自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年総括
2009年12月31日 (木) | 編集 |
2009年総括。

2009年元旦に、今年の目標にかがげたことが 『挑戦と変革』 。
もう1年前のことなので、その時のリアルな気持ちは覚えていませんが、
エントリーの内容から、おそらく仕事とタップを中心になんだと思います。

仕事・・・は、どうだったんだろう。
何かに挑戦できたかな・・・変革・・・あったかな・・・
う~ん、どう?

タップは、めちゃめちゃ挑戦しました、ホント。
あ、仕事のことスルーしたよ。

タップだけではなく、今年はダンス全般で挑戦と変革がありました。

まず、コンテンポラリーのレッスンを始めたこと。
コンテンポラリーに偏見と軽い嫌悪感を持っていた私が、
そのコンテンポラリーを学ぶ、これは今思えば大きな挑戦と変革でした。

なによりもコンテンポラリーを学ぶことで、踊ることへの意識が大きく変わりました。
意識が変われば体も変わるし踊りも変わる。
本当に変わったし、これからまだまだ変わっていけると思います。

日本人じゃない先生に教えてもらっていることも大きいです。
ダンスだけじゃなく文化の違いもちょこちょこと感じられて面白いです。

思えば、バレエもコンテンポラリーも、いい先生に習ってるなあ・・・

タップは、本当に頑張った。
表現でも、技術面でも、人間関係の面でも、逃げないで向き合ったと思う。
いろんな経験もできたし、その経験の分だけ、少しタフになれたかもしれない。
でも、まだまだチャレンジできる隙間がいっぱい見えてて、
来年はそれらにどれだけ声をかけていけるか・・・そんな感じ。

こうして振り返ると、なんだかんだでダンスな1年だったのかな。
思い返してみても、ダンスのことで1番たくさん語れる。

なんだろなあ。
ダンスで私、どうなろうとしてるんだろ。
38才だべ。
こればっかりは、考えようとしても途中で思考が停止する。

家族とは、絆が深まった気がします。
ハナが病気にかかったことで、当たり前のことがどれだけ特別か気付けました。
家族のために強くあろうと思ったし、家族のために愛深い人になりたいと思ったし、
家族のためにいつも笑っていられたらいいなと思いました。

私、幸せなんだなあ。

・・・ちっとも総括って感じにならないや。
仕事のことはスルーしっぱなしだし。へへへ。

残念ながら、クリスマスプレゼントの風邪は持ち越しになってしまいそうですが、
これも健康の神様からの何かのお知らせだということで、
ありがたく頂戴いたしますよ。

091231-6.jpg
今年最後に食べたケーキたちと、

091231-5.jpg
ヒデ特製の年越し蕎麦。

こちらもありがたく頂戴しました。
来年は、今年よりもうちょっと健康に気を配れる人間になろっと。

あと少しで2010年の始まり。
今年も『北のねこ村』にお立ち寄りくださり、本当にありがとうございました。
来年もマイペースに好きなことばかり綴っていくと思います。
興味があったら、また遊びに来てください。

どうぞ良いお年を。
スポンサーサイト
戦慄の鐘
2009年12月28日 (月) | 編集 |
戦慄が走った。

フィギュアスケート全日本選手権、浅田真央選手のフリースケーティング。
ラフマニノフ作曲『鐘』。
最後の重厚な鐘の音に合わせ、天に両手を突き上げる浅田選手。
鳥肌が立ったとか、感動したとか、そんな生易しいものではなく、
戦慄が走った。

言葉にならない衝撃。こんな感覚初めてだ。

これまでに4回真央ちゃんの今季のフリー演技を見たけれど、
この全日本の鐘が1番厳かで1番美しかった。
これが19才の少女が表現する世界かと、私を支配したのは驚愕と戦慄。

ショートプログラム、初々しく愛らしいピンクの衣装で踊る仮面舞踏会。
華麗で愛くるしくそれでいて少し大人びた笑顔の浅田真央選手。
『鐘』の浅田真央とは、まるで別人。
去年のフリープログラム『仮面舞踏会』の浅田真央とも別人。

それにしても『鐘』。

今でも多分、この曲だけを聴いたらピンとこないと思う。
それが、真央ちゃんがこの曲で滑ると突如として音が生きてくる。
この曲の意味が分かるような気がしてくる。
そして最後に鳴らされる戦慄の鐘の音・・・

凄いよ真央ちゃん!!!

浅田選手204点というハイスコアを受けてヒデ、
「えーっ、ちょっと点数低すぎじゃない?おかしいよこれ」
「え、でもシーズンベストだよ」
「あれなら250点ぐらいいってもいいでしょう」

・・・どっから出て来るんですか、その点数は。

毎年「今年のはいい」「今年のはいい」と思っているけど、
今年の真央ちゃんのフリープログラムは、私の中では伝説になりつつあります。
昨シーズン、トリプルアクセルを2回決めたフリーの『仮面舞踏会』、
あれもいい作品だと思ったけど、今回の『鐘』はそれを超えましたね。
あんな私からすれば難解な曲を、よくぞあそこまで表現したもんだ、と。

今思えば、まだ仮面舞踏会の方がずっと分かりやすい曲ですよ。
織田信成選手もショートで使ってたしね。

『鐘』は、本当に誰にでも滑れる曲じゃない。
人並み外れた才能と感性を持っていないと、滑ることはできない。
選ばれたのは、浅田真央。

凄いよ真央ちゃん!!!

次は韓国で開催される四大陸選手権。
国際大会でどれだけ力を発揮できるか、楽しみにしています。
ガンバレ真央ちゃん!
愛のクリスマス会
2009年12月26日 (土) | 編集 |
先週の日曜、通っているバレエスタジオのクリスマス会がありました。

パーティの前に、生徒さんによる出し物発表会があって、
私はそれに、大人クラスの生徒によるクラシックバレエと、
イケメン先生のコンテンポラリークラスによるコンテンポラリーと、
自前のタップダンスで参加しました。

タップはもちろん1人で。
クリスマスということでバレエ組曲『くるみ割り人形』から
『こんぺいとうの踊り』で振り付けしましたが、
約2分弱の作品で、半分ぐらい間違えてました。

なんか、タップやばいです。
10月の舞台でも全然思うように足が動かなかったし、
今回の発表でもあり得ない間違えっぷりで、ちょっと最近おかしい。
なにかがうまくコントロールできていないです。
今回も、前回と同じような集中力のなさというか・・・なんだろなあ。むう。

見に来てくれたヒデが「ああいうのも面白いなって思ったよ」って言ってくれたし、
初めて私のタップを見てくれた人たちも「かっこよかった~」って言ってくれたし、
お客さんが満足してくれたなら一応オッケーなんですが、
本当はもっといいもの見せられたのにと思うと、完璧不完全燃焼です。

2人で踊ったコンテンポラリーは、今までの中で1番うまくいきました。
全てとは言わないけど、心身ともにコントロールする中で動けたし、
1分弱の短い作品の中で良い集中力を持続し続けられたと思います。

踊り終わった後、審査員席に座っていたイケメン先生が、親指立てて
「いいじゃん!」って笑顔で言ってくれていたのが嬉しかったです。
あたしゃー先生に満足してもらえれば今回はそれでいいっすよ。
後々ヒデに感想を聞いてみて、まだまだまだまだ中途半端なのは分かったから。

バレエは、もうめっちゃ楽しかったです。
なんつったって、12人ですよ、12人。
どこ見ても必ず誰かがいて、踊ってたり止まってたりして、
あ~1人じゃないんだな~みんないるんだな~って思っただけで、楽しかったです。
あまりにも楽しかったので、どうやらかなりニコニコと踊っていたらしく、
「もうちょっとおすまししても良かったんじゃない?」とヒデに言われました。
まあまあ、ご愛嬌ご愛嬌。

38にもなって、トウシューズ履いてふわふわのロマンチックチュチュを着て、
お客さんの前で躍らせてもらえるなんて、いい人生送ってるなと思います。
私にとってバレエは、踊れる体を作るための訓練でしかなかったのだけど、
コンテンポラリーを学び始めたことでその意識が少し変わってきたり、
今までとは違う踊る楽しさをバレエのレッスンの中で感じられたり、
何より、それらが全て私のタップに活かされてきていることを実感できて、
ああ、いい先生に出会えたんだなと、改めて感謝です。

その先生も、今回踊ってくださいました。

バレエの先生はなんと10年ぶりに踊られたそうです。
踊ることへの愛、生徒たちへの愛、バレエへの愛に満ち溢れていて、
あんなに愛と喜びに溢れた踊りを私は見たことがないです。
最後思わず、「先生!」って駆け寄りたくなったくらい、
優しさと愛いっぱい、踊りを通して届けてくださり包んでくださいました。
きっとあれは忘れられないだろうなあ。

そして、私の憧れ、イケメン先生夫人も踊られました。

先生夫人は、「これがプロのダンサー!」とうなるような表現力。
踊りが進むにつれどんどん集中力が増していき、
先生夫人の作り出す世界が空間を支配し、完全に虜でした。
美しいのは踊りだけではなく、その体。
意図的に鍛え上げられた肉体とは、こうも美しいのかと。
強く、しなやかで、まるで野生のようでもあり、
もう私なんてすっかりお手上げ状態です。すごすぎ。

子供たちの発表もとっても素敵でチャーミングで、そしてめちゃめちゃ上手で、
今回初めてクリスマス会に参加させてもらいましたが、
発表会後のパーティも含めて、とってもとっても楽しく貴重な時間を過ごせました。

終わってしまいましたが、メリークリスマス!

ちなみに今年の私のクリスマスプレゼントは、
熱付きの風邪でした。
ひどいよ、サンタさん・・・
ゴンがきた!
2009年12月25日 (金) | 編集 |
サンタが街にやってきた昨日、コンサにゴンがやってきました。
ゴン、ウエルカムトゥサッポロ!!!

しかし北海道ってのはあれですね。
野球の新庄元選手といい、今回のサッカー中山選手といい、
引きが強いというか、こういう言い方は失礼かもしれませんが
タレント選手を招きよせる強い運を持ってますよね。
そういう意味で、埼玉西武ライオンズに入団する菊地雄星くんは
いわゆる日本語的なタレント性は薄かったのかもね。

サッカーJリーグ2部のコンサドーレ札幌に、
今季でジュビロ磐田を退団する中山雅史選手が入団することになりました。
コンサが中山選手にいち早くオファーを出していたのは知っていましたが、
複数球団からオファーを受けていた中山選手がコンサを選んでくれたことは、
ファイターズファンだけど嬉しいです。

これで、いろんな意味でコンサドーレが盛り上がるんじゃないでしょうか。

例えば、私みたいな「ゴン見てみたい」人は絶対いると思うんですよ。
そういう有名人的興味のみでも試合に足を運ぶ人が増えれば、
その中から何人か、サッカーの楽しさとか応援する楽しさを知って
コンサのサポーターになるってこともあると思うんですよね。
私が2006年、全く興味もなかったプロ野球とファイターズを
優勝騒ぎのドサクサまぎれになんちゃって応援するようになって、
気付いたらファンクラブ入って丸3年・・・なんてこともありますから。

もともと、野球よりサッカーに興味があって、
なぜか『キャプテン翼』を当時の最新刊まで全部揃えていて、
ヒデがサッカー好きなのもあって、海外のサッカー事情も聞くようになって、
だったにもかかわらず、プロ野球観戦に目覚めちゃったんですよね~。

やっぱり素人にも分かりやすくて楽しいですもん、優勝かけた戦いとかって。

だからコンサも、ゴン来ただけじゃダメですよ。
強いチームこそ、興味のない人まで引っ張れるエネルギーを持ってるんです。
ファイターズも2006年の優勝がなければ、ここまでだったかどうか。
たとえ新庄が引退宣言をして球場に足を運んでもらおうとしたとしても、
あの優勝がなければ、ここまでになっていたとは私は思わないです。
強くないと。

だから、頑張れコンサドーレ札幌!!!

来シーズンは、野球と仕事に支障がなければ、私も応援に行ってみるよ。
でも、水曜とか土曜なんだよね~試合。絶対無理じゃん。
なんとか1試合でも見てみたいけど、どうかな。

コンサドーレも強くなって、ファイターズもまだまだ強くなって、
そんで、ファイターズの優勝パレードの次はコンサの優勝パレードで、
なんてことになったら、すごいだろうな~楽しそうだな~。
そしたら、次はバスケットボールのレラカムイだ。

実は、野球やサッカー以上に興味があったのがバスケットボールで、
小学生時代はミニバスケットを実際やっていたし、
『スラムダンク』はもちろん全巻持っていて、
20代前半には、マイボールマイシューズ用意して
市立体育館の開放時間にひとりで練習しに行ったりして、
中学・高校生の男の子たちに混ぜてもらって練習してたりしましたよ。
たったにもかかわらず、プロ野球観戦に目覚めちゃったんですよね~。

それにしても、ゴンがくるのか~。なんかすごいな。
私完全にミーハー気分丸出しだ。

ちなみに、先日行われたクラブワールドカップの決勝戦、
バルセロナのメッシが胸で体ごと決めた決勝ゴール、
あれを我が家では『ゴンゴール』と呼んでいます。

なんて球技に盛り上がっていますが、
いよいよフィギュアスケート全日本選手権が始まりますよ!
真央ちゃん!久しぶり!会いたかったよ!
レベルの高い日本の試合を日本で見られるこの幸せ。楽しみだ!
美味しい1日
2009年12月17日 (木) | 編集 |
ドーンとピザ!

091217-1.jpg

美味しそうでしょ~美味しいんですよ~。
ヒデが作ってくれました。特製ピザ。
分かる人には分かるかもだけど、このピザ、とってもちっちゃいんです。
どれぐらいちっちゃいかというと・・・

091217-2.jpg

分かります?
ヒデがカットしてくれています。その手の大きさで見てくださいね。
ね、随分ちっちゃいでしょ。ひとりサイズです。

091217-3.jpg

お次はケーキ。
その名も『パンティ』。
ヒデのオリジナルです。もちろんネーミングもヒデ。
なんだそれ、パンティって。

091217-4.jpg

綺麗にカットできなくて少し崩れてしまいましたが、層になっています。
ココアパウダーから半分ぐらいまでの層がティラミス。
タルト生地の上、白い層の部分がパンナコッタ。
パンナコッタとティラミス、だからパンティなんですって。
ヒデ・・・

話は先週の水曜日にさかのぼりますが、12月9日は、
皇太子妃雅子妃殿下の誕生日にして、私の38回目の誕生日でもありました。
ついでに言うと、中日ドラゴンズ落合監督の誕生日で、
高校の同級生コトノちゃんの誕生日で、大学の同級生スギタくんの誕生日で、
一緒に芝居をやったビルッチの誕生日で、妹みたいなモモちゃんの愛娘の誕生日で、
12月9日生まれは、こうも私の身近にいつもいたんですね。
雅子妃殿下は身近じゃないけど。

ヒデが、なぜかお店の忙しかったこの日、
自分の休憩を返上してまで、私にピザとケーキを作ってくれました。
窯から出たばかりのピザは、言葉を失う美味しさで、
どうなのそのネーミングのパンティは、おかわりくださいの美味しさで、
しかしその美味しさの1番の秘訣が愛情であることは、
食べた瞬間に分かるんです。

美味しくて嬉しいだけじゃなくて、愛情いっぱいで嬉しい。
ありがと、ヒデ。ありがと。

1週間以上過ぎて書いているように、
今年の誕生日はゆっくり気分ではいられませんでした。
もうかなり時効なネタですが、それでもわざわざ書くのは、
1年後2年後のこの日に、1年前2年前のこの日を読み返すと
結構面白いからです。

だから、なんか面白いこと書けるかというとそうでもなく・・・

今年の誕生日は、なんだか気持ちが慌ただしかったです。
あまり感慨にふける余裕もなかったし、正直今日もその延長線上。
味気ないと言えば味気ない誕生日だったかも。

でもそんなことは問題じゃないです。

今年もヒデと一緒に誕生日を迎えられ、
慌ただしくてもうちに帰れば3にゃーがニャーニャー言ってくれて、
私にはホッとできる家族がそばにいてくれる、この日もやっぱりそうで、
それだけで私はこれ以上ない幸せに満たされて、
ありがとうなのです。

ありがとう。

そして、そんな慌ただしくちょっとチリチリしている私に、
ふわりと優しい毛布をかけてくれた人たちに、
心があったまりました、ありがとう。
やっぱ分かんねー!
2009年12月16日 (水) | 編集 |
今日も仕事が終わって練習。

クリスマス会まであと4日。

バレエも、タップも、コンテンポラリーも、
全部クリスマスパーティの余興のはずなのに、
なんでこんなに難しいの?

バレエは、もう完全に余興です、私にとっては。
技術1割、9割は雰囲気とハッタリで踊ります。
技術も1割あるかどうか・・・

そうでなくてもポワントのレッスンなんて、数年前に1度か2度受けただけなのに
踊れっていう方がおかしい。ムリ。
バレエシューズで出来ないことが、トウシューズ履いて出来るわけがない。
どうやって立てばいいか分からないし、どうやって歩けばいいかも分からない。
だから、9割以上がハッタリです。

テクニックをお見せすることはできませんが、
楽しそうな、美しそうな、そんな雰囲気をお伝えすることはできる気がするので、
バレエは完璧にそっちで頑張ろうと思います。

問題は、タップとコンテンポラリーだよ・・・

昨日も言ったけど、コンテンポラリーの振りそのものは難しくない。
タップも自分で降り付けてるから、出来ないことは何もないはず。

だけど、だけど、パーティを4日後に控え、今、完全にテンパってます。
道が見えない・・・

余興のはずなのに、なんだこの不安定な感じは。
バレエみたいに、「えいやっ!」って振り切れない何かがある。
なんだろう、この不安定な感じは・・・

なんかヤバいなあ。
分かんねー!
2009年12月15日 (火) | 編集 |
今度の日曜日、バレエスタジオのクリスマス会。

金曜日、コンテンポラリーのレッスン。
クリスマス会前最後のレッスンにして、今年最後のレッスン。

一応、クリスマス会で発表する作品の振りは覚えたけど・・・

難しいわ。

動きそのもの、振りそのもの、それは難しくない。
それをどう表現するかが難しい。

自分はこの動きをどう表現したいんだろう。

すっごい先生に質問したいんだけど・・・
ガマン。

『何の制約にもとらわれず、自由に自己表現するダンス』
コンテンポラリーはそういうものだと、以前教えてもらってます。
だから、自分で考える。
まずは自分で考える。
考えられる余地があるうちは、
まだ試せることがあるうちは、
それを出し尽くすまでやってみる。

自由って、なんて大変なんだ!

でも、クリスマス会は今度の日曜なんだよね。
でもって、金曜日が最後の練習。
どこかで何かしらの線も引いておかないと、切りないよね。
切りないまま本番迎えちゃうと、あたふたしそうだ。

自己表現か・・・
幸せですね
2009年12月14日 (月) | 編集 |
披露宴の間に取材に応じる井端弘和と明子夫人

中日ドラゴンズの井端・荒木両選手は、
私が北海道日本ハムファイターズを応援するよりずっと前、
野球に全く興味のない頃から、なんとなく好みの選手でした。
なんかかっこいいじゃないですか、『仕事人』、みたいで。
何度か言っていますが、ワタシ職人さんが大好きなんです。

報道ステーションもずっと見ている番組で、
河野明子アナウンサーのことはいつも、
「聡明で綺麗なお姉さんだなあ」と思っていました。
その河野さんが、スポーツの時間に中日ドラゴンズの話になると
ニュース時と雰囲気が変わって、テンションがグッと上がって面白かったです。

河野さんと井端選手の結婚の話になった時。

井端選手がバッティング練習をしているところを、
プライベートの河野さんがネット越しにめちゃめちゃ激写している写真があって、
そりゃもうテレビで見る河野さんとは思えないようなかっこうで、
ああ、このお姉さんはよほど中日のことが好きなんだろうなと思いました。

だから、おふたりの結婚を知った時は、個人的にとても嬉しかったです。
スパーンとテレビ朝日を退社された河野さんの潔さにも惚れました。

河野さんは大好きな井端選手と結婚できるし、
井端選手はこんな綺麗なお嫁さんと結婚できて、
どっちにとっても玉の輿だね~なんてヒデと話したのを覚えています。

久々に、綺麗な河野さん・・・
じゃなくて井端明子さんの姿を見て、
ああ、本当に幸せそうで良かったなあと嬉しく思いました。

これからもどうぞお幸せにー!
でーきーたー!!!
2009年12月08日 (火) | 編集 |
できたー!できたよー!
クリスマス会で発表するタップの振り付け、できたー!
バンザーイ!バンザーイ!!バンザーイ!!!
ありがとうございます!!!

今回選んだのは、バレエ組曲『くるみ割り人形』の中から『こんぺいとうの踊り』。
バレエやくるみ割り人形を知らなくても、耳にしたことはあるんじゃないでしょうか。
ヒデも、「あー知ってる知ってる!」と言ってました。
「初期の頃のドラゴンクエストで、洞窟があってその洞窟の中に・・・」
知らんわ、そんなの。

バレエスタジオのクリスマス会でタップを踊ると決めた時、
真っ先にこの曲が思い浮かびました。
バレエをやっている人で知らない人はいないというこの曲を、
タップでやるってのはなかなか面白いんじゃないかと。

言うは易し、蓋を開けたら大いに大変でした・・・

そうでなくても、ステップ考えるのにまだまだ四苦八苦しているのに、
クラシック音楽の、しかも決してノリがいいとは言えない曲で、
バレエのこんぺいとうの踊りのイメージを崩さないで、
でも「この曲こんな風にもなるんだ!」って少し驚いてもらえるような、
かつタップの面白さもそれなりに伝える作品にしたい、
・・・だのなんだの欲張っちゃったもんだから、もう七転八倒ですよ。

メロディも少し拍子がとりにくく、
カウントでステップを考えることが多い私としては、
この拍子の取りにくいメロディラインっていうのは、非常に曲者でした。

カウントだけでリズムを作ると曲に合わないし、
曲に合わせようとすると、その独特なメロディラインにリズムがのりきれず、
なんかスッキリしないというか・・・

でも、そんなのもう、過去の話ですよ。

昨日あれだけさんざん考えてもさっぱりでギブアップしたのが嘘のように、
今日はちらちらちらっと考えて足を動かしたら、なんだよ出来るじゃーん!
やればできる!!!

なんとかステップが完成したので、
次はこれをある程度まで踊れるようにする練習に入れます。
1番はなにより技術的な練習。

・・・って、自分で作ったステップに技術的な練習を必要とするなんて、
ワタシ、こんぺいとうにどれだけ高望み?

クリスマス会まで、単純に練習できる日を数えたら、あと6日。
6日かあ~あっちゅう間だな。

見ている人に喜んでもらえるような、
自分自身もこのチャレンジを楽しめるような、
そんな本番になるための6日間にすることを誓います!

やー、それにしてもめっちゃ嬉しい!
あとは練習するだけなんだもん。
いやいやいやいや・・・がんばるどー!!!

ちなみに、こんぺいとうの踊りのことを書いてあるブログを発見しました。
動画で曲も聴けるみたいなので、どうぞ聴いてみて
「あー知ってる知ってる!初期の頃のドラゴンクエストで・・・」
って味わってみてください。


コンテでポン!
2009年12月04日 (金) | 編集 |
今日はコンテンポラリーのレッスン。
今日を入れて、クリスマス会で発表するまでの練習3回。
先週振り付けしてもらったところを、自分なりに1週間復習して臨みました。

「振りも曲も変えるから」

なんですってー!?
アメリカンのイケメン先生、ニコニコ笑顔でなんてことをっ!!!

「曲も短くなるし」

あ、そうなん?
って、前の曲も1分ちょっとぐらいの予定だったのに、
さらに短くなるってちょっと喜んでるワタシって、根性ナシ?

っていうか、サヨウナラこの1週間のワタシ。お疲れ様でした。
あなたが1週間夜な夜な復習を重ねてきたことは忘れませんが、
とりあえず、二度とお会いすることはないでしょう。

で、新しくて短くなった作品はとういうと・・・

前のと全然ニュアンス違うじゃん!
その前に、チョット先生、今振り作ってんの?!

「あ、待って、こうしよう」
「いやいや、これにしよう」
「やっぱりこっちにしよう」

って、ナニそれナニそれ、そんなに簡単に振り付け出来ちゃうんだ。
私なんて、脳ミソギュウギュウ絞りに絞って、産みの苦しみで作るのに。
すごいな~さすがだわ~。
いやホントお見事。
ちょっとこの辺の感覚も勉強させていただかなきゃだわ。

振り付けも曲も、前回のより
私が抱いているコンテンポラリーのイメージっぽい内容でした。
上手く言えないけど、なんか変わった動き。
曲はちょっぴり悲しげで。

前回のよりはずっと、動いている時に曲も耳に入るし、振りもさほど難しくないし、
恐らく先週のレッスンを見て、先生がハードルを下げてくれたんだと思うけど、
ハードルを下げられてしまったことは不甲斐なくてちょっと悔しいけど置いといて、
案外こういう振り付けの方が、見せるのって難しくないですか?

だって、変わった動きを変わった動きとしてのみ見せたらダメだもんね。
この一風変わった動きの中でも、何かが表現できてこそのコンテンポラリーかなと思うけど、
だからそこがね、私がずっとよく分かんないと思ってる部分でしてね、
先生レッスン終わった後、「うん、いいよいいよ」なんて笑顔でおっしゃいますけど、
ナニがいいのか、アタイにはさあ~~~~っぱり分からんすよ。

サポートしてくれているイケメン先生夫人は、やっぱりステキなんですよ。

もちろんずっと一緒にいて、先生の作品もたくさん踊ってるし、
なんつってもプロのダンサーですから、ステキなのは当然で、
そこと勝負しようなんてこれっぽっちも思っちゃいませんが。

・・・あ、今なんかちょっと分かったぞ。

そうそう。
イケメン先生や先生夫人と同じように踊ろうと思う必要はないんだよ。
多分。たぶんね。

振り付けという動きの段取りとか、カウントという音取りをしっかりしておけば、
あとは振り付け師の意図から外れない程度に、好きにやっていいんじゃない?
いや、よく分かんないけど。

その好きにやっていい具合がビミョーなところだけど、
そのビミョーなところが、もしかしたら自分を表現するということにつながるのかも。

あ~なーんとなく、ちょっと分かってきたかも。
まだ言葉にするほど熟してないけど、なんか来てる気がする。

ヨシ。とりあえず、めいっぱいガンバロ。
手抜きしないで目いっぱい頑張る中で、何か見えてくるということにしよう。
まだ自分の表現とかサッパリ分かってない私が出来ることっていったら、
めいっぱいがんばってやることぐらいだし、
その中から何かが見えてきたら、それが私の表現ってことかもしれないし。
おお、なんかすっごいやる気出てきたし、ちょっと楽しくなってきた!

よーし、ガンバルどー!

で、タップの振りはいつ仕上がるんすかね、ワタシ?
ハッタリクリスマス
2009年12月03日 (木) | 編集 |
今月の20日、通っているバレエスタジオのクリスマス会があります。
プレゼント交換や談笑タイムなどもあるようですが、どうやらメインは出し物。
バレエスタジオの出し物といったら、そりゃもうアナタ、バレエですよ。
クラスィックバルゥエですよ。

私が人様の前でクラスィックバルゥエを・・・?
おーほほほほ!!!
そんなのあり得るわけないじゃございませんか!!!

そうでなくてもここのスタジオには、バレリーナなお子たちがわんさといて、
大人から始めたなんちゃってバレリーナなワタクシメが踊るなんて
そんな恐れ多いことが出来るはずもございません。
盗人猛々しいとはまさにこのこと。違うか。

でも、余興なんですって。
みんなで楽しい時間を過ごしましょうなんですって。

「じゃあ私、パフォーマンスで出ます」
余興で一芸参加もありということだったので、タップ踊ることにしました。
そのつもりで「じゃあ私、パフォーマンスで出ます」と言ったんですよ、私は。

それがどこでどう混線したのか、先生の中ではすっかり
「じゃあ私、バレエのパフォーマンスで出ます」という話になっていて、
気付いたらバレエの参加者名簿にバッチリ私の名前がきゃー!

1度はお断りしましたが、あんなことやこんなことがありまして、
結局おこがましくもバレエで参加させていただくことになりました。
ちなみにタップは希望通りやれることになりました。
ちなみにコンテンポラリーのクラスからも参加することになりました。
3つじゃん!出すぎ!

いえね、ホントに、あんなことやこんなことが重なって、
結局どれもこれも頑張ってみちゃうことになったんですよ。
まあせっかくの機会ですし、この先バレエやコンテンポラリーを
人前で踊ることなんて、ない確率の方が圧倒的に高いし、
ああ、でもバレエはトウシューズ履いて踊るのね・・・

私が参加するのは、大人総勢11名による先生振り付け小作品です。
男性も3名いて、私は男性とパートナーを組んで踊ったりもします。
これがまた大変で、私も素人なのに男性も素人だから、
素人どうしですったもんだダレか助けてーって感じです。
ソロで踊れって言われるより助けを求める方がまだいいか。

ただ最後のポーズは、私が真ん中で男性のサポートを受けて終わりなんです。
しかも弱い左足で立って、右足ひょっと上げて、さりげなくうつむき加減。

ありえん!!!

ありえんのはコンテンポラリーも同じで・・・

先週からクリスマス会発表用の振り付けが始まったのですが、
なんだかヒザ周辺にアザがいっぱい出来てるんですけど。

アザはジャズダンス習ってた時、振りによっては時々作っていたので
別段「ひいい!アザが!」なんて気分にはならないのですが、
そのアザ作ってたのもかれこれ10年前の話ですよ。

まだまだ若くて元気ですが、なんつーかなあ、うーん・・・
ちょっとビビってます!えへ!
あと3回でどうにかなるんだろうか・・・?

イケメン先生夫妻は「大丈夫大丈夫、そんなたいしたことじゃないから」
って、それは踊れる人が言える台詞でございますよ。
私みたいに、後ろ向いたら右手と左手の区別がつかなくなる人間に
その台詞はあまりにも馬の耳に念仏。違う?
あと3回、どうにかするしかないので頑張ります。

正直、バレエはどこかハッタリかませそうな予感もしてるんですよ。
なんちゃってバレリーナっていうのは、言わなくてもみんな分かってることで、
多少何かがあってもそこはご愛嬌ですむと思うんですよ。
でもコンテンポラリーってどうなの?
ハッタリかませる?コンテのハッタリってどうやってかますの?

・・・ハッタリに頼らないですむよう、頑張ります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。