ち止まって踊ってるシーンがあまりにも多過ぎて、
残念ながら見る気が失せてもういいやって途中で見るのやめちゃいました。
もうこれはモロゾフのせいだな。そうに違いない。だって振り付けアモやんじゃないもん。
踊りだったらもっと上手くてもっと魅力的な人、陸上に掃いて捨てるほどおるわ。
スケートならではのスケートだからこそできる踊りを見せてくれよう・・・
あれじゃ、アモやんは体力ないから途中で止まらざるを得ないのか?とか、
止まって踊るのは上手いけど滑りながら踊るのは実はヘタなのか?とか、
余計な詮索してしまうじゃないか。もったいない。

あー、これ、なんですかね。
いいことよりも目に付いた気になる事の方が、キーボードを打つ指が躍動的だわ。
ま、そんなものかな。

ということで、ノブナリ3位入賞おめでとう!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。