自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひさしぶりっ
2008年06月27日 (金) | 編集 |
びよ~ん!

080627.jpg

手が伸びた。

「ボクのことも忘れんなよっ」

忘れてないよ。いつも
「お風呂のお湯が飲みたいんですけど」
って催促にくるじゃん。
スポンサーサイト
いとしのジミー・スライド
2008年06月23日 (月) | 編集 |
好きなタップダンサーは誰ですか?

そう聞かれたとき、私は次の人物を答えます。
「ドナルド・オコナーと、ジミー・スライドです」
ジミー・スライドが、先月他界されました。

今日、お師匠から借りたジミー・スライドの来日公演のビデオを観ました。
私その頃東京にいて、でもタップより芝居が活動の中心で、
もちろんジミー・スライドの名前も存在も全く知りませんでした。

彼を初めて見たのは、1番長くタップダンスを教わったインストラクターの自宅ででした。
何かの舞台のビデオで、ステージに上がる直前、舞台の奈落からカメラに手を振る姿に
「今から舞台に出る人とは思えない」と思ったのを覚えています。
おちゃめで、そしてとっても穏やかな表情で。

その後ステージに飛び出した彼のステップを見て、生まれて初めて
「こんな風に踊りたい」と思いました。

「スライド」の名の通り、ステージ上で滑るようにステップを踏む様子は
私が今まで見たことのないタップで、でも、それ以上に心に響いてきたのは
まるでおしゃべりしているような、彼の軽やかなで楽しいステップでした。
「こんな風に踊りたい」

今日、ヒデと一緒にビデオを見ながら、
多くのタップダンサーが彼を慕っている理由が本当によく分かりました。
彼はタップを愛し、人を愛し、タップを通して世界を愛していた人なんだと思います。
ジミーのステップを見ていると、とても嬉しくて幸せな気持ちになるのです。
ジミーのタップは、ジミーそのもの・・・

最近、少しタップに対するモチベーションが下がってきていました。
理由はいくつか考えられますが、私にとってこの状況は悲しいことでした。

そんな私に、天国からジミーがささやいてくれました。
「ほら、タップはこんなに楽しいんだよ」

世界にはたくさんのタップダンサーがいて、その中で私の存在はとても小さく、
しかしジミーはそんな私にさえも、愛を注いでくれたような気がします。
大切な何かを、少し教えてもらったような気がします。

日本を代表するタップダンサー熊谷和徳さんのブログに、ジミーのことが綴られています。
JIMMY SLYDE FOREVER
日本でも有名な彼の出演作の動画がYou Tubeから見られます。
多くのタップダンサーのブログにも、ジミー・スライド追悼の記事が載っていました。

私は、追悼ではなく、ジミーの存在と愛に感謝をこめて、
これを読んでくれているみなさんと、未来の自分と、そして天国のジミーに
この記事を届けたいと思います。

080623.jpg

タップ好きだ。
エコトレーニング
2008年06月22日 (日) | 編集 |
2週間前のお休みの日曜日。
ヒデと苫小牧のトヨタ自動車工場へ、JAFのエコトレーニングを受けに行きました。

エコトレーニングとは、車から排出される二酸化炭素の量を減らすために
燃費の良い運転をするにはどうしたらよいかを学ぶ、実技と座学の講習です。
JAFの会報誌『JAFMaTe』でエコドライブは良く取り上げられるので
JAFMaTe愛読者のワタシには「改めて」な情報がほとんどでしたが、
机について講義を受けると、気分新たで脳が活性化されました。

20分ほど座学を受けた後は、お待ちかねの実技その1。
今回使用した車は、トヨタカローラ。
わー!オートマ車じゃん!!どうやって運転すんの?!

教習所のAT車講習で運転して以来、5年ぶりに乗るオートマ車です。
エコトレーニングの前に、オートマ車トレーニングですよ。
左足があるはずのないクラッチペダルを探したり、
左手が必要のないギア操作で宙を彷徨ったり、
「なんでアクセル踏むだけで動くのー!」の世界で超不思議感覚です。
これで私のオートマ歴は2日になりました。

トヨタの試験場コースを使っての実技走行です。
「普段一般の人は入ることがなく、自分達も初めてなんですよ」
トレーナーのJAF隊員さんの言葉を聞いて、興奮レベル鼻血ブー寸前。
「ここで世に出る前の車の試験走行とかが行われてるんだ・・・」
もう、想像しただけでクラッと酸欠ですよ。ステキー!

実技その1は、普段通りの運転をして燃費を計測してみましょうというもの。
AT車の時点で全く普段通りではないのですが、とりあえずハンドル握って
アクセル踏んでレッツラゴー。やーなんでこんな簡単に動くの?

燃費計測の後は、再び座学です。
ここで、燃費が良くなる走行方法を詳しく学びます。
やっぱりほとんど知っていて既に自分なりに実行していることでしたが、
坂道に入る前に少し加速する方が燃費が良いというのは、初めて知りました。

低燃費走行の方法を学んだ後は、実技その2です。
先ほどの講座で学んだエコドライブの方法で、燃費を計測してみます。
私は6号車に乗車する3人の受講生の中で最後の走行。
人を意識するとハチャメチャになるので、ゆったり静かな後部座席に身を沈め
苫小牧の風を感じてしばしセレブ気分を味わっていました。

さて、実技が終了した後は、みんながお待ちかね計測結果発表です。

通常運転とエコドライブ、全体の改善率は、
ヒデは12.6%、私は10.9%でした。
なんだーヒデの方が改善されてんじゃん~ですが、違います!ぢがいまず!

通常運転とエコドライブ、その燃費を見てみると、
ヒデは通常11・9km/L がエコ13.4km/L 、
私は通常13.7km/L がエコ15.2km/L ですから
ヒデのエコドライブ<私の通常運転というわけで、
やったー!私の勝ちー!
ま、勝ち負けじゃないですからね。

発進時のふんわりアクセルや一定速度の走行、停止時早めのアクセルオフは
普段から意識していることなので、その結果が出たんだと思います。

今回のエコトレーニングで強く感じたのは、エコドライブ=安全運転ということ。
燃費の悪い急発進・急加速・急停車は、危険な運転でもあります。
エコドライブを心がけることは、そのまま安全運転にも繋がるんですね。
なおかつ燃費が良くなれば、お財布にも優しいってことだし、
なーんだいいことばっかり!

北海道で暮らすのに、車は必要不可欠な気がします。
いつか要らなくなる時も来るでしょうが、今はなくてはならない存在です。
まだエコドライブの存在を知らなかった5年前、教習所で教官に
「同乗者に優しい運転を」と言われました。
これも、結局はエコドライブに結びつくことなんですよね。
車は便利だけど、同時にたくさんの問題も抱えています。
だからこそ、日常ハンドルを握る者として、私はこれからもエコドライブです。

080622.jpg

アップダウンダウン
2008年06月21日 (土) | 編集 |
小さなイヤだなが積み重なって、気分が下降気流に乗っています。
昨日ちょっと上がったかなと思ったけど、最後でまた下がっちゃった。
上がったり下がったり。上がったり下がったり。
低いところで上がったり下がったりしているから、上がっても持久力がなくて
ちょっとのことで簡単に降下します。

こんな時、私は明るいことや楽しいことを考えません。
気分に任せて、アップダウンアップダウンたまにアップすぐにダウン。
ずーっと「イヤだなあ~」って思いながら、たまに訪れる嬉しいに
コソッと生きている喜びを感じてみたりするのです。

今日は、ちょっと楽しいことでも考えてみようか。

うーんと・・・

ああ、そうだ。今日は夏至です。
1年で1番長い時間、太陽が地上に姿を見せてくれる日。
私は夏至に、冬の訪れを感じます。
明るい時間が今日を境にどんどん少なくなっていくんです。
すごく寂しい。
早く冬至にならないかな。

ほらね。
ちゃんと下降気流に乗ってますよ。

でも、ちょっと嬉しいこともありました。

今週のねこ村パン屋は、私に負けず劣らず急激な急降下でした。
今日もダメだったらどうしようと思っていたけど、
今日は普通の土曜日ぐらいいっぱいパンが売れました。
ヨカッタ。

いいんです。
ヒデとねこたちがそばにいてくれるから。
上がっていても下がっていても、基本、私はシアワセです。
オンとオフ
2008年06月16日 (月) | 編集 |
しばらくねこ村をお留守にしていました。

パソコンのACアダプターが接続不良で使えなくなってしまい、
アダプターが届くまでの数日間、アナログ生活を送っていました。
届いてからの数日間も、そのままアナログ生活を送っていました。

アナログ生活もなかなか快適でいいですね。
パソコンが使えないのは、仕事で少しだけ不便でしたが。

アナログ生活を送っていて感じたことは、
インターネットは凄まじい量の情報を持っているということ。
この小さく薄っぺらな箱はその中に、こちらが望む望まざるに関わらず、
時に吐き気を覚えるほどの情報を蓄えいるのです。

自分がその世界にいるときは感じなかったこと。

そこから離れて、何もせずただ心地良く座っている時間に身をゆだねると、
パソコンの前に座っていた自分に、余裕の無さを見たような気がします。
同じ1時間でも、パソコンの前の1時間は驚くほど早く過ぎ、
ソファーの中の1時間は身も心もゆったりとして、
ああ、こういう心地良さを、私は忘れてはいけないなあ、と・・・

私はまだ、インターネットと上手に付き合えていないんだと思います。
距離の取り方とかバランス感覚が、まだまだ未熟なんです。

そうだなあ。
付きすぎず、離れすぎず。
少しずつ。
インターネットの存在で、広がる世界や潤う心もあるわけで、
それはそれで、私にとってはやはりとっても大切なものでもあるわけだから。

バランス良く。楽しく。
どうぞよろしく。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。