自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハナの仕事
2009年10月31日 (土) | 編集 |
091031-1.jpg
「しっかり水分補給して・・・」

091031-2.jpg
「さあ、よーく見とくんだぜ」

091031-3.jpg
「ホイ!ホイ!ホイ!ホイ!ホイ!」

091031-4.jpg
「男は仕事だけじゃダメなんだよ、身づくろいもきっちりとな」

091031-5.jpg
「コラ、ナニ見てんだ、お?」

091031-6.jpg

なんてスゴんでますが、普段はこんなに可愛い大福です。
てか、ハナ、なんか出てるよ・・・
スポンサーサイト
いつもそばに 09.10.30
2009年10月30日 (金) | 編集 |
ハナが、余命宣告を受けました。

091030-1.jpg

末期の慢性腎不全。

このまま治療をしなければ、早くて2~3ヶ月、おおよそ半年。
投薬と点滴で延命は可能ですが、完治することはなく、あくまでも延命。
治療をすることでどれだけ命がつながるかは、誰にも分からないとのことです。

初代愛猫のモモも、腎不全で闘病の末、3才の若さでこの世を去りました。
ハナ、ただいま9才。

ハナ、見た目は普通です。
食欲もあり、勇ましく爪とぎした後、テレビに飛び乗り暖をとったりしています。
20年前に購入した14インチのブラウン管テレビの上が、ハナの指定席です。

091030-3.jpg

ただ、体重が軽くなっていたのは感じていました。
そして少し動きが緩くなっていたことも、今思えば感じていました。
それを腎不全のサインと受け取れなかったことは、私の勉強不足です。
これから猫の腎不全について少し知識を入れようと思っていますが、
ハナの命の期限が迫ってきているということに、変わりありません。

どのような治療をこの先していくかは、ヒデと話し合っていきます。
私たちの気持ちを保つためではなく、
ハナが穏やかに時間を過ごせるためにできる最善のことを、
その都度その都度選択していきたいと思います。

091030-2.jpg

これから毎日、ハナとの日々を綴っていこうと思います。
今はねこ村でですが、近々専用のブログを作るつもりです。
ハナとの確かな日々を、普通に綴っていくつもりです。

今までと同じように過ごすことはできませんが、
今まで以上に幸せな時間を、きっと過ごせると思っています。
ひたすら、
2009年10月27日 (火) | 編集 |
しばらく熱く語ってきたので、ここらでひと息。

091027-1.jpg

大好きなカフェ『櫻珈琲煎房』柏丘本店です。

うちからは、札幌のあっちとこっちで、車で50分弱でしょうか。
決して近いところにあるお店ではないのですが、
そして、決して店員さんの雰囲気が良いわけではないのですが、
更には分煙になっていないので、嫌煙家には時にキツイのですが、
それでもわざわざ行きたくなるお店です。

何がいいかって、とにかくめちゃめちゃ落ち着くんです。

091027-4.jpg

窓からの明かりと間接照明の柔らかい空間に、
陶芸や彫刻など北海道で活躍する作家さんの作品が
そこかしこにさりげなく置かれてあり、
窓の外は、自然に近い状態の木々の緑が心に優しく、
時には鳥が、すぐ目の前の窓枠に立ち寄ったりするんです。
きっと雪の頃には、白く美しい木の彫刻となるんでしょうね。

癒される、と言うより、ひたすら落ち着く空間なんです。

ヒデと一緒に、とりとめもなく喋ったり、ボーっとしていたり、
贅沢に時間と空間に浸る、そんな感じ。

珈琲と一緒に、甘いものもいただきます。

091027-2.jpg

ワッフルの上にモンブランが乗っているのは、私のとりあえずの定番。
気になるスイーツメニューがなければ、ここに落ち着きます。

091027-3.jpg

パフェはヒデの注文。
なんだっけ、ゴマとお餅みたいなのの和風パフェだったと思います。

行ったのは、先月にあった舞台の5日前。9月の連休22日の日。

練習が追い込みで心身ともにギュウギュウになっていたのと、
ねこ村パン屋が初めての屋外イベントに出店してヘコタレまくっていたのとで、
どうしてもここに来て、現実から違う場所に身を置きたかったのでした。
おしゃべりの内容はほとんど目前の本番のことだったんだけど。

私にとって、大切な場所のひとつです。

そんな大切な場所で、こんな野暮なことも言っちゃえば、
ここ、トイレがすごいんです。
トイレのお金のかけ方が半端じゃないです。
櫻珈琲煎房にお立ち寄りの際は、ぜひトイレにゴー!
ホラだいじょうぶ
2009年10月26日 (月) | 編集 |
「自分で自分の気持ちをコントロールできるようにしたい」。笑顔を失った真央が、必死に現実と向き合う。
>サンスポ

惨敗から一夜明けた浅田は、すっきりとした表情だった。バンクーバー五輪代表内定一番乗りのチャンスのある、GPファイナル出場はすでにあきらめ「照準は全日本選手権(12月25日開幕、大阪)。今回の試合でたくさんの課題も方向性も見つかった。あと2カ月で修正していきたい」と、はっきりとした口調で話した。
>日刊スポーツ

よかったよかった。

ワタクシ思うに、人は成長するものだから、
いつまでも15才のふわふわくるくるにこにこマオでいられるわけないし、
ロシアで見た、今まで見たことのない真央の姿はまさに彼女の成長の証で、
あまりにもよく言われる言葉だけど、
神様は乗り越えられる人にしか試練は与えないって、本当にそうだなと。

彼女に与えられた試練の大きさを、どうぞ考えてごらんなされよ。
並大抵の人なら、チャレンジする前から「ムリ」とか言っちゃいますよ。
真央は、この壁を既に乗り越えようと前進してますよ。

4年前の安藤美姫選手と比較する人もいますが、
浅田真央と安藤美姫は、生き方も考え方も違うし、
タラソワコーチを批判する人もいますが、
全てを最終的に決めるのは、浅田真央本人だということは、
日刊スポーツのタラソワコーチの発言を見ればわかるとおり。
コーチも悩んでいるんですよ。

「ああだこうだ批判する人って、
結局強い真央ちゃんじゃないと認められないってことなんじゃないの?」
こういう私に、時々鋭い発言をサラリとするヒデは、
「しょうがないよ、真央ちゃんはそれだけ超一流の選手なんだから。
ロナウドと一緒で、ロナウドもちょっといいプレーが出来なかっただけで
ものすごく批判されるんだよ。チームは勝ってるんだけどね。
真央ちゃんも1位じゃないとまわりが納得しないぐらい超一流なんだよ」

1か月前にも同じこと言われたな。

サラリと言うけど、昨日真央ちゃんのフリーの演技見て
「ああ・・・真央ちゃんかわいそうだ・・・」
なんて言ってたくせにー!
なんか親戚のおじさんな気持ちになるんだって。

ファンも、もっと浅田真央を信じてあげればいいのにと思う。

まあ、野球と一緒で、監督の選手起用や采配、選手の活躍っぷりを見て、
あれこれ言うのがスポーツ観戦の楽しみ方のひとつ、ってことっすかね。

こうやって2日続けて真央ちゃんのこと語ったりすると、またヒデに
「真央ちゃんのことになるとブログ長くなるんだよねー。気持ちがあふれてるよねー」
って笑われるんだ。

いいじゃん!好きなんだから!
がんばれ
2009年10月25日 (日) | 編集 |
フィギュアスケート、グランプリシリーズ第2戦なんちゃら杯。
えーっと、テレ・・・テレ・・・ロ・・・そうだ、ロステレコム杯だ。
ロシアなのにロス。

私の応援している浅田真央選手は、5位でこの大会を終えました。
って、私がここで言わなくても、もういろんな報道で言われてるか。

ショートプログラム、演技後の彼女の様子を見て、
恐らくフリースケーティングでの巻き返しはないなと思ってました。
だから、5位でも私にはショックなし。
ちょっと残念だったけど。

恐らく、テクニックやフィジカルの問題ではないと思う。
本人も言っているように、メンタルの問題だと思う。
だって、昨シーズンのフリーであれだけガツガツ滑って踊って挑戦し続けた彼女、
今季のプログラムの構成そのものに問題があるとは、あまり思えない。

気持ちの問題だとしたら、
1番簡単で、1番難しいところか。

技術的な問題だとしたら、これは一朝一夕には解決できない問題。
もしくは、一生かけてもどうにもならない問題。
でも、真央ちゃんはこれには当てはまらず。
だって練習では決められてるもんね。
多少、博打な部分はあったとしても。

気持ちの問題。

どのタイミングでどういう形でその時が来るかは、誰にも分からないけど、
その時が来たら、
きっと本人もビックリするぐらいの、
もちろん世界中もビックリするぐらいの、
浅田真央の演技がそこにはあるんだろうなと思う。

だから、気持ちが問題なら簡単なんですよ。
それはそれは、憑きものが取れたように、解放されて自由になれる。
なぜ悩んでいたのか不思議なぐらい。
悩んでいたのが嘘のように。

そして、どのタイミングでどういう形でその時が来るか、誰にも分からないから、
とても難しくて、苦しい。
いろんなことを試して、いろんな人の話を聞いて、でも何をやってもダメで、
悩んで迷って、それでも時間は待ってくれず、
疲れているわけでもない、練習では出来る、でも本番では失敗して、
どうすればいいか分からない、でもやらなきゃいけない。

こればっかりは、本当に自分で乗り越えるしかないから。

だから私は、やっぱりこう言うかな。
「真央ちゃん、がんばれ」

もうね、乗り越えるためには頑張るしかないんですよ。
ボーッとしてても絶対乗り越えることなんてできない。絶対。絶対。

分かんなくても頑張って練習する。
苦しくても頑張って跳んでみる。

目の前に大きな大きな目標がある人は、
周りが言うほど簡単にリフレッシュなんてできない。
こういう時練習を休むっていうのは、かなり怖くて不安になることだけど、
必要ならば頑張って休むこともやってみる。

だいじょうぶだいじょうぶ。

私は、フィギュアスケートファンじゃなくて、フィギュアスケーターファンなんだと思う。
好きなスケーター、女子は荒川静香プロ、浅田真央選手。
男子は高橋大輔選手、ジェフリー・バトル選手、ステファン・ランビエール選手。
みんな、私のダンスの勉強になるスケーターばかりです。

真央ちゃん、次に会えるのはどの大会かな。

私は、ショートの『仮面舞踏会』もフリーの『鐘』も大好き。
リスクを恐れてレベルを下げるのはイヤっていう気持ち、すごく分かる。
真央ちゃんがそう思ってるかどうかは、本人に聞いてみなきゃ分からないけど、
私は真央ちゃんのトリプルアクセルへのこだわりも支持するし、
タラソワコーチの真央ちゃんへの愛情と信頼も、心から支持しています。

私はとにかく応援しますよ。
楽しみにしてます。
大きな通過点
2009年10月24日 (土) | 編集 |
今日は、何の心配もしていませんでした。

って言いながら、1点差に追いつかれてからはちょっとソワソワしました。

けど、やっぱり負ける気はしなかったから、勝ちました。


私はファイターズファンだから、
普段はおしゃれな曲をねこ村パン屋の店内で流しているのですが、
今日は、そう、私はファイターズファンだから、
試合が始まってからは、お店でラジオ中継かけてましたー!
ちなみに、昨日もそんな感じで、その前もそんな感じで、
その前は、お店を早じまいして野球観戦に行ってました。
ファイターズファンだから!!!

私はファイターズファンだけど、
野村監督を尊敬しています。
あとひと押しで『野村ノート』買うかって言うぐらい、尊敬しています。
スポーツ雑誌で野村監督の特集とかあると、買っちゃいます。
ヒデが、オシム前日本代表監督を尊敬しているのと同じ感じですね。
もちろん、梨田監督は大好きです。イケメンだし。
だけど野村監督も好きで尊敬しているから、
今日の試合は、安堵と寂しさの混ざった、不思議な感覚になりました。

いい試合だったよね。
第1戦も、第2戦も、第3戦も、そして今日の第4戦も。

第1戦は、ニュース速報が流れるぐらいの劇的逆転勝利。
第2戦は、1軍ルーキープロ3年目糸数が堂々のピッチング。
第3戦は、相手ピッチャー田中将大の強さを改めて見せつけられ。
第4戦は・・・

いい試合だったと思えるのは、やっぱり勝ったからだよなあ。
もし負けていたら、いい試合だったとはやっぱり言えないよなあ。
昨日の負けを、ワタシ今でも軽やかに引きずってるもん。
どんなにいい試合だったとしても、やっぱり勝ってこそなのかなあ。

去年は、クライマックス第2ステージで埼玉西武ライオンズに負けて、
それでもその時のブログを読み返してみたら、
・・・あれ?そんなに悔しがってないや。
>>> その時のブログ
まあ、始まったばっかりだったからかなあ。梨田ハムが。
一昨年、日本シリーズで中日ドラゴンズに負けた時は、悔しがってる。
今年はどうなんだろう。
願わくば、悔しい思いをしないでシーズン終わりたい。

なんて、誰でも思ってらー。

スレッジはすごかったな。
第1戦の奇跡の逆転サヨナラ満塁ホームランもそうだし、
きょう第4戦で岩隈から放った3ランは、楽天ファンの応援するライトスタンドに。
スポーツニュースの映像見てら、引導渡したって感じだった。
スレッジってこんなにすごかったっけ?
MVPおめでとう。

よし。
気持ちを切り替えていこう。

日本一目指して、応援ガンバルゾー!


ヒデが、日本シリーズ観に行く気満々でいる・・・
持ち越し・・・
2009年10月23日 (金) | 編集 |
負けた・・・また田中将大投手に負けた・・・
これで今季は対マー君で4戦4敗・・・
いつになったら勝てるんだ・・・

今日は1番勝ちたい試合だったから、
本気で悔しい。

クライマックスシリーズとして見れば、
この1敗はそんなに大きなダメージではないと思うんだけど、
非常に個人的な理由で、ただ「田中将大に勝ちたい!」という理由で、
この1敗は、来季の対戦まで持ち越さなければならなくなったので、
何とも言えないダメージでございますよ。

あーまぢ悔しい。
エスペシャリー悔しい。

相変わらず、見るスポーツニュース見るスポーツニュース全部楽天メインで、
いやまあいいんだけど、そんなことどうでも。
明日、当初予定していたダルビッシュが投げていたとしたら、
完璧にファイターズメインな放送になったんじゃないでしょうかね。
でもダルビッシュは投げないから、やっぱり明日はノムさんが主役か?
ファイターズ先発藤井、イーグルス先発藤原・・・
地味すぎる。やっぱりノムさんだな。
てか、明日スポーツニュースそんなにないんじゃん。
てか、なんだこのグダグダな内容は。

来年、マー君に勝った時は、ひとりで祝勝会やろっと。

勝ちたかったよう・・・
返したど!
2009年10月22日 (木) | 編集 |
4月3日の借りを、10月21日に返す!

昨日も勝ちたかったけど、今日はどうしても勝ちたかったんですよ。
思い返せば半年前・・・

ホーム開幕戦、東北楽天ゴールデンイーグルスに3連敗したあの日から、
もう半年以上も経ったんですね。
再び、そして最後に、こうしてイーグルスと戦っているのも何かの縁なのか。
エース対決で楽天のエース岩隈に負けて以来、
今日を逃すと、来年まで借りたままなんて、そんなのイヤだったんですよ。
だから、今日は絶対勝ちたかったんでんですよ。

すごい!すごいよファイターズ!!!

先発糸数本気でめちゃめちゃナイスピッチ!!!
ノーアウト満塁のピンチを、よくぞしのいだ金森ナイスピッチ!
ノーアウト満塁のピンチを作ったけど、宮西次頑張れ!
久はいつも通りでやっぱり久で良かった!

昨日はさっぱりだった6番7番9番にもヒットが出たさ!

投げる方も打つ方も、守る方も攻める方も、
全てがかみ合ってきた感じがする!
する!!!

今年のファイターズは強い!
もう落合監督に弱いチームなんて言わせない!
3年前の話だけど、まだ根に持ってるぞ!わはははは!

さあ、ひとつ借りは返したけどもうひとつ。

明日のイーグルス先発は田中将大投手。
完璧にファイターズをお得意先としているマー君が、
恐らく闘志満々の鬼の形相でマウンドに立つでしょう。
ここに勝ってこそ楽天に勝ったと言えると、私は勝手に思ってます。
間違っても、ファイターズファンは絶対マー君に拍手なんかするなよー!

3連勝して最短で日本シリーズ進出決定だー!
っていうより、田中将大に勝ちたい!どーしても勝ちたい!!!
負けっぱなしのままじゃイヤだ。

明日は、私がファイターズファンになるきっかけを作ってくれた八木投手が先発。
気負いすぎず、普通に投げてくれれば言うことなし。
気負って普通に投げられなくても、みんなでカバーできれば問題なし。
そんで、それの出来るチームがファイターズだと思う。

いいチームだなあ。
劇的サヨナラ満塁ホームラン
2009年10月21日 (水) | 編集 |
091021.jpg

この写真撮った後、ホームラン打たれちゃったんだよな~。
9回表の1アウトからね~、林くんがね~。
鉄平にね~、パ・リーグの首位打者の人にね~、
ホームランね~、2ランね~。
1対6で負けていたのが、8回裏で4対6まで追い付いたのにね~。
イケるイケるムードで充満していた札幌ドームが、再び、どろ~~~んと・・・

4対8だもの。
そりゃ帰りたくなる人も出るですよ。

9回裏の攻撃。
今思い出しても夢のようだったなあ・・・

1アウトから、1番賢介、2番ひちょり、3番稲葉と連打で1点返した後、
4番の信二がしっかり四球を選んで1アウト満塁にして、
そりゃここでホームランなんてなれば劇的逆転サヨナラ満塁ホームランだけど、
まさか本当にその通りになるなんて、誰がそんなこと本気で信じられる?

私は、信じられませんでした。

すみません!今日は負けると思ってました!
ごめんなさい!!!

続く5番スレッジの打球は、
ファンの「行け!入れ!」の気持ちと共に、
レフトスタンドにまさに吸い込まれていきました。
本当にその通りになっちゃったんです!
劇的逆転サヨナラ満塁ホームラン!!!

もうなんて言うの、パニック?
あれはお祭り騒ぎなんてもんじゃなかったです。
少なくとも私の周りにいた人みんな、喜びと驚きにまみれて大興奮!
私も一瞬魂が抜けだしそうになりましたよ。
いや抜け出してたな。

興奮で騒然となったドーム内にカウントダウンが響き、
勝利のキラキラテープ発射!!!

本当に夢のようでした。
今日座った席は、ちょうどキラキラテープが発射される場所だったので、
私たちの真上から、勝利の金色キラキラテープが、
ゆっくりとゆっくりと、キラキラ輝きながら降ってきたんです。
はあ~綺麗だったあ~・・・

もっと事細かに、
ドームで食べた頑固おやじのカレーのこととか、
二岡が代打で出た時、悪送球の避け方が美しかったとか、
中嶋捕手兼コーチのマスク姿がめっちゃカッコ良かったとか、
代走で出た村田くんが相変わらず初々しくて可愛らしかったとか、
そういうのいろいろ綴りたかったんですけど、
興奮しすぎて疲れて、もうおねむでございます。

とにかく、夢のような試合だったんですよ。

そういえば、ねこ村夫妻の試合観戦は、サヨナラに始まりサヨナラに終わったなあ。
始まりのサヨナラは、稲葉涙のサヨナラホームラン。
終わりのサヨナラは、スレッジ大興奮のサヨナラ満塁ホームラン。
どちらも、今シーズンの試合では語り継がれていくものだと思うので、
その瞬間その場に立ち会えたことを、心から嬉しく思います。
贅沢させてもらっちゃったな。

明日からは、しっかりラジオで応援します。

明日も仕事普通にあるんだよね?
・・・一応確認。

みんなみんなみんなみんなみんな!!!本当にありがとう!!!
明日札幌ドーム
2009年10月20日 (火) | 編集 |
いよいよ明日から、プロ野球クライマックスシリーズ第2ステージが
セ・パ両リーグで始まります。

やーもーきんちょうするー!

思うに、北海道日本ハムファイターズのファン以外のほとんど全ての人類が、
東北楽天ゴールデンイーグルスが勝つ、または勝ってほしいと期待しているでしょう。
私がファイターズファンじゃなかったら、絶対「楽天勝てー」って思う。
その方が面白いじゃん。

ちくちょー!なぜだか四面楚歌な気分!

しかし!
どんない世間を敵に回しても、日本球界の宝ダルビッシュ投手が投げなくても、
ファイターズはただひたすらに、勝利に向かって突き進むのです!

だから!
田中マー君投手がマウンド上がっても、ファイターズファンは拍手すんなよな!
>>>2008年5月5日ブログ参照
とりあえず明日のイーグルス先発は永井投手らしいから、その心配はないけど。

明日ファイターズの先発投手は、みー太郎のためにも頑張る武田勝投手。
みー太郎も頑張るそうです。
>>>2009年10月12日ブログ参照

まあ、試合なんてやってみなかれば分からないから
「絶対勝あーーーーーつ!!!」
とかあまり思わないようにしています。
思いすぎると、その思いに自滅してしまうから。
弱いな~自分。

ただ、この決戦で負けると本当に今年のシーズンが終わってしまうし、
ここまで来たなら頂点に立って終わりたいからさ。

だって、今年のファイターズは本当に大変だったんだよ。

今はセ・リーグで流行っているみたいだけど、新型インフルエンザの集団感染で、
ぐわっと勢いが出て来ていた時期に多くの主力選手が離脱、
エースダルビッシュも強い責任感から投げ続けてくれて、でも結局長期の離脱、
前半のたくさんの貯金のおかげもあるけれど、
この状況でリーグ優勝できたってのは、ホントにすごいと思うし、
本当に大変で苦しいシーズンだったと思うんですよ。

勝たせてあげたい・・・

ってな情で勝てるほど、勝負の世界は甘くないのも分かっているので、
明日はしっかり札幌ドームで応援してきます!!!

明日の観戦が、本当の本当に、ねこ村夫妻今季最終戦です。
日本シリーズはチケット高くて行けません。
そこまでわがまま言えません。

いやいや、クライマックスは私よりヒデが行きたいって言ってたんだった。

私も、悔いの残らないようしっかり応援してきます!!!
勝つぞー!!!
グランプリシリーズまずフランス杯
2009年10月19日 (月) | 編集 |
明後日から、パ・リーグのクライマックスシリーズ第2ステージが始まります。
我らが北海道日本ハムファイターズと、東北楽天ゴールデンイーグルスが
日本シリーズ進出権を掛けて熱戦を繰り広げてくれることでしょう。
今年のパ・リーグは北日本が熱い!

ということで、明後日からはまたプロ野球に忙しい日々を送るのですがその前に。

野球が終わるとやってくるのがフィギュアスケートのシーズンですよ。
今年も始まりました、まずはグランプリシリーズです。
既に第1戦フランス杯は終了し、私が応援している浅田真央選手は2位になりました。

個人的な感想。
真央ちゃん、すっごく良かったー!!!

ちょいちょいミスがあったり、本人としてはまだまだまだまだの出来なんでしょうが、
私はショートプログラムもフリースケーティングも、どっちもメチャ良かったです。
特にフリーは、初めて見たジャパンオープンという試合で
「・・・なんかよく分かんない」という印象を持っていたのですが、
いやいやいやいや・・・

好き!

今のところ、真央ちゃんぐらいじゃないでしょうか。
彼女が滑ることによって、曲そのものまでよく聴こえてくるのは。
正直、フリーの『鐘』を聴いた時、「なんじゃこの曲は」と思ったんですよ。
ごめんね、ラフマニノフ。
で、ジャパンオープンの真央ちゃんを見た時も「・・・?」だったんですよ。

それが、フランス杯での『鐘』を観たら、またまた「ごめんね、ラフマニノフ」です。
なんというか、内側から溢れだしてくるエネルギーというか、
表層的なものではなく、真央ちゃんの内面から出てくるパワー、みたいな・・・
「表現すること」への奥の深さが、めちゃめちゃ深く感じるんですよ。
あれこそ、芸術です。

ショートの『仮面舞踏会』も、去年の仮面舞踏会とはガラリと変わって、
私、試合なのに見ていてすごくニコニコしてました。
初めての舞踏会でウキウキワクワクしている様子、華やかさがちりばめられて、
社交界デビューした女の子を見ているような気分でした。

まあね。
とはいえ競技ですから。
数字と結果がついて回るもので。

ただ今年の私は、数字と結果にはおまけぐらいの感覚しか持ってません。
ポイントは、「心に響くかどうか」。

そういう意味で、織田信成選手のフリー『チャップリン・メドレー』は最高だったし、
ベルネル選手のショートプログラムも味があってとても楽しめました。

多分この先言うことはないと思うので、これが最初で最後のキムヨナ選手の感想。

ジャンプの質はめちゃめちゃ良いと思います。素人でも一目瞭然の素晴らしさ。
スケーティングについては、私には良いも悪いもさっぱり分かりません。
そして表現力。

ああいう表現の仕方は彼女の十八番だと思うので、「ふーん」です。
去年のショートプログラム『死の舞踏』を見た時は、「やられたっ」って思ったけど、
今年はショートもフリーも、想定の範囲内で「あ~なるほどね」でした。
とりあえず1回見たしもういいかなって感じ。

なんて書くと、真央ちゃん好きでキムヨナ選手を批判しているように見えるかもですが、
そうじゃなくて、単なる好みの問題です。
本当に今年は、順位や点数はおまけぐらいにしか感じてないですから。

ダンスでもそうなんですけど、フィギュアスケートでも、
特に上手い選手になればなるほど、その人となりが作品に現れるなと思いました。
中野友加里選手の演技なんか、そういうものがすごくにじみ出ているし、
今季から気になる選手のひとりなったベルネル君もそう。
もちろん真央ちゃんもそうだし、キムヨナ選手もそう。
まあ、好みの問題です。

今シーズンから、私の大好きで尊敬する3選手、
高橋大輔選手、ステファン・ランビエール選手、ジェフリー・バトル選手が復活します。
三者三様の世界観を楽しませてもらおうと、今からワクワクで頭クルクルしてます。

その前に、まずは明後日からのクライマックスシリーズ第2ステージだ!
そんで間髪入れず、グランプリシリーズ第2戦ロシア杯だ!
くう~忙しいなー!

ちなみに、こちらのブログでも真央ちゃんの芸術性を高く評価されていたので
ぜひぜひ紹介させていただきます。

Mizumizuのライフスタイル・ブログ
19歳――成熟への『鐘』を鳴らすとき(浅田真央)

次につながる後悔
2009年10月19日 (月) | 編集 |
昨日、ダンスの舞台がありました。
今まで立ってきた数々の舞台を思い返しても、
昨日の舞台ほど悔いの残るものはありませんでした。
いやあ~悔しいなあ。

東京時代からずっと私の舞台を見続けてくれているヒデは、
「すごく良かったよ。1年前より成長しているなあと思ったよ」

1年前というのは、
私のダンスパートナー、ポコよしちゃんと初めてデュオで踊った舞台のことです。
1年前も、ヒデは驚きとともに絶賛してくれました。
「アキの新しいスタイルが生まれたなって感じたよ」

1年前のあれから、
試行錯誤しながら、踊ることに対する意識改革とそれに伴う訓練を続け、
私も1年前の自分よりもずっと成長してきたと思います。

最後の舞台で、タップの神様は私に課題を残してくださったんですね。

私が求めているタップダンスは、
リズムを追求するだけではなく、見た目もダンスであるものなんですね。
だから、バレエやコンテンポラリーのレッスンは必須だし、
総合的に踊る技術を身につける必要があると、常に思っています。

今回の舞台は、見た目がダンスな部分では及第点だったけど、
タップダンスな部分で、アキ史上最高にダメダメダメダメでした。

良い集中が出来なかったです。
要素はいくつか考えられますが、
1番は調整ミス。

ポコよしちゃんとの最後の練習を終えてから本番までの時間と、
本番当日楽屋入りして舞台に立つまでの時間。
フィジカルじゃなくて、メンタルのコンディショニングが上手くいきませんでした。
最後まで集中できなかった。

決して状態は悪くなかったんです。
実際、『表現する』部分ではイメージするように上半身は動いてくれました。
だけど足が全く動かなかった。
タップなのに。

あああああ~~~~~~~~~~~~~~~~。
悔しいなああああ~~~~~~~~~~~~~。

個人的に、ステップが踏めなかったこともすごく悔しいけど、
それ以上に、せっかく時間を作って観に来てくださった方たちに
いいパフォーマンスを披露することができなくて、それが何より悔しくて申し訳なくて。

願わくば、私個人の出来不出来はどうでもいいとして、
お客さんが、ヒデのように作品を楽しんでくれましたように。
私の悔しい思いは私が抱えて次に持っていけばいいので、
お客さんはただ楽しい時間を過ごせましたように。

ポコよしちゃんとの最後の練習は、すごくいい状態で終わっていたんです。
そこから本番までの約1週間と、本番当日出番までの約4時間。
ここの過ごし方を、今回はミスしてしまいました。
まあ、これも経験だな・・・

早速今日から練習です。
足りなかった部分をしっかり意識しながら、冷静に練習再開です。
悔しいけれど、いい勉強になりました。
私はまだまだ上手くなります。

そして、今回こういう悔しい思いをすることで、
ひとつ、改めて強い思いを持ち直すこともできました。

当たり前なんだけど、
『同じ舞台は2度とない』
ということです。

舞台の大小、観客の多少にかかわらず、
その時その場所そこにいる全ての人のために、
最高のパフォーマンスを披露できるよう常に努力してきたつもりでしたが、
もっともっと、努力しなければいけない、努力できることがある、
それに気付くことができました。

私は昨日観に来てくださった方たちに、良いパフォーマンスで応えられず、
でも昨日の舞台、あのシチュエーションは、もう2度と取り返しがつかないんですね。
「本当はもっといいものが見せられるから、もう1回」
っていうのは、あり得ないわけです。

舞台に生きるとは、つまりそういうことなんだと思います。

さあ。
またがんばろう。
こんぱーい!
2009年10月15日 (木) | 編集 |
乾杯。金牌。クンパイ。献盃。困憊。
「く」だけないんだ。

本番を3日後に控え、本日疲労困憊中。
残念ながら今日は練習を断念し帰宅して、ただいま自宅オーラに包まれ中。
やっぱりうちはいいわあ~いやされるう~。

日曜、月曜、火曜、水曜。
この4日間の総練習時間、17時間30分。
大丈夫。疲れて当然。
だから今日は休もう。

本当は練習したかったんだけど。
練習プランも立ててたんだけど。
でも、体が「休んでくれー」って言ってきた。

明日はコンテンポラリーのレッスン。
明後日はバレエのレッスン。

・・・あれ、前もこんなこと書かなかったっけ?
ほらそうだ、ちょうど1ヶ月前、9月17日
おお・・・1か月前もへろへろしてる。

あの時もそうだったけど、
そして、あの時より今回は1週間分時間はないけど、
でも、大丈夫。

本番終わったら、マイケルジャクソンの映画見に行くんだー。
あ、その前に、クライマックスシリーズ観に行くんだった!

明日からはパ・リーグのCS第1ステージが始まるし、
フィギュアスケートグランプリシリーズも始まるし、
ああ、なんか、あれだね。

あれだね。

うん。
おやすみ。
あと1週間っすか。
2009年10月09日 (金) | 編集 |
この前本番が終わったと思ったら、
次の本番まであと1週間ですか、そうですか。
なんか「職業はダンサーです」みたいだな。
職業はパン屋さんです。

前の本番が終わった後の1週間、体調崩してまともに練習できませんでした。
足腰痛いのが治ったと思ったら今度は発熱。
日曜にポコよしちゃんと一緒にやった練習では、
時々ボーッとしたり顔が真っ赤になったりおサルさんみたいでした。
まあ、怪我して動けないよりは、熱の方がましか。

今週は復活して元気になりましたが、
今日またボーッとしてきて、わーもーカンベンしてー!

でも元気になりました。
先週体調不良でお休みした、コンテンポラリーのレッスンも受けました。

足上げたり回ったり座ったり後ろに下がったりあれしたりこれしたり。
慣れない動きを若人と一緒にハッスルしたら、
わ~足痛い~股関節痛い~何か痛い~やばい~。

でもお店に帰ってタップの練習を小一時間やってみたら、元気になりました。
やっぱタップはいいねえ。
私にとって元気のバロメーターはタップです。なんだそりゃ。

本番まであと1週間。

もう少しだけ、時間が欲しかったなあ。
せめてあと1週間。
そしたら、もっともっと深く作品を追求できたと思うんだなあ。
ゼッタイ。

今、すごくいい練習が出来ています。
やればやるほどに、音楽とステップとリズムの関係がよりクリアになってきて、
自分の出している音と流れている音楽との間に、
とても一体感を感じられるようになってきました。

だからこそ、不明確なところも明確に不明確だって分かるし、
何がどう不明確かも明確に分かるし、
そうなれば、どういう練習をすればいいか非常にシンプルになってきて、
そう、今、そういう段階。

ああ、もう少しだけ時間が欲しいなあ。

まあ、時間が欲しいと言って私だけ1日48時間になるわけじゃなければ、
他の人がそれをおねだりしても1日48時間になるわけじゃないので、
やっぱり1日は24時間であるからこそ輝いているのだということで。

さ、明日はバレエのレッスンだ。3週間ぶり。
しっかり体を目覚めさせましょ。
一夜明けて
2009年10月07日 (水) | 編集 |
もうすぐ二夜明けようとしていますが、
北海道日本ハムファイターズ、リーグ優勝おめでとう!ありがとう!

イヤイヤもう昨日は、
試合がサクサク進むもんだから、
夜8時にお店閉めてから、鬼の形相で閉店作業して、
コンビニで祝勝用ケーキを買ってダッシュで帰宅して、
ラジオつけてネットの動画つけていろいろスタンバイしたら、
きゃー、久くん、同点に追いつかれちゃったよ9回裏2アウトー!
きゃー!

091007.jpg

コレ、その祝勝用ケーキ。
あのヒトあそこから狙ってるんですよ・・・

必死で帰宅して9時前には帰れたのに、
このケーキを食したのはそれから1時間後の10時前。
ただしこの時点で、まだ試合は続いていました。
でも楽天がロッテに負けたから、日ハムの優勝が試合の途中で決まって、
ケーキなんだから早く食べないと、全部身になるじゃないですか。
この時間ならいつ食べても身になるんですけどね。
気持ちの問題。大切大切。

うちから札幌ドームが見えるのは、もうご存じの通りですが、
昨日は何度も何度も、煌々と輝くドームに向かってガッツポーズや拍手しました。
そりゃもう、にゃーたちが遠巻きにするぐらい。

私がファイターズファンになって、3年目。
私の知っている北海道日本ハムファイターズはいつも強くて、
2006年の優勝直前からノリで応援するようになったのも数えると、
優勝3回、3位1回、常にAクラスの常勝チーム。
だけど、本当に強いと思ったのは今年が初めてで、
去年まではどうして上位にいるのかよく分からないでいました。

自分のことに関しては超楽観的でポジティブな私ですが、
勝負事には非常にネガティブで、まず最悪を想像する傾向があります。
そうすると、本当に負けた時のダメージが少なくてすむんですよ。
だから、今年の強いと思ったファイターズにさえも、
「最後の最後にどのチームよりもひとつだけ多く勝っていればいいんだよ」
って言い続けて思い続けていました。

今日のスポーツ新聞を読んだら、言うは易しだな~って思いました。

監督も選手も、心身ともにギリギリの日々を送っていて、
リーグ優勝でひとつ結果が出たことで、
そのギリギリだった状態を、監督や選手の発言から
少し垣間見ることができたかなあって。

昨日の優勝会見やビールかけやその後のインタビューで、
梨田監督が何度も何度も「苦しかった」と言っていたことも
強く印象に残っています。

ありがとう。本当にありがとう。
勝って優勝決めてほしかった。
全てのファイターズファンの願い、叶えてくれてありがとう。
そして、おめでとう!リーグ優勝おめでとう!

よし!優勝気分満喫終了!

次は日本シリーズに向けて21日からまた応援頑張るど!
21日はCS初戦を観に行きます。3試合ぶりにヒデと一緒に。
これがホントのホントに今季の最終生観戦試合になるので、
絶対勝つ!
勝ってねー!
治ってきたぞ
2009年10月01日 (木) | 編集 |
もうこれは、若いからか日頃の行いが良いからか、
どちらかとしか考えられません。

股関節痛いの、治ってきたー!

その分、より腰が痛くなってきたんですけどね。
こういうのを一朝一夕って言うんですかね。
違うか。一進一退か。

でも、腰の痛い方がまだ全然楽。
昨日までは、ジーンズはくのに足を上げようとしただけで激痛。
コワいわー。
痛みを想定しながらの行動って、ホントに厄介です。

なんで痛いの治まったんだろ?
明日整骨院に行って、センセーに聞いてみよう。

ところで今日は、ヒデがひとり観戦に札幌ドームに行きました。

今日のオリックスファンからのメッセージも面白かったみたいですよ~。
「寝ソベリアあります」

思ったんですけど、オリックスバファローズって大阪が本拠地なんですよね。
大阪っていうと阪神タイガースなイメージがあるけど、
阪神タイガースの本拠地は兵庫県なんですよね。
生粋の大阪の球団は、オリックスバファローズなんですよ。

ってことにふと気付いて、
「そうか~だからあんなに面白いのか~オリックスファンの人は」
って妙に納得したわけです。
あの、人を楽しませようとする精神は、お笑い大国大阪ならではじゃないすかね。
本気で大好き、オリックスファン。ドアラと同じぐらい好き。

それはそうと、今日は勝ってほしかったなあ・・・
「オレが観に行くと負ける」っていうジンクスを、ヒデが確実なものにしちゃう。

そうでなくても、ドームに行く前から「緊張する」とか言ってるし、
2点先制されたあと3点返したあとのメールには
「気を失いかけたけど、みんなありがとう」
その直後また2点取られて逆転されたあと2点返して再逆転したあとのメールには
「みんなありがとうございます」
ナニ、ありがとうって。ダレ、みんなって。
9回にヒデ曰く「うちの金森」がマウンドに上がったあとからメールが途絶え、
マズイ本気で失神してるんじゃないだろうかと思っていたら、
携帯の充電が切れてたんだって。びっくらこいたー。

ちなみにヒデの今季観戦成績は、7試合で4勝3敗。勝ち越しですよ。
私の観戦成績は、同じく7試合で5勝2敗で勝ち越し。イエイ。

まあ、明日お休みでリフレッシュして、明後日からまた心機一転ガンバロー!

たまには、稲葉の送りバントとか見てみたいなあ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。