自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋に舞台
2008年05月30日 (金) | 編集 |
10月に、またタップの舞台があります。今、その振り付けを考えています。
私が振り付けを考えるってことは、10月の舞台は、私が教えている
ねこ村パン屋タップダンス教室の発表会ということなのです。

ノンノン。
正しくは、某ダンススタジオの発表会に参加させてもらいます。
3年前に初めてご一緒させていただいて、また今年もと誘っていただき、
生徒さんに聞いたら「出る」、じゃあみんなで頑張ろうかと。

振り付けを考えていて、ちょっぴりタイヘンな気持ちです。

もう少し、いろんなステップが出来たらなあ・・・

みんなできるステップがあまりにも少なすぎるので、
曲を聴いていて、「お、このリズム」とか「お、このステップ」とか浮かんでも
「あーでも速すぎるか」とか「あーでもできないか」でサヨウナラ。
これは指導者の私の責任でもあるので、苦しいところです。

どうやったらみんなもっとステップが踏めるようになるんだろう。

ってことを、でも、今考えても仕方ないんですよ。
舞台は10月に迫っています。悠長に何かを待ってもいられません。

出来ることを最大限やる。
願わくば、発表会に向けての練習でその最大値を少しずつ上げてみる。
でも、必要以上の無理はしない。
ステップや動きに振り回されるような振り付けは、私好みではありません。
かと言って、ユルい振り付けにするのも気持ち悪いので、
ちょっとだけチャレンジ精神も持って、いろいろ試しながら進めようと思います。

ただし、無理だと思ったらスッパリ切って別の道を探します。
大切なのは、本人が舞台で楽しく踊れること。
そして観ている人が楽しい気持ちになれること。

生徒さん、参加を決めてから目の色変えて練習に励んでくれています。
その気持ちに私も応えたい。
今回初舞台の生徒さんもいます。
少しでもたくさん、楽しい記憶になるようにしてあげたい。
私のタップ初舞台がそうであったように。

ヨシ!悩みながら頑張るぞ!!!

080528.jpg

ちなみに、9月にもタップの舞台があります。
こちらは通っているダンススタジオの発表会で、私は踊るだけ。
曲も1曲だけなので、4月のライブに比べたらずっとラクチンオッケーです!

そして10月の舞台は私も出て踊るのですが、
ポコよしちゃんと組んだダンスユニットのデビューでもあるのです!
こんなに早く人前で踊ることになるとは夢にも思っていませんでした。
いやあ~面白くなってきた!
スポンサーサイト
家族の風景
2008年05月28日 (水) | 編集 |
080526-1.jpg
小さな姉妹と小さな桜の木と

080526-2.jpg
いつもこうして

080526-3.jpg
ピース!

080526-4.jpg
少しだけあの頃気分

080526-5.jpg
繋がっている 見えない糸で

080526-6.jpg
もちろん、家族!





080526-7.jpg  しあわせ!
大沼に行ったんです
2008年05月25日 (日) | 編集 |
大沼に行ったのに大沼を見ないで帰っては、
大沼だんごのために5時間半かけて大沼に行ったみたいなので、
半分ぐらいはその通りとはいえ、大沼もちゃんと見てみました。

080525-1.jpg
おーいヒデ、沼はそっちじゃないよー。

わき道の先に小さな沼があって、ヘラブナがいるよと教えてくれました。
ゆらあ~んと動いて、ゆるう~んと方向転換して、ぬらあ~んと去っていって。
警戒心の強いヘラブナがこんなに近くにいることは珍しいんですって。

080525-2.jpg
とっても小さな虫の背中には、無限に広がる大きな空が映っていました。

080525-3.jpg
お日さまに向かってコーラス3人娘。お客さんもいます。

080525-4.jpg
こちらはお洒落にグリーンのレイ。似合ってるよー。

080525-5.jpg
そんなところで寄り添って、ふたりで何を語っているの?

080525-6.jpg
花火のような鮮やかさ。踏まれても真っ直ぐの力強さ。

沼を見に行くのに、寄り道いっぱいでなかなか先に進みません。
『いんでないかい北海道』のezomomongaさんが、ご自身のブログでよく
「なかなか前に進みません」って書かれる、あの気持ちがちょっと分かった瞬間。
私は、虫は虫、花は花としか分からないので、まだ進みは早い方かな。

そしてたどりついた沼は、名前の通りあまりにも大きくてまるで湖のようで、
明るい日差しを反映させる水面からは、霧のような煙が立ち上がり、
近くにそびえる美しい山々は、空に溶け込みそうにかすんで浮かび、
つまり、大沼が納得してくれるような大沼の姿を写真に収めるには
私の技術はあまりにも未熟だったということです。

せめて雰囲気だけでも・・・

080525-7.jpg
わたしの寄り道紀行。
ふれあい牧場 その2
2008年05月23日 (金) | 編集 |
ふれあい牧場では、ウサギ小屋に自由に入ることが出来ます。
小屋の中には、たくさんのウサギちゃんたち。

080523-1.jpg
「はあ~お日さま気持ち良かね~~~」

毛色だけじゃなくて伸び具合もハナみたいなウサちゃん。
白いウサギと黒いウサギだー。

080523-2.jpg

白黒鉢割れ、トキ発見!靴下もはいています。
隣の黒ウサギちゃんは、この小屋の中で1番小さいコでした。
黒いウサギは日陰がお好き?

080523-3.jpg
「見い~~~たあ~~~~~なあ~~~~~~~~」

見たよ。
そういう所でそうやってコッソリ食べるの、ユメにそっくり。
気配を消しても分かるんだよー。

たくさんのウサギちゃんが食べたり伸びたりダッシュしたりする中で、
私の心をガッチリつかんだキングオブウサギの彼はコチラ。
080523-4.jpg

この毛の伸び具合、さりげなく揃えられた両手、くつろいでいるようで隙のない姿、
そしてなんといっても鋭い眼光、コレですよ。ご覧下さい。

080523-5.jpg
「オジョウチャン、ウサギを可愛いだけの生き物だと思っちゃあ、いけねえぜ・・・」

キングオブウサギです。
カメラを向けても微動だにせず、しかし常にコチラの動きを察知していて、お手上げでした。

それにしても・・・
なんだかんだでウサギってフワフワしてまるっこくてネコみたいでかわいいけど、
「どうぞお食べ~」とかなり好意的に差し出したニンジンやパンの耳を
「よこせオラ!」って奪い取るんですよ。しかも、あげるウサギあげるウサギみんな・・・
あんなに可愛いのに、食べ物がかかるとヒト、もとい、ウサギは変わってしまうのでしょうか。
すごくショックでした。
ふれあい牧場 その1
2008年05月21日 (水) | 編集 |
オニウシ公園を後に向かった先は、今回の目的地 『大沼』 です。

何はさておき大沼と言えば大沼だんごを今回も抜かりなく購入し安心し、
さあお昼ごはんをどこで食べようかと、大沼をぐるりと回っていたら
『緑のオアシス ふれあい牧場』 発見。

080521-1.jpg

おー。ヤギだー。ヒツジだー。
「おーい」と、社交辞令程度の軽い気持ちで声をかけたら、

080521-2.jpg
「ハイ?ナニ?呼んだ?どうした?」

ずいずい近寄ってくるヒツジちゃん。
「うわーごめん!ただ呼んでみただけでした、ごめんなさい」
生まれて初めて、ヒツジに謝った瞬間。

車も止められるし、ヤギやヒツジと一緒にここでお昼にすることにしました。
愛車でめきんの中で、前日の夜から用意したおにぎりやおかずを広げていると
カラスが牧場内の池にさーっと降りてきました。
「何かくわえてるよ」

人間って不思議ですね。
その気がないのに確かめようとしちゃうんですよ、カラスが何をくわえているか。
「あーなんかリアルにねずみっぽいね・・・」
ねずみっぽいで終わらせればいいのに、最終確認までしようとしちゃうんですねえ。
「あーやっぱりねずみだわー・・・」

のんびり草を食むヤギやヒツジと、リアルにねずみをランチ開始なカラスを目の前に、
私たちも地球に生きる動物の一員として、お弁当を食べたのでした。
美味しかったっす。

さて、お昼ごはんの後はふれあいです。
スティックニンジンと食パンの耳を100円で買って、ふれあい度アップを計りましょう。

080521-3.jpg

ポニー!
ニンジンも美味しいだろうけど、キミのその表情の方がオイシイよ!

080521-4.jpg
「ちょーだいちょーだい」

ヤギやヒツジの目って、横向いててちょっとビミョーな感じがしていたんですけど
こうやって見るとおじいちゃんが笑っているみたいで可愛いですね。
ヤギはヤギでも1頭ずつちゃんと個性があって、積極的に貰いにくるヤギもいれば
「・・・にこっ」と遠くで微笑んでいるだけのヤギもいて、人間と一緒だなあ。

080521-5.jpg

でめきんを止めた場所に、こんなのぼり旗が立っていました。
「搾りたて牛乳あります。」
っていいながら、ちょっとはにかんでいるウシちゃんは、とってもキュートでした。

で、ウシはどこにいたんだろう・・・?
オニウシ公園
2008年05月20日 (火) | 編集 |
この時期に、まさかお花見が出来るとは・・・!

080520-1.jpg

森町の『オニウシ公園』 、道の駅『YOU・遊・もり』の奥に広がります。
去年初めて函館ドライブしたときには、全く意識に入らなかったこの公園。
今年は本当に花に呼ばれ、吸い込まれるように入っていきました。

080520-4.jpg

たわわに実る、関山という八重桜。
札幌でも、今この桜が咲いているのをよく見かけます。
関山、カンザン。ひとつ、桜の名前を覚えました。
そうそう。印象深い名前に「雨宿」という名の桜もありました。
まだ若い木らしく、アマヤドリするにはちょっと不向きなところがまた可愛かったです。

080520-3.jpg

この見事な枝ぶり!
私が子供だったら、間違いなく登ったでしょう。
子供の頃から木登りなどでよく木に遊んでもらっていた、その記憶がウズウズ騒ぎます。
今も見ているだけでドキドキしています。木、大好き。

080520-5.jpg

白い桜も数本咲いていました。
名前は忘れたけれど染井吉野かなあ。ほとんどの染井吉野は緑に変わっていたけれど。
桃色に白色、幼稚園の運動会を思い出します。私はモモ組。

080520-6.jpg

桃と白と、それから赤も。
ツツジと、春に紅葉する紅枝垂でしょうか。ベニシダレも今回初めて覚えた呼び名。
もちろん、瑞々しい新緑と広々と豊かな芝生の緑も鮮やかです。

080520-2.jpg

広い園内を散策して、ちょっと体は冷え気味ですが、それでもずっと見ていたい桜たち。
園内を散策する人々も、その美しさに遠慮なく感嘆の声を上げていました。

全く予定に入っていなかったけど、しっかり心に刻み込まれたオニウシ公園。
名残惜しかったけど、まだドライブは途中なんです。
目的地は、もうちょっと先・・・
2008初長距離ドライブ
2008年05月19日 (月) | 編集 |
昨日は、今年初の長距離ドライブに出かけました。

080519-1.jpg

青空広がる中山峠。時刻は午前10時半過ぎ。
先頭を走る消防車が大名行列(プチ渋滞)を作っています。
働く車が大好きな私としては、この大名行列はなかなか嬉しいものがあります。
後ろの車は、追い越したくても追い越せないのでジリジリしていました。

080519-2.jpg

中山峠の頂上にある道の駅『望羊中山』から望む羊蹄山
小さな富士山みたいで、とても美しい姿をした綺麗な山です。
そういえば、札幌には小さな東京タワー『テレビ塔』もありますね。
大きい北海道に、日本を代表するもののミニチュアがあるみたいで面白いです。

080519-3.jpg

峠の山々は赤黄緑と美しく彩られ、
・・・え、赤?
本来なら、新緑のシャワーをいっぱい浴びられるであろうこの季節、
なぜか周りの景色は、まるで秋の訪れを感じされる色彩になっていました。
少し前、『Life is good!2~大空の下で~』のkutchiさんから紅葉情報が入っていましたが
本当だ、山の景色も春というより初秋に近い様子を見せています。
夏と冬が先の1週間ぐらいで交互にやってきた北海道、木々も大わらわです。
ちなみに今日の札幌は冬モードです。さむかー。

中山峠を越え、洞爺湖サミットの洞爺湖町から海へと向かう抜け道に入った途端、
どこか違う世界にいざなわれそうな怪しげなモヤが、そして視界が開けたその先の世界は、
曇ってました・・・やっぱり違う世界につれてこられた?

080519-5.jpg

函館本線を右に、どんよりとしたお天気の中、海沿いの道を函館へ向かって進みます。
時速80キロぐらいで運転していましたが、電車は更に速かった。
「待ってー!待ってー!」とカメラを構えているうちに、ぴゃーっと姿が見えなくなりました。
あーん、電車好きなのにー。

ずんずくずんずく愛車でめきんを走らせ、今回2つ目の道の駅『YOU・遊・もり』に到着です。
当初はちゃらっとトイレ休憩だけの予定でしたが、綺麗な花がなにやら呼ぶではないですか。
ファイターズの試合も始まっていましたが、呼ばれたならば行かねばです。

080519-4.jpg

この黄色い花が手招く向こうに、まさかあんな幻想の世界が待っているなんて、
この時は夢にも思っていませんでした。
猫模様
2008年05月13日 (火) | 編集 |
080513-1.jpg
「あの、ちょっと聞いてほしいことがあるんだけど」
「・・・」

080513-2.jpg
「いいよ、自分で考えるよ」
「・・・」

・・・ハナ、聞いてあげなよ。

でも、きっとトキにはそんなに悩みなんてないと思う。

誰よりも積極的にゴハンを要求するし、
誰よりも情熱的な相思相愛関係を私と築いているし、
誰よりも垂れていないお腹と、誰よりも長い尻尾を持って、
鳴き声だって目をつむって聞けばイチコロのカワイコちゃんですよ。

悩みがあるとすれば・・・
私を独り占めした時、ウットリするあまりヨダレたらすぐらい?

080513-3.jpg
「うききっ、トキってばヨダレ・・・!」

そう言うハナは、部屋中に響き渡る寝言を言うよ。

080513-4.jpg
寝顔が1番可愛いユメは、ハナのシリ枕。
どよんどよん
2008年05月11日 (日) | 編集 |
すっきりしない。

仕事が、楽しくない。

先月末、ローカル番組でお店を紹介してもらって、
おかげで今月は忙しい日々。忙しさとしては心地良いところ。
でも、楽しくない。

お客さんの顔が見れない。
心に、がっちりガード。
硬い、固い、ガード。

傷つきたくないから。

080511.jpg

この写真。

自分でも、何が撮りたかったのかよく分からない。
撮りたかったのはこれなのか?撮りたかったのか、こんな風に?
ピントも気持ちもずれている。

そんな感じ。

タップ、迷走中。
焦ってるのかな。
どこに向かえばいいのか、迷走中。

もっとシンプルに。

ふふふん。
つっても、そう上手くいかないときもあるって。

出口は多分わかってる。
あとはそこに、手を伸ばすだけ。
ぶらりおのぼりさん
2008年05月09日 (金) | 編集 |
080509-1.jpg

地下鉄の階段を上がると・・・

080509-2.jpg

おおー!テレビ塔だー!

札幌に引っ越してきて早5年。
いまだに私は、札幌中心地に行くと、気分はおのぼりさんです。
然別湖にはナビゲーションなくして1人で行ける自信がちょっとありますが、
札幌中心地は誰かに道案内してもらわないと、1人で歩ける自信はちっともありません。

野球を観に行ったあと、ポコよしちゃんと合流してハンバーグを食べました。
ヒデも一緒でしたが、案の定、目的のお店にたどりつくまでちょっとウロウロしました。
私の気分はおのぼりさんだったので、「へー」「へー」言いながらついて行くだけ。

080509-3.jpg

おおービルだー。

080509-4.jpg

おおー桜だー。

「写真シャシン」と上ばっかり見ていたら、自転車にぶつかりそうになりましたゴメンナサイ。

休みの日は、札幌を離れるか札幌ドームに行くかなので、
なかなかこうして街の中を歩く機会はないのですが、
たまにはいいですね、こうしてぶらり街歩きするのも。
いい季節になってきました。

今日は手袋が欲しいぐらい寒かったけど・・・
今季初観戦
2008年05月05日 (月) | 編集 |
昨日は、札幌ドームに北海道日本ハムファイターズ対東北楽天ゴールデンイーグルスの
第11回戦を観に行きました。私たちの今季初野球観戦です。

080505-1.jpg

ファイターズ先発はグリン、イーグルス先発は田中。
田中マー君には前回楽天のホームゲームで完封負けを喫しているし、
その前も確か負けてるし、前日のゲームはファイターズの大量得点勝利で、
・・・あれ?
あれ、なんであまり勝てる気がしないの?
大量得点した次の試合は負けるイメージが強いのは、ナゼ?
という予感が的中した試合でした。

マー君はすごかったです。
去年の「ずばっ!」「どばっ!」「しゃあこらあ!」という若さパワー溢れる印象ではなく
「頭使って投げてます」という落ち着いたピッチングで、サクサクとハム打線を攻略する、
本人も言うような大人の投球術を見せられた気がしました。
まだ選挙権も持ってなければお酒も飲めない年齢なのに・・・コワい19才です。

対するグリン。
厚澤投手コーチが「いいボールが来ているのに慎重になりすぎている」と言うように、
神経質になりすぎたのでしょうか、イライラモードが発動してしまったみたいです。
楽天山崎が2塁にいる時だったから、3回の表でしょうか。
いきなり山崎に向かってグリンが食って掛かったもんだから、大騒ぎ。
080505-2.jpg

おー日ハム戦でこんなの見ること滅多にないから、写真撮ったれ撮ったれー。
グリン1人をなだめるのに、これだけの人数。恐るべしグリン。
マウンド近くをのしのし歩いているのが楽天監督ノムさんです。
ノムさんはどこから見てもすぐノムさんだと分かっていいですね。好きです。

試合は結局1対7で楽天の勝ち。ハムの連勝も5でストップしました。
まあ、最後の最後で一矢報いることが出来たし、完封負けじゃなかったから良かったです。
そうか、グリンの調子はそんなに悪くなかったのか。
じゃあマー君を攻略できなかったことが敗因なのかな。
グリンはいつも先発の役割は果たしてくれるのに、打線の援護がなくいまだ1勝です。
去年もそういう時期があったような気がするなあ・・・
岩隈から5点も取れたんだから、マー君から取れないはずはないと思うんだけど。
次こそグリンに勝ち星を!

でも、イライラしていちゃもんつけちゃダメよ。

個人的には、7回裏の攻撃、8番キャッチャー小山の粘った粘った打席とか、
9回裏、3番田中賢介の2ベースとか5番スレッジのタイムリーで盛り上がったりとか、
ライト稲葉やショート金子誠のベテランのファインプレーとか、
外野フェンスの大きな扉が開いてしまって困惑しているレフト工藤とか、
楽天応援団でメチャメチャハッスルしている女性2人組とか、
楽しみどころはたくさんあったのですが、やっぱり勝てなかったのは残念です。
次こそマー君から勝利を!


[READ MORE...]
自分と闘う
2008年05月01日 (木) | 編集 |
080501.jpg

ハナ、自らの頬にパンチ、いやキック!

080501-1.jpg

「がふうっ・・・!」

080501-2.jpg

「シブい当たりだぜ・・・」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。