自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何が本当か
2011年07月22日 (金) | 編集 |
■熊谷選手がツイッター騒動を謝罪 「監督批判は事実ではない」

サッカーの女子ワールドカップ(W杯)で優勝した「なでしこジャパン」のDF熊谷紗希選手(20)が出席した私的な祝勝会での会話や写真が、同席した男子学生によって簡易ブログ「ツイッター」に投稿された問題で、熊谷選手は22日、報道陣の前で「自分の軽はずみな行動が今回のことを招いてしまった」と謝罪した。

 熊谷選手は同日午後、市長の表敬訪問のため訪れたさいたま市役所内で報道陣の取材に応じ、「メダルを軽く扱ったように思わせてしまったことを反省している」と謝罪。一方で、熊谷選手が佐々木則夫監督について批判したり、男子学生が熊谷選手の携帯電話に保存されていた同僚選手の上半身裸の写真を見たという投稿内容に関しては、「事実ではない。監督は人間としても信頼している。写真も持っていない」と否定した。

 質問に答える中で「監督やチームメートに迷惑をかけてしまった」と涙を見せた熊谷選手だったが、問題の食事会について「最初は友人と食事をするつもりで、他の人が来ることも知らなかった。もう行きません」と“宣言”、最後には気丈な笑顔を見せた。

2011wwc-kumagai1.jpg

ホラね。

なんちゅうか、これでますますツイートした男子学生の立場がなくなってきましたが
まあ仕方ないよね、余計なことしたのは間違いないんだから。
この男子も男子で、今相当大変な思いをしているでしょう。
名前どころか、かなりプライベートなところまで明らかにされている様子ですし。

やっぱりコワイな、ネットって・・・


■佐々木監督「指導不足」熊谷ツイッター騒動を謝罪

サッカー女子W杯優勝メンバーのDF熊谷紗希(フランクフルト)の“ツイッター騒動”を受けて、佐々木則夫監督が22日、都内で会見し、「指導不足に尽きます。関係各位に深くお詫び申し上げます。世界で戦ってきたなでしこへの注目度の変化に熊谷だけじゃなく、選手、私もしかり、対応できてなかった。もっと選手に徹底して言付けておかないといけなかった」と、謝罪した。
 ただ、監督批判や、チームの内情を明かすようなことがあったとされる内容については「私は16歳から熊谷と一緒に活動しているけど、書かれたことについては一切信用してない。熊谷を全面的に信頼してます」と、キッパリ。本人とは21日夕方に電話で話し、事情は確認したという。
 熊谷は20日夜に親しい友人が開催した食事会に参加。同席した男子大学生に短文投稿サイト『ツイッター』で言動などを実況中継され、騒動に発展した。

wwcup.jpg


なんていうか、やっぱりコワイ世の中になったもんですね。

ネット上でなら、何でも言える、普段なら絶対言わない様なことでも平気で言える、
そういう、現実なのに非現実な空間っていうのがネット上にはあって、
そのへんが曖昧になってしまうと、こうしたことがいとも簡単に起こってしまうんですね。

個人的な感想としては、考えれば考えるほど
男子大学生がお粗末くんだったなというところに行き着くんですけどね。
もしかして、ツイッター初心者だったとか?
ツイッターがどれだけ情報を拡散する能力を持ってるのか、知らなかったのかな?
まあいいや、お粗末くんも猛省ね。

恐らくこれでこの騒ぎも一段落つくでしょう。
というか、何で自分がこのことを2回にもわたって記事にしたのか、
我ながらそれが不思議だったりもするんですが。

なんだろ、多分イヤだったんでしょうね、言いたいこと言って騒いでるだけの人達が。
できることなら直接会って「バッカじゃないの?!」って言いたいところ、
それこそそんなの非現実なので、ここでこうして「バッカじゃないの?!」
という気持ちを胸に秘めながら文章にしてるんですよ、きっと。

はあ~そんな自分もバッカじゃないのって思っちゃうんですけどね。
もうおしまい。本当におしまい。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。