自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GPS第5戦NHK杯女子SP
2012年11月23日 (金) | 編集 |
真央ちゃん、磐石。

個人的にはSPの衣装は好きじゃないし、そんなに真央ちゃんに似合ってるとも思わないけど、
真央ちゃんが気に入っているのならそれでいいです。
と思うことで自分を納得させている。

ということで、NHK杯女子SPの感想をまだ記憶が新鮮なうちに。

3位の李ちゃんはまさに中国美少女。綺麗っていいですね~。
まだまだ演技に子供っぽさは見受けられますが、だってホントに子供だもんね。
とにかく美少女なので、それだけでオッケーって言いたくなるくらい美少女ちゃん。
FPでどこまで踏ん張れるか、加油!

2位の未来ちゃん、元気っぷりは健在です。
元気だけど、こんなに腕の使い方が雑だったっけ?
もともと、手首から先がやたら90度に折れてしまうところが気になっていたのですが、
今回はそれに加えて、腕全体の使い方がすっごく乱暴で雑なのが目に付きました。
未来ちゃん全然嫌いじゃないけど、はっきり言って汚かった。腕の使い方が。
あと、スピンの後に明らかに疲れが見受けられた場面も見受けられたような。
技術点高くての2位ってのは私もそう思う。
あと、衣装は、未来ちゃんに似合ってる色だったしステキだったけど、
この曲にあの色は私だったら使わないなあ。未来ちゃんにはよく似合ってるけど。

残念ながら9位の今井遥ちゃん。
初めてのNHK杯ということで、緊張もきっとあっただろうな。
演技構成を変えて挑んだ最初のジャンプで転倒してしまって、
でもそこで動揺して全部ダメになってしまうようなヤワな選手じゃないんですよ、
今井遥という選手は。
って言えるほど遥ちゃんのこと知ってるわけではないのですが、
彼女の演技を見ていたら、あのポワワンとした雰囲気とは全く反対の
アスリート根性みたいなものがハッキリ見える瞬間があるんですよね。
今回も、最後のコンビネーションジャンプにそれを感じました。
何より、衣装がステキで良かったです。ヘアスタイルもとっても似合ってた。

5位の鈴木ねーさん。
分かった。
私、単純にねーさんの表現の仕方が自分の嗜好に合わないんだ。
だから、みんなが言うほど彼女の演技にひきつけられないんだ。それだけだ。
よく動いているんだけど、実寸以上に短く感じてしまうアームスとか。
演技の仕方も、多分好みじゃないんだ。分かり易すぎて。
それが分かっただけで、自分の中でホッとしたところがあって、
これからはシンプルに彼女の演技を見られるような気がします。うんうん、そうだ。
ねーさんのSPは、他の選手とは全く違った雰囲気なので、それは大好き。
シットリ系とかキレイ系ばっかじゃつまんないもん。

そして4位のマカロワちゃん。
好き!すっごい好き!ワタシ彼女のこのプログラム大好き!めちゃめちゃ好き!
コンテンポラリーっぽい、というか、まさにコンテンポラリー。
こう、見ていて、いろんなものをイメージさせてもらえる演技、
私そういうのが好きなんだ。だから逆にねーさんのは惹かれないんだ。
最初のポーズから、何か全く違う世界に一瞬で連れて行かれたような。
ああ、好きだな。何度でも見たくなる。ステキだった~・・・はあ~・・・

1位の真央ちゃんは、真央ちゃんが納得した演技ができていたからそれで充分。
技術点がしっかり出ていたのが、私としては嬉しかったです。
逆にFPは演技構成点が沢山出ると嬉しい。もちろん技術点も出ると嬉しい。
これから先、真央ちゃんに勝利する感覚がたくさん蓄えられるといいなと思っています。
納得する演技と勝利から、少し遠ざかっていただろうから、
自信を取り戻す意味でも、いっぱい勝ち癖つけてほしい。
もう、SPが鬼門なんて誰も言わないね。
明日の正統派スワンが楽しみです。

それにしても・・・

ワタシやっぱりあの手拍子ヤダ。
なんだろ、昔劇団四季観に行った時もそう感じたんだけど、
お決まりの手拍子っていうのがどうも苦手。
選手を応援したい気持ちはすごくよく分かるし、それを形に表すのも理解はできるけど、
この曲で手拍子か~?!とかね、心地悪いのがちょいちょいあって。
選手のみなさんがそれが後押しになっているって言うからいいんだけど、
いいんだけど、やっぱり苦手だな、あの手拍子は。

あと、男子の高橋選手の応援が、
韓国のキムヨナ選手のそれと同じ雰囲気になってきていて、ちょっとドン引く。
キムヨナ選手が好きとか嫌いとかそういうことじゃなくて、
なんでもかんでもキャーキャーキャーキャーってのがね、コレも苦手。
女の人ってなんなのかね、そういうところ。理解できない。

明日のFPも楽しみだな。
明日はバレエのレッスンがないから、ちゃんとライブで見られるぞっと。
仕事中だけど、営業中じゃないからワンセグでチェックするのだ。
そんで帰ってから録画したのを大きな画面で観る。
明日も1日頑張れそーだなー!選手のみなさんも頑張ってねー!


スポンサーサイト
GPS第4戦フランス杯無良くん
2012年11月19日 (月) | 編集 |
それはもう、フィギュアファンは狂喜乱舞でしたよ。
ゆる~~~いごく1部選手ファンの私ですら乱舞りましたからね。
それぐらい、誰もが想像していなかった、無良くんの優勝。

フランス杯で日本から唯一のエントリー、もちろんマスコミからはノーマーク。
ファンの間でも「頑張って台乗り目指して!」だったのが、
初の表彰台が優勝ですもん。君が代ですもん。
驚きと喜びでわやくちゃになるのは仕方ないってもんですよ。

SP 『Malaguena マラゲーニャ』 振付:阿部奈々美



阿部奈々美さんといったら、去年まで羽生くんのコーチと振付されてた綺麗な方。
フランスの解説者の人も言ってたのですが、
もう少し繊細にこの曲を解釈してそれを体に反映させられたらいいな、と。
スペイン系のは、曲のイメージが比較的浸透しているものだと思うので、
その辺りをもう少し工夫する余裕があれば、
なんつっても阿部さんの振付ですから、もっとドラマチックになるんじゃないかと。
「もうちょっと」っていうより「惜しいっ」て感じでした。


FS 『SHOGUN』



これはまずは衣装に触れないと、そこスルーすることは不可能ですよね。
なんだこの衣装はー!?デザイナー誰だー?!
もう~せっかくのいいプログラムも、衣装が半分以上持ってっちゃってるじゃないか~。
つかホントなんなんでしょね、この将軍衣装のコンセプトは。斬新過ぎて難しいよ・・・
でも、プログラムは本当に素晴らしいと思います。
無良くんの持ち味ダイナミックなジャンプが、見事に活かされたプログラム!
他の日本選手にはない力強さと骨太さ、日本男児という言葉がピッタリの演技。
まさに無良くんの為の選曲、そしてプログラムだと思います。
外国の人にも、武士の雰囲気がなんとなく伝わるんじゃないのかな、コレ。
衣装は別として。衣装は絶対別として。衣装は限りなく別よ。
男の人にも好まれそうな感じ。ヒデにも後で見てもらおう。

EX 『Talking to the Moon by Bruno Mars』 振付:松浦功



まだ、こういう場に慣れていない感タップリの無良くん。
不器用でちょっと無愛想な感じでリンクに立つも、
滑っていくうちに、彼の世界に会場が満たされていった気がします。
私はこの作品を見てものすごく感動しました。静かに感動。
「もうちょっとなんだけどね~惜しいんだよね~」の存在だった無良くんが、
GPSフランス杯に優勝したことで“自信”というものを手に入れた、
もちろん現日本男子トップ3の壁を崩すには、まだ補うところは多いですが、
でも、この大会で手にした結果をきっかけに
彼自身が「頑張ればいける」という確信に近いものを得たのではないかと、
そしてその変化、無良くんの成長を、私はこの演技の最中に見たような気がしました。
良かった。すごく良い演技だったです。
きっと、こんな感覚で見られるのは、この1回きりなんだろうなあ。

そして何気に、無良君も音のとり方がとても上手だということを発見。

恐らくファイナルは無理だと思うので、次は年末の全日本選手権。
世界のトップがうじゃうじゃいる日本男子の中で、
ある意味世界で戦うより厳しい戦いになるのではないのかと思いますが、
このGPS2戦で得た経験を糧に、より高みを目指して頑張ってほしいです。

つか、確か札幌でやるんじゃなかったっけ?全日本は。
観に行かないけどさ、室内なのに寒そうだから。

無良くん、エリックボンパール杯優勝、本当に本当におめでとう!
素晴らしかったです!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。