自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランプリファイナル感想
2011年12月12日 (月) | 編集 |
今日やっとフィギュアスケートGPファイナルの試合を観たので
つらっと感想などを。
真央ちゃんが出ていたらきっと昨日までには間違いなく観ていたと思うけど・・・

と書いたところで、真央ちゃんのコメント全文をニュースで聞いて
涙止まらない。

つらっとさらっとね。
男子のSPから。

ゆづ、衣装が綺麗でいいわ~デザインも色もとても綺麗です~。
17才らしい若々しさとアグレッシブな滑り、とても魅力的。
でもFSを観た後だと、どんなだったか思い出せないのう。

ミハル・ブレジナ選手、私も大好きな鼓童の曲で。
で、その曲で滑ってるブレジナ選手を見ながら、
ノブナリがこういうので滑ればいいのに~ってずっと思ってた。

フェルナンデス選手、・・・は、なんか惜しいな~って印象。
サスペンダー衣装だと、完璧にアボット選手に持っていかれたと思う。

ジェレミー・アボット選手、すごく良かった。
今シーズン彼の演技・・・というか、日本選手以外の選手は全員そうだけど、
初めてちゃんと通して演技を見たけど、すごく良かったなあ。
特に『スウィング・スウィング』の曲は、やっぱりアメリカ人は上手いわ。
フィギュアスケートでも、タップでも、日本人がこれやってオシャレなの見たことなくて、
自分もタップでこの曲踊ったことあるけど、笑いながら全然しっくり来ていなくて、
で、アボット選手のスウィングスウィングみて、「ああ、これだよな」
めちゃめちゃウキウキと彼の演技を観ている自分に気付きました。

大ちゃん、まあジャンプはアレだったとして、やっぱり魅惑的で別次元。
動き始めたその瞬間、そのわずか一瞬で、彼の世界に連れていかれる。
ジャンプはおまけぐらいな気持ちにさせられるほど、演技に惹きこまれます。
唸らされる。

Pチャン、の、良さが分からない。
いや、スケーティングの滑らかさとかスピードとかは凄いなって分かるけど、
ジャンプも決まればすっげーなと思うけど、
それ以外の良さが、私には全然分からない。何も伝わってこない。
テイクファイブもこづの方がずっと味があって良かった。

で、そのまま男子FSまでつらっとなだれ込むと。

ミハル君、なんか惜しいよなあ。
決めるところはビッと決めてメリハリある動きはしているんだけど、
その先の「伝える部分」がなくて、惜しいなあって感じました。
手を伸ばしたその先に「んんん~~あっ!」ていう何かがあると、いいのに。
もっと訴えてくるものがあれば、もっといいのになあって。惜しいな。

大ちゃん、もう言葉は要らない。でも書く。
「ああ、この曲はこういう曲だったのね、なるほどなるほど」と
大ちゃんの演技を見てその曲の意味を理解する、そんなレベルです。
よくもまあ、あのブルースをこんなにもカッコ良く聴かせたものだと。
前半のジャンプは大ちゃんにしては力んでいるみたいでこっちも力んだけど、
後半のジャンプは、大ちゃんのあの何の気なく跳んで3回転なリラックスジャンプで
表情もいい顔しててノリノリで、それこそもう、大輔オンステージですよ。すげえ。
コンサートにでも着ているのかって、そんな気分になりましたよ。

ゆづ、なんじゃあの可愛い生き物は!
ヒデはそんなゆづを「女々しくてイヤだ」って言うけど、そこがいいんじゃ~ん。
でも可愛らしいのは演技が終わった時だけで、演技中の彼はかっこいいよ。
ヒデもそれは認めた。よしっ。
それにしても、ゆづは役者だよなあ。
あそこまでストレートに感情を表に出せるのも、ゆづの武器だよなあ。
でもってそれが全然嫌味じゃないってのが、天性なのかな、と。
まだ終わってないけど、来シーズンもまた楽しみです。

アボット・・・は、やっぱりSPの方がずっと私の好み~。
FSは感想がないぐらい薄い印象でした。
衣装が地味ってぐらいかな。

フェルナンデス君、ゴメン、途中で寝ちゃった。
4回転は凄いけど他のジャンプがあららだったし、とにかくダラッと長かった。
大ちゃんの間逆で、曲の良さがさっぱり分からない滑りでした。

そしてPチャンの良さがやっぱり分からない。
採点についてはさっぱり素人ですが、あれで1位なんだ~なんで?って思った。
つか、アランフェス交響曲だっけ?あの曲の良さも分からない。
し、Pチャンがあの曲で何をやろうとしているのかも分からなかった。
Pチャンの演技って、「どうだ、凄いだろう」アピールにしか思えないんですよね。
個人的感想ですが。

いやもう、男子のフリーは日本人祭でしたな。
ここにこづがいないのは残念だったけど、
今シーズンこれまでのこづは、まだここには来られないだろうなって感じだから。
NHK杯が終わってから全日本までにどう進化しているか、楽しみ。
そしてノブナリ・・・
大ちゃんには大ちゃんの、ゆづにはゆづの、こづにはこづの、
それぞれ三者三様の色っていうのがはっきり出ているのに対し、ノブナリは・・・?
やはり全日本が楽しみです。

女子の感想もと思ったけど、ここまで書いて疲れちゃった。
気分が乗ったら、またいつか。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。