自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年振り返る
2011年12月31日 (土) | 編集 |
今年の年越し蕎麦。

111231.jpg

超ネギだく!!!
めちゃめちゃ青々とした味がしました。
ネギとかき揚げとまいたけしか見えない、蕎麦どこだ?

111231-1.jpg

あった。でもネギの海。
これで来年は風邪知らずで過ごせるのでしょう。
まあ薬味は大好きなので、ネギだく大歓迎ですが。

さて、なんとなく恒例の2011年総括。

2011年元旦に立てた2011年の計は『規則正しい生活を送る』でした。
へえ~そうだったんだ、すっかり忘れてた。

今年は、現実として捕らえることが難しいような大震災が起きて、
それで日本は大きく変わってしまいました。
この大震災をもとに2011年を総括することは、私にはとても難しいので、
とてもとても個人的なこと限定で。

今年の我が家の大きな出来事。
愛猫ハナの旅立ち。
お店存続の危機。
このふたつに集約されます。

愛猫ハナに関しては、愛猫専用ブログ『いつもそばに』に書いてある通りです。
今年の3月から5月にかけて、こちらブログのエントリーはわずか1。
その3ヶ月が、ハナの命に向き合っていた時でした。
あれから、今も、猫ブログは毎日のように更新しています。
その分こっちがすっかり疎かになっちゃった。

もっと野球観戦のこととか、フィギュアスケートのこととか、
書きたいことやネタはいくつもあるけど、このまま埋もれちゃうのかなあ。
いつか書けるかな。

ハナのことがあって、野球も、ダンスも、一時は全く気持ちが入りませんでした。
野球は結局そのまま、気持ちが乗り切らないまま終わってしまいましたが、
ダンスは、秋にライブに立つ機会を与えて頂き、
それをきっかけに、少し気持ちの上昇気流に乗せることが出来ました。
来年は、積極的に制作活動ができるよう、目標を立てようかな。

お店存続の危機。
去年も相当ヤバかったけど、今年は本当にお店を閉めることを考えました。
一時期は精神的なところでそういう状況に陥りかけましたが、
そういう理由ではなく、閉めた方が良いのではないかという話し合いをヒデとして、
結局、やれるところまでやってみようということになりました。
来年ダメなら、多分もうダメです。
だから、いろいろ頑張ります。

本当にお店を閉めようと、1度結論を出しかけたことがありました。
その時、そうすることを踏みとどまらせたのは、お客さんの存在でした。
お客さんの中には、回転間もない頃からずっと変わらず来てくださっている方もいます。
それから、1年通して毎週定期的に買いに来てくださる方もいます。
そういう、お客さんが結んでくださった縁を、自分たちの手で断ち切ることが
どうしても忍びなかったのです。それが、続けると決めた唯一の理由でした。
状況としてはやめた方がいいと思いますが、やれるだけやってみます。

今年は、本当に大変な1年でした。
でも、その中でも、嬉しいこともたくさんありました。
忘れられない1年になりました。

規則正しい生活を送った自負はこれっぽっちもありませんが、
来年に何かが繋がるような、そんな1年だったと思います。

今日、お店の大掃除を終えて、我が家もお正月休みです。
明日元旦1日だけフリータイムで、明後日2日からは仕込みや買出しなどで仕事、
3日からは通常営業開始です。
来年は、いろいろ頑張ります。
そのためにも、今はゆっくりします。

ありがとう、2011。


スポンサーサイト
全日本男子ショート
2011年12月23日 (金) | 編集 |
全日本フィギュア選手権、始まりました。
今日は男子のショートプログラム。

今回のテレビ放送は、私はとても良かったと思います。
フジテレビ、やればできるじゃないか。これからもこれくらいでやって。
いろんな選手が見られたし、演技中に実況や解説の余計なオシャベリもなかったし、
トップ3のプチ特集も、特に蛇足もなく普通に見入りましたよ。
明日から始まる女子も、このままのテンションで行ってほしいと心から心から心から
心の底から今日も明日も明後日も私は祈り続けています。
とりあえず、高島さんにコメントは求めなくてもいいです。というか、高島さんダレ?

とても楽しい放送だったので、放送で流れた選手全員の感想を徒然なるままに。


田中刑事
もっともっと全てにスピード感がほしいなあと。
SP、FSほぼノーミスで世界ジュニア2位ということで、シニアのレベルの高さを認識。
でも、彼の曲に対する雰囲気作りはとても巧いなと思うし、今後の成長に非常に期待。
これからでどんどん巧くなってほしいなあ。
そしてゆづと同世代ということで、ゆづの凄さを再確認しちゃったよ。

宇野昌磨
キレキレでスピーディで、緩急のつけ方が抜群すぎる14才になりたて。
アメリカでこのプログラムやって拍手喝采浴びてほしい。
溢れん才能を遺憾なく発揮してお見事としか言いようがない。
ちょっと成美ちゃんを思い出させる躍動感、これは小柄な人の努力でもありますよ。
とにかく粋で巧くて存在感があって自身と貫禄のようなものも感じたなあ。
タッカーって、昔見たことがある記憶がある。

日野龍樹
イケメン。イケメンアスリート大好き。
だけど、残念ながら曲ばかりが耳に入ってきて、ただ滑ってる感がいっぱいだった。
スピンの元気さを他の部分でも見せてほしいなあ。
目線が下がりすぎで伝わってくるものがないのよう。目線あげて~。

小塚崇彦
こづの演技を見て初めて泣いた。本気で心が震えたよ、こづーーーーー!!!
あのわけの分からない曲をよくぞあそこまで表現したなと。
あのわけの分からない曲がすっごくかっこよくクールに聴こえたさ。
本気で良かった、私の中のベストオブこづ。
ていうか、こづってこんなにリズム感あったっけ?
決めるところはバッチシ決まっていたし、とにかくかっこよかったよ、クールだったよ。
あの氷に吸い付くようなスケーティング、スピード、スピン、素人でも見て巧いと思える。
全日本までやれることは全てやってきたんだね、分かる、分かるよ!な演技でした。
曲の最初2エイトぐらいのこづを見て、これはいけそうだと思った、それ以上だった。
感動した。いい男になったねえ、こづ。ブラボー!!!
そして、デイヴィット・ウィルソン、グッジョブ!ナイス振り付け!

町田樹
音楽の捉え方が凄く巧い選手だなあと思う。曲との一体感が心地良い。
踊れる選手というイメージ。好き。個人的に注目してる選手。彼の名はまっちー。
とってもとっても真面目な日本人みたいな風貌なのに、あのリズム感。
その軽やかなギャップに惹かれてしまう自分がここに。
あ、ちょっと中村トオルに顔が似てるんだ。
まっちーのコーチも好き。あの猫背な座り方がラブ。

佐々木彰生
男性からの大きな声援に驚く。人気者なんだ~。
最初のポーズがアップで映し出されたとき、ジャニーズかと思ったイケメン。
分かりやすい衣装もさることながら、いい意味で分かりやすい演技が大好き。
使っている曲がとってもいいんだけど、なんだろう。調べてみよう。
こういう選手が日本人でいてくれるっていうのが何よりも嬉しすぎて仕方がない。
最後の方、若干曲負けしている印象はあったけど、ぜひとも巧くなってほしい。
そんで世界で弾けてほしい。氷上のイケメン。

村上大介
なぜだ、ノブナリと被る。オールバック風だからか?なんとなく衣装が浮いてるからか?
なんだろ、イマイチ曲の世界観が表しきれていないというか、
理解できてないのかなというか・・・面白い曲なんだけどなあ。もったいない。
男子のピッタリ丸首衣装は相当着こなせないとアレですな。

中村健人
超正統派イケメン。スタイルもバツグン。ビジュアルでは敵なし優勝。
お父さんとお母さんはどんな方なんですかと問いたくなるくらいイケメン。
でも、なんとなくもったりした感じがあるなあ。惜しい。
動きにもうちょっとキレキレッとしたものがほしい。そして目線あげて。
キミのその美しい顔でキリッとか見られたら、ジャッジもドキッだから。

高橋大輔
もうダメだ、この人すごすぎる。凄すぎるよ。凄すぎる。なんなの!?
そしてデイヴィット・ウィルソンの凄さも実感した。
個人的にすんごい好きな振り付けの部分を俯瞰して写したフジテレビのばかー!
今まではオシャベリ少なかった実況も、興奮のあまりいっぱい喋ってた。
はっきり言って、バレエのエクササイズの効果はそんなすぐには現れないけど、
このままレッスン続けていけば、更に進化した大ちゃんが見られるのは間違いないはず。
今回は、色気よりもアグレッシブな気持ちが、私には全面に見えた演技でした。
アスリートにしてアーティスト、王者にして挑戦者。圧巻。
演技後のインタビューで、「これが最後じゃないので」と言ったのが印象的でした。

無良崇人
われらが北海道日本ハムファイターズに吉川くんという左腕投手がいるのですが、
彼の投げるストレートは一級品だとずっと言われてきているのですが、
なかなかなかなか1軍で結果が残せなくてもどかしいんですが、
無良くんもそんな感じ。いいもの持ってるんだけどねえ~っていう。
何かが足りない、何が足りないんでしょう・・・

羽生結弦
最初の手を上げるポーズを見た瞬間、あれ、ゆづダメかも・・・と思ったぐらい
珍しくゆづが小さく見えたし、いつものオーラも感じなかった。
悪い意味で等身大のゆづだった。これが全日本か・・・!なんて。
でも冷静で頭のいい選手だな。そういうところも大切だよね。

いやあ、全日本の男子ってこんなに面白かったんだ~すごく満喫しましたよ。
新たに名前を覚えた選手も増えたし、応援したい選手も増えたし、
なにより、こづが素晴らしい演技を見せてくれたことがとても嬉しかったです。
たらればはないけど、もしこづも4回転どっかで跳んで決めていれば、
大ちゃんとの差ももう少し縮められたはず。それでも大ちゃんが上だったろうけど。
ただ、点数ほどの差があるとは、私は思ってません。
こづは、大ちゃんと肩を並べている、現在唯一の日本男子選手だと思ってます。
今日の演技でそれを確信しました。
こうなると、明日のフリーも楽しみだし、この先の試合も楽しみになる。

はあ、ホントに楽しかった!

明日は男子のフリーと、いよいよ女子も登場です。
男子の演技を見るまでは、真央ちゃんのこと少しドキドキしていたけれど、
もう、今日の男子SPを見たら、ワクワクしかないよー!

明日が待ち遠しいなあ。
でも明日はちょうどバレエのレッスンがあるから、録画で途中から見る感じだなあ。
真央ちゃんの演技までに帰ってこられればいいけど、どう編集されるのかな。
見るまでは、いろんな情報シャットアウトしておかなきゃ。
私もがんばるどー!
男子ありがとうー!


40
2011年12月21日 (水) | 編集 |
きらきらクリスマスツリーの下、きらきら笑顔で舞うネコちゃん。

111209-1.jpg

誕生日プレゼントに、タップ教室の生徒さんから頂きました。

111209-2.jpg

「どうも~ネコです~ハッピーバースデーで~す」

チョコレートケーキの上にのったマジパンのネコちゃんかと思ったら
食べられません、チョコレートクリームも生クリームもネコちゃんも
全部作り物。素材はなんだか分かりませんが、とっても軽いです。

111209-3.jpg

生クリームの上のサクランボの上のネコちゃん。
真ん中のネコちゃんの前にはバラのつぼみ。
かわいいかわいい。

111209-4.jpg

たくさんのリボンにくるまれたチョコレートケーキ。
ああ、でもこのチョコレートクリームと生クリーム、本当に美味しそうで。
食べたい・・・

111209-5.jpg

「イエーイ!」

今月の9日で、40才になりました。
数字的な年齢を気にすることは私にはまずないことなのですが、
さすがに40という数字には、少しの重みと責任と焦りを感じます。

重みと責任は、社会人として。
焦りは、やっぱり社会人として。

日本では成人を20才としていることを考えれば、
その倍生きた私が今こういうことを言うのは本当に情けない話なのですが、
40年生きてやっと、大人としての責任をうっすら感じています。
40才って、思っていた以上に大人感があるんだな。

実際、今は、とにかくお店を何とかすることで精一杯で、
社会的貢献が何か出来ているかっていうと、全く出来ていません。
子供がいるわけでもないし、本当に自分たちのことだけでいっぱいいっぱい。
学生の肩書きがなくなってから今までずっと、何も変わってない気もする。
20年、何も変わってないって、社会人として、大人として、どうなんだろう。

など。

思っていた以上に、30代の自分ってまだ子供だった。
たった1年分、もしかしたら1日分しか、39と40って違わないのに、
39までの自分はすごく無邪気な子供だった気がする。
大人の無邪気は、本当にタチが悪い。

これからは、少しは、社会の中の自分を意識していけたらいいなと思います。
その為にも、まずは自分の生活をしっかり立てていく必要はあって、
だから、頑張ろうと思います。頑張ります。

現実とは思えないような未曾有の大震災が日本で起こったこと、
愛猫ハナのこと、
ざっくばらんに40を人生の折り返しと見てみたこと、
今年私の周りで旅立った身近な存在のこと、
今年は、生きることについてとてもたくさん考える機会がありました。
今日も、昨日の夜からずっとペットと安楽死について思いを巡らせていました。
節目かどうかは分からないけど、私にとって今年の誕生日は
ちょっといつもと違った誕生日になりました。

40年、生きてこられたことに、心から感謝します。


姉妹
2011年12月19日 (月) | 編集 |
昨日、サッカークラブW杯が終了して、
もっぱら私はネイマールにラブラブな気分でいたら、サントス圧倒的敗北で、
バルセロナはサッカー場でフットサルをやってるのかっていうようなパス回しで、
そして今週末、フィギュアスケート全日本選手権が始まります。

正直、楽しみな気持ちというより、
どういう風に見たらいいのだろうと、戸惑いというか、心の準備が出来てないというか。
真央ちゃんを今まで以上に応援すると言っておきながら、意気地のないことです。

こんな動画に出会いました。



舞ちゃんは真央ちゃんといる時、本当に嬉しそうな顔をしているし、
真央ちゃんは舞ちゃんといる時、本当にリラックスした表情をしてる。
2人の笑顔を見ながら、本当に仲の良い姉妹なんだろうなと感じました。

しっかり応援しなきゃな。



グランプリファイナル感想
2011年12月12日 (月) | 編集 |
今日やっとフィギュアスケートGPファイナルの試合を観たので
つらっと感想などを。
真央ちゃんが出ていたらきっと昨日までには間違いなく観ていたと思うけど・・・

と書いたところで、真央ちゃんのコメント全文をニュースで聞いて
涙止まらない。

つらっとさらっとね。
男子のSPから。

ゆづ、衣装が綺麗でいいわ~デザインも色もとても綺麗です~。
17才らしい若々しさとアグレッシブな滑り、とても魅力的。
でもFSを観た後だと、どんなだったか思い出せないのう。

ミハル・ブレジナ選手、私も大好きな鼓童の曲で。
で、その曲で滑ってるブレジナ選手を見ながら、
ノブナリがこういうので滑ればいいのに~ってずっと思ってた。

フェルナンデス選手、・・・は、なんか惜しいな~って印象。
サスペンダー衣装だと、完璧にアボット選手に持っていかれたと思う。

ジェレミー・アボット選手、すごく良かった。
今シーズン彼の演技・・・というか、日本選手以外の選手は全員そうだけど、
初めてちゃんと通して演技を見たけど、すごく良かったなあ。
特に『スウィング・スウィング』の曲は、やっぱりアメリカ人は上手いわ。
フィギュアスケートでも、タップでも、日本人がこれやってオシャレなの見たことなくて、
自分もタップでこの曲踊ったことあるけど、笑いながら全然しっくり来ていなくて、
で、アボット選手のスウィングスウィングみて、「ああ、これだよな」
めちゃめちゃウキウキと彼の演技を観ている自分に気付きました。

大ちゃん、まあジャンプはアレだったとして、やっぱり魅惑的で別次元。
動き始めたその瞬間、そのわずか一瞬で、彼の世界に連れていかれる。
ジャンプはおまけぐらいな気持ちにさせられるほど、演技に惹きこまれます。
唸らされる。

Pチャン、の、良さが分からない。
いや、スケーティングの滑らかさとかスピードとかは凄いなって分かるけど、
ジャンプも決まればすっげーなと思うけど、
それ以外の良さが、私には全然分からない。何も伝わってこない。
テイクファイブもこづの方がずっと味があって良かった。

で、そのまま男子FSまでつらっとなだれ込むと。

ミハル君、なんか惜しいよなあ。
決めるところはビッと決めてメリハリある動きはしているんだけど、
その先の「伝える部分」がなくて、惜しいなあって感じました。
手を伸ばしたその先に「んんん~~あっ!」ていう何かがあると、いいのに。
もっと訴えてくるものがあれば、もっといいのになあって。惜しいな。

大ちゃん、もう言葉は要らない。でも書く。
「ああ、この曲はこういう曲だったのね、なるほどなるほど」と
大ちゃんの演技を見てその曲の意味を理解する、そんなレベルです。
よくもまあ、あのブルースをこんなにもカッコ良く聴かせたものだと。
前半のジャンプは大ちゃんにしては力んでいるみたいでこっちも力んだけど、
後半のジャンプは、大ちゃんのあの何の気なく跳んで3回転なリラックスジャンプで
表情もいい顔しててノリノリで、それこそもう、大輔オンステージですよ。すげえ。
コンサートにでも着ているのかって、そんな気分になりましたよ。

ゆづ、なんじゃあの可愛い生き物は!
ヒデはそんなゆづを「女々しくてイヤだ」って言うけど、そこがいいんじゃ~ん。
でも可愛らしいのは演技が終わった時だけで、演技中の彼はかっこいいよ。
ヒデもそれは認めた。よしっ。
それにしても、ゆづは役者だよなあ。
あそこまでストレートに感情を表に出せるのも、ゆづの武器だよなあ。
でもってそれが全然嫌味じゃないってのが、天性なのかな、と。
まだ終わってないけど、来シーズンもまた楽しみです。

アボット・・・は、やっぱりSPの方がずっと私の好み~。
FSは感想がないぐらい薄い印象でした。
衣装が地味ってぐらいかな。

フェルナンデス君、ゴメン、途中で寝ちゃった。
4回転は凄いけど他のジャンプがあららだったし、とにかくダラッと長かった。
大ちゃんの間逆で、曲の良さがさっぱり分からない滑りでした。

そしてPチャンの良さがやっぱり分からない。
採点についてはさっぱり素人ですが、あれで1位なんだ~なんで?って思った。
つか、アランフェス交響曲だっけ?あの曲の良さも分からない。
し、Pチャンがあの曲で何をやろうとしているのかも分からなかった。
Pチャンの演技って、「どうだ、凄いだろう」アピールにしか思えないんですよね。
個人的感想ですが。

いやもう、男子のフリーは日本人祭でしたな。
ここにこづがいないのは残念だったけど、
今シーズンこれまでのこづは、まだここには来られないだろうなって感じだから。
NHK杯が終わってから全日本までにどう進化しているか、楽しみ。
そしてノブナリ・・・
大ちゃんには大ちゃんの、ゆづにはゆづの、こづにはこづの、
それぞれ三者三様の色っていうのがはっきり出ているのに対し、ノブナリは・・・?
やはり全日本が楽しみです。

女子の感想もと思ったけど、ここまで書いて疲れちゃった。
気分が乗ったら、またいつか。


真央ちゃんガンバレ!
2011年12月12日 (月) | 編集 |
真央ちゃんが、全日本選手権への出場を発表しました。

きっと出てくれるとは思っていたし願っていたけど、
思ったよりも早い決断に、改めて浅田真央を尊敬し、好きになりました。

マネジメント会社を通じて出した真央ちゃんのコメント、
「まだ信じられない気もしますが、お母さんに今までより近くで見守られている気がします」
「十分頑張ったし、もう痛い思いをしないで済むんだと思うと、少しホッする部分もあります」

なんか、どっちも、どっちの言葉も、すごく分かって、泣けた。

比べるなって言われるかもしれないけど、でも家族の話だからさ、
・・・私も愛猫が旅立ったとき、全く同じ感覚になった。
お母さんと猫って比べるなって言われるかもしれないけど、
でもそうなんだもん。
分かる人には、分かると思う。

だからこそ、お母さん、本当に大変で苦しかったんだろうな、
そんなお母さんをずっと見守ってきた真央ちゃん、舞ちゃん、お父さん、
本当に辛かったろうな、頑張ってきたんだろうな、
って、すごく切なくなった。

あとは、時間に任せるしかないから。
時間が、必ず、いろんなことを消化してくれるから。
どれだけ時間がかかるかは、人それぞれだから分からないけど、
でも、必ず時間が収めてくれるから。

真央ちゃん、全日本まで、ケガしないように練習頑張ってね。
きっとこれまでと同じ気持ちで滑ることは出来ないと思うけど、
私も、どういう気持ちで次の真央ちゃんの演技を観ればいいか、今は分からないけど、
でも応援してるから。本当に、心から応援してるから。
ケガだけ、気をつけてね。それだけが心配。

真央ちゃんのお母さん、
どうか真央ちゃんを、これからも強く優しく見守ってあげてください。
いつもそばにいてあげてください。
私も、今まで以上に真央ちゃんのことを応援します。

ああ、やるせないなあ・・・



2011年12月8日こと
2011年12月08日 (木) | 編集 |
朝、遠くに住むお友達の猫ちゃんの旅立ちを知った。

仕事に行って、元気な女の子誕生のお知らせをお客さんから教えてもらった。
ほんの数日前、奥様の大きなお腹に話しかけたばかり。
予定より1週間ほど早い昨日、お友達の猫ちゃんの旅立ちと同じ日だった。

日付が変わるまで1時間を切った頃、今日は太平洋戦争が始まった日だと知った。
ツイッターで、今日はジョン・レノン誕生の日というつぶやきは見かけたけど、
戦争が始まった日のことをつぶやいている人は、
私がフォローしている人の中には1人もいなくて、私もその1人。

ダルビッシュが、メジャー挑戦を発表した。
日ハムで5億の1年契約。
去年の契約更改で、今年のメジャーはあるだろうなと思ってた。
とても残念だけど、ダルの人生だから。
ただ、気持ちの整理がつかないファンには、もう少し柔らかい言葉をかけてあげてほしい。
ダルのメジャー挑戦に不満を言う人は、とてもダルを頼りにしていた人達だろうから。
いつもの理路整然だけでおしまいにしないであげてほしい。
と思った。

大体、こんな感じ。
今年の12月8日の私は、こんな感じ。


大とショー
2011年12月05日 (月) | 編集 |
高橋大輔選手が好きで猫が好きなら、これも好きなはず。



4日前のツイッターで知ったこの動画。
もはやアメショーちゃんにしか目がいかない。
大ちゃんの演技も素晴らしいんだけど。

猫最強。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。