自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

値上げします
2008年03月31日 (月) | 編集 |
明日から、ねこ村パン屋も値上げします。

ちくちょー!どーにかしちくりー!

買う側も大変でしょうが、売る側も大変なんです。
買う側には「買わない」という選択肢があります。
でも売る側には「売らない」という選択肢は100%ありません。

さっきニュースで言っていました。
千葉では去年の4月から12月の間で、酪農家50戸が廃業したとか。
牛はどこに行ったんだろう。
どこだったかそうめんを作っている会社の経営者の人も言っていました。
「めん屋をやめようかと思った」
知り合いの札幌のパン屋さんも言っていました。
「値上げしなきゃ死んじゃうもん」

ハッキリ言って、全部明日は我が身です。

やるしかないからやりますよ。
出来る限りのことはやりますよ。
不安ですけどね。

でも、これが自分達で選んだ道ですから。

どうぞ応援よろしくお願いします!
スポンサーサイト
楽器とタップ
2008年03月29日 (土) | 編集 |
話が前後してしまいますが、水曜のタップの練習では、ライブで生演奏を披露してくれる
若き音楽家達との顔合わせと初合同稽古が行われました。
楽隊は、ヴァイオリンに中学生の女の子、サックス・トランペット・トロンボーンは
大学生のお姉さん方、ギターは音楽総監督風タカハシ氏の総勢6名です。

初めて生演奏にあわせてステップを踏んでみたら、
タップは、やっぱり打楽器でした。

歌うように奏でるようにといっても、ドレミファソラシドの音階を持たないタップは
ドレミファソラシドで流れるように演奏する人たちを前に、
あまりにも明確に、パーカッションとしてのポジションがそこにあったのです。

当たり前といえば当たり前すぎることに、またまた今頃気がついた。
というか、実感。というか、痛感。

だからと言って、歌い奏でるタップを諦めたわけではないんですよ。
パーカッションはパーカッションとして、歌い奏でていけるようになりたいんです。
そこは外せない、一生求め続けていくところ。
かな。

演奏する人の中で、どうやってパーカッションとして成立させるか。
そしてその中で、どうやって歌い奏でていけるか。

ここに来て、また新たな課題が浮上してきましたよ。
間に合うか?ワタシ間に合うのか?
やるしかないのでやりますが、好きなことなので苦じゃないです。
タップシューズは魔法のシューズです。

もっともっといろんな作品を見たい気持ちが膨らんできました。
古き良き時代のものから、新しくて瑞々しいものから、
リズムタップでも、シアタータップでも、一流の作品をたくさん見てみたい。
もっとタップのことを知りたい。

どーしよー。
ますますタップが好きになってきたかも。

ちなみにワタシ今度のライブでは、見に来てくれた人のためにはもちろんのこと、
ヴァイオリンを演奏してくれる女の子のためにも踊りたいと思います。
ものすごおーくステキな演奏をしてくれるんです。涙ものです。
彼女のために、現時点でサイコーのステップを踏めるよう、オネエサンガンバルよ!

って意気込んだら、思いっきりあっちこっち間違えました。
はあ~平常心平常心・・・常に平らな心で。
しかし熱く!

む~ずかしい~なあ~。
えっと・・・
2008年03月28日 (金) | 編集 |
昨日のレッスン。

前日の練習、帰宅がすっかり午前様で、疲れが抜けないままに昨日のレッスン。
通常のレッスンが終わった後、足をほぐしていたらお師匠に声をかけられました。

「なんか疲れてるよ」
「あ、いや、新しいタップ板の感覚がつかめなくて、足に変な力が入っちゃって」

「疲れてる?」って言われると、疲れていても「いません!」
嫌なんです、疲れてるように見られるのが。
負けず嫌い。

「打とう打とうとしてるからだよ。もっと力抜いて」
「ハイ~」
「あとはもうステップは覚えてるんだからさ、リラックスして、間違えてもいいから、
 いや、本番で間違えちゃダメだけどね、練習では間違えてもいいから、楽しくさ」
「・・・あの、本人なりにはすごく楽しいんですけど・・・」
「あ、楽しいのか」

もうメチャメチャ楽しいですよ。
タップシューズ履いた瞬間からスイッチ入りますから。
練習してて、出来ても出来なくても、メチャメチャ楽しくやってますよ。

・・・楽しそうじゃないですか?

まあ、楽しそうに見えるかというとそうでもないのかもね。
ひたすら黙々とステップの練習してるし、イベントの練習もかなり黙々系だし、
曲に合わせて踊る時も、今はまだ本番モードというよりいろいろ確認モードなので
そんなに笑ったりふにゃふにゃしたりしてないし。
でもセンセ、私は今でもメッチャメチャ楽しいんですけど・・・

うーん。
悩みそうだ。

でも、これに関してはあまり悩み過ぎないようにしないと、ヤバイ。
何がヤバイかも、あまり考えないようにしないと、マズイ。

いいのいいの。
ダイジョウブ。
楽しいですから。

うーん、まいったな・・・
強い音・弱い音
2008年03月23日 (日) | 編集 |
タップのライブ、本番までいよいよあと1ヶ月を切りました。
前回の練習では、4曲全部の立ち位置が決まりました。
「ソロで踊りたいぐらい好き!」と思っていたアコースティックギターの曲では
センターで躍らせてもらえることになりました。
本番で言うと、音を拾うマイクの1番近くってことになりそうです。

ひいっ・・・!

今まで、私は何を思ってステップを踏んできたんだろうと思います。
アコースティックギターの曲は、とってもとっても繊細です。
前にもお話しましたが、足でピアノを弾いているような感覚。
タップに、こんなに無限の音の広がりがあるなんて、知りませんでした。

音の強弱を表す記号に、ピアノ(小さく・弱く)とかフォルテ(大きく・強く)とか、
その間のメゾピアノとかメゾフォルテとか、更にピアニッシモとかフォルティッシモとか、
他にクレッシェンド(だんだん大きく・強く)とかデクレッシェンド(だんだん小さく・弱く)とか、
あるじゃないですか。これって、打楽器にももちろんあることなんですよね。

タップシューズを打楽器と考えたら、当然メゾピアノやクレッシェンドもあるってことですよ。
今までの私には、ピアノとフォルテ、あとメゾフォルテぐらいしかなかったなあ・・・
本当に、今まで何を思ってステップ踏んできたんだろうと思います。
後悔してるわけじゃないんですけどね。

世の中のありとあらゆる楽器には、音の強弱というものがあって、
強いと弱いの間には、無限のちょっと強いやちょっと弱いがあって、
それは打楽器にも弦楽器にも管楽器にも鍵盤楽器にも共通することで、
だからつまり、タップもそうなんですよ。あれはただの音が出る靴じゃないんですよ。
今気がついた。今頃気がついた。

それにしても、楽器を奏でながら踊るって、タップって何事でしょう。
アイリッシュダンスやフラメンコもそうだけど、なんで踊りながら音を出すんでしょう。
踊るだけでもテンション上がるのに、なんでそこに音なんだろう。
リズムってなんだろう。
・・・まあいいや。そのうちなにか分かるタイミングが来るのかもしれないし、
悩みながら踊って踊ってしているうちに、きっと今回みたいに気付くものなんでしょう。

だから、今は踊るのだ。

他の3曲も、かなりいい場所で躍らせてもらいます。
ということは、お客さんにより近い場所で踊るっていうことです。
今回の舞台は、大きなステージではなくて一般的なライブハウスでやるので
きっと舞台に立ったら、お客さんは目の前です。
お肌のケアもちゃんとしておかなきゃだわ。きゃ!

080323.jpg
「至近距離でも耐えられるように」
2008開幕!
2008年03月21日 (金) | 編集 |
北海道日本ハムファイターズ公式サイトより。

3月20日(木) 対 千葉ロッテマリーンズ(札幌ドーム14:00)の予告先発投手は
下記の通りです。

北海道日本ハムファイターズ ダルビッシュ有(11)─千葉ロッテマリーンズ 小林 宏之(41)


これを見て、「えっ!コバヒロって41才だったの?!」と本気で思ったワタシのおばか。
ダルビッシュの(11)で、なんだ背番号かと理解したのでありました。
ダルビッシュが11才なわけないもんね。いや、コバヒロが41才ってこともないでしょう。
まだまだ野球おんちです。

昨日、プロ野球パ・リーグ2008年公式戦が開幕しました。
私は仕事だったので、ドームに応援に行かれる何人かのお客様に
「パン屋の分までよろしくお願いします!」
と、熱い思いを託しておきました。みなさん笑顔で「ハイ!」。

それにしても緊張しました。
自分の舞台の本番かそれ以上に緊張しました。
試合後の私のひとりインタビューは「緊張しすぎて気持ちが悪い」でした。
毛の生えたガラスの心臓なんですよ。
勝負事が本当に苦手なのですが、こんな思いをあと143回・・・

いえいえ、そのうちに慣れてくるんです、これが。
移動などで試合がないと、「今日は試合なくてツマンナイね~」とか言ってるんですよ。
初心?ナニそれ?
実際今日だって、「なんか試合ないとツマンナイね~」ですから。

試合の内容はというと・・・
仕事しながら、奥から聞こえるラジオを盗み聞き観戦なので、よく分かりません。
よく分かりませんが、チラ聞きしている時って、どうして相手チームの攻撃を長く感じるんでしょ。
味方チームの攻撃なんて、「アレもうCM?」って感じなのに。
ラジオでは攻守交替の時CMになるんですよ。
あれは気のせいなのかなあ・・・それとも本当にそうなのかなあ・・・

とりあえず、開幕戦を勝利で飾れて本当に良かったです。
満員の札幌ドームで、若きエースダルビッシュの先発で、日ハム梨田監督の初試合で、
1アウト満塁で3番稲葉がショートゴロっていうのには思わずツッコミ入れてしまったけど、
ヨカッタヨカッタ。まずは1勝。残り143試合。

さあ、明日・・・もロッテ戦。
ガンバレガンバレ!みんなガンバレー!
1ヶ月前はこんな感じ
2008年03月18日 (火) | 編集 |
4月のライブで私が踊るタップは全部で4曲。
4曲とも色合いが違って、とても勉強になります。
ステップの技術的な部分はもちろんのこと、色合いが違えば表現の仕方も違うので
4曲ともにそれぞれの色をどうやったら出せるか、鏡に映る自分と切磋琢磨中です。

今ワクワクなのは、『ルパン3世のテーマ』で高校生のマリチャンとペアで踊るパート。

ペアまたはソロで踊る部分は、踊る人が振り付けをすることになっていて、
マリチャンとワタシで半分ずっこ振り付けしました。
先週の練習でその振り写しをして、2人で並んで踊ってみたら、
ヤダなんかカッコイくな~い?!アタシたち、最強じゃな~い?

どうせなら見た目の派手なものにしたいと思い、敢えて難しいステップではなく
飛んだり跳ねたり回ったりの、『見た目大技』を取り入れてみました。
これで、飛ぶタイミングとか高さとか、回るタイミングとかスピードとかがバッチシ合えば
なんだかもーホントーにサイキョーかもしれませんよー。
明日またマリチャンと一緒に合わせてみよっと。

そんな私たちの練習風景をニコニコ見ている師匠は、なんだかほのぼのです。

1番誰よりも私の得意分野なのが、全員で踊るナンバー。
これだけは生演奏ではなく、『ステッピングアウト』というミュージカルの曲で踊ります。
燕尾服にシルクハットスタイルな、いわゆる昔ながらのタップですね。
今はリズムタップを習っていますが、私のタップスタートはこっち系でしたから。
ある意味、1番馴染んでリラックスした気持ちで踊れます。

が、難しいんですよね、これが。本当に難しい。
奥が深いんです。

こればっかりは、ただステップが出来てもダメでして、
プラスアルファでタップ以外のダンスのテクニックが非常に必要とされます。
それはクラシックバレエであったりジャズダンスであったり。
とは言え、バレリーナみたいなタップを踊っても味気ないし、
ジャズダンサーみたいなタップを踊っても締まらないし、
やっぱりタップダンサーが燕尾服着てタップを踊れないといけないってことなんですね。
ううーむ、深い。

それに加えて、師匠の振り付けが結構シビアときたもんだです。
細かく書くと落ち込むぐらい、ホント、すごい勉強になります。
勉強になって終わらないよう、ちゃんと本番でいいもの見せられるようガンバリマフ。

[READ MORE...]
今年初デート
2008年03月17日 (月) | 編集 |
昨日は1ヶ月ぶりの本当に何もないお休み。
朝は思いっ切り寝坊して、昼からヒデとデートしました。

まずは札幌のオシャレ地域、円山にあるカフェでランチを。
ヒデは地鶏の、私は季節のスープカレーを食べました。

写真を撮ろうと、バッテリー充電してデジカメ持っていったのですが、
メモリーカードを入れるのを忘れていて、ただのオモチャのカメラに・・・
でも、私にはちょっと辛すぎて味が分からなかったのと、
店員さんに全く笑顔がなくて、もう来ることはないだろうなと思ったのでまあいっか。
特に個人のお店でスタッフに笑顔がないっていうのは、命取りだと痛感。
明日は我が身で、なんだか心が引き締まりました。

その次は、以前から1度行ってみようと思っていた、やはり円山のとある商店へ。
商店なのでいろんなものを売っている、オシャレ円山なのでオシャレ風な商店です。
自家製パンを目指していきましたが、何であんなにちっちゃいのにあんなに高いの?
3種類買いましたが、私は最初の1個で味にギブアップ。
店員さんの態度は殿様で、何があっても2度と行かないと心に誓いました。

これでうちに帰るのは、せっかくのデートが台無しなので、
最後はなんとか当たりを引きたいと、ちょっと足を伸ばして真駒内方面へ。
『桜珈琲煎房 柏丘本店』 で、ケーキセットを注文しました。

広いカウンター席で、目の前で手際よくコーヒーが出来上がっていく様子を眺めながら、
自分でも驚くぐらい、ゆったりとした時間の中に身をゆだねていました。

大きな窓の外に広がる、春を待つ山並みや、夕暮れが近いうつりゆく空、
部活動で走る学生さんに、犬のお散歩、向こうに見える国道を走る大きな車に小さな車。
そう、1度だけ、鳥が窓辺にやってきたんですよ。なにか喋りながら。
街中のカフェではなかなか見られないお客さんです。

ゆらゆらゆらゆら、椅子を揺らして
「私このまま1時間でも2時間でもいられるわ・・・」
「1時間でも2時間でもいるなら、オレもう1杯コーヒー頼むわ」
「いいよ、帰るよ」
ヒデはこういう時、何よりもまず眠くなるらしいです。うもう。

コーヒーも美味しかったし、ケーキも満足したし、
なにより、この私が「ゆったりとした」時間と空間に身を任せられたなんて、
桜珈琲煎房柏丘本店、札幌でひとつお気に入りの場所が出来ました。

その帰り道に立ち寄ったのが、『ナニコレ貿易』
所狭しと様々な雑貨が並べられているのですが、そういう場所特有の埃っぽさがない上に
雑貨大好きな私の心を、コレでもかコレでもかとくすぐりまくる商品がいっぱい!

その中でも、入り口からすぐの場所にあったこのコにひとめボレ。
080317-1.jpg
ウッドビーズのパネルです。

「どうしても欲しいの?」
「・・・」
パネルを無言で握り締めて、どうしても欲しいオーラフルオープン。
「分かった、いいよ」
「ありがとう!」

今日はいっぱいお金を使ったし、なくていいと言えばなくてもいいものだけど、
でもどうしても気になって、どうしても連れて帰りたかったので本当に嬉しかったです。
帰って早速、決めていた場所に設置してみました。

080317-2.jpg
玄関入ってすぐの場所。
うちに遊びに来られた際は、どうぞ「コレか」と見てってくださいね。

久々のお出掛けは、危うく負け越しになるかと思いましたが、
終わってみたら新しい家族も増えて、お気に入りの場所も増えて、実りある1日でした。
さーまたガンバルぞー!
がんばれ18才!
2008年03月15日 (土) | 編集 |
まずはこちらを。
『日本ハム中田、開幕1軍の夢散る… (nikkansports.com)』

北海道日本ハムファイターズ期待の高卒ルーキー中田翔を知らないプロ野球ファンは、
間違いなく北海道にはいないでしょうし、少なくとも日本にはいないと思います。

高校通算87本塁打という本塁打記録を持つ中田クン。
プロ入り前から今年のルーキーの中では1番の注目株でした。
「オマエさん本当に高校生?」というぐらいパワフルな体格をしていますが
頭の小さいところなんて、やっぱりイマドキの若者です。ちっ。

その中田クン、想像以上に1軍で苦しい思いをしていたんだろうなと思いました。

「ホームランもうれしかったけど、思い切り振れたことがよかった」
「今までは自信を持って守れなかった。『(打球が)飛んできたらどうしよう』とか、
 余計なことを考えてしまっていた。」

泣けました。

彼はなにかと豪快さが強調されますが、実はすごくナイーブだと思います。
高校時代、やはり豪快な本塁打で注目を浴び始めた頃、
全く打てなくなった時期があるそうです。

本人も言っていましたが、確かに、プロを少し甘く見ていたところはあったのでしょう。
やんちゃな発言も、最初の頃はよく飛び出していました。
そのあたり、日ハムファンの鼻につくところもあったかもしれません。
「プロなめんなよ」「ファイターズなめんなよ」と。

彼は素直なだけなんですよ。
その素直さが社会に通用するかどうかは微妙な判定かもしれませんが、
まだ高校卒業したばかりの18才です。
これからいろんなことを経験して勉強して、失敗もあれば上手くいくこともあり、
1歩1歩、大人の階段を上がっていく、そのやっとスタートラインに立ったところ。

私は野球知らないから、彼がどれだけの逸材かは分からないけど、
見る人が見たら、きっとものすごい素材なんだと思います。
だからこそ、やっとスタートラインに立ったばかりなのに、
もしかしたら、ゴールのタイムを求められすぎていたのかもしれない・・・

自分の1番の売りでもあるフルスイングが出来ない。
考えてみたら、ものすごくしんどいことですよ。
2軍での試合、「ホームランより思い切り振れたことがよかった」という言葉に、
1軍で見えない呪縛の中で苦しんでいた彼の様子が、凝縮されているようでした。

ダルビッシュ投手ではありませんが、私も100%中田翔を擁護します。
類い稀な潜在能力を持っているがゆえに、異常な注目のされ方をした18才。
一時は中田クンとのポジション争い渦中の人になっていた小谷野内野手は、
「早く一緒にやりたい」と、かわいがっていた後輩にエールを送っています。
梨田監督は「個人的にはかわいくてしょうがない」とオジイチャンみたいなこと言ってます。
ダイジョウブ。みんなキミを応援している。もちろんファンも。
2軍だと、今までみたいに山のような報道陣に囲まれることもないと思うから、
思う存分集中してスキルアップして、また大きくなった姿を見せておくれ!

がんばれ18才!
音をきく
2008年03月14日 (金) | 編集 |
昨日はタップのレッスン。
通常のレッスン終了後、1ヵ月先に迫ったライブの練習をやりました。

そこで師匠に、

「タップは、音楽を聴きながら、自分の音も聞いて、
 音楽に自分の音をあわせていかなきゃいけないんだよ」

・・・。

どこかで聞いたことがあるこのセリフ。
あれはそう、3日前、ねこ村タップダンス教室の子供クラス。
アキ先生が、小学4年になるカオチャンに言ってました。

ワタシも同じこと言われちゃったよー!!!どがーん!!!

バレエでもよくあるんです。
体の使い方に関して、自分が生徒さんに言ったのと同じことを先生から言われることが。
それはそれで、「あ~良かった、ワタシ間違ったこと教えてないんだ~」という
ひとつの確認になるのですが、「じゃ、何で出来ないのさ」と毎回少々ヘコみます。
まあ体の使い方が同じと言いましても、タップでは3ぐらいで良いところ、
バレエでは気分的には無限大に要求されるので、出来なくても仕方ない・・・
とか言ってるから、ちっともバレエ上達しないんですよね。ハイ。

でも、タップで同じことを、しかも、ついこの前ワタシがそれ言ったばかりっていうことを
自分に向けられて言うと、なんともヘコみ度はバレエの比ではありません。

あああ~~~そうなのに!その通りなのに!本当にその通りなのに!!!
この前自分で言ったばかりじゃない!ばかばか!ワタシのばかあ~~~~~!!!

そして長いため息、ハアアアアアア~~~~~~~~~~~・・・

もちろん心の中でですよ。

「先生!もう1回お願いします!」
って言いたかったんですけど、
「じゃあラスト1回」
と言われて踊った後なので、もう1回はありません。
うう、悔しい・・・思い出してもバカバカバカです。

昨日は、立ち位置や踊りながらどこに移動するかなどのフォーメーションをやったので
移動に焦って気を取られて、音楽をちゃんと聴いていなかったんです。
まだまだ甘い。それぐらいで振り回されてるようじゃ、まだまだまだまだです。

本番まであと1ヶ月。
この曲の練習が出来るのはあと5回。ひいっ!
とにかくがっつり体に覚えこませて、イメージトレーニングもいっぱいして、
本番で「先生!もう1回お願いします!」って気持ちにならないようガンバリマス。

080314.jpg
「寝るのは何回でもボクに任せて!」
宇宙って
2008年03月11日 (火) | 編集 |
スペースシャトルのエンデバーが、宇宙に向けて飛び立ちました。

エンデバーは90分で地球を1周するんですって。
90分なんて、車だと札幌から旭川にも行けないのに。
はや~い。

エンデバーが向かう国際宇宙ステーションは、地上400kmの場所にあるんですって。
地上400kmの所にある国際宇宙ステーションの映像をテレビで見たけど、
あんなに遠くてすっかり宇宙の中なのに、あれで地上から400km。
気分的には1万kmぐらいなんだけどなあ。

あんなに離れているのに、地上からたった400km。
宇宙ってどんなに広いんだろう。
ますます宇宙が好きになる。
ドキドキしますねー。
3月10日東京大空襲
2008年03月10日 (月) | 編集 |
シリーズ激動の昭和 3月10日・東京大空襲 語られなかった33枚の真実


見なきゃいけない番組だと思い、それはヒデも同じだったみたいで、
見ました。

こんな言葉で片付けてしまっていいのかと思うけど、
辛かったです。

何をどう思っていいのかよく分からないのですが、
戦争は嫌です。

誰が良いとか悪いとか、戦争は・・・
戦争は、だめだ。

戦争を知らない私達は、もっと戦争のことを知らなければいけない。
戦争を知らないからこそ、もっと知らなければいけないんです。

知るしんどさなんて、戦時下にいるしんどさに比べれば・・・

戦争は、人を人じゃなくしてしまうんだと思います。
攻撃する方も、攻撃される方も。
そんなものになる為に、人は生まれきたのかと。

戦争って、何で起きちゃうんだろう。
そんなの、バカだ。
あなどるなかれ
2008年03月10日 (月) | 編集 |
10と、5円・・・
080309.jpg

ただの15円ではありませんよ。

ぴかぴかに輝く10円は、お客様から頂いたチップです。

629円のお買い物で、お金受けのお皿に乗っていたのは640円。
「10円多いので、こちらはお返しいたします」
「え、あら、多かった?」
「ハイ、チップに頂いても良かったんですけど、綺麗な10円なのでお返しします」
「あら、じゃあ綺麗な10円だからチップにあげるわ」
「うえっ!!??」

ちょっとしたジョークのつもりだったのに、本当にチップ頂いちゃった・・・

いいのいいのと笑っておっしゃるその方の気持ちがとても心地良くて
私もそういう粋な心持でいられるよう、そして感謝の気持ちを忘れないよう、
輝ける10円は、いつもレジの見えるところにおいて仕事をしています。

5円は、排水溝で拾いました。

3月になって春のような日が続いて、あんなにあった雪や氷がどんどん融けています。
お店の駐車場を一面覆っていた圧雪も、みるみる雪解け水になっています。

「これぞまさに雪解けの水」
ちょろちょろと流れていく水に、ひとり言をつぶやきながら店前の掃除をしていたら
「あっ!5円みっけ!」

排水溝を流れる雪解けの中に、きらりと5円玉。
今まで排水溝に、落ち葉は落ちていてもお金が落ちていることはなかったので、
珍しく思いながらも、これも何かのご縁でしょうと、こちらもレジの見えるところへ。
ちょっとした縁起担ぎです。

そのせいかどのせいか、ここのところとても気持ちの良い仕事が出来ています。
そのせいかどのせいか、分からないけどこのせいにしておこうと思います。
だから、ただの15円じゃないんですよ。
心の15円です。

ちなみに15円が乗っているお皿は、実際お店でお金受けに使っているお皿です。
私の1番大きいいとこのお姉ちゃんが作ったお皿です。
割れちゃってるのはご愛嬌。
2008年3月7日
2008年03月07日 (金) | 編集 |
ヒデ、おはようさん。

080307.jpg


いい朝だよー。
これもヒデの日頃の行いがいいからだね。
ありがとう!

藻岩山や手稲山や、遠くの山並みは素晴らしく輝いていて
仕事に向かう人たちが、いつもより元気に見えるのは
私だけかな。
今頑張ってパンを作ってくれているヒデに、
この素晴らしい風景を見せてあげたいよ。

今日は朝から、ずっとヒデのことを考えているよ。
本当ならいっぱいのおめでとうなんだけど、
想うのはありがとうばっかり。
なんでかな。

今は、お金のかかることも手間のかかることも出来ないけど、
今日の掃除と洗濯は、いつもより気合2割り増しでやっておきました。
更には、部屋中におめでとうオーラを充満させておきました。
「ニイチャンが帰って来たら、おめでとうって言ってあげて」と
寝ているにゃーたちにも言い聞かせておきました。
3匹ともよく寝てるんだ、これが。

ヒデ、お誕生日おめでとう。
きっと今日はいい1日になるよ。まちがいないね。

おめでとうと一緒に、
いつもそばにいてくれてありがとう。
これからも、どうぞよろしく。

らぶ!
春めいた空の下で
2008年03月03日 (月) | 編集 |
桃の節句、おひなさま、今日はとってもいい天気。

080303-1.jpg

藻岩山の上にプカプカ浮かぶカワイイ雲。
「あ~なんか春っぽくなってきたねえ~」
雪もかなり溶けました。
もう3月ですね。

今日は、愛猫と一緒に日当たりの良い場所でお昼寝しました。
ぽかぽかぽかぽか、柔らかい陽ざしに包まれて
猫と一緒に、猫のように、ひだまりで、ぽかぽか。
目が覚めたとき、愛猫がぴったりくっついてくれていると
こんなに幸せなことはありません。
このまま時間が止まってくれればいいのに。

明日は、どうやら雪の模様。
まだ3月ですから。
北海道の春は、もう少し先ですね。

080303-2.jpg

ヒデは猫じゃないから、ソファでうたた寝。
こういう時は、猫になった方が気持ちいいのに。
踊れ!踊れハナ!
2008年03月01日 (土) | 編集 |
サタデーナイトフィーバー 080301-1.jpg

パラパラ 080301-3.jpg

歌舞伎十八番勧進帳 080301-2.jpg

フラダンス 080301-4.jpg 「このヒト大丈夫?」

[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。