自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つたえたいこと
2008年04月28日 (月) | 編集 |
月曜日は、ねこ村パン屋の定休日。

080428.jpg

ねこ村パン屋タップダンス教室までの時間、私はタップの関連サイトを巡ります。
今日もいろんなサイトを見つけて、いろんなタップダンサーの存在を知り、
自分のちっちゃさと、ちっちゃいけれど他の誰でもない自分に気付き、
刺激と元気とエネルギーをもらったのでした。

世界は広い。でも、日本も広い。

私はまだまだちっちゃいけれど、ちっちゃいってことは、
おっきくなれる可能性がいっぱいあるってことですよ。
よろこび。


[READ MORE...]
スポンサーサイト
ちょっと地獄な1週間
2008年04月26日 (土) | 編集 |
タップのライブ、本番直前の1週間は地獄でした。

月曜日。
前日日曜の練習も帰宅が遅く、本当はタップの教えまでゆっくりしたかったのに
衣装が決まっていなくて限られた時間で衣装探し。
あっち行ってもない、こっち行ってもない、どうするベー、どうするベー。
もうダメだ、レッスンの時間だ、時間切れ。
体が休めなかったこと以上に頭が休めなくて、非常に青色な気持ちで終わる。

火曜日。
普通に朝から晩まで仕事して、閉店作業をヒデにお願いして、衣装探しの旅に出る。
この日の制限時間はショッピングモール閉店までの1時間弱。
ないものはないので、予定変更して別の角度から衣装探しを開始。
幸いあれとこれと欲しいものが程よく見つかり、よし!帰るぞ!
と思ったら、行きなれないお店で駐車場にたどり着けず、店舗内を彷徨うこと20分。
無駄な時間にドロリと疲れる。
その後、リサイクルショップで最終アイテムゲット。この時点で夜10時半過ぎ。
衣装を着けたらすごくイカスので、もうこれでダメだとは絶対言わせないぞと強気で終わる。

水曜日。
普通に朝から晩まで仕事して、残りの1時間と閉店作業をヒデにお願いして、練習に出る。
本番直前なので遅くまで練習はしないとは言え、全体練習開始が午後9時半。
とりあえず8時頃からアップを兼ねて自主練するも、体が重くて動くのがキツイ。
実は、火曜・水曜と普通の仕事以外の仕事があって、休憩がほとんど取れなかった。
その原因は、翌木曜日・・・

木曜日。
普通じゃない仕事を朝から夕方までして、6時前にはお店を出て練習に向かう。
この日はなんと、ねこ村パン屋でローカルテレビの取材が行われ、
朝、昼、午後と3度にわたって、それぞれの時間帯で必要な撮影があったのだ。
詳しくはお店ブログに書いたので、そちらが分かる方はそちらをどうぞ。
もちろんそんな日なので休憩が取れるはずもなく、疲れは最高潮。
お師匠も声をかけるのをためらうぐらいの疲れっぷりだったらしい。スミマセン。

金曜日。
唯一仕事以外何もない日だったのに、衣装の直しでほぼ完全徹夜。
ただ、この1ヶ月どこを見てもこの日以外でやれる日はなく、覚悟は決めていたし
にゃーたちが付き合ってくれたのと、深夜でナチュラルハイになってきたのとで、
明け方4時まで睡魔に襲われることもなく、何とか直し終える。
しかし睡魔には襲われなかったが、自分の右手に持った針で、何度左の指を刺したことか。
敵は自分だったが、その敵のおかげで睡魔が近寄らなかったのかもと今なら思えなくもない。
いえいえ、にゃーが睡魔を追い払ってくれたんですよ。

土曜日。
ナチュラルハイが若干続き、思ったよりもしんどくない。
と思ったのも、午前中だけ。
一応バレエのレッスン行けたら行こうとレオタードなど用意して行くも、ただの荷物で終わる。
元気だったとしても、間違いなくヒデストップが入っていたでしょう。
明らかに目の下にクマが出来ているし、頬はこけ体はやつれ、そんな私を支えるのは
「明日でやっと解放されるんだ・・・」という、妙に後ろ向きな希望のみ。
衣装や荷物の整理に予想以上の時間がかかり、結局いつもどおり日付変わっての就寝。

日曜日。
朝7時過ぎにうちを出て8時スタジオ集合。
お師匠始めインストラクターの人にかけられた最初の言葉は、「大丈夫?」
大丈夫です。ヒデの愛情手作りおにぎりがありますから!
リハーサルとゲネプロでは流す程度で、本番に全パワーを残す。
そして本番時の私の最大の味方、リポビタンD!
いつも飲むリポDよりちょっとグレードアップのリポビタン8Newを開演1時間前に一気。
これ、本当に効くんですよ。

と、こんな感じでした。

予定では、本番1週間前は睡眠を充分とって体調を整えるはずだったのですが
1番苛酷で1番時間に追われて1番しんどい1週間になってしまいました。
ただ疲れまくっていただけで、風邪引いたとか怪我したとかじゃなかったので良かったです。

それにしても、今回初めて今のスタジオのライブに参加させてもらいましたが、
準備段階で問題多すぎ!私が1番の新参者だから、あまり口出ししないようにと思いつつ、
口出さなければどうなってたんだと何度思ったことか。何度思ったことか。何度思ったことか。
3回言っちゃったよ。
次回こういう機会があった時は、遠慮なく口出させてもらうことにします。
もう決めた!決めたんだよー!

080426.jpg

観に来て下さった方から差し入れに頂いたチョコレート。
下の黒糖チョコもそうなのですが、どちらもROYCE'ってとこがさすが北海道ですね。
すんごい美味しく頂きました。癒されまくりました。
シンドーサン、ポコよしちゃん、ありがとう!
どこへ・・・
2008年04月24日 (木) | 編集 |
東京では、わたしぐらいタップを踊る人は当たり前にうじゃうじゃいて、
間違ってもわたしがインストラクターなんてありえない話なんだけど、
北海道で、わたしぐらいタップを踊る人ってどれぐらいいるんだろう。

ライブが終わって、時間が経つにつれ、
小さなフラストレーションが溜まってきています。

こんなんじゃない。こんなもんじゃない。
もっと高い意識で作品を作りたい。
もっとクオリティの高いものを見せたい。
これがタップだなんて思われたくない。

次にどこへ進めばいいのか、わたしはどこに向かおうとしているのか、
ライブでひとつの形を作ったことで、逆に見えなくなってきました。

お師匠は、多分北海道で1番タップが上手い人です。
お師匠のレッスンは、北海道で最高レベルです。
技術を習得するのに、今の環境はこの上なく有り難く貴重です。

出来るなら、お師匠と一緒に踊りたい。
一緒に踊ってもらえるようもっと上手くなろう。
もっと上手くなったら、お師匠は一緒に踊ってくれるだろうか。
分からないけど、今はそんなかすかな夢に希望を託しています。

なぜ、わたしはまたタップに飢えているんだろう。
切なくて、息苦しくて、これは閉塞感?

それでもわたしは、高い高い山の上を目指して登るんだと思う。

そうだね。

山の途中で見える景色が、美しいこともあればそうでないこともあり・・・
1歩ずつ登っていけば、今まで見たことのない景色が広がって、
登ることを諦めなければ、わたしにはまだ何かが待っているはず。

今は上だけ向いて、登っていこう。

080424.jpg

届かなかった20点
2008年04月23日 (水) | 編集 |
日曜のダンスライブ、ヒデの私への評価は80点。
足りなかった20点は、アコースティックギターのナンバーででした。

「なんかねえ、つまんなそうに見えたんだよね」
「ええっ?!つまんなそう?!」
「うーん、あまり笑顔がなかったし」
「あの曲はそんなニコニコ笑顔で踊るような曲じゃないでしょ」
「そうなんだけどね」
「ちょっと微笑んでたりしたよ?」
「うーん、なんかつまんなそうだったんだよなあ」

・・・そうですか。
こっちはその気じゃなくても、そう見えたのならそうなんでしょう。
見えたものが真実です。

「本当はもっとのめりこんでやりたかったんだけどさ、ソロで踊っているならまだしも
 3人で踊ってて、私1人フン~~みたいな顔して踊ってたら変じゃん。
 お客さんも引いちゃうかなあと思って、少しセーブして踊ったんだよ」
「いや、それぐらいやっても良かったんじゃない?」

言い訳、一瞬にして玉砕。
そうか・・・やっても良かったのか・・・

やっても良かったとして、じゃあやれた?

この曲は、どの曲より、ステップに自信がありませんでした。
ステップが複雑で難しいとか覚えられないとか、そういうのではなくて、
音を出すことに迷いながらステップを踏んでいたのです。
そして最後の最後まで納得できる音を出せずに、舞台は終わりました。

迷いながら音出してて、のめりこんで踊れるわけないんですよね。
ヒデにはすっかりバレていました。さすが愛の力。

この曲だけ、途中でお師匠がソロで踊るパートがありました。
「先生どうだった?」
「あー、さすがに音はしっかり出てたね」

活字では生意気な言い方しているようにも見えますが、ヒデの口調からは
お師匠への尊敬の意が感じられました。本当に、さすがだなと。
この言葉を聞いた時が、1番残念だったです。
それが、自分に向けられた言葉ではなかったから。

時間をかけて練習したし、最初に比べればしっかり音も出るようになっていたし、
コントロールも随分できるようになって、『踊る』意識もしっかり持っていたけれど、
この曲でタップダンスを表現するには、私はあまりにも未熟で、中途半端でした。

すごく悔しい。
マイナス20点。ちくちょー。

絶対もっと上手くなってやる。
もっともっと上手くなって、もっともっと納得できる音色が出せるようになって、
そんで、今回のマイナス20点分を取り返してやるのだ!

080423.jpg

で、次は次で、また別の減点が出たして~。
本番終了
2008年04月21日 (月) | 編集 |
最後部のお客さんの顔もかなり認識できる広さのライブハウスで、
不思議なほど全く緊張することなく、楽しんで踊れました。
本番、終わりました。

ヒデ発見!あ、私のこと見てない・・・
ミホチャン発見!でも足ばっか見てる~・・・
シンドーサン発見!なんか難しい顔してる・・・
タヅコサンのダンナサン発見!良かった、来てもらえたんだ!
タヅコサン発見!すごい心配そうな顔してる・・・
他の人はどこかな、どこかな。

踊っている間、ずっと見に来てくれた人を探していました。
時々他のお客さんにも目配せしてみましたが、やっぱり知ってる人の方が楽しいもーん。
残念ながら半分ぐらいのお客さんは探しきれませんでしたが、
ヒデ情報などによると、みんな見に来てくれていたみたいです。
ありがとう!

リハーサルやゲネプロで散々失敗をしでかしておいたので
本番では、見ている人には気付かれないぐらいのミスをしでかす程度で済みました。
ミスしでかさないのが1番なんですけどね・・・

緊張しなかったので、「本番、あっという間に終わっちゃったねー」感はなく
舞台上でも、出待ちでも、衣装の早替えも、リアルに流れる時間を感じられました。
約6年ぶりの舞台、ここまで落ち着いて出来るとは想定外。
その点に関しては、自分なりに価値があったかなと。

とりあえず、早く昨日のビデオだかDVDを見てみたいです。
自分がどう踊っていたかは、そういうのでないと分からないから。
見た目がどうだったか抜きにして、踊った感覚での自己採点は90点。
ステップを間違えずもっと思い通りに踏めていれば、100点満点でした。
ヒデからは80点。にゃー。
まあ、聞いて納得の80点だったので、次回はもうちょっと点数もらえるよう励みます。

個人的には、次に繋がる舞台にすることが出来たので、上出来でしょうか。

080421.jpg

もっと上手くなる。
明日本番!
2008年04月19日 (土) | 編集 |
いよいよ明日本番を迎えます。

先ほど、シューズに衣装、メイク道具やチョコレートをかばんにしまいました。
お風呂の準備も出来たので、もう間もなくお風呂に入って休みます。

緊張はしてません。本番直前まで緊張しなさそうな気配です。
見にきてくれた人たちに会えるのが待ち遠しいです。
踊っている姿を見てもらうのが、とても楽しみです。
楽しんでもらえるよう、私もめいっぱい楽しみたいと思っています。
だから、今はもう楽しみで仕方がありません。

それでは、お風呂に入ってきます。
おやすみなさい!
カウントダウン
2008年04月14日 (月) | 編集 |
いよいよ、タップのライブ、本番まで1週間を切りました。

体の疲れはピークに達しています。
自主練習は調整程度にセーブしてやっているのですが、
スタジオに行っての練習で、帰宅が深夜になることが多く、ちょっとキツイです。
何とか本番までに、上手く体調コントロールできるようしたいと思っています。

作品づくりに関しては、まあ、郷に入れば郷に従えということでしょうか。
いろいろ思うところはこの期に及んであるのですが、
日本語を上手に駆使して、良い方向に向くよう努力しています。
それが自分のためにも、全体のためにも、お客さんのためにもなると信じて。

作品そのものは、とても良く出来ていると思います。
今はイメージトレーニングにかなり重点を置いているのですが、
お師匠の振り付け、音のとり方、曲の捉え方など、さすがだなと思うところ満載です。
曲を聴けば聴くほど、踊りやステップに対するイメージが膨らんでくるので
時間さえあれば耳にイヤホンさして、音の探求をしています。

作品自体は優れたものなので、あとは、作品を理解できる媒体の問題。
つまり、ダンサーの問題というところでしょうか。
テクニックや意識、それらをどこまで高い位置に持っていけるか。
意識レベルの高いところで切磋琢磨できたら、嬉しいと思います。
更にテクニックもそうであれば最高だと思います。

なんだかんだ言いましたが、結局 『言うは易し』 です。
舞台の上で自分が求めているものが表現できて、
なおかつそれが見ている人にも伝わった時、初めて評価が出せます。
残りわずか、私も自分の中の雑念を払って、そこに集中して行きたいと思っています。

ただ純粋にタップが好きな気持ちを、舞台の上から届けられるように。
あれもこれもプリンタ
2008年04月08日 (火) | 編集 |
日曜日、プリンタを購入しました。

今まで使っていたプリンタがおかしくなったのは、かれこれ2年前の暮れ。
年賀状印刷をしていたら、どうも写真の色が薄いというか鈍いというか。
まあいいや、これはこれで味があっていいでしょうと都合よく解釈して、
次にお店で使っているポイントカードなどを印刷したら、
・・・あれ?なんで山吹色がピンクになって出てくるの?

クリーニングとかナンとかカンとか、ひと通り説明書に書いてある何かをやってみて
それでも失われた山吹色はピンクのままで、でも時々山吹色めいてみたり、
そのうち望んでもいないグラデーションを勝手に演出してくれてみたり、
黒で出てくれればいいものを、気を利かしてか高級感ある紫色で出してみたりと、
自由奔放な印刷を繰り返し、そのつど私の都合よい解釈論は発揮され、
しかしいよいよ、山吹色であるはずのピンクがショッキングな色になり始めたので
もうダメだ、さよならしようということになったのです。

さよなら、遅すぎ?

今のプリンタを購入したのが、確か4年ぐらい前だったでしょうか。
いやあ~すごいですね、物の進化って。
プリンタ買ったら、スキャナとコピー機もついてきました。
「今、この商品をお買い上げ頂くと、もれなくこちらの鍋もプレゼント!」
っていうのとはワケが違いますよ。
プリンタに、スキャナ機能とコピー機能が既についてるんですよ。
へええ~~~~~~~~~~~~!!!ですよ。

もしかして、フツウ?

幸い、スキャナは4年半前の引越しの際落として壊しちゃったままだし、
コピーは月1回、信号2つ渡ったところのコンビニまでしに行っていたので、
「鍋いらないから、その分値段安くして」
など言う必要もなく、どっちもあるなんてお得よねえと購入しました。
しかも想像していたよりもずっと安くて、なんだかラッキー!
スキャナやコピー機能がついてなければ、もっと安いのもありましたよ。

でも、ひとつ問題が・・・

いろんな便利機能がついてくれているおかげで、取扱説明書を読む割合も
グンと増えちゃったような気がするんです。
便利で簡単機能が使えるようになるために、取説を読まなければならない・・・
うわあああ~~~~ん、全然便利で簡単じゃないいいー!

何がイヤかって、取扱説明書を読むのがイヤなんですよ、ワタシは。
日本語なのに頭に入ってこないんです。
日本語しか理解できないのに、日本語をシャットアウトするんですよ、脳が。

前のプリンタみたいに、電源入れて、紙挿して、スイッチ押したらハイ印刷!
これぐらい単純で指1本で出来るようなのがいい・・・

いえ、今度のプリンタも、基本的にはそれぐらい単純なはずなんですよ。多分。
なのに、なんだか液晶画面とかついてるし、持ってみると結構重いし、
使う前から簡単気分にさせてくれないクセモノです。いえ、ツワモノです。

はああ~やっぱり読まなきゃダメだろうなあ、取説。
ヒデは完全に「アキ任せたよ!」状態でさ、確かに使うのは私の仕事でだからさ、
やるけどさ、やるしかないけどさ、やるよ、ああやりますよ、やるともさ。

とりあえず、まず第1段階として、今日は箱から出してみました!
続きはまた明日!ちゃおー。
春だから
2008年04月05日 (土) | 編集 |
アレなんだ?
080405-1.jpg

ああ~なるほど。
080405-2.jpg

コレでしたか。
080405-3.jpg

暑かったらしくて、もさもさっとマットの下で動いたかと思うと
みょっと手だけ出てきました。

みょっと。
080405-4.jpg

んふ~かわいー。
しゃべりたい気分
2008年04月04日 (金) | 編集 |
最近活字ばっかりで、写真の撮り方を忘れてしまったワタシです。
写真って、心にどこかゆとりがないと撮れないものなのかな。
今は写真を撮りたい気持ちが芽生えてこない。
こないから、無理して撮らない。

でも、猫はいつでも可愛いし、空は春色が増して楽しいし、
札幌ドームの明かりは、今宵も輝いております。
ファイターズは今大阪にいるんですけどね。

値上げしますとか値上げしましたとか言っていた頃、
2日ほど、突然楽しく仕事が出来なくなりました。
値上げしたことが原因か、別のことが原因か、どっちもが原因か、
まあ、思うにどっちもが原因だったのですが、
やることなすこと、触れること触れられること、全部つまんなくて。

でも、やること頑張ってやっていたら、
ポコッとそこから抜け出すことができたんですよ。
我ながら思いました。
やってみるもんだなあって。

仕事にしても、タップにしても、
・・・ん?タップ?
ま、いいや、
好きなことやってるんですよ、私は。
好きなことやってるんですけど、嫌な気分になる時もあります。

そんな時は、ちょっとだけ時間に助けてもらう。

時間は平等に無条件に誰に対してもそこにあり、
何があっても変わらず流れ続けてくれ、
そんな時間に、私はよく助けてもらいます。

プラス、今回は自分もちょっとだけ頑張った。
人を信じて、自分を信じて。
大したことじゃないんですけど、それでも私は救われた。

ということで、お風呂に入って寝るとします。
昨日の練習、帰宅は日付が変わってから。
今日は昨日より早く寝ます。
本番近いから、体調管理しっかりと。
心の管理もしっかりと。

聞いてくれてありがとう。
おやすみなさい。
値上げしました
2008年04月01日 (火) | 編集 |
今日から、ねこ村パン屋は値上げしました。

値上げは商品によりけりですが、5円から最大20円。
プライスカードは全部手書きなので、久々に私のペンだこが顔を覗かせました。
まだ使えるプライスカード、でも値段変わっちゃったからね。
ごめんね、さよなら。

今日は1日ナーバスでした。
想像以上に、お客さんの反応が気になって仕方なかった。
ある程度値上げが浸透したと感じるまでは、ずっとこんな感じなのかな。
仕方ない。

例えば来年の今頃。

去年の今頃何してたんだっけ~?と、今日の日を読み返した時、
ああそうだ、あの頃は値上げでお店も世の中も大変だったんだよなあと
懐かしく思い出せるようになっていればいいな。

すんません!
世の中みんな大変なのに、湿っぽい話ばっかり。

ただ、このこともちゃんと記憶しておきたかったんです。
そんで、もっと強くなりたいのです。

だって私は、毛の生えたガラスの心臓を持つ負けず嫌いですから!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。