自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fs2010my回顧録4
2010年10月10日 (日) | 編集 |
今日はパ・リーグCS第1ステージがマリーンズ勝利で終了しましたが、
my回顧録はやっと札幌ドーム最終戦の試合が始まりました。

試合前、選手と一緒にキッズスターターが守備位置につきます。
101010-1.jpg
稲葉のおじちゃんと一緒に。

この時、選手とキッズの関係でなんとなく人柄が分かって面白いです。
ちびっこを気遣いながら守備位置につく選手、
ゆっくり走るけど「ついてこいよ」と比較的無関心タイプの選手・・・
子供がいる選手なんかは、扱い慣れてるな~って感じもあります。

101010.jpg
守備位置についたら、ボールにサインをしてもらって。

思わず笑っちゃうほどちっこいキッズもいるんですが、
このあと結構な距離をちゃんと走って戻るんですよね。全力疾走で。
ファイターズ魂、受け継いでますね~ほほえましいです。

・・・と、試合は始まったのですが、
試合中は試合に集中しているので撮影どころではなく。
なので、今回はファイターズファンにスポットを当ててみました。

101010-3.jpg
ファンクラブ会員限定ピンバッチガチャポン。
200円でコインを1枚購入、1試合5枚まで購入できます。
お目当ての選手のは出るかな~?

101010-2.jpg
ちっちゃな子もちっちゃな手でガチャガチャポン。

ちなみにこの日は最終戦だったからか、
通常はカプセル1つにピンバッチ1個なのですが、
「ダブルで~す」の声と共にピンバッチ2個の大サービスも。
私なんて3回も「ダブルで~す」で、合計8個ゲットー!
大盤振る舞いですな~。

場所を変えると、こんなところでみなさん試合観戦。
101010-4.jpg

ここには大型モニターが設置してあるのです。
生で観戦できるのに、わざわざここで観る意味が私には分からないのですが、
かくいう私もトイレの帰り道、試合が動いていたのでしばし立ち見しました。

101010-5.jpg
みなさん、つい足が止まって見入っている後ろで、
お父さんは試合も大事だけど子供も大事。

101010-6.jpg
おばあちゃんに背負われて、ちびっこは立ち見状態で立ち寝。
おばあちゃんは試合も気になるけど孫も気になって、うちわでパタパタ。

この直後、ファイターズに点が入り、
背中が半分写っているご婦人ペアと一緒にハイタッチ!
「この調子でいくよー!」と、かなりテンション上がっていました。

101010-7.jpg
こちらは、立見席でのリアル立ち見。

初めて立ち見応援を下から見ましたが、みんな本当に一所懸命応援していて、
ちょっとした感動を覚えました。
みなさんの応援は、間違いなく選手に届いているよー!

他球状で試合を見たことないので、よそのことは分かりませんが、
ファイターズファンは年齢層が幅広い印象があります。
それこそ乳飲み子から老夫婦まで、みんな野球を楽しんでいる雰囲気。
地元に根付くって、こういうことなんですかね。

と、ファンの様子をいてほのぼのしているうちに試合は・・・

もう少しつづく・・・
コメント
この記事へのコメント
良いな~私なんて甲子園だって3回ほどしか行った事ないし・・・
1塁側内野席しか知らない^_^;
外野のあの熱狂的なファンの中に入る勇気はないよ・・・
でもどの球団も応援してる姿は良いね~♪
われを忘れてって人から携帯で仕事の話しながらって方まで(笑)

マスカットにもっと試合呼べば良いのにな~
2010/10/11(月) 17:34:45 | URL | シバヤン #uSG38wC6[ 編集]
シバヤン >>>
私も外野はいいかな~。
マイペースに応援するのが好きなので、内野がいいです。(笑)
それこそ1年目は必死で選手の応援歌を覚えたり、
球場に行ったら、試合半分応援団見ながら応援の勉強半分で慌しかったけど、
今は好きなところで「中田ー!!!」とか「信二いー!!!」とか。(笑)
マスカットに試合を呼ぶには、例えばベイスターズを岡山に招致するってどうでしょう?
どっかお金たくさん持ってる企業はないですか?
せっかくのいい球場だし、たくさんいろんな試合が出来るといいですよね。
2010/10/11(月) 21:39:31 | URL | アキ #VZRdE7nc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。