自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あおいあつい
2010年08月30日 (月) | 編集 |
今朝、起きて最初に目にしたもの。

100830.jpg

感じたのは、心の余裕。

なんて言ってられたのも朝のうち、暑いがなー!!!
なんじゃこりゃー!34℃ってなんじゃそりゃー!
ここは北国北海道ちゃうんかい?!北国ナメてんのかーうらー!!!

ああ、暑い、にゃーたちがカワイソウ。

さて、昨日のねこ村パンやミニミニライブの様子を
いつもお世話になっていますezomomongaさんが、ブログで素敵に紹介してくださいました!

ezomomongaさんブログ【いんでないかい北海道】

美味しそうだ~。
ezomomongaさん、引用させていただきました~ありがとうございます。

思いのほかに元気いっぱいな自分にビックリの今日。
午前中タップの教えの後、調子が良いからと1時間の自主練習。
なんでこんなに元気なんだろう?

心と体は、思っている以上に密接な関係らしい。
軽い。くるくるくる~って感じ。

こういうときこそ、調子に乗らないように。
暑いから。

いやあ、でも暑いって、
暑いって言っても、言ったからって暑さがどうにかなるもんじゃないのね。
そう気付くと、暑いと分かっているのにわざわざ暑さの再確認するのは
ちょっと愚かかな自分、なんて思っちゃったりするけど、
暑いのよね。

やっぱりにゃーたちがカワイソウ。
スポンサーサイト
0から1へ
2010年08月29日 (日) | 編集 |
「終わったなあ~・・・」

なんて感慨には、案外ふけることがなかった。

すごくリアルにミニライブというものがそこにあって、
それは、夢のようでも幻のようでもなく、すごく現実だったから、
案外、感慨にふけることはなかった。

特別なことをしたけど、その行動そのものは特別じゃなかったというか、
上手く言えないけど、私の中では普通のことというか、
いや、全然普通じゃないんだけどね、こんなこと。

私にとって、私たちにとって、今回のことは始めの1歩。
そんな感じだからかもしれない。
ゼロからイチヘ。

客席の前に立った瞬間、お客さんの暖かい雰囲気が伝わってきた。
すごく暖かい雰囲気で、誰ひとりとして斜めから見ている人はいなくて、
そんなにも優しく見守ってくれているお客さんに、
ちょっぴり気恥ずかしさも感じながら、
でも、心を込めて踊れたと思います。

課題は鬼のように山のように出てきた。
足りないものは何なのか。
自己分析して修正していく楽しさ。

体は疲れているし、さっきからずっと眠いんだけど、
寝るのがどうにももったいなく思うのは、どうしてだろう。
ヒデは、とうの昔に遠くへ行ったまま呼びかけても戻ってこない。

ヒデも朝からテンパりながら、
得意なことの慣れない作業をひとりでやって、相当お疲れ。
お料理、真剣に美味しかったよね。
私はそんなこととっくの昔から知ってたけど。

100829.jpg

かずさん、さやぼんさん、ezomomongaさん、
暑い中貴重な時間を割いてくださり、本当にありがとうございました。
みーやさん、サプライズのお心遣い、本当にありがとうございました
今日来てくださった全ての方に、
応援してくださった全ての方に、
貴重な時間を、本当に本当にありがとうございました。
2日前には
2010年08月27日 (金) | 編集 |
それとこれとは別で、
新しい練習方法を見つけた喜び。

それとこれとは別で、
あさってか。

踊るっていうことは、難しいなと思う。
難しいなと思えた。

踊ることは、多分生きることなんだと思う。

踊ることは動くことじゃなくて、
生きること。

踊りたいなって思った。
生きたいなって。

まあ、それとこれとは別で。
3日前の気持ち
2010年08月26日 (木) | 編集 |
心を込めて、踊れたらいいなと思う。
自分に正直に。

今焦っても足掻いても、
多分いいことは何もないから。

だから、
正直に心を込めて踊れたらいいなと思う。

なんだかよくわかんないんだけどね。

うん。
前半分
2010年08月22日 (日) | 編集 |
本番まであと1週間。
残っている不安、大きなものがひとつ、小さいのちょいちょい。

「大きな試練は、大きな飛躍の前半分。」
日めくりカレンダー、今日の言葉。

今日この言葉に出会ったのは、意味があるんだ。
だから、がんばれ、わたし。

「お迎えお願いします」
ヒデにメールして、夜11時。
1番の目的は、1番の不安を見てもらうこと。

大丈夫って言ってもらえた。
全然いいよって言ってもらえた。

ううう・・・

100822.jpg

ヒデ、ありがと。
救われた。
本気で迷ってたんだ。
救われたよ。

大きな試練は、大きな飛躍の前半分。
前半分。

ヨシ。
行こう。
今の気分
2010年08月20日 (金) | 編集 |
気持ちが落ち着かなくて、体も落ち着かない。

気持ちが充実していても、体がついていけなかったり、
体が調子良いのに、気持ちがついていかなかったり。

時間だけは、ただ淡々と淡々と。

仕事の休憩時間、仮眠からヒデに起こされたとき、
「あれっ?!」
夢と現実の区別が、つかなくなってきている。

現実逃避・・・?

時間だけは、ただ淡々と変わらず平等に。

残された時間でできるのは、
ベストを尽くすことと、覚悟を決めること。

がんばります。


100820.jpg

1ヶ月前に見ていた風景のひとつ。
和む。
娘は元気です
2010年08月14日 (土) | 編集 |
去年の秋に出させてもらった舞台の写真が手元に届きました。

100814.jpg 「ちょっと待ったあー!!!」

このスカートのようなパンツは、母に作ってもらいました。
母は洋裁が得意で、それをちょっとしたお仕事にしているほどの腕前です。
適当な説明で布だけ送って「お願いします」と託したら、
予想以上の衣装となって戻ってきました。母よ、プロだね。

100814-1.jpg 「いかん・・・眠くなってきた・・・」

何で眠くなっているのか分かりません。
いやいや、眠いわけじゃなくて、どこかの振り付けのはずですが、
自分でつけた振りにもかかわらず、何してのかさっぱり分かりません。
あの、肩にプロテクターの如くついている筋肉が曲者で、悩みの種です。


以下、樹海探検の様子をご覧ください。

100814-2.jpg
「ああん、もうっ!この木がジャマ!」

100814-4.jpg
「休んでないで、先に進むわよ!」

100814-3.jpg
「キャッ!青大将!」

100814-5.jpg
「ここ穴があるから気をつけて!」


う~ん・・・本当にそういう風にしか見えなくなってきた。
そんな踊りじゃなかったはずなんだけど。


昨日は母の誕生日。
今日は義母の誕生日。

ふたりの母は、私がダンスをすることをとても応援してくれています。

母は、私の初めてのタップの舞台を見て「タップが1番楽しかった」と言ってくれ、
義母はヒデに「アキちゃんにダンスやめさせたらダメよ」と言ってくれました。

もちろん、母も義母も、今度のミニライブを応援してくれています。
今回は見てもらうことは出来ないけど、
いつかより成長した姿を見てもらえるよう、それも目標にがんばろうと思います。

おかあさん、お誕生日おめでとう。
そして、いつもありがとう。
わがままな娘だけど、ヒデと一緒に人生楽しんでます。
だからおかあさんも、私たちのことは何も心配ないから、
自分の事を思い切り楽しんですごしてね。
どうぞ元気で。
おめでとう。
ありがとう。
Bad day
2010年08月11日 (水) | 編集 |
北海道日本ハムファイターズファンで、この曲を知らない人はいない。

100811.jpg

ダニエル・パウターの 『Bad day』。

最近はあまり恐怖ではなくなってきた9番ショート金子誠選手、打席に立つときの登場曲。
3年前、ヒルマン前監督が自身最後のファンフェスティバルで歌ってくれた曲。
これを聴くと、そのときのことを思い出して少しセンチメンタルになる思い出の1曲。

なんかもう上手くいかなくって、ハア~って感じで、
でも、それは今日がついてない日だったってだけだよ、

というような内容の歌です。

まさに今日の私の為にある曲。
本当に今日の私はバッドデイでした。

何をやっても上手くいかないというより、
何でこんなに私が嫌だと思うことが続くんだろう、そんな日でした。
仕事のこと。
ダンスのこと。

思い返しても、「なんで?」って思わずにはいられないぐらい
私にとって嫌なことが、今日は立て続けに降り注いできたんですよ。

でも、多分それは、ただ今日がバッドデイだったってだけ。
だよね、ダニエル?

こういう日も、あるよね、たまには。
こころ
2010年08月08日 (日) | 編集 |
今日は、たくさんこころが動いた。

いっぱい動いたけど、

最後はしあわせに収まった。

100809.jpg

大切なのは、
違いを受け入れること。

信じること。

少しの勇気を持つこと。

行動すること。
広島東洋カープが好き
2010年08月07日 (土) | 編集 |
昨日のマエケンのブログ、ご覧になりました?

『じゃけん マエケン 頑張るけん!!!』 8月6日付エントリー「感謝♪♪」

彼はまだ22才、プロ4年目の若い若い選手ですが、
既に立派な広島東洋カープの選手です。

現時点でセ・リーグハーラートップタイの12勝、
防御率・奪三振数でもリーグトップの成績を残すセ・リーグを代表する若きエースに
野球素人が「立派な選手」なんて言うのも大変失礼な話ですが、
同じく8月6日付の私のブログを読んでいただければ、
「立派な広島東洋カープの選手」と私が言いたくなる気持ちも
なんとなく察していただけるのではないかと。

マエケンは本当に凄いコだよ。
いつまで広島にいるかは分からないけど、
カープの選手でいるうちは、ずっとずっとカープファンの為に頑張って欲しい。

プロ4年目というと、ファイターズの吉川光夫投手とか、
イーグルスの田中マー君投手とも同期なんだよね。

ミツオ・・・

ミツオのストレートは超一級品らしいけど、いかんせんコントロールが・・・
ミツオのコントロールが良くなる薬がないかと本気で思ってますよ、ワタクシ。
どっかにそういう薬持ってる魔女とかいないの?

凄いコと言えばもうひとり、中田翔は外せない。

ここのところ毎日ホームラン打ってます、あのコ。
広島出身の彼、もちろん8月6日にもホームラン打ちましたが、しかも2発も、
でもマエケンのような思いがあったわけでは、全くなさそう。
ま、しょうがない、彼は北の大地ファイターズの選手だから。

だけど、彼は本当に大人になりました。
3年前のやんちゃなビッグマウスな姿は、今はどこにもございません。
ヒーローインタビューでも、たくさんの感謝の言葉が並んでいます。
「お小遣い30万」とかお馬鹿なことは、間違っても言いません。

今、中田は野球がとっても楽しいんですって。
毎日勉強で楽しいですって。
今に至るまでの約3年、やっぱりすごくしんどかったんだろうな。

怪物だけど人間だもの、
いつか調子が下がるときも来ると思うけど、地に足つけて進んでおくれ。

そういえば、ミツオは広島広陵高校出身だけど福岡出身で、
中田は広島出身だけど大阪桐蔭高校出身で、
マエケンは広島東洋カープの選手だけど大阪出身で、
広島って場所は、ちょいちょいいろんなところに絡んでいるのね。

マエケンも中田もミツオもマー君も、もちろん他の若い選手たちも
これからもっともっと、自分のいる球団のファンを楽しませてください。
みんな、期待してるよ!
65年目の今日という日
2010年08月06日 (金) | 編集 |
毎年毎年訪れる、8月6日という日には、
少なくとも日本で暮らす日本の人に、
65年前に広島で起こったことを、感じてほしいと思う。

何が起こったか、
少しでいいから、
耳を傾けてほしいと思う。

少しでいいから、
想像してほしいと思う。
そこで起こった現実を。

今ある平和は、平和なような世界は、
65年前のこの日の出来事の上に成り立っている、
その事実を感じてほしい。

国籍も、性別も、肌の色も、宗教も、思想も忘れて、
ひとりの人間として、
あの日の出来事を、感じてほしい。

その時、
それでもまだ、核兵器は必要だと言う人がいるなら、
いるなら、
「ばっかじゃないの」
って、目の前で言ってやる。

広島の願いは、核の無い世界。
アメリカは、何を勘違いしているんだろう。
何を怯えているんだろう。

自分たちが作った爆弾を広島に投下した現実に、
どこの誰よりも目を向けられていない。
原爆投下を正当化できるのなら、
なぜ目をそむける?
それは矛盾。

現実を知るのが、きっと怖いんだと思う。
それが、本当だと思う。
怖いのは正しいと思う。

広島の願い。
長崎の願い。

日本は、強くあろう。
核廃絶に対して、どこよりも強くあろう。

世界でただひとつの、被爆国だから。
いまさらながら
2010年08月04日 (水) | 編集 |
踊るっていうのは、難しいなあって思う。
いまさらながら。

いや、もしかしたら、
今だからこそ分かるのかもしれない、その難しさ。
難しさに気づけるようになった分、少しは成長できてたのかな。

踊るということは、奥が深い。
時に、自分をさらけ出さなければならない。
・・・らしい。
この前、ちょっとそんな風に感じた。

技術があるだけでもダメ。
雰囲気だけで技術がないのもダメ。
技術もあって、雰囲気もある・・・
そんな自分だったら、今この人生は歩んでないか。

踊るって、本当に難しい。

言語というコミュニケーションツールを持っていながら、
それをあえて使わず、体の動きで何かを伝えようとする。
なんじゃそりゃって感じ。
なんじゃそりゃ。

今もしかして私は初めて、
踊りに向き合っているのかもしれない。
踊りに向き合えるようになったのかもしれない。

未知との遭遇。

いまさらながら。
これが最後の
2010年08月01日 (日) | 編集 |
今度のねこ村パン屋ミニミニライブには
ねこ村ブログを読んでくださっている方も来られる予定なので、
だから、泣き言を言うのは今日が最後で。

本当は、今日までに今取り組んでいる曲の振り付けを終わらせたかった。
終わらせられると、昨日までは思ってた。
終わらなかった。

どうしても今日までを目標にしていたから、
なんとかならないかとずいぶん遅くまで足掻いてみたけど、
あんなに足掻いたのに、結局何も生まれなかった。

久々に、本気で辛い。

いけると思ったのに、なんかそこまでいけてるような気がしてたのに、
くっそ、本当に自分の才能のなさにやりきれなくなる。
めっちゃしんどいわ。

カレンダーを見て、
今日の日付を見て、
本番の日付を見て、
めちゃめちゃ焦って、
怖くなった。

結局タイムアップ、何も生まれないまま終わった今日の練習。
あれだけ時間をかけて、何も生まれていないというこの現実。
なんなんだ、これは。

明日、朝起きて、スッキリして、
「あ、なんだ、できた」
って閃いたりしたら、すごく嬉しいけど、
今はそんな状態想像もできない。

できないけど、
明日そうなってると、
いや・・・やっぱり想像できない。

今日のあの時間は、本当になんだったんだろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。