自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

65年目の今日という日
2010年08月06日 (金) | 編集 |
毎年毎年訪れる、8月6日という日には、
少なくとも日本で暮らす日本の人に、
65年前に広島で起こったことを、感じてほしいと思う。

何が起こったか、
少しでいいから、
耳を傾けてほしいと思う。

少しでいいから、
想像してほしいと思う。
そこで起こった現実を。

今ある平和は、平和なような世界は、
65年前のこの日の出来事の上に成り立っている、
その事実を感じてほしい。

国籍も、性別も、肌の色も、宗教も、思想も忘れて、
ひとりの人間として、
あの日の出来事を、感じてほしい。

その時、
それでもまだ、核兵器は必要だと言う人がいるなら、
いるなら、
「ばっかじゃないの」
って、目の前で言ってやる。

広島の願いは、核の無い世界。
アメリカは、何を勘違いしているんだろう。
何を怯えているんだろう。

自分たちが作った爆弾を広島に投下した現実に、
どこの誰よりも目を向けられていない。
原爆投下を正当化できるのなら、
なぜ目をそむける?
それは矛盾。

現実を知るのが、きっと怖いんだと思う。
それが、本当だと思う。
怖いのは正しいと思う。

広島の願い。
長崎の願い。

日本は、強くあろう。
核廃絶に対して、どこよりも強くあろう。

世界でただひとつの、被爆国だから。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。