自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK杯真央ちゃんタンゴ
2010年10月22日 (金) | 編集 |
ワンセグってすごい!
携帯電話でテレビが見られる世の中って、すごい!

ということで、フィギュアスケートグランプリシリーズ第1戦NHK杯は
携帯でライブ中継で観ることができました。
親指と人差し指で輪っか作ったぐらいの小さな小さな画面でしたが、
これがまたなかなかキレイに見えるもので、いや~すごい世の中になったもんだ。

真央ちゃん。
mao2010nhk.jpg

ショートプログラムは、とにかくジャンプをミスっちゃダメなんだと、
そういえばそうだったと、改めて気付かされた真央ちゃんの今日の演技。
でも仕方ないんだよね、ホントに今は。
ホントに、修正して矯正するってのはそんなに簡単なことじゃないんだって。

そんでもって、ジャンプが全部思うように跳べなかったりすると、
その後の演技も気持ちが乗りにくいっていうのも仕方ない。
と言っちゃいけないのかもしれないけど、やっぱり仕方ないと思うんですよ。
人間だもの。

個人的な感想としては、
う~ん、
でした。

ジャンプのミスは「あ~思ったとおりになっちゃったか・・・」でしたが
その後の演技にあまり輝くものが感じられなかったというか、
気持ちと動きが一致しているように見えなかったというか、
なんでだろかなと考えたら、人間だものとなったわけです。

ホントは、もっと魂を感じる演技が出来るはずだと思う。
ただ、それにはジャンプの安定も不可欠なんだろうなとも思う。

なんか今日の真央ちゃんは、
とにかく頑張って順番を追っているように見えました。
もっと言えば、順番を追っているようにしか見えませんでした。

まあ、仕方ないやね。

自分で決めたことだと思うから、本当にしんどいだろうと思うけど、
ぶれずに、諦めずに、手にして欲しいと思います。
なんて私が言わなくても真央ちゃんはそうできる人だというのは
昨シーズンを見ても分かるとおり。
だからあとは応援するだけ。

演技後の沈んだ表情を見るのは、ちょっと辛いんだけどね。
まあ、仕方ない。ファンだから。

mao2010nhk1.jpg

衣装、こうして見るとすごい凝ってますね~綺麗。
右側から撮った写真が見たいなあ。ウエストの模様がすっごく気になる。

ああ、そうそう。
実況担当の刈屋アナウンサー。
刈屋さんはきっと真央ちゃんのことが大好きに違いない。

今日の実況でも、状態の非常に悪かった真央ちゃんに対し、
「今はジャンプを1から修正している途中ですから」とか
「ファンのみなさんもそこをちゃんと理解して」とか
言葉は違いますが、こんな内容のことを演技後しきりに言っていました。
真央ちゃんをかばっているというより、
この後起こるであろう「浅田真央絶不調」的煽りを牽制するような、
私はそんな印象を持って「この人、いい人だわ~好き」。

もちろん、他の選手に対しても敬愛を持った実況で好感が持てますが、
どうも真央ちゃんの時にはより一層その愛が深まる気が・・・気のせい?
とにかく、三つ子のパパちゃんという仮屋さんは、いい人に違いない。

明日はバレエのレッスンとバッチシ重なるので、携帯でも見られませんが、
真央ちゃんが、少しでも気持ちが上向けるような演技が出来ますように。

ガンバレー!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。