自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どっちだ
2011年10月27日 (木) | 編集 |
プロ野球選手は、1軍で試合に出るようになってこそと思っているので
ドラフトとか全く興味ないのですが、今日は面白かったです。
こういう展開、好きだわー。

巨人の単独指名とみんなが勝手に思っていた、私も勝手に思っていた菅野投手を
なんとファイターズも指名して、交渉権まで勝ち取っちゃったっていう。

会場に見学に行っていた他球団のファンの人も拍手してましたよね。
聞いた話では、王貞治さんも笑顔で頷いていたそうで。
多分、巨人ファン以外はみんな盛り上がったんじゃないでしょうか。
私がファイターズファンじゃなかったとしても「よっしゃ!」とか言ったと思う。

巨人の阿漕なやり方は、誰もがえげつないと感じてるんだと思いますよ。
つか原さん、「抽選はないと信じていた」って、何でそういう発想になるの、
ドラフトよ、ドラフト会議よ、いい選手がいたら他の球団も狙ってるって
フツー思うでしょ~フツーは。フツーはね。

フツーじゃないんですよ、あの球団、きっと。

菅野投手が北海道に来るのか浪人になるのか、私はどっちでもいいです。
北海道に来るなら、全力で応援します。
来ないなら、このまま全く無関心で終わります。
私にとっては、それだけのこと。

でも、ファイターズに来た方が絶対面白いと思うよ。
言い方いやらしいけど、悪者になる人が誰もいなくなるし。
さあ、どうする。

それにしても、身内で同じ職場って、そんなにいいものなんですかねえ。
伯父さんにしても甥っ子にしても、どっちも煩わしさが出てくると思うんだけど。
原さんの「ボク伯父さん」アピール、なんかベタベタしててヤダ。

伯父さんと甥っ子でしょ?お父さんと息子じゃないんでしょ?
いやあ~どっちも伯父離れ甥っ子離れしようよ。もう大人なんだから。

私、野球とは全く無縁の人生をついこの前まで送ってきたものですから
よく分からないんですけど、巨人ってそんなにいいの?
野球少年が「意地でも巨人、何が何でも巨人、巨人以外は球団じゃねえ」
って失礼なワガママ言うぐらい、そんなに魅力ある球団なの?
誰か私に読売巨人軍の魅力を教えて。

そしたらお礼に、ファイターズの魅力をたくさん教えてあげますから。



スポンサーサイト
いろいろ調整
2011年10月26日 (水) | 編集 |
指折り数えてみたら、本番まであと10日ぐらい。
指折り数えて「ぐらい」ってちゃんと数えんかい!
って感じですが、あと11日後が本番の日なので、10日ぐらいでいいでしょう。

今回は、以前1度踊ったことのある作品を踊ります。

ライブ出演のお話をいただいたのが先月半ば。
約1ヵ月半で新作を用意できるだけの気持ちも体も準備が全く整っていなかったのと、
これまで作ったはいいけど踊りこめていなかった幾つかの・・・幾つもの作品を、
もっと丁寧に踊ってみたいという気持ちは偽りなくずっとあったので、
この機会に、そこに取り組んでみることにしたのです。

タップで踊るってのは、これまでに思ったり感じてた以上に、どうやら難しいぞ。

よく、フレッド・アステア
Astea1229-0.jpg

とか、ジーン・ケリー
201121994912EylJy.jpg

の名前が挙がる、いわゆるシアタータップとくくられるタップと、

グレゴリー・ハインズ
51R8Y6KJH3L.jpg

なんかに代表される、いわゆるリズムタップとくくられるタップと、
まあなんとなくタップダンスというと二分されているような雰囲気があるのですが、
なんつうの、私が表現してみたいものっていうのは、
多分そのどっちにも入りにくい、非常に中途半端な、
「タップシューズ履いて踊る、みたいな」
みたいな感じなんじゃないかなと、我ながらなかなか漠然に思っておるのですよ。

時々ね、だって思うんですよ、
「これ、別にタップじゃなくてもいーんじゃね?」
って。

「なんでこれをタップシューズ履いて、音鳴らしながら踊らなきゃいかんの?」
なんて思ったりするんですよ、本当に、時には練習やってる最中にも。

そんな時、最近いい言い訳を思いつきました。

「タップなダンスでいいじゃん」

そもそも「tap」とは「軽く叩く」という意味なんですね。調べてみたところ。
で、タップダンスにも「タップ」という名前のステップがあって、
まさに軽くコツコツと床を叩いて音を出す、とてもシンプルな動作なのですが、
その、もともとの英単語の意味を、この中途半端人間は上手く利用したわけですよ。

シアターだのリズムだの、そういうところにこだわらず、
床を叩いて音を鳴らしながらなんだか踊る、そんなのがあったって、
いーじゃんねー!

みたいな。

きっちりタップやってる人から見たら、
「なんだよそれその中途半端なの、そんなのタップじゃない」
と言うかもしれませんが、いいの、それならそれで、別にタップじゃなくても。

もうね、そういうジャンルにとらわれるの、やめることにしたんです。
なんだっていいじゃん、見てくれた人がそれで何か感じてくれるんなら。
リズムだろうがシアターだろうがチュートハンパだろうが、
見てくれた人の心に何かしらの動きをもたらすことが出来たら、それでよござんすよ。

でもって、忘れかけていましたが話を元に戻してみると、
タップで踊るってのは、非常に難しいことなんですよ。実は。

踊ることに集中すると、リズムや音が乱れる。
ステップやリズムに集中すると、身体表現が疎かになる。
このバランスがね、あとテクニックがね。
だから、はあ~自分中途半端だなあ、と思ったわけなんですが。

踊ることも、ステップ踏むことも、もっともっとコントロールできていれば
もう少しイメージする表現をすることができるだろうと思っているのですが、
いや、どっちも頑張って練習はしているんですけど、
「踊る」技術と「ステップを踏む」技術、2つ技術を同じように磨いていくには
いやはやいやはや、あれですな、大変ですな。

大変だけど、自分がやりたいことがそれなんだから、頑張れるんですな。
苦しいけど楽しい。
マゾ全開。

ただ、ここ連日の練習で、ちょっとエンジンターボでかけすぎてしまったらしく、
今日は気持ちに体がついていけなくなってしまったので、
時間が足りないのにといえば足りないのになのですが、今日は休養日にしました。

残り日数を計算して、そこまでのスケジュールを確認して、
ここで無理して練習することは、きっと本番に悪影響を及ぼす、そんな気がしたので、
ギリギリまで迷ったけど、体のSOSサインを受け止めることにしました。
ホント、時間は足りないんだけどね。

まあでもこうやって、いろいろ自分なりに調整していくっていうのも
また何かの勉強になっているという実感はあるので、
本番までの時間を大切に使っていけるよう、中途半端頑張りたいと思います。

ちなみに私はジーン・ケリーより、右側のドナルド・オコナーがすごい好き。
o0400030010671624512.jpg

雨降り過ぎ。



中途半端
2011年10月23日 (日) | 編集 |
気付いたら、1ヶ月以上更新していませんでした。
ファイターズのこととかフィギュアスケートのこととか、
あ、そういえば、今日は湯郷Belle勝ったんだろうか、とか、
ネタはあるのですが、時間が確保できないと。

ネタが溜まれば溜まるほど書くのも大変になって、大変だなと思うとおっくうにもなって、
でも今日は書くぞ。

来月6日、すすきのでタップダンス踊ります。
去年も出演させていただいたライブに、今年も声をかけていただきました。
ありがとうございます。

今年はハナのことがあったので、つい最近まで踊りに気持ちが向けられず、
だからこれが、今年最初で最後の舞台、ライブになります。
今年は人の前で踊ることはないだろうと思っていたので、いろんな意味でありがたいです。

今日、ふと気付いたんですけど、私、全部中途半端なんですよね。
タップも、踊ることも。

タップの技術も全然足りなくて、踊る技術も全然足りなくて、
その足りないっていうのが、謙遜してとかじゃなくて本当に足りなくて、
未熟っていうより、中途半端なんですよね、全て。

それに、今日、ふと気付いたんです。
自分、中途半端だなあって。

でも例えば、それが今回の本番までにそれがどうにかなるかっていうと、ならないです。
残り2週間、自分が自覚できている足りなさを補うことが出来るかっていうと、出来ないです。
この中途半端さは、そんなにすぐにどうにかできるものではない、分かってます。

技術も中途半端、踊りも中途半端。
そんな自分が人前で踊る時、じゃあ何が出来るかっていうと、
中途半端は中途半端なりに、ベストを尽くす努力をしていくことじゃないかな、と。

どんなに頑張って練習しても、望む技術が臨む場所までに得られると思えないし、
どんなに時間をかけて練習しても、望む表現力が臨む時間までに身につくとも思えない。
自分が望んでいるものはそんなに甘いものではないし、
図々しいこと甚だしいの承知で、心の中ではすごく高みを見ているし、
そう、つまり自分が表したいものは、今の自分には程遠いところにありそうなもの、
なんだけど、
少しでもそこに近付く努力だけは、本気でできると思うんですよ。
逆の言い方すれば、その努力だけしか本気でできないというか。

私はダンサーとして本当に中途半端なんだけど、
中途半端ダンサーの本気を、今回自分の中で上手く表現できたらいいなと思っています。
誠実に。
それしかできないからさ。

向き合って、頑張ります。


去年のライブのこと→ 『きずな』 と 『こどくのこ』



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。