自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月曜の朝
2010年06月29日 (火) | 編集 |
桑の実手作りジャム。

100629.jpg

もう10年以上のお付き合いをさせていただいている岡山のシバヤンから、
自宅のお庭でとれた桑の実で、愛妻シバチャンが作ったジャムが届きました。

ジャムは2種類あって、とっても甘いバージョンと、甘さ控えめバージョン。
とっても甘いバージョンはヨーグルトにおすすめとメッセージがあったので、
ハイ、プレーンヨーグルトにトッピングしてみました。

100629-4.jpg

りんごを添えて。

桑の実って初めてです。
見た目と食感は木苺みたい、でも木苺のような酸味は感じません。

すごく美味しい!
ホント、ヨーグルトにピッタリです。

・・・なんですが、トッピングする前がまん出来なくて、そのままひとつ食べてみました。
そのまま食べても美味しい!大好き!

私は毎朝ヨーグルトを食べているので、毎朝トッピングしていただきます。
シバチャンの愛情たっぷり、朝から元気と幸せ気分倍増です。

それから、岡山のはちみつもたっくさんいただきました。
なんとかって名前だったんだけど・・・忘れちゃった。

100629-1.jpg

ヒデの焼いたべーグルと、

100629-2.jpg

やっぱりヒデの焼いた全粒粉のパンに、たっぷりのせます。

100629-3.jpg

とろ~り、とろ~り。
バターものせて焼いたので、とろ~りじゅわ~です。

ヒデのパンも、本当に愛情がいっぱい詰まっているんです。
だからこの日の朝食は、その日1日の幸せが保証されました。

シバヤン、シバチャン、ごちそうさまでした!
幸せいっぱい、ありがとう!

ちなみに、もうひとつ、桑の実のジュースもいただいたのですが、
写真に収める前に飲み干しちゃいまいました。
だって美味しかったんだもん。
スポンサーサイト
クロアチアのお菓子
2010年06月27日 (日) | 編集 |
ちょっと前の話ですが、
一緒にバレエのレッスンを受けている方から、
クロアチア旅行のお土産をいただきました。

100627-6.jpg

クロアチアはヨーロッパの国のひとつで、有名人にマルコ・ポーロがいます。
それから、格闘家のミルコ・クロコップ。名前だけは聞いたことあります。
そんな非常に遠い国クロアチアのお土産は、クッキーとチョコレートです。

100627-5.jpg

包装からして、日本じゃない感がいっぱいでワクワクします。
粘土のような柔らかいゴムのような、触ると手が赤くなるコレで、
ムニュッと留めているだけ。このざっくんばらん加減がたまりません。

100627-4.jpg

多分クロアチア語。さっぱり分かりません。見当もつかない・・・

100627-3.jpg

これらのマーク、分かるような分からないような・・・
でもどの国にも今はこういうのがあるんですね。
ごみはゴミ箱に。

100627-2.jpg

あ、英語表記もあります。
ふ~ん、なるほどね~・・・

100627-1.jpg

さて肝心の中身はこちら。

包装に負けず劣らずざっくばらんな様子のクッキーはショウガ入り。
ひとつの包みに1個入っていましたが、模様が違いました。
そういえば、包みにハンドメイドと書いてありました。そんな感じです。

味は、これまた日本で食べるクッキーとはちょっと違う渋い大人のテイスト風。
食文化の違いが垣間見えました。
私は嫌いじゃない味。

100627.jpg

そしてもうひとつ、チョコレート。
これも日本のものよりクセがありますが、私は好きな味です。
真ん中がナッツフレーバーのチョコだったと思うんですけど、
そのあたりが日本で食べるのより濃いというか、ぽいというか。

クロアチアなんて、聞いたことはあれど、まず「行こう」という発想には至らない国。
写真を見せていただいたら、日本の黒々とした屋根瓦が並ぶ町並みに似た、
オレンジ色の瓦のおうちが立ち並ぶ地域があり、
もちろん色も違えば建物のデザインも全く違うんですけど、
なんだかとても似ているように感じました。

Sさん、珍しいものをありがとうございます!
のーあるたかのつめかくし
2010年06月24日 (木) | 編集 |
京都造形芸術大学、という大学をご存じでしょうか。

名前の通り、京都にある芸術系の大学なんですけどね。
なんとここの副学長さんが、あの、古くはおニャン子クラブ、
今はプロゴルファー石川遼くんがファンだというAKB48の生みの親、
秋元康氏なんですね。

SKB48っていうのも今度できるらしく、いやもうあるのか?分かんない、
で、SKBは何の略だと調べてみたら、何かのはずみで
秋元氏が京都造形芸術大学の副学長だってところにたどりついて。
へえ~大学の副学長までやってんだ、やり手だな~なんて思ってたんですよ。
そしたら・・・

・・・アレ?

京都造形芸術大学?

なんか聞いたことあるぞ?

アレ?

おじさん・・・?

で、おじさん何だっけと調べてみたら、
わあ!やっぱりおじさん出てきた!

なんと、私の叔父がここの大学の教授で、
しかも美術工芸学科という学科の学科長さんをやってるんですね~。
はあ~世の中狭いわー!ドビックリ。

秋元康氏は、多くの人が知っているいわゆる著名人です。
叔父さんは、私が小さいころから知っているいわゆるおじちゃんです。
そんな2人がリンクするって、なんだ、この不思議な感覚は。

叔父さんの描く絵は、恐らく抽象画と呼ばれる類のもので、
大人になった今でこそ、その絵を見て何かを感じようとする思考が働くけれど、
子供の頃は何がなんだかさっぱり分からない、意味不明な絵でした。

それ以上におじさんはまるでゴリラみたいで、
いつも大きな声で私たちいとこの集合体を仕切っていて、
そう、私にとっておじさんは、頼もしいゴリラみたいな人なのです。

すごい人でもあまりにも身近にいると
そのすごさに気付きにくいものなんですかねえ・・・

そう考えると、実は私も本当はすごい人だったりするんだけど、
あまりにも身近にいすぎるものだから、
そのすごさにヒデは気付いていないってことなのかもしれない。
どうよ?
画伯の個展
2010年06月21日 (月) | 編集 |
今年ファイターズに入団した画伯といえばこのお方しかいませんよね。
そう、木田優夫投手、背番号42、御年41です。

木田さんを最初に知ったのは、ねこ村夫妻東京時代の朝の情報番組で。

確かその時の木田さんはメジャーリーガーだったような記憶もありますが、
私の中でその人は、やたらめったら絵の上手いどうやら野球選手らしいぞって感じで、
木田投手ではなく木田画伯でした。

まさかファイターズ選手としての木田画伯と再開できるとは・・・!!!

木田さんといえば、ねこ村夫妻今シーズン開幕戦、ファイターズ開幕2連敗中の3戦目、
新外国人ケッペル投手が初登板なのにいきなり1回で負傷降板し、
急遽マウンドに立ったんですよね。そんで初白星あげたんですよね。
ヒーローインタビューの「木田優夫です、宜しくお願いします!」でドーム内大拍手の渦。
ここでようやく木田画伯がピッチャーであることを認識した、そんな日でした。

と、その後もベテランの渋い活躍を見せてくれていた木田画伯、
このおやじシリーズ最終戦では、その木田投手の個展が開かれてたんです。

100621-4.jpg
『88梨田監督』
似てるか似てないかで言うと、そんなに似ていない気もするけど、
監督の優しい雰囲気が非常によく表れているお気に入りの1枚。

100621-5.jpg
『8金子遊撃手』
これまた、マックの特徴をよくとらえたナイスな1枚。
この前の試合で、1イニング2グランドスラムの記録を作った1人です。
マック、打つのもアレだけど守備がめちゃめちゃ上手いらしくて、惚れちゃう。

100621-6.jpg
『10ウルフ投手 31ケッペル投手 1森本外野手』
丸坊主軍団ですね。ウルフとケッペルは全然似てないべや~。
でもヒチョリは似てる!この一筆書き感がたまらない!

100621-3.jpg
『81吉井2軍投手コーチ』
似てる・・・似すぎ・・・
今木田さんは吉井道場で、吉井コーチのもと調整中だと思われます。
木田さんブログより『鎌ヶ谷』 吉井さんブログより『能ある鷹は爪を隠す』

100621-2.jpg
『88梨田監督 52紺田外野手』
つか紺ちゃん、後ろ姿・・・背番号ないと誰だか分からないじゃん。
「アイシングSO」って何のことか分からないんですけど、
木田画伯の印象に残っているシーンだったんでしょうね。なんだろなー。

100621-1.jpg
『81吉井2軍投手コーチ 68ダース投手』
このコメントの意味は分かるのですが、説明が長くなるので下記からどうぞ。
吉井コーチブログより『結構罪が重いかも』 木田さんブログより『裁判』

この他まだいくつか作品が展示されていましたが、
私の中でヒットしたものをピックアップしてみました。
何より驚いたのが、写真撮り放題だったこと。著作権ないの?
まあ、本職は漫画家じゃなくてプロ野球選手だからね、木田画伯。いいのかな。

さてさて・・・

ドアラも想像をはるかに超えて堪能し、木田画伯の個展も堪能し、
先発ケッペル投手のナイスピッチング、二岡のホームランで試合に勝って、
そうそう、ヒデの風になってもありましたね、
そんなこんなでお腹いっぱい楽しんだ6月観戦。

今回は、このメンバーで札幌ドームをエンジョイしました。

100621.jpg

ねこ村夫妻の間の男性は、ファイターズファン歴40年!
つまり、東映フライヤーズ時代から応援されている大ベテラン、大先輩です。
東映フライヤーズは、北海道日本ハムファイターズの前身の前身の前身に当たります。
むむう、改めてすごい!

まだ私がハムファンになるずっとずっと前、先輩の奥様と
このブログの前身でもある趣味でやっていたホームページで猫繋がりで知り合い、
もちろん私はその頃、全く野球そのものに興味がなかったんですね。
それが、私がファイターズファンになって、奥様ともブログでオシャベリしているうちに
先輩が札幌遠征に来られ、ねこ村パン屋にも足を運んでくださる運びになったです。

それが2年前。

今年はたまたま、先輩の札幌遠征と私たちの観戦日が同じ日になり、
3年目にして初めて、一緒に観戦という念願がかなったわけです。
残念ながら、それぞれにチケットを撮って後日その事実を確認したので
席はあっちとこっちと別の場所だったんですけど。

ああ、今思い出しても楽しい1日だったなあ。
たった1週間そこら前だけど、もうずいぶん前の気もする。

先輩、また来年もいっしょに観戦できるといいですね!



ヒデキとおやじ
2010年06月19日 (土) | 編集 |
既にペナントレースが再開し、1週間前の話題になってしまいましたが、
続くっつったら続きますよ。

ハイ、ヤングマンで星条旗モチーフの衣装といえば、この方!!!

100619.jpg

どこ?!

じゃ、こっちで見てみましょう。ドン!

100619-2.jpg

ハイ、ヒデキ感激!歌手の西城秀樹さん登場でございます。
・・・ヒデキ、老けたなあ~。

100619-1.jpg

本家本元のヤングマンYMCAです。多分、CからAに移るところ。
私は、生まれてはいたけれど、秀樹世代よりもうちょっと後なので
ヒデキよりドアラに釘付けだったんですけど、
ヒデキ「イエエ~~~~~~~~~~イ!!!」で、会場盛り上がっていました。

でもって、なんでヒデキかと言いますと、
この前のカード、ヤクルトスワローズ戦と、この中日ドラゴンズ戦の4試合は
『おやじシリーズ』と銘打ったスペシャルイベントが開催されたんですね。
それでヒデキが呼ばれたというわけです。多分。
確か去年は、パパイヤ鈴木さんじゃなかったかな?
パパイヤさんといえば、私の1番最初のタップの先生ですよ。
あの頃はお互い若かったっすね。もう20年前の話です。

でもって、試合後にはこんなイベントも開かれまして。

100619-3.jpg

遠投と50m走を行い、ファイターズに入団できるかどうかのテストです。
残念ながら、模擬なのでウソっこですが。
もちろんヒデキ・・・じゃなくて、ヒデも参加しましたよ!

100619-4.jpg

見てください!ヒデ、風になってます!
風になってグラウンドを疾走しています!!!
結果は聞かないでください。

次は遠投。

100619-5.jpg

見てください!・・・わー、パーテーション邪魔だわー。
以上。

ちなみに球の行方を見ている男性は、元ファイターズ選手の立石さん。
正直私はあまりなじみのない選手なんですが、
他にも昨シーズンだかに引退した伊藤元投手も球団職員として参加していて、
なんだか不思議な気分になりました。

そんなこんなでヒデがグラウンドではしゃいでいる頃、
私は何をしていたかというと・・・

100619-6.jpg

B☆B見てました。
B☆B、この直後、台の上からバック宙。コワイ~~~~~。
いやいや、試合前から試合中から試合後まで、本当にお疲れ様でした。
彼の熱いハートには頭が下がります。

これで、1週間も前の試合の話が終わりと思ったら大間違い。
もうひとつあるんですよ~!
これまた、私がとっても楽しみにしていたもの・・・

ファイターズに今年入団してきた、画伯として有名なピッチャーと言えば・・・

つづく。
大満足!!!
2010年06月15日 (火) | 編集 |
試合前から大満足だった私。
それもそのはず、なんつったってこの試合の1番の目的はコレですから!

100615-4.jpg

ドーム内のレストランで食べたオムライス!

・・・じゃなくて、

100615-3.jpg

ハイ!

コレです!カレです!
そうです!中日ドラゴンズのマスコット、ドアラです!

つか、この写真見て何か感じませんか?

まず、ドアラとの距離がめっちゃ近くありません?近いですよね?
更にこのドアラのリアクション、なんだと思います?
ここで、最初の写真が生きてくるわけですよ。オムライス。

オムライス・・・ドアラのリアクション・・・

そうです!そうなんです!

レストランでランチをしようとしたいた、まさにその瞬間!
窓際の席に座った私たちの、そのまさに窓1枚隔てたそこに!そこに!!
ドアラがああああ!!!

いやいやいやいやいや~~~~~~~~まぢですか!

開場待ちの長い行列に、ドアラとファイターズのマスコットB☆Bが
ファンサービスにやってきてたんですね。
なんか頭のでっかい人がいるな~って思ってたらそれがB☆Bで、
「あ、B☆Bいる」と思ってたら、窓を1枚隔てた私の背後に
もっとでっかい青い頭が!!!

そうなんです。
この試合、私の1番の目的は、実はドアラに会いに行くことだったんです。

もうドアラが大好きで大好きで、
去年の交流戦、たまたまチケットを取ったドラゴンズ戦で生ドアラを見て以来、
絶対今年もドラゴンズ戦に行く!ドアラに会いに行く!と、
だから1塁側、ドラゴンズファンが陣取るライトスタンド側に席を取ったんですよ。
ファイターズベンチが見えるからってのは、今回に限り2番目3番目の理由ですよ。

それぐらいドアララブな私のすぐそばにドアラが!
しかも、私が注文したオムライス見てヨダレ拭いてるしー!!!
ドアラー!ドアラー!

100615-2.jpg

そんな大興奮の私を見てドアラ、
「まあまあ、どうぞどうぞ、食べて食べて」
これ、この写真、本当にそう言ってるんですよ。その瞬間。

ちょっと信じられます?
ドアラと1対1のコミュニケーション取っちゃったですよ、ワタシ!
ああ~全てを投げ出して、抱きつきに行けばよかった・・・!!!
オムライスなんて、おかげで味なんてさっぱり覚えていません。

ああ、思い出しても鼻血出そう・・・

100615-1.jpg

これは試合前のイベント、親子キャッチボールです。
ここにもドアラがいます。あと、シャオロンっていうドラゴンズのマスコットも。

100615.jpg

これはイニング間のイベント、YMCAダンスのひとこま。
ドアラ、さっきまで着ていたドラゴンズのユニフォームではありません。
ちょっと小さすぎて写真では分かりませんが、
星条旗をモチーフにした衣装を着ています。

さて、YMCAといえばヤングマン。
ヤングマンで星条旗モチーフの衣装といえば・・・

そう・・・あの方です!!!

まだまだ続く。


ドアラに興奮している去年の私はこちら⇒対中日ドラゴンズ戦
交流戦最終戦のはずだった試合
2010年06月14日 (月) | 編集 |
6月13日は、我らが北海道日本ハムファイターズのセ・パ交流戦最終戦。
・・・のはずでしたが、雨天で3試合が流れているので、
この日は交流戦本拠地最終試合ということになりました。

100613-5.jpg

夏を思わせる快晴のもと、ファイターズファンドラゴンズファン、
こぞって札幌ドームに集結です。
12時開場14時試合開始ですが、開場1時間前から既に続々と集まってきます。

今回は趣向を変えて、札幌ドーム内の景色を少し。
まずはライトスタンド、ビジター応援席を上から望みます。

100613-3.jpg

ドラゴンズファン、たくさんです。
ドラゴンズのビジターユニフォームのブルー、深い青でとても綺麗ですね。
グラウンドの人工芝の色と、ファイターズの白とのコントラスト・・・癒し系です。
マイナスイオンが出ていそうです。

100613-4.jpg

こちらは、なんとかオルガン演奏席。
キュートなお姉ちゃんがにこやかに、演奏で場内を盛り上げてくれています。
こんな場所で演奏するって、どんな気持ちになれるんでしょうね。

今回私たちが座ったのは、1塁内野自由席。

100613-2.jpg

1塁側は相手ベンチがあるので、ところどころ相手チームのファンも座っています。
1塁側に座るとファイターズベンチが見えるので、最近はいつも1塁側。
1番安い席というのも魅力のひとつです。ここ大事。

さて、試合はというと・・・

前日の試合と同様、ドラゴンズのピッチャーがコントロールに苦しみ、
初回からノーヒットで満塁になると、不調から抜け出してきた二岡がタイムリー2ベース。
ヒット1本で3点の、なんともかんともごっつぁんイニングになってしまいました。

そんなこんなで、結果からいうと・・・

100613-1.jpg

です。

ドラゴンズのピッチャーは、出てくるピッチャー出てくるピッチャーみんなピリッとせず、
ドラゴンズ谷繁捕手も「たいがいにせーよ」みたいな雰囲気醸し出していましたが、
ファイターズも2回に1点追加してからはゼロゼロゼロゼロ・・・
こっちはこっちで「たいがいにせーよ」と心の中でポツリ呟きそうになりましたが、
8回、もう不調なんて言わせない二岡のソロホームランで待望のダメ押し点!

これで二岡のホームランを見るのは、今季3本目。
5本中3本なので、かなり高い確率と言っていいんじゃないでしょうか。
二岡はファイターズ移籍当初から応援しているので、こんなに嬉しいことはないっす。
におかー!!!

100613.jpg

しかし今回のヒーローは、なんと言っても先発で完投完封した新外国人ボビー・ケッペル!
と、女房役の鶴岡捕手。

ケッペルは本当に危なげない打たせて取るピッチングで、チームトップの8勝目。
来日初完投でしたが、その裏にはやはり家族の力があったんですね~。
アメリカから奥様と2人の可愛いお嬢ちゃんが応援に来てくれていました。
ヒーローインタビュー中もスタンドを見ていたので、そうかなと思ったんだ。
良かったね!

そして試合前、ケッペルと鶴ちゃんで、
2人でお立ち台に立とうって約束してたんですって。
写真はちょうどその話をしているところ。

鶴ちゃんは6試合連続ヒットを打っているし、
この試合も得点に絡む2ベースを打っているし、
でも本人いわく「ボクのバッティングは水ものなので・・・」
前日の3号ソロ札幌ドーム初ホームラン談話でも「いい思い出ができました」
ああ、鶴ちゃん・・・

ドラゴンズは嫌いな球団ではないし、ドラゴンズファンのマナーもいいし、
落合監督とは誕生日同じだし、ドアラ超ラブだし、アライバも好きだし、
このカードは勝敗関係なく嫌な印象はなかったと思いますが、
それでも勝つにこしたことはないし、勝てて本当に良かったです。

ただ・・・

今回はたとえ負けたとしても、私はきっと大満足だったと思います。
つか、試合前からもう大満足でした!!!

なぜって・・・?

ふふふふふ・・・続く。
カードたち
2010年06月08日 (火) | 編集 |
1006.jpg

東京時代の友達から届いたカードたち。

左の猫ちゃんピラミッドは、去年の誕生日に。
真ん中の幸せの鳥は、おととしの誕生日に。

右の黒猫と青い鳥は、つい先日。

「今回特に用事はなかったのですが、この猫の絵を送りたくなったので」

彼女は知っている。
私が何を喜ぶのかを。

ただ猫ちゃんだから喜んだんじゃないですよ。

私が何を喜ぶのか彼女が知っているということを、
彼女自身は多分知らないと思うんだけど、
知っているか知らないか、そこは問題ではなくて、
つまり、
彼女と私の価値観は、とても似ているということ。

そして、
それを確かめなくても感じられる。
そのつながりが、私は本当に心地良いんです。

彼女と出会って20年。

その20年、共有していない時間の方が圧倒的に多いのに、
変わらないこの空気感。

やっぱり彼女は知っているんです。
私が何を喜ぶのかを。

知らないけれど、知っているんです。
道は自分で切り開く
2010年06月06日 (日) | 編集 |
いつかやれればいいなと思っていたことを、
この8月にやることに決めました。

ねこ村パン屋で、ヒデの料理と私のタップの小さなイベント。

私のタップを見てもらって、ヒデのお料理を食べてもらって、
そのことで、なんだか楽しい時間を過ごしてもらいたい。

いつかやれればいいなの「いつか」は「いつ」なのかずっと考えていて、
考えていた時は、「いつか」は絶対来ることがなかった。

ひとりで人前で踊るのが怖かった。
自信がなかった。

私はまだまだできなことがたくさんなのに。
できることは本当に少ないのに。

だから、上手くなるまで・・・

そんな時、この先絶対来ない。
上手くなるまでって、いつ?
いつ上手くなる?
自分が納得できるぐらい、いつ上手くなれる?

そんなの待ってても、絶対来ない。一生来ない。

だから、やることにした。

失敗してもいい。
多分失敗する。
でも、いい。
やる。

行動した先には、必ず何かが待っている。
私は、その先にある何かが見たい。

全力を尽くします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。