自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年総括
2008年12月31日 (水) | 編集 |
2008年、総かあーーーーーーーーーーつ!!!

私の2008年をひと言で表すと、『タップダンス』でした。
4月の舞台、9月の予定が10月の舞台
このふたつの舞台で1年が回っていたような気がします。

舞台と舞台の合間に稽古があるから、1年間タップダンス。
おかげで風邪をひいているヒマがなく、今年は1年病気知らず。
「風邪は万病のもと」「病は気から」・・・まさに!
あ、虫歯。

もちろん、表立った舞台に立てたことだけじゃありません。

今までの人生で1番練習したし、
気持ちを費やしたし、
悩んだし、
喜んだ。

そして私は少しだけ、大きく成長したと思います。

さて、2008年明けて早々の誓いはどうだったかと言いますと、
「今しかないの気持ちで動く」
ですって。
へえ~そうだったんだ~。
・・・で、どうなん?

そういう時もあったし、ガッツリめんどくさがる時もあったし、
てことは、行き当たりばったりで、意識できてなかったってことですね。
意識できるも何も、すっかり忘れてたさ。

忘れるぐらい、一所懸命走った1年だったということで。

良い1年でした。
大変なこと嫌だったことも含め、全部良いと思えた1年でした。
ヒデともラブラブで、にゃーともニャゴニャゴで、幸せ家族に支えられて、
これでシケた1年だったぜなんて言ったら、バチが当たっちゃうさ。
へへ。

2008年は、2009年につながる1年になったと思います。
新しい1年へのワクワクがすごくあるんです。
2009年は絶対今年以上に実りある1年になるような気がする。

楽しみです。

081231.jpg

今年も1年、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト
仕事納め
2008年12月30日 (火) | 編集 |
本日、ねこ村パン屋仕事納め。
1年間・・・今年も1年、終わったんだなあ。
とりあえずは、お疲れ様でした。

前半はわりと良かったんだけどな。

昨日寝る前に、「明日は有終の美を飾れますように」ってお祈りしました。
「有終の美っていうのもヘンなんだけどね」と即ツッコミました。
今日、朝から湿った雪が降り続きましたが、
ヒデも私も、それなりに忙しかったです。
嬉しかった。

でも私たちは、決して悲嘆に暮れてはいません。
むしろ燃えている。
そうそう、燃えているんですよ、なんだか。
これはチャンスだってことに気付いたから。

パンの神様は、やっぱり良く見ていらっしゃる。

明日はお店の大掃除。
その後、うちで夜ごはん。
ヒデが「お楽しみ」って絶対教えてくれない秘密鍋をやって、
鍋の後におそばを入れて年越しそば。

さあ、もうひと頑張り!

081230.jpg

ヒデ、お疲れ。
でもこれはフットサルの練習でハッスルしてきたからなんだよね。
今年最後のサッカーが楽しかったみたいで良かったね。
明日起きられるかな。
仕事のあと
2008年12月25日 (木) | 編集 |
ドーン!

081225-1.jpg

と、ピザです。ヒデ手作り、通称「のこりものピザ」です。
もちろん生地もヒデが作ったんですよ。
イタリア料理のコック経験もあるパン職人のヒデが作る、ちょーおいしーピザ!

大好きな大好きな、どうしても大好きでこれだけはゆずれないケーキ屋さん、
このブログでも何度も登場している、東京池袋『ラティーネ』のクリスマスケーキを、
今年は残念ながらお店の体力がなくお願いできなかったので、
ちょっとだけ寂しいけど、でも、ヒデの作るピザはやっぱり美味しいから
今年もクリスマスお疲れ様打ち上げを、ささやかにやりました。

081225-2.jpg
作った人。
「ドモ!ヒデです!」

081225-3.jpg
お皿を運んだ人。
「はやくー!はやくー!」

今日は夜にいっぱい食べたから、明日から気合入れてダイエットだわ。

昼過ぎまでは、まるで春かと思うような暖かさで不思議なクリスマスでしたが、
夜になると突然雪が降り始め、今や外は真っ白、何も見えません。
明日最初の仕事は雪かきだ。ダイエットオッケー!
今を生き抜く
2008年12月24日 (水) | 編集 |
最近、ニュースをよく見ます。
今までもニュースは見ていましたが、今は本当によく見ています。
時間的なことではなく、内容的なところで。

見るニュース見るニュース・・・といってもせいぜい2番組ぐらいですが、
せいぜい2番組ぐらいでも、政治と経済の悪化のことが毎日大きく取り上げられています。
政治の面では、麻生政権の不安定さ、など。
経済の面では、自動車産業、雇用破壊、など。
どちらも、日を追うごとに深刻になっていくのが分かります。
そりゃそうだ、政治と経済は切っても切れない縁ですから。

見て、少しでも現状を把握して、私たちも今を乗り切らなくてはなりません。
どうしたらこの状況から抜け出せるか、
どうしたらこの状況を打開できるか、
そして、こんな状況はうちだけじゃないんだということを知るために、
今日も限られた時間の中、ニュースを見ました。

本当に、本当に、
政治家には国民を守るための仕事を、命を懸けてやってほしい。

私たちは、まだ帰る家も一緒に過ごす家族も、そして仕事もあるけれど、
私たち世代で、ホームレスになる人もたくさんいるそうです。
ニュースから得た情報では、その多くは元非正規社員の人だとか。

ごめんなさい、でも今それを知ったところで、
私は明日の自分の仕事のことしか考えられません。
同情もしなければ、非難もしない。
自分たちのことで精いっぱい。

今まさに、政治家の力が試されていると思います。
今まさに、私たちの力が試されているのと同じように。

仕事がある人は幸いです。
働ける環境がある人は幸いです。
不平不満は後でいい。
今はとにかく、その環境でベストを尽くす。
生き抜くために。


今思っていることをつらっと書いたら、いい感じで支離滅裂になりました。
でも私の頭の中はいたってクリアで、つまりざっくばらんに申し上げれば、
「ガンバレよ!」
ってことなのです。自分を含めた多くの人に。

ガンバレよ!ガンバレよ!
おふくろの
2008年12月23日 (火) | 編集 |
今日は天皇誕生日。おめでとうございます。
私たちは昨日が休み。今日は仕事でした。

そんな昨日の朝食は、岡山の母から届いた炊き込みごはん。
081223-1.jpg

子供の頃から、炊き込みごはんや玉子かけごはんやタラコごはんが大好きで、
この炊き込みごはんなんて懐かしすぎて、おかわりしました。
ああそう、これが私のおふくろの味ですよ。
食べていると、子供のころの自分が戻ってくるようでした。

それから、赤肉メロン。
081223-2.jpg

・・・ナゼ?
北海道にいながら、岡山から届いた赤肉メロンを朝から食べる不思議。
しかも真冬日に。
毎朝食べている果物はみかんですが、昨日はリッチにメロンです。
いつもご飯を食べる前に果物を食べるのですが、なんと言ってもメロン4分の1ですから、
ご飯食べる前に危うくお腹いっぱいになるところでした。
実際かなりなったのですが、そこはそれ、おふくろの味ですよ。
さすがのメロンも、おふくろの味には敵わない。

081223-3.jpg

キミは食べたらダメよ。
寒い北の夜
2008年12月18日 (木) | 編集 |
081218.jpg

「あ、ねこちゃんだ」

駐車場を歩く茶トラの猫に気付いたのは、でめきんを運転していたヒデでした。

確か一昨年。
駐車場の車の下に、茶トラの親子。

「もう大人だったよ。結構大きかった」

あの時に出会った、誰かかな。

今日の札幌は雨が降る暖かい1日だったけど、夜はずっと冷えてきて、
お店から帰る頃、雨はみぞれになろうとしていました。

寒い寒い北国で、野良猫のことを考えるのは、つらい。
かける言葉も、見つからない。

私はせめて、3匹に何の不安もない穏やかな時間を。
あっちには
2008年12月16日 (火) | 編集 |
ユメ・・・

081216.jpg

なに見てんの?
小さな太陽と大きな地球
2008年12月14日 (日) | 編集 |
081214.jpg

自宅から見る空が好き。
特に夕方。

夕方と言っても、3時半の空。

今はもうすっかり雲に覆われて、
街の明かりが輝きを増しています。
仮面舞踏会
2008年12月13日 (土) | 編集 |
震えた・・・

真央ちゃんの演技が始まってから、言葉も出なくて、震えてました。
お前が震えてどうするんじゃーと思いましたが、すごく緊張した。
あんなに楽しみにしていたのに、酸素足りないぐらい緊張してました。
涙も出なかった、緊張しすぎて。

優勝が決まってインタビューに答える真央ちゃんの、
あまりに冷静な様子に、不思議な感じがしました。
真央ちゃんはどこを見つめているんだろう。

男子で2位になった小塚選手と真央ちゃんの、滑る時の表情がすごく似ていて、
「攻める」ってこういうことなんだと若い2人を見て思いました。

キム・ユナ選手に勝ったーとか、韓国で勝ったーとか、
そういうちっちゃいことを思っていては恥ずかしいような気持ちにさせられます。
出来るだけ思わないようにしてたつもりなんだけど。
思わないようにっていうか、緊張しすぎて何も考えられなかったというか。
だから私が緊張してどうするんじゃーなんですけどね。

真央ちゃんの優勝はとても嬉しいんだけど、
なんだろ・・・
上手く言えないんだけど、ものすごい瞬間に立ち会おうとしている気がする。
これは終わりじゃなくて始まり、まさにそういう・・・
ちょっと怖い。

まさに、仮面舞踏会。


『仮面舞踏会』


真央ちゃん、ニーナの霊にとりつかれたりしないよね・・・
グランプリでファイナルな月の光
2008年12月12日 (金) | 編集 |
真央ちゃんよかった。
グランプリシリーズフランス杯、NHK杯、ファイナル。
今日ファイナルの月の光が1番よかった。
きれいだった。

私はフィギュアのことはそりゃもう全くの素人で、
今シーズンから少しずついろんな言葉とかを覚えるようになったぐらい素人で、
なんだか去年、本気で北海道日本ハムファイターズを応援するようになって、
選手のプロフィールはもちろん、いろんな野球用語を一生懸命覚えていたあの頃を
思い出すような今年のフィギュアシーズンだなあってぐらい初々しい素人で、
だから、採点の仕方とか点数の出方とか、そんなのサッパリ分かりませんよ。

だから、今日キム・ユナ選手の方が真央ちゃんよりちょっと点数良かったのは
素人の私にはなんでかよく分かりません。
とりあえず、ユナ選手の隣にいたコーチの印象は、私の中でかなり悪いです。
それもいろいろ勉強した中で身についてしまった感情なわけです。
そして、真央ちゃんの演技の後、おなかいっぱいな顔している真央ちゃんのコーチ
タラソワさんを見て、私はなんだか幸せ気分になります。

フィギュアは知らないけど、月の光は知っているし、ちょっとダンスもやっているので
私はそういう要素からいつも演技を見ています。

今日の真央ちゃんは、すごく体が伸びやかで美しかったです。
そして、今までで1番曲に動きがあっていたと思います。
何かのジャンプをした後、バレエで言うところのアラベスクみたいなポーズで
腕をスッと伸ばすんですが、そこがもうあまりにも曲にあいまくっていて、
思わずハッと息をのんで、なんていうか、とにかくやられました。

滑るほどに、真央ちゃんの持つふわりとした軽やかさがどんどんあふれてきて、
月の光の精が氷上を舞っているようでした。
そういう意味で個人的には、ステップにも激しさの中で軽やかさがもっと見たいな、
な~んて勝手に思ってしまいたくなるぐらい、見ている方の創造力をかき立ててくれる
とても魅力的な演技でした。

あ~いいもの見せてもらった。私もおなかいっぱい。

明日にはグランプリシリーズの最終結果が出ます。

もちろん真央ちゃんに優勝してもらいたいけど、
今1番の気持ちは、明日も素晴らしい仮面舞踏会を見せてもらいたい、これです。
その先にご褒美で、きれいな色のメダルが届けばサイコーだけど、
それ以上に真央ちゃんの仮面舞踏会が見たくて仕方がありません。
結果ではなく、彼女の演技に期待がいっぱいです。

挑戦する人って、本当に美しい。

ちなみに、今日見た試合の中で1番興奮したのは、
男子の小塚選手でした。
テレビのこづくんに向かって手を振っている自分に気づいた時は
思わず引いちゃいましたよ。自分に。
明日は、まるで部屋着のような衣装で恋するロミオな小塚くんに会えるんですね。
最初は衣装忘れたのかと思って一体どうしたことかと泡食ったけど、
あれはあれで慣れてくると面白かったりするので、楽しみです。
こづくんもガンバレー!
シアワセ?
2008年12月10日 (水) | 編集 |
あら、ハーちゃん。

081210.jpg

なにか嬉しいことでもあった?
誕生日に思う
2008年12月09日 (火) | 編集 |
081209-1.jpg

今日、37才になりました。

スミマセン。
今まで誕生日のたびに21才だなんてウソこいてました。
騙すつもりはなかったんですが、21才でもいけるかなーなんて。
んなわけねーだろと、今全世界から何か聞こえてきたんだけど、気のせい?

今日、突然カミングアウトしたくなりました。

21才だなんて言ってたけど、本当の私は37才でした。
なんて言って、実は42才。
いやいや、ホントに1971年生まれ亥年のリアル37才です。
射手座で亥年なんて、まさに私を表す星座と干支。気に入ってます。

37才の私は、素の自分で生きてみたいんです。

なんていうか。

心も体もすっぴんで、そんな自分をみんなに見てもらえるようになりたい。
ありのままの自分を表現できるようになりたい。
これが、37才になった私の中にふわっと生まれた気持ちでした。

だから、もう21才も卒業。

今、とてもいい気持ちです。

ただ、自分の趣味でやっているブログに自分の実年齢を載せただけ。
本当にただそれだけのことなんだけど、なんだかすごくいい気持ちです。
心が軽い。
だから体も軽く感じる。
気持ちいい。

こういう気持ちよさとか潤いみたいなものを、
少しずつ、いっぱい、自分の中に育てていきたい。
なんでか知らないけど、今日本当に突然そう思ったんです。

自分が自分であるために。
自分らしく。

ポジティブなことも、ネガティブなことも、
全部やわらかく受け入れて、全てをいつくしめるようになりたい。

すごく楽しみ。
なんかあたらしい自分に出会えそうな気がする。


081209-2.jpg

さやぼんさんからお祝いのケーキをいただきました。
さすがさやぼんさん。
私の1番好きなモンブランと2番目に好きなガトーショコラですよ。

ケーキの喜びもさることながら、誕生日を覚えてくださっていたことがとても嬉しかったです。
私の知らないところで、私のためにさやぼんさんの大切な時間を分けてくださった、
そのことがなにより私は嬉しくて、感謝の気持ちいっぱいです。
でもケーキも嬉しい。えへへー。

高校の同級生と、同じく高校の時よくしてもらった先輩からお祝いメールをもらいました。
私は自分の気持ちにまっしぐらに生きてきたので、友達はとても少ないです。
そんなまっしぐらな私と20年も付き合ってきてくれた、大切な友達にも感謝です。

今日いただいた幸せ、今度は私がお返しする番。
かなりふつつか者度が高くてあぶなっかしいけれど、
幸せはひとりじめするものじゃないから。
忘れないでね。
ハイ。

誕生日って、お祝いしてもらう日じゃなくて、
みんなに感謝する日なんだな。
今年は特にそれを実感する。なんでかな。

37年、素晴らしい時間を、みんなありがとう。
ユメの得意技
2008年12月08日 (月) | 編集 |
飛びつきだっこ。
081208.jpg

というより、飛びついてよじ登り。

ヒデ曰く、爪を引っかけてよじ登ってくるから怖いとか。
飛びつきだっこもあれば、飛びつきおんぶもあります。
今日は飛びつき腕も初披露してくれました。

うらやましい・・・
私には足に爪とぎしかやってくれない・・・

ヒデも怖いって言いながら、嬉しそうじゃん。

いいなあ。
ケーキはないけど
2008年12月07日 (日) | 編集 |
「今日は何の日か知ってる?」
「知ってるよ」

今日は、ヒデと私が、お互いの人生を決めた日。
入籍記念日とか、結婚記念日とか、開店記念日とか、
そういうのに比べると非常に地味だけど、
この日があったからこそ、今こうして2人と3にゃーの幸せがある、
そんな日です、今日は。

1990年代最後のこの日の、ヒデの決意と私の決意に、
21世紀の私は心からの拍手を送ります。

エライ!よく決めた!

ケーキを食べてお祝いしたわけでもないし、
最近ヒデは自称絶食しているし、
私は明日の歯医者の予約忘れず入れなきゃと思ってるし、
別にブログでアピールすることでもないんだけど、
あまりに普通に終わるにはもったいなかったから書いちゃった。

ケーキはクリスマスまでガマン!

081207.jpg
「何のハナシ?」
好きです
2008年12月05日 (金) | 編集 |
「離れたくないほど大好き」
081205-1.jpg


「ううん、もう離れない」
081205-2.jpg


大好き。

大好きトマト。

いろんな意味で、ごちそーさまー。
期待しています
2008年12月01日 (月) | 編集 |
フィギュアスケートグランプリシリーズ、昨日NHK杯が全て終了し、
残すはいよいよ2週間後の韓国でのファイナルのみとなりました。

今、私の頭の中では、ハチャトゥリアンの『仮面舞踏会』がぐるぐるしています。
真央ちゃんの演技を見た後は、しばらくこのぐるぐるが続くのです。

ぶんちゃっちゃ ぶんちゃっちゃ ぶんちゃっちゃ ぶんちゃっちゃ
た~~~らららら~~~~~~~ た~~~らららら~~~~~~~

ワルツって難しい。
バレエのレッスンでもタップのステップでも、ワルツって難しい。
体にリズムが浸透しないというか、呼吸の合わせ方がしっくりこないというか、
私は祭囃子を聞くと血が騒ぐんだよというか、貴族の生まれじゃないんだよというか、
そもそも「ぶんちゃっちゃ」と「たらら」で表現している時点で、既にアウトですな。

そんな私のワルツ感は置いといて。

SPでは、見ている側の緊張を忘れさせるぐらいの緊張が見受けられた浅田真央選手。
FSではフランス杯のあの人は誰だったの?というぐらい、のびのびと滑っていました。
解説荒川さんの「別人ですね」の言葉に、首がもげるぐらい頷いていました。
すごく良かった!

けど、当然浅田選手はまだ上を狙っている顔をしていたので、
私もどこまでも彼女の向上心についていきたいと思います。
本当は、どこが良かったなにが良かったと興奮のまま書きつらねるつもりでしたが、
いざ活字にしようとすると言葉が浮かんでこなくなり、その結果がぶんちゃっちゃ論・・・
だから今は、「期待しています」とだけ。

NHK杯で、ひとりお気に入りの選手ができました。
アメリカのアシュリー・ワグナー選手です。

昨シーズンのなんだかの大会で、シニア初参戦してノーミスで滑り終わった後、
嬉しくて飛び跳ねていた無邪気なアメリカンガールって印象だったあの女の子が、
すごく美しい女性に成長していたのに、心から感動しました。

真央ちゃんのひとつ下の17才。
持ち味のエネルギッシュな要素に加え、しなやかで優雅な女性らしさを身に着けていました。
音のとらえ方とその表現の仕方がとっても上手くて、今季のショートとフリーのプログラム、
どちらも雰囲気が全く正反対の作品なのにどちらも彼女に合っていて、素晴らしかったです。
応援してるよー!

それにしても、フィギュアを見ていると、
『表現する』とはどういうことか、勉強になります。
何をどうすれば何がどのように観客に届くのか。
競技と娯楽の違いこそあれ、その部分はダンスと同じだなあと。

中野友香里選手や韓国のキム・ユナ選手のような、顔の表情でも魅せる演技、
浅田真央選手のような、体の表現で魅せる演技、
私はどちらもアリだと思います。

確かに、顔の表情は人の心をつかんで離さないところは大いにありますが、
例えば真央ちゃんの『仮面舞踏会』のように、肉体の表現だけで
充分訴えてくるものがあれば、それはそれですっかり心奪われます。
だから私は、真央ちゃんに無理に「表情つけて」とは思わないし、
技術が足りない分を顔の演技で補うってことはあるでしょうが、
少なくとも、この記事で名前を出した4選手に関してはそんなことはないですし、
タイプの違うふたつの表現の仕方があるんだなと、ホント勉強させてもらっています。

そうか。
私は、造形ではなく、存在の美しい女性が大好きなんだ。
なるほろなるほろ。

期待してます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。