自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝てば官軍
2010年01月29日 (金) | 編集 |
2日前のショートプログラムでまさかの3位になったあの時に比べれば、
今日のテレビの前の私の、なんと穏やかだったことか。

20時にねこ村パン屋閉店、脅威のスピードで片付けを終え、
自宅マンションの駐車場でダッシュ、エレベーター内で靴と上着のファスナーを下ろし、
部屋に入ってカバンと上着を同時に脱ぎ、リビングに駆け込みテレビオン!

「真央ちゃん!」

ちょうどCMが終わってマオ~アサダ~コール!間に合った!

と、こんなワタワタした状況でテレビ観戦したので、
ドキドキする準備が全く整ってなかったというのが、本当のところ。
手洗いうがいも後回し、部屋着にも着替えずテレビの前に正座です。

何が嬉しかったかって、トリプルアクセルが2回認定されたこと。
正直、「このトリプルアクセルはアリで、何でショートのはダメなの?」って感じですが、
ジャンプの種類も見分けられない素人が言うことじゃないですね。ハイ、スミマセン。

あと今回の映像は、真央ちゃんの表情がすごくよく分かったのも興味深かったです。
個人的にはもうちょっと引いてもらって、全体の雰囲気も見てみたかったんですけど。
最初から最後までずっと寄って撮っていたから、なんか窮屈で・・・
でも、ホント、気合溢れる表情がよく分かって、違った迫力を感じました。

真央ちゃん、フリーは本当に強いな。
なおさらショート成功が大きな意味を持って重くなってきそうですが、
それもしょうがないよね。ガンバレ、真央。

それにしても、タイトルですよ。
「勝てば官軍」ですよ。
2日前のショート3位で、マスコミはこぞって「真央大丈夫か?」
それがフリーの逆転優勝で、「やっぱり真央ちゃん!」

私もショート3位でかなりうろたえてしまったことは棚に上げさせていただいて、
手の平を返したとは、まさにこういうことを言うんだなと。
これで2位とかだったとしたら、どんな風に鬼の首を取った報道になったでしょう。
だからこそ、マスコミの言うことには影響されないようにしなきゃね。
今回でまた再確認。いや、再々確認、再々々確認ぐらい?

さあ、次はいよいよバンクーバーオリンピック!
・・・また1ヶ月待つのか~。
いや~待ち遠しいっ!楽しみだっ!
真央ちゃんが今回フリーで頑張ってくれたおかげで、
本当に1カ月後をワクワクと楽しい気持ちで待つことができますよ。
真央ちゃん、ありがとねー!そして、金メダルおめでとう!

オリンピックまでの間にはプロ野球のキャンプインがあるので、
私の2月は本当に何かと忙しくなりそうです。
スポンサーサイト
明日に備えて
2010年01月28日 (木) | 編集 |
とりあえず、気持ちの整理をしておこう。

フィギュアスケート四大陸選手権。
今日は各スポーツニュースで、昨日の女子ショートの結果が伝えられています。
真央ちゃん3位の結果に、判を押したような「真央ちゃん大丈夫か?」な内容。
やっぱりみなさん、私みたいに「真央ちゃんなら1位当然」って思ってたな~?
ふふん、マスコミの人たちも私並みに甘いわね。

考え方を少し変えてみよう。

真央ちゃんにとって、このショートプログラムが鬼門だというのは
昨日今日始まったことじゃないのは、周知の通り。
てことは、昨日上手くいかなかったのもある意味想定の範囲内。

っちゅーわけにはいかないですかね?

待ちに待った全日本選手権での真央ちゃんの演技が、期待以上に良かったものだから、
どうも観ている側に、必要以上の無責任な安心感というか、
「いけるいける~!」的な足元浮つき感が芽生えてしまったというか、
なんでしょね、上手く言えないけど、
あの全日本の試合1回分だけで、全てを判断しようとしてしまったのかもしれないです。

ここでこの例えを出すのはおまぬけかもしれませんが、
去年のWBC、イチロー選手の大不振大絶不調大苦悩、
あれも、別にイチロー自身スイングの仕方が分からなくなったとかじゃなかったと思います。
でも打てない。打席に立てども立てども打てない。バントすらできなくなる。
いや、バントは簡単そうに見えて実はちゃんと決めるのは難しいらしいですけど、
とにかく、「あのイチロー」が「打てない」状況がずっと続いたわけですよ

でも、最後にみんなで笑えたのは、
チームメイトがイチローを信じ、監督がイチローを信じ、
不振にあえぐイチローを信じて誰も何も疑わなかった、だからじゃなかろうかと。

本人も言ってたけど、相当苦しかったと思いますよ、イチローは。

本人も言ってたけど、相当悔しかったと思いますよ、真央ちゃんは。

ヨシ!オッケー!気持ちの整理完了!
これでまた今までのように純粋に、「真央ちゃんガンバレ!」って応援できる。
さっきまでみたいに、順位にこだわったりとらわれすぎたりすることなく、
シンプルに真央ちゃんの演技を楽しむことが出来る。

ヨシヨシ、明日の『鐘』も楽しみだ!
真央ちゃんガンバレー!
真央ちゃん3位
2010年01月28日 (木) | 編集 |
うう~~~~~ん、うう~~~~~~ん・・・
これから寝るっていうのに、ううううう~~~~~~~ん、残念。

真央姉の浅田舞ちゃんによると、
久しぶりの国際試合で緊張したんだって、真央ちゃん。

今朝までに仕入れていた情報では、トリプルアクセルは絶好調っぽくて、
しかも他国の主力選手がほとんど出ていないという状況下、
どうやら私に「真央ちゃん1位で当たり前」的な油断があったかと・・・
私の油断と真央ちゃんの緊張は関係ないですけどね・・・

あーでも残念だ!めっちゃ残念だ!
金曜日のフリーで巻き返しを期待しているけど、素直に今日は残念だー!

なんだかなあ、この気持ちは。
久々に、めっちゃやきもきしてます。

特に最近はそういう考え方をしなくなっていたのに、
「どうやったら真央ちゃんが緊張の中でもノーミスで滑られるか」
と、ノーミスにこだわる自分がここにひとり・・・
真央ちゃんには、ノーミスよりもその表現の素晴らしさで今まで満足できてたのに。
どうした自分?!

つまり、あれですよ。
今回の演技には、ジャンプ云々じゃなくて満足できなかったんですよ、私が。

なんとな~く、もったり重いように感じられたんですよね。
「あれ?今年の仮面舞踏会はもっと華やかで軽やかじゃなかったっけ?」みたいな。
去年のフリーの仮面舞踏会的な重さを感じました。
まあそれが、真央ちゃんの緊張から来たものなのか、
見ている私の緊張から来たものなのかは、知る由もありませんが。
でもなんか、「あれ?」「あれ?」って感じたんです。

分かった。
順位じゃないんだ。

いや順位もあるけど、それ以上に、今回は演技にひきつけられなかったんだ。

先にも書いたように「この四大陸は真央ちゃん1位で当たり前」的傲慢思考が
私の中に蔓延してしまっていたから、まずは3位という結果にすごくガッカリして、
その3位の結果が、分かりやすいジャンプのミスという部分もあったもんだから、
「どうやったら真央ちゃんはノーミスで滑れるんだ?!」という
乱暴で高慢ちきな発想に展開してしまった・・・そういうことだね?

まあまあまあ、確かに、パーフェクトな演技は見てみたいもんですよ。
見られるにこしたことはないですよ。
もうすぐオリンピックだし、なにかと安心材料が欲しかったりしてますから、私に。

でもやっぱり私の中では、点数や順位で決まるものじゃないんですよ、
真央ちゃんの演技は。
多分私は、競技としてではなく芸術作品として見てるんでしょうね。
だから今回、こんなにうんうん唸っちゃってるんだ、きっと。
作品としてどこか満足できなかったから。

もしジャンプが全て決まっていて、ショート1位になっていたとしても、
今日の演技は「んん・・・?」になったかもしれない。
分かんないけど。
単純だから、「オッケーオッケー順位が大切!」なんて言ってたかもしれないし。

とりあえず、もう寝ます。
愛猫3匹もそれぞれ幸せそうに眠っているし、ヒデもとっくに寝ちゃったし、
書きたいだけ書いたら、私も眠くなってきたし。

フリーは金曜日か・・・
仕事、早上がりさせてもらおうかなあ。

四大陸選手権
2010年01月26日 (火) | 編集 |
明日から、フィギュアスケート四大陸選手権が始まります。
真央ちゃん待ってました!!!

昨年暮れの全日本選手権から約1ヶ月。
真央ちゃんの演技が見たくて見たくて、もうウズウズウズウズしてましたよ。
YOU TUBEで全日本の演技を見たり、YOU TUBEで全日本の演技を見たり、
YOU TUBEで全日本の演技を見たりして、なんとかしのいできましたが、
いよいよ明日!明日です~!きゃほー!!!

フィギュアスケート関連のブログをあちこち見ていると、
いやいやホント、みなさんお詳しくて・・・
みなさん勉強されたんですかね?

私は、「ざっくばらんにサクッと分かればいいや」程度で満足できるめんどくさがりなので
例えばフリップ、ルッツ、サルコウなど、音声としては残るのですが、
どれがどうでどうなったとかは、さっぱり記憶に残っていきません。

私がフィギュアスケートを見る時のポイントは、やっぱり全体の印象、
その選手の世界観が演技に現れているか・・・ですかね。
フィギュアスケート特有の技術の細かいことは、ほとんど全く気になりません。
「あ、転んだ」とか、「あ、回る数少なかった」ぐらいしか分からないです。

自分がダンスをやっているので、ダンス目線で体の使い方などを見ることはあるけど、
そういう目線で私が「うまいな」と思う選手は、ほぼ例外なく
独自の世界観を非常に強く持っていて、それが表現されているように思います。
そして音と動きが融合していて、
音楽だけが浮いて聞こえたり、動きだけが飛び出して見えたりすることもないです。
逆に、その選手が滑ることで、音楽がより素晴らしく聴こえたりして。

ああ~真央ちゃん、楽しみだなっ。
五輪前で各国主力選手が軒並み出場辞退している中で、
またいつもとは少し違った注目のされ方をするのかもしれないけど、
ま、いいじゃん、そんなのどうでも。

いよいよ来月から、プロ野球の春季キャンプが始まり球春も間近、
「今年はどこそこのチームがAクラスBクラス」と下馬評報道も始まりますが、
ま、いいじゃん、そんなのどうでも。
っていう感じに似てるかな。

お気に入りの選手を応援できる、お気に入りのチームを応援できる、
そう思っただけでワクワクするしドキドキするし、毎日めっちゃ楽しくなります。
こんなに楽しい気持ちにさせてもらって、こんなにドキドキ感動を届けてもらって、
そりゃもう目いっぱい応援するしかお礼の方法はないじゃん。

ああ、ナニ書いてんのか分かんなくなってきた・・・

とにかく私はもう明日が待ち遠しくって仕方ないってことっすよ!
真央ちゃんガンバレー!!!
アボリジニとアイスダンス
2010年01月23日 (土) | 編集 |
[タリン 21日 ロイター] 来月開催されるバンクーバー冬季五輪で金メダル獲得が期待されるフィギュアスケート、アイスダンスのロシアのオクサナ・ドムニナ(25)、マキシム・シャバリン(27)ペアが21日、オーストラリアの先住民族アボリジニの長老が同組のダンスを「重大な文化的冒涜(ぼうとく)だ」などと非難したことに驚きを見せた。

 同ペアは、当地で開催中のフィギュアスケートの欧州選手権で現在首位に立つ。ドムニナ選手は、試合会場の記者団に対し「(アボリジニの長老から非難されていることについて)何も知らなかった」と目を丸くした。

 一方のシャバリン選手は、「インターネットで色々と情報を収集した。わわわれのダンスは先住民のダンスではあるが、具体的にオーストラリアの先住民のダンスというわけではない」と説明し、「リスクもあるが、他と違うことがしたかった」と語った。

 豪ニューサウスウェールズ州のアボリジニ土地評議会のメンバーは同日、この問題について、ロイターに対し「非常に不愉快だ。われわれは、アボリジニの文化が盗まれたとみている」とコメントした。

2010年1月22日 12時25分 ロイター
41247807-ed03-4f73-96eb-810aa985e6f3.jpg


画像だけ見ると、とてもユニークで好奇心をそそられますよね。
どんなダンスなんだろう?どんな曲なんだろう?どんな演技だったんだろう?
でも残念なことに、このペアのアイスダンスに問題が起きてしまいました。
内容は上記の通りです。

これはあくまでも私一個人としての意見ですが・・・

やっぱりちょっと迂闊だったんじゃないかな、と。

去年の夏、北海道の先住民族であるアイヌの文化に触れる機会がありました。
その時の様子は、『ポロトコタン』に書きました。

世界中の先住民族がそうかどうかは、調べてないので分かりませんが、
アイヌの文化に触れ、彼らは私たちが想像しているよりはるかに
神や自然界との結びつきが強いことを、その時感じたのを覚えています。
朝起きてから夜眠りにつくまで、全ての行動が自然と共にあり自然と融合しており、
自然はすなわち神でもあり、生活の中に当たり前に信仰が存在していました。
切っても切れない関係、と言っても過言ではないでしょう。

もちろん民族舞踊にもちゃんとした意味があり、それは神聖なものであることも多く、
ゆえに、今回アボリジニの長老に「冒涜」と捉えられたのも仕方ないかな、と。

同ペアは、次のようにも話しています。


このことについては、今日の演技(アボリジニ・ダンス)が終わってから聞きました。今シーズンのオリジナル・ダンスのテーマは「民族舞踊」です。そうなると、ダンスのテーマとして選択した国や民族から、選手全員がそれぞれ許可を受けなければならなくなるのでしょうか?ダンスはスポーツであり文化です。私たちは自分のやるべきことをやっているだけです。初めにアボリジニの方たちの抗議をよく理解する必要があります。話し合って解決したいと思っています。ーマクシム・シャバリン選手
(参考 『ロシア語自習室』衝撃の<アボリジニ・ダンス>ドムニナ&シャバリン コメントより)


いやいや、「全部許可を得なきゃいけないの?」とか、そうじゃなくてね。
まあ場合によってはその必要もあるかもしれないけど。
でもそういうことじゃなくて大切なのは、コメント最後にあるように
「アボリジニの方たちの抗議をよく理解する必要がある」ってことだと思うんですよ。

私みたいに、「生まれ故郷よりも今いる北海道が1番好きー!2番は東京」
なんて言ってる愛郷心ゼロの人間には、到底その深さは理解できないと思いますが、
先住民族の人たちが、祖先を敬い、自然を敬い、神を敬い、そして守っている心というのは
彼らの人生そのものじゃないかと思うんですよね。とても大切なもの。
その部分を理解しないまま、こうした形で表現されたとなると、
それはやっぱりいい気分はしないんじゃないかと、愛郷心ゼロの私でも想像はできます。

このペアが、そしてコーチや振付家が、アボリジニほか先住民族の人々や文化を理解し
敬意を払った上でこの作品を作ったとしたら、事態は違ったかもなあとも思います。
もしかしたら、アボリジニの長老はこの2人を絶賛したかもしれないし、
この2人に最高の喜びが訪れるよう祈りを捧げたかもしれないし、
この2人を彼らの誇りにすら思ったかもしれません。

「何でもあり」の中にも、それなりの「ルール」があるということなんでしょうね。
例えば、他人を傷つけてはいけない、とか。

個人的には、このペアのアイスダンスをすごく見てみたいので、
オリンピックまでに両者が和解し、心からの演技が魅せてもらえることを期待します。
ダンスそのものに、きっと悪いところは何もないと思います。


これとは比べ物にならないぐらい懐のちっちゃい類似ネタ的話として、
私は今シーズンの安藤美姫選手のエキシビションナンバーがイヤです。
タップのミュージカルのナンバーを使った、赤ブラ網タイツ衣装のやつですが、
このミュージカルの初演を、私ブロードウェイで観たんですよね。

もうめっちゃ感動して、興奮のあまりカーテンコールで叫びまくってヒンシュクを買い、
会場を出てからも自然に超高速で街を闊歩したぐらい、衝撃的でした。
もちろんCDも買って、何度も何度も今でも聴いています。
私には、ちょっとしたバイブル的作品なのです。

その大好きという気持ちを越える作品を使われたのを見て、
「タップなめんなよ!」ってやっぱり思っちゃったわけですよ。
大好きな浅田真央選手や高橋大輔選手が使ったとしても、
こればかりは不満だったに違いないと思うのに、
いわんやいい感情を持っていない安藤選手をや。
ま、私の場合は2度と見ないきゃいいだけの話ですけどね。
KEEP GOING
2010年01月22日 (金) | 編集 |
金曜日は、アメリカ人イケメン先生によるコンテンポラリーのレッスン。

・・・でしたが、残念なことに、先週でそのクラスが終了してしまいました。
先生、急な仕事でアメリカに帰国されることになったのです。
おそらく今頃は母国に向かう飛行機の中でしょう。

とっても残念です。

去年、バレエスタジオのクリスマス会で、初めて先生の振り付けで短い作品を踊って、
自分なりに、コンテンポラリーへの興味や意欲がとても増してきていたところだったので
ちょっとだけすごくショックでした。

コンテンポラリー、私は嫌いでした。

私が見たことのあるいくつかのコンテンポラリーというダンスは、
内向的で閉鎖的で独断的で、ひと言でいえば面白くありませんでした。
惹かれる作品も若干あれど、おおよそがつまらなかったです。

それが。

イケメン先生の作品に出会い、
先生の作品を踊る先生のパートナーミキさんに出会い、
先生のコンテンポラリーのレッスンを受け、
頭と、体と、心を、いっぱい使い、
『自分を表現する』ということがどういうことなのか
やっと、少し感じられるようになってきて、
さあここから!
という矢先に、先生帰国・・・そりゃないよ・・・

先生の活動拠点はアメリカで、この先ずっと受講できるとは思っていませんでしたが、
まさかこんなに早くしかもこんなに突然終了するとは、夢にも思っていなかったので、
心の準備が全く出来ていなかったんですよ。不意打ちです。

この前の日曜、送別会を兼ねた新年会がありました。

先生のレッスンが受けられて、本当に良かったこと。
先生のレッスンが受けられなくなって、本当に残念なこと。
先生のレッスンが、またいつの日か受けられることを望んでいること。

拙い英語でこの3つを伝えました。
それぞれに付随する熱い思いは、ミキさんに通訳して伝えてもらいました。

先生は、私の話をとても嬉しそうに聞いてくれ、
この先もコンテンポラリーを続けてほしいと言ったところですかさず、
「どうやって?」とミキさんがツッコんでくれました。いいぞいいぞ!

でも、とりあえず、自分なりに続けてみようと思っています。

導いてくれる人がいるに越したことはないけれど、
約4ヶ月のレッスンの中で、先生から受け取ったものはたくさんあって、
その中でも1番大切なものは何か、
先生がレッスンの中で私たちに1番伝えたかったことは何か、
多分、私は分かったと思うんです。
先生も最後のレッスンで、それが見えたと言ってくれました。
だから、多分大丈夫。
やれると思う。

今、企んでいることがあるんですよ。

タップとコンテンポラリーの融合・・・みたいな作品を作ること。
もうアイデアはあって、どうするかイメージもわいてきています。

ミキさんにも、
「タップとコンテンポラリーで作品作ってみようと思ってるんです」
と、飲み会で宣言しました。
いつかお披露目できたらいいなと思いつつ、
まだ何も出来ていないのに、ドキドキ緊張するところまで既に妄想完了。
いやでもホントに、これをひとつの目標にトライしていきます。
ここでも宣言。いいぞいいぞ!

私に、新しい世界と可能性を授けてくれたイケメン先生に感謝。
私の疑問や踊ることへの思いを、ひとつひとつ真剣に聞いてくれ、
全てに真剣に応えてくれたミキさんに感謝。
コンテンポラリーのレッスンを私に薦めてくれた、バレエの先生に感謝。
そんな私を、いつも全力で応援してくれているヒデに感謝。

そんでもって、英語もね。
少しだけ勉強し直してみようかなと・・・
だって言っちゃったんだもん。
「先生に英語でメール送ってみます」って。
もちろん最後に「多分」って付け加えるのは
忘れませんでしたけどね。抜かりなし。
明けの太陽、宵の太陽
2010年01月20日 (水) | 編集 |
0118-3.jpg

太陽が沈んだ山の向こう。
もうすぐ街の明かりが地上にきらめく。
札幌に夜がくる。

あの太陽は、今どこに朝をもたらしているんだろう。

あの山の向こうへ沈んだ太陽は、
別の山の向こうへ今まさに朝を運んでいる。

ああ。

地球は丸くて繋がっているんだなあ。

ひとつなんだ。

ひとつなんだ。
76
2010年01月19日 (火) | 編集 |
おととい日曜の朝6時、ヒデから電話が入りました。

「雪がすごくてお店が開けられない。どうしよう」

窓の外は、確かに向こうが見えないぐらい雪が降っています。

「もう1時間以上雪かきやってるんだけど、ちょっとどうにもならないんだよ」
「分かった、今から行くから」
「いや、歩道も除雪が全然入ってないからムリだよ」
「でも話だけじゃ様子が分からないから、とにかく行くよ」

鍵と携帯と替えの靴下だけを持っていざ出陣。
エレベーターを降りてマンションの外に出てみると・・・

道が無い。

いえ、日曜の早朝でもかろうじて通行した人がいるらしく、
けもの道のようなものがうっすら残っていたので、そこを頼りに歩きます。
が、うちを出て10mほどで、靴の中に雪が侵入したのが分かりました。
長靴を持っていればよかったのですが、私は持っていなかったのです。
だって今まで、長靴必要だったことなんてないんだもん!

交差点を渡って緩い坂道に入ると、そのけもの道すらなくなり
信号ですれ違ったオジサンのものと思われる、ひとり分の足跡だけが続いていました。
その足跡に自分の足をはめて進みますが、スッポリ膝まで雪に埋もれてしまい、
どこの陸上部かと思うような腿上げをしながらの前進で、ゼハーゼハーです。

坂道を終えた先には、もはやその足跡すらなくなり、
本当の本当に、歩道が腰ほどもある雪の下に水没ならぬ雪没して、なくなっていました。

さすがにその雪を漕いで進む根性など持ち合わせていなかったので
ためらわず除雪の入っている車道を行くことにしました。あ~楽ちん。
でもその車道も、3車線のところ除雪された雪で1.5車線分ぐらいしか道幅がありません。
前日の夜まではちゃんと3車線分は見えていたのに・・・

ふたつ目の交差点を過ぎ、なんとかお店に到着した私の目に入ったのは、
雪に埋もれて歩道に斜めに止まっている愛車と、雪かきスコップを持って立ち尽くすヒデと、
お店の前一面に広がる大海原並みの大雪原でした。


[READ MORE...]
小林繁コーチ
2010年01月18日 (月) | 編集 |
昨日はバレエスタジオの飲み会に参加し午前サマの帰宅。
うちに帰ってニュースをチェックしていたら、テロップに信じられない文字が・・・

小林繁氏、急逝

「えっ!?」

我らが北海道日本ハムファイターズで、今季から1軍投手コーチを務める小林繁さんが、
福井県で亡くなったとのニュース・・・

昨季から2軍投手コーチとしてファイターズに来られ、
怪我からの復帰を果たした32才江尻投手にサイドスローへの転向を進めたり、
3年目沖縄出身糸数投手など若手投手を1軍マウンドに送り出したり、
ファームの投手にいきいきとしたエネルギーを与えてくださっていたであろう
その小林コーチ、突然の訃報。

前日には日本ハム本社のイベントに出席。
梨田監督のコメントによると「いつもと変わらず元気な姿」だったとのことなのに、
それから半日も経たないうちに、「どうして?何が・・・?」と思わずにはいられません。

プロ野球ファン歴4年目の私は、もちろん現役時代の小林投手も知らなければ、
空白の1日という江川事件も、去年コーチに来られたことで初めて知ったし、
去年は2軍のコーチだったので、札幌ドームのベンチにその姿を見ることも当然なかったし、
でも素人なりに、今年は1軍の選手をどのようにブラッシュアップしてくれるんだろうと
とても楽しみで心待ちにしていた小林コーチ。

どうして神様は、時々このような酷な選択をされるんだろう・・・

私はまだまだひよっこのプロ野球ファンですが、
悔しくて、残念で、なりません。


小林繁さん急死
(毎日jpより)

FNNニュース(動画)

北海道日本ハムファイターズ梨田監督コメント
阪神タイガース真弓監督コメント
野球解説者江川卓氏コメント
(全てnikkansports.comより)
うらない?
2010年01月14日 (木) | 編集 |
とある冊子に書いてあったタロット占い。
私の誕生月、12月はどうかな~っと・・・

む・・・?

むう?

これは・・・どうした?

『よく頑張りましたね。あと少しで悩みが解決しますよ。
もう、同じような事は起こりませんから安心してくださいね。』

ええ?!ナニナニ?どうした?何があった?!

どうした占い師さん?
12月生まれのお友達に何かあったのか?
めちゃめちゃほかの月とは雰囲気が違うんですけど。

ちなみにヒデの誕生月3月は、

『栄養バランスが偏りがちです。食生活の見直しをしましょう。
鍋料理を食べると元気になりますよ!』

・・・これはこれでまた、占いというにはビミョーなコメントですが、
それでも12月に比べれば、全然アドバイス風ですよね。
一体どうした12月?!

確かに、先月ぐらいから思うことは少々なきにしもあらずでしたが、
別に「よく頑張りましたね」とか「安心してくださいね」とか、
占い師さんにそこまでご心配いただくほどのことでもないですし、
自分なりにもう解決できているので大丈夫ですよ。

つーか、ホントになんすか、それ・・・
もはや占いの域を超えためっちゃ個人的なメッセージじゃないっすか。
まあ・・・悩んでらっしゃる方が穏やかになれるなら、いいですね。

さ、お風呂入ろっと。
命の重さ
2010年01月09日 (土) | 編集 |
我が家には、9才から10才の3匹の猫がいます。

1番年上のハナは、ペットショップの前に捨てられていたのを
ペットショップの人が里親募集していたところ
縁があって家族になりました。

2番目のトキは、とある施設の敷地内にいて、
保健所に連れて行かれそうになっていたところを心ある方が保護、
里親募集のチラシを見て、我が家の家族になりました。

3番目のユメは、ハナと同じペットショップで里親募集をしていて
何匹かいた中の最後の1匹で、縁あって家族になりました。

私は、ペットショップで売られている動物たちを見ると、とても切なくなります。
昔は普通に「かわいいかわいい」だけで見ていましたが、
3匹の猫と暮らすようになって、意識が変わってきました。

最近テレビでよく、日本のペット社会の裏側をやっているのを見ます。
正直、辛すぎて全部は見られません。
今日もNHKで『追跡!A to Z「なぜ繰り返される ペットの悲劇」』
というのをやっていて、最後の20分ぐらいを見ました。

夜、ペットショップの子犬売り場に群がる女性たち。
その反応が、犬という命ある生き物ではなく、まるでぬいぐるみを見ているようで、
静かに憤りを感じました。

そしてそういう消費者がいるから、悪徳な業者も増え、
そういう消費者と悪徳な業者のはざまで、
命ある小さな生き物が、信じられない無残な一生を余儀なくされていました。
その小さな生き物の映像を見た時、一瞬思考を停止せずにはいられない、
それぐらい、無残だった。

本当なら、行政が法改正して、もっともっともっと厳しくしなければいけないのに、
以前法改正をしようとしたら、業者の猛烈な反発にあって
結局そのままになったと、何かで聞いた記憶があります。

0109.jpg

動物と一緒に暮らした事のある人なら、分かると思う。
この小さな生き物の、命の重さを。

誰が1番悪いかっていうと、私は消費者、つまり私たちだと思います。
番組でやっていた『極端な子犬志向』、その先に悪徳業者がはびこる。
極端な子犬志向、これは消費者の心。
ああ、もう・・・

私たちも以前は、一緒に暮らすなら子犬や子猫からと思っていました。
理由はやっぱりかわいいからと怖くないからです。
今は、もしこの先新しい家族を迎えるということがあった時には、
子犬子猫にこだわらず、我が家で余生を送ることを選んでくれるコにしようと決めています。
子猫じゃなければダメという選択肢は、全く排除されました。

むしろ子猫は、私たちじゃなくてもきっと里親が見つかる確率が高いから
そちらのご縁にお任せすれば大丈夫じゃないか、そうも思っています。
もちろんこればかりは縁なので、子猫子犬は選択外という話でもなければ、
我が家には大切な大切な3匹の猫がいてくれるので、今すぐの話でもないけれど。

ペットショップの動物たちも、売れなければその先はみんな一緒です。
生後間もなく親から離され、昼も夜もないような場所で幼少期を送ることを思えば、
まだ野良猫の方がずっとまともな生き方をしているでしょう。
悪いのは、どこまでも人間。

酷い繁殖のさせ方をしていた業者が言っていました。
「消費者が無知でバカなんだよ。どこまでもつけこむよ。」
これが全ての答えで、全ての始まりだと思います。

真実を知るのはとても怖いし、あまりに残酷で堪え難いです。
だけど知らないことは、同じように残酷なことをしているのと一緒かもしれない。
無視することもきっと一緒。

人間が、心のある生き物になるには、どうしたらいいんだろう。
エールを送る
2010年01月08日 (金) | 編集 |
何かが、すごい勢いで流れている。

ダンスの神様は、私に何を与えようとしているのか。

あまりの流れの速さに、戸惑い。

戸惑いながらも、
流れの中で、
踏ん張ろうとしている自分がいる。

だから大丈夫。

ガンバレ。
七草と柿
2010年01月07日 (木) | 編集 |
今日は七草粥を食べました。

100107-1.jpg

鮭とか梅干のお粥は今までも食べましたが、七草は生まれて初めて。
温めるだけのレトルトパックで食べたのでぜいたく言っちゃいかんですが、
個人的には鮭が入っているとなお良かったです。
もしくは、お米が隠れるぐらいのてんこもり七草。

胃に対する愛情は200%の七草粥。
でも心が・・・心が満たされない・・・

そもそも、年末年始に暴飲暴食をしたわけでもなく、
年越し蕎麦食べて、お餅1個のお雑煮食べて、カレー食べて、
後は普段どおりの食生活、質素なものですよ。
じゃ、なんで体重増えたんだ?
・・・ケーキ?

とにかく、胃を休めてあげねばならぬような食生活ではなかったので
そりゃ七草粥じゃ物足りないってもんですよ。
良いもんだって分かっていても、足りないんだよー!!!

だから、柿食べました。

100107-2.jpg


実家の母が、年末あれやこれやと送ってくれた中に入っていたもの。
粥の敵は柿で討つ!
ヒデと半分ずっこで食べました。
ものすごい勢いで食べる自分がいたところをみると
よほどお粥じゃ心が満たされなかったものと思われます。
美味しかったし。

でもお粥と柿じゃあ、お腹の中8割水分って感じだったので
ヒデの作ったパンも食べました。

食べすぎ?
チョーラブリーニューフェイス
2010年01月04日 (月) | 編集 |
はあ~・・・

0104.jpg

かわいい~~~~~~~~・・・

このコたちが、元旦の初詣帰りに出会った小さなガラス細工ちゃんです。
ああ、かわいい・・・
ちっちゃいんですよ~親指の先ぐらいの大きさです。
あああ、かわひい・・・

うちには既に、

070822-1.jpg

函館で出会ったかわいい金のブタちゃんとネコちゃんが2年前からいますが、
この金のブタちゃんネコちゃん以来の、一目ぼれの運命の出会いです。

ガラス細工のブタとネコって、なんでこんなにめんこいんでしょうか。
普段は物欲がほとんどなく「もったいない~まだ使える~無くても平気~」が口癖で
衝動買いという衝動にかられることもないワタクシですが、
このコたちは本当に、申し訳ないけど一目惚れ、今なお熱く恋愛中、ホント可愛いわ~。
ああ、運命。

今日から仕事始めのねこ村夫妻。
ヒデは草サッカー、私はタップの練習始めでもありました。

年末年始4日間の休みで、正月太りロードをひた走ってしまったので
練習してても体が重いのなんの、まぢで自分の足が不憫で不憫で・・・
とはいえまだ風邪を完全に退治していないので、無理ない程度に30分チョイ練習。
ああ~やっぱりタップいいわー好き!

とりあえず今週は、ウエイトコントロールを1番の目的に練習しよう。
肉1kg増えただけでも、その肉まとって飛んだり跳ねたりはかなりキツイ。
まずは肉燃やさないと。目標は、この1週間かけて肉1kg減価償却。

見ててね!ブタちゃん!ネコちゃん!
The Blues Brothers
2010年01月03日 (日) | 編集 |
お正月休みはこの映画を見ようと心に決めていたのが、『ブルース・ブラザース』
ねこ村パン屋のお客さまとこの映画の話題になって、見てみることにしたのです。

ストーリーは、ブルース兄弟が自分たちの育った孤児院を救うために
バンド活動をしてお金を工面する・・・と、めっちゃ端折って言うとこんな話です。

じゃブルース兄弟って何者よというと、かなりに悪ガキな大人で、
なんでバンド活動なのよっていうと、脚本と主演を務めたダン・エイクロイドが
ブルースやR&Bが好きで、それらの良さをもっとアピールしたかった・・・から?
ぶっちゃけ、見たけど詳細は私にはよく分かりません。

分かりませんが、ここ数年でそのかっこよさに気付かされたジェイムス・ブラウンとか、
名前は聞いたことあるぞのレイ・チャールズとか、
見たことあると思ったら、スター・ウォーズのお姫様だよキャリー・フィッシャーとか、
映画や音楽にめっぽう疎い私でも「おお」と思えるキャスティング、
見る人が見れば、豪華キャストで彩られているんじゃないでしょうか。

端折って言うと、上に書いた通り2行ぐらいで説明できるストーリー。
そのストーリーにあれやこれやとくっついた、娯楽映画となっております。
そのくっつき方が半端じゃないんですね、この映画は。

アニメの『ルパン三世』、あるじゃないですか。
あれの実写版みたいな感じです。

ブルース兄弟はルパンと次元みたいな感じだったし、
不二子ちゃんほどではないけれどバズーカ砲ぶっ放す謎の女は出てくるし、
なんといってもあのド派手なカーチェイス!!!
いやもう本当に、ハンパないんですよ、そのカーチェイスが。
あの縦横無尽ぶり、本気でルパン三世の世界でした。
あんなの実写でできるのね~びっくりしまくったさ。

でもって、もちろんバンド活動するので音楽要素もちりばめられていて。
これがまた最高のエンターテイメントになっているから、痛快なんですよね。

ジェイムス・ブラウンは、インチキくさい牧師役で登場するのですが、
意味不明な説教からノリノリのゴスペルに持っていくパワーは桁外れだったし、
レイ・チャールズは、インチキくさい楽器店の店主役で登場するのですが、
インチキピアノで歌い始めた途端エネルギーが爆発したし、
でも1番の驚きは、ブルース兄弟役のジョン・ベルーシと前述のダン・エイクロイド。
この2人が、バンド活動でもハンパなくカッコ良かったんですよね~。
ルパンと次元のカッコ良さが分かる人には、この2人のカッコ良さも分かります。
ルパンや次元は歌いませんけどね。

この映画は、世界名作劇場のような名作では決してないけれど、
クールという言葉がピッタリのめっちゃ楽しい傑作だなあと思いました。
まーとにかくあのカーチェイスや警察官との追いかけっこ。
あそこまで徹底してやってくれたら、文句の付けどころもございません。
もちろん音楽もクール。
ブルースやR&Bを知らなくても、シンプルに楽しめてなおかつ爽快。
いやいや、勉強になりました。

何か物づくりで迷った時は、迷わずこの映画を思い出そう。
2010年の計
2010年01月02日 (土) | 編集 |
元旦の札幌の空。
0102-1.jpg

昨日は良い天気とまでは行きませんでしたが、時折晴れ間の見えた札幌、
お昼前まで寝ていたねこ村夫妻、恒例の北海道神宮初詣に行きました。

2010年、明けましておめでとうございます。
今年も北のねこ村、どうぞよろしくお願い申し上げます。

今日は雪が真横に降る悪天候、昨日初詣に行っておいてホントよかった・・・
神宮では、熊手を買っておみくじ引いて、今年は小吉、ヒデは吉。
詣でた後はマルヤマクラスで休憩とお買い物。
ひとめ惚れで、コタツ猫と親子ブタの小さなガラス細工を買いました。好き。

0102-2.jpg

帰宅して、ヒデ特製残りものにはきっと福があるカレーを。
福もあったけど課題もあったので、今夜これのリベンジアレンジカレーをいただきます。

さて、2010年の計。

『挑戦と変革』をテーマに掲げた去年は、大きな挑戦と大きな変革を体験できました。
もはや『挑戦』というテーマは、私の人生において普遍的なものになりそうなので、
今年は 『 模索と築き 』 をテーマに1年過ごしてみようと思っています。
去年1年で得たものを、今年はより深く掘り下げ、確かな力に変えていきたいと思います。

近年稀に見る勢いの中、まさに飛躍的に活動が出来た去年。
その勢いに飲まれ溺れることのないよう、今年はしっかり自分の今と未来を見つめてみたい。
慎重かつ大胆に、挑む心は忘れずでも繊細に、
自分というものをしっかりじっくり見据えていきたいです。

楽しみながら。

何もなければ、このエントリーは今年の12月31日あたりに読み返すはずです。
その時にこれを読んでる私、今年1年はどうだった?
1年後の自分が何を感じているか、想像すると今から面白いですね~。
とりあえず、リベンジアレンジカレーいただきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。