自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しむための
2010年04月09日 (金) | 編集 |
勝つ努力も必要だけど、楽しむための努力も必要。
野球ができるだけで嬉しいし、投げられるだけで幸せ。

・・・とは、我らが北海道日本ハムファイターズのエース、ダルビッシュ有の言葉。

毎回、自身の登板前日に『明日』というタイトルでブログを更新しています。
最新の記事に書かれてあったのが、上の言葉。

なんか、泣きそうになった。

いや、あれですよ、ファイターズが負けてるからじゃないですよ。
もうね、ここまで負けると正直慣れてきた。全然平気。
すっかり負け体質になじんできて、まあそれは全然いいことじゃないんですけど、
でもだからって、選手を非難したりチームを非難したりするのはイヤなんですよ。
誹謗中傷している場面に出くわすのもイヤ。
大体そういうのって、根拠のない感情論だったりストレス発散だったりだから。
いかにもなこと言ってる人も、ただ個人の解釈ってだけで真実じゃないし。
私は野球を楽しみたいんですよ。勝っても負けても。

あ、いかんいかん。
そんなことが言いたいんじゃなかった。

泣きそうになったのは、自分の今日の新鮮な気持ちとダブったから。

一昨日、1年と数ヶ月ぶりに、タップのレッスンを受けに行きました。
1年と数ヶ月前、金銭的理由と思うところがあってレッスンを無期限で休むことにし、
そこからは自分ひとりで練習を重ねてきました。

去年までは舞台があったので、わき目もふらず突っ走れましたが、
落ち着いてしっかり自分そのものと向き合う時間が手に入ったとたん、
思っている以上にモチベーションが下がってしまい、ちょっとグダグダしていました。

自主練習そのものにも行き詰まりを感じていたので、久しぶりに外でのレッスン。

原点に戻れた気がします。

自分ひとりで練習をしていると、気付けることもたくさんあるのだけど、
見失ってしまうものもたくさんあり、
私はその見失っていたものにすら気付けず、息が詰まっていたのです。

見失っていたもの、それが多分「楽しむための」こと。

自主練習では、技術の習得にバランスが傾き過ぎていたように思います。
技術を身につけようとすることは全然悪いことではないし、必要なことだし、
基礎と技術があるからこそ、もっともっと楽しくなれることもあると思うけど、
でも私は、タップを「踊る」ことをどこかに置き去りにしてきた気がする・・・

よほどなんちゃってバレエの方が、踊ることも意識してレッスンやってるよ、最近は。

自分ひとりでやる落とし穴・・・ってことですかね。

今日、仕事のあと自主練習をしました。
それでもテクニック言い換えれば基礎はしっかり身につけておきたいので、
ちゃんと基礎の練習もしつつ、今日は少しだけ、
「ちょっとぐらいヘタレテクでもいいじゃん」と、緩い気持ちで。
音楽の中に、自分のリズムがどういう風にかかわっていくのか、それを感じるように。

そしたら、楽しかったんですよ。すごく。
心の中がワクワクする感じ。なんとなく、懐かしい感触。
あ~そうだったな~タップ楽しいってこうだったな~、みたいな。
見失いかけていた、原点。

上手くなる努力も必要だけど、楽しむための努力も必要。
タップができるだけで嬉しいし、踊れるだけで幸せ。

ダルの言葉は、私の感じたものよりもっともっと深くて太いものだと思うけど、
いいタイミングでいいことを無駄なくシンプルに言ってくれたことが
思いっきり私の琴線に触れてくれました。

よし。

ダル、明日は頼んだよ!仕事しながら応援してるからね!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。