自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブ終了
2011年11月09日 (水) | 編集 |
日曜日のダンスと音楽のパフォーマンスライブ、無事終わりました。
去年に比べると、本当に無事終わってくれたと思います。
いろんな意味で。

今回は2回目の参加ということもあって、なんとなく状況が掴めていたので、
練習の時から、リハーサル、本番へのイメージトレーニングをしていました。
前回の失敗は恐らく、本番までの諸々の準備を間違えたから。
同じ失敗は、もうしないぞと。

今回のその準備の仕方、多分いい方向に行ったと思います。
これ、ひとつ財産になるかなあ。
次の舞台の予定はないけど、次の舞台の時にもこの経験を活かしてみよう。

作品そのものに関しては、納得行く行かないで言えば、行った方だと思います。
ベストパフォーマンスではなかったけど、
その時その瞬間のベストは尽くした、尽くす努力をし続けた、これは言い切れます。
緊張はしていたけど、緊張に飲み込まれなかった。
緊張に飲み込まれないよう、意識的に気持ちをコントロールする努力ができました。
でかい。

今回は、新作じゃなくて、去年作った作品により意味を持たせて踊りました。
正直この作品をやると決めた時、ここまで深く付き合えるとは思っていなかった。
この作品と真剣に向き合えたのは本番前の半月程ですが、
その半月の間、本当にいろんな気付きがありました。

その気付いたものを形にして、形にしたものを、伝えたかった。

初めてこの作品を踊った時の、ただ感情に任せた踊りではなく、
初めて踊った時より少しは身につけられたであろう踊る技術をちゃんと使い、
丁寧に、思いを、動きで、伝えたい、
すごくそう思って本番に臨みました。

プラス、今回の踊りには自分の過去を反映させていて、
その記憶ひとつひとつを丁寧に繋ぎながら作っていったので、
その分、今までになく、私の中では意味のある作品に生まれ変わりました。
踊る3分の中で、私の気持ちはとても大きく揺れ動いていました。

それが見てくれている人に伝わったかどうかは、分からないけれど・・・

いや、いいんですよ。
見てくれた人と自分の気持ちとか感覚が一致しなくても。
むしろ一致しなくていい。
見てくれた人が、私の踊りを見て、何か感じてくれたなら、それがいい。
その人の中の何かが動いてくれたなら、それが嬉しい。

ちなみに練習の時に作品を見てもらったヒデは、
とあるワンシーンにハナのことを感じたそうです。
残念ながらハナのことではないけれど、
私にとってはとても大切なものを表現しているところで、
そうか、そういう風に見てもらえたんだな、と。

そんな、見ている人のイマジネーションに働きかけるような作品に
今回はしたかったのだけどどうだろう。
こればっかりは、ゆだねるしかないから。

ただ、そのための努力と挑戦はして、本番でもトライできたので、だから、納得です。

ひとつ残念・・・というか、非常におバカなこととして、
本番1週間前に、風邪を引いてしまいました。

連日の練習で疲労が溜まっていたのは分かっていたはずなのに、
お風呂上りのストレッチを半分寝ながらやってしまい、そこで風引きました。
本番前日から声が出なくなり、でもまあ、踊るには問題ないから良かったのですが、
これが、出る症状が別のものだったらもっと問題になっていたはずで、
ホント、体調管理の甘さは大いに反省しております。

今現在もその風邪は引きずりまくっていますが、明日から練習再開。
動いて治す。

踊る意欲と、作品を作る意欲が、今とても湧いています。
今度は、その気持ちを大切に、また前進前進。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。