自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ことのは
2008年02月28日 (木) | 編集 |
とある劇団の養成所に通っていた時、こんなエクササイズをやりました。

5mほど離れた所に後ろ向きで座っている人たちの中から、誰か1人を選んで
「おはよう!」と声を掛けます。声を掛けられたと思った人は挙手します。
声を掛けた相手と挙手した人が一致すると、交代。
一致しなかったり挙手する人がいないと、選んだ相手が挙手するまで続けます。

私が選んだのは、同期でちょっと煙たがられていた男の子。
「おはよう!」

「これは間違いないな」
そう言って、その男の子は自信満々に挙手しました。正解です。

声を掛ける方も、掛けられる方も、ちゃんと届けよう、ちゃんと受けようと準備していないと
いつまでも正解しなかったり、手が上がらなかったり、なんとなくで正解したりになります。
実際私は、届ける方は1発正解でしたが、受ける側では自信なくの正解でした。
当時、同期では最年長で舞台経験者だった私は、仲間を頼れなかったのでしょうね。

このゲーム、3人いれば成り立ちます。
結構面白いので、機会があったらぜひ試してみてください。
「声を届ける」ということが、どれだけリアルなことかがよく分かります。

今日、ふとこのゲームを思い出しました。
そしてねこ村パン屋に来てくださったお客様に、ちゃんと声を届けようと心がけてみました。
言葉に魂を吹き込んで、「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」。

そしたら、どのお客様も言葉をちゃんとキャッチしてくれるのです。
反応の仕方は様々ですが、どのお客様もです。
驚きました。

言葉。言霊。
言葉の御霊。
言葉は魂を持っていて、言葉は強い力を持っていて、
言葉は生きている。

大切に使いたいと思います。

080228.jpg

月の輝きは、街のどんな明かりよりも輝いて。
綺麗。
スポンサーサイト
窓のあれ
2008年02月24日 (日) | 編集 |
080224.jpg

昨日の札幌は猛吹雪、雪かき祭りも最高潮。
日曜の朝も頑張って仕事。さあ、お休みまであと1日。

と、えんやこら洗濯や掃除をしていると、
「あっ!あれになってる!」

ezomomongaさんyuukoさん のブログで、ちょくちょく拝見していたあれが
我が家の窓にもお目見えです!綺麗な氷のレース模様。
少なくとも、自宅の窓に発見したのはこれが初めて。

「写真!写真!」
格闘してみましたが、おふたりのように上手く撮れません。
時間と心の余裕のなさが、バッチシ現れてますね。
でも嬉しかったんです。
「あれだー!」
って。

あれは、夜帰ってみたらもうなくなっていました。
きんきんきんに空気が冷えている夜です。
月も星も、街の明かりもくっきりと。

明日は休みだー。
世代交代
2008年02月22日 (金) | 編集 |
火曜に届いた新しいタップシューズ。
080222-1.jpg
まだ裏も表もピッカピカ。

何がいいかって、靴箱の写真がいいです。
ステキー!

水曜、自主練習で履いてちょっと靴擦れして、
木曜、レッスンで履いてすんごい靴擦れして、
新しいシューズ履いたら必ず靴擦れしちゃうんですよ。
でも、思ったより早く仲良くなれそうな予感。
靴擦れさえ解消されれば、きっといい相棒になれると思う。


今までの相棒。
080222-4.jpg
随分くたびれて、ぼんぼろちー。

080222-3.jpg
つま先はささくれだってるし・・・

080222-2.jpg
かかとは三枚おろしになってるし・・・

でも、今1番私の足に馴染む、最高の相棒。
このぼんぼろちーさは、私と彼の歩んだ歴史。
一緒に切磋琢磨した大切な仲間。
もう、履くことはないでしょう。

おつかれさま。今までアリガトウ。
これからは、宝物としてそばにいておくれ。
そして私のこれからを、見ていておくれよ。
ピッカピカ君と頑張っていくから。

とりあえず、靴擦れだ・・・
雪の降る
2008年02月20日 (水) | 編集 |
わたしは

雪の白さも 雪の重さも 知っている人間になりたい

雪の重さを知らずして 雪の白さを謳うのは 哀しい
雪の白さに目を瞑り 雪の重さを嘆くのは 寂しい

ここは雪舞う北の国
雪とともに暮らす
長い冬を

雪は白い 雪は重い 雪はつめたい 雪はあたたかい

雪は 人の心を輝かせ
雪は 人の命を奪い去り

わたしは

雪の白さも 雪の重さも 知っている人間になりたい

080220.jpg

[READ MORE...]
練習しない日の脳内
2008年02月19日 (火) | 編集 |
今日、注文していた新しいタップシューズが届きました。
そして私は、今日は久し振りに練習しないでうちに帰りました。
体はそんなに疲れていなかったのですが、気持ちが全然乗らなくて
こういう気分になるのも久し振りだから、気持ちに従うことにしました。
「今日は練習しな~い!」

明日はします。


[READ MORE...]
雪かきすごろく
2008年02月16日 (土) | 編集 |
2月半ばの北海道、雪が降ってもおかしくない。
でも、
「こんなにどこに隠してたー!」
っていうぐらい、雪が降り続いて降り続いて降り続いたもんだから、
今日の私の1番の仕事は、パン売りではなく雪かきでした。

080215.jpg

お店の前の駐車場、空きテナントになっている隣の分まで5台分。
それから、歩道。それから、歩道と車道の境目。
この時期の雪は軽くてサラサラだから、運ぶにしても投げるにしても重くない。
とはいえ、2mを越える雪山に向かって雪を投げるのは、そんなに楽じゃないです。
ロードヒーティングがあるから、それをつければ雪かき軽減だけど、
今年もまだ売上は底を這っているし、おまけに灯油代は高騰しているし、
人力ですよ、人力。ガス屋さんにも「今年はつけません!」宣言したもん。

1時間ほど雪かきして、そろそろパン屋の仕事もしなきゃとお店に入って、
そしたら握力が、パンを扱う握力じゃないんですよね。
雪かき用の強くておおざっぱな握力。
体の順応力ってすごい。

1時間前に雪かきしたばっかり。
1時間後にはふりだしに戻る。

そんなやまない雪の中、お客さんがパンを買いに来てくれるんです。
歩くのも難儀なこの日にですよ。
せめてお店の前では、ひと息楽になってもらいたい。
こんな日に出来るのは、それぐらいしかないから。
パンは、ヒデが美味しいのを焼いてくれているから。

暗くなっても、まだ続く雪かきすごろく。
最後のちゃっちゃか雪かきをした直後、お客さんが立て続けに来てくださって
うは、雪かきの神様にご褒美いただいたみたい。

この冬最大の雪かき祭り。
終えてみて、やっぱり私は雪かき好きだわ。
なんだか燃える。

こんな私の無邪気な発言、豪雪の地域に住んでる人はどう聞くんだろう。

毎日が雪かきすごろくで、しかもどっしり重い雪だったりして、
雪かきが好きとか嫌いとか、そんな次元じゃない、そんな暮らしをしている人が聞いたら。
そして私は、私がもしそういう所に住んでいたら、同じことを言うんだろうか。
雪かき楽しいとか、雪かき好きとか。

なんてことをね、ちょっと考えてみた。
今日の雪かき。

それでも私は、やっぱり雪かき好き。
かこまれて
2008年02月15日 (金) | 編集 |
今年に入って、タップの練習時間が圧倒的に増えてきました。
これまでの人生で1番練習しているかもというぐらいです。
4月のライブのためでもありますが、
それ以上に、タップにとりつかれてしまったような感じです。
今さらながら。

レッスンの時間も増えてきました。
通常のレッスン終了後、ライブの練習。
レッスンの日以外でも、スタジオが使える時間に集まって練習。
帰宅は、早くて10時過ぎ、遅いと11時を回ります。もちろん夜です。
なんだかんだで3時間から4時間ぐらい、ずっと踊っています。
練習したくてたまらない病にかかっているかもしれません。

そんなこんなで、ネットの時間が少し減ってきました。
ネットに繋いでもパパパとチラ見してお風呂とか、
ただいま帰りました、とりあえずお茶飲んでお風呂とか。
その分、ヒデが楽しそうにパソコンに向かっています。

パソコンタイムが減って改めて感じたのは、
思っていた以上に、私にとってネットでの交流は大切なんだということ。
今日のいろんなものを明日に向けてリセットする、そんな大事な時間だったんです。

ネットだからこそ可能になる、人とのお付き合い・・・

とても会える距離ではない人たちと、日々交わせる言葉。
普段会える場所にいる人たちの、普段見えない表情。
私という人間の考えを共有してもらえることの感謝。
たくさんの人の体験を聞かせてもらえる喜び。

ホントしあわせです。
まいにち過ごしている中で、もちろん楽しいことばかりじゃありません。
でも、私には、
宇宙のような大きな愛で支えてくれる人がいて、
ただいてくれるだけで全てを許せる猫がいて、
命を燃やして惜しみない踊りがあって、
そして、こうして話を聞いてくれるあなたがいて。

これがしあわせじゃなくて、なんというんでしょう。
みなさんのおかげで、わたしはとってもしあわせです。
そんなことをかんがえたきょうも、さいこーにしあわせです。
あ・り・が・と。
ハートの抹茶と壊れた心
2008年02月12日 (火) | 編集 |
去年が7年だったから、今年は8年。丸8年。
ヒデと夫婦になって、今日で8年経ちました。明日からは9年目。

今年も、世界で1番大好きなケーキ屋さん『ラティーネ』のデコレーションケーキを。
今回は久し振りに、ヒデがこよなく愛す抹茶のケーキをお願いしました。

080212.jpg

毎度毎度、本当に毎度毎度思うのですが、
ケーキを箱から出した瞬間に、オーナーパティシエの気持ちが伝わってきます。
ケーキを見れば、オーナーがどんな気持ちでこのケーキを作ってくれたのかが
嬉しさ通り越して泣きたくなるほど伝わってきます。

でも泣いてる場合ではありません。
食べるどー!
抹茶のケーキだから、熱い日本茶と一緒に。
ケーキとお茶、粋だねー。

次にお願いするのは9月の予定。
それまで、この美味しさと感動と感謝の気持ちを忘れないように、
・・・って、忘れられるはずがないんですよ、ラティーネのケーキの魅力を。
だって、どこのケーキを見ても、まずラティーネのケーキを思い出すんだから。
はあ、魅惑のケーキ屋さん・・・



[READ MORE...]
影遊び
2008年02月11日 (月) | 編集 |

よく寝てるけど、ホントは聞き耳立ててるでしょ。

080211-2.jpg
「ああ~つかまっちまったあ・・・」

080211-1.jpg
あそこにも、ねこがいる?

天気が良い日は、リビングは陽射しがいっぱいになります。
すごく暖かくて、暖房なんていりません。
まぶしい陽射しと一緒に、あちこちに現れる影が、好き。
今日は1日、真横に雪が降ってたけどね。
タップな季節
2008年02月08日 (金) | 編集 |
最近、ブログでも脳内でも日常生活でも、タップの占める割合が多くて
ふと思い出したら、確か去年の今頃もそうだったなあと。

去年の今頃は、ねこ村タップダンス教室の教室内発表会の準備で
1週間が7日じゃ足りないぐらい、てんやわんやしていました。

生徒さんので振付けしていたのが、新しいのだけでも5曲か6曲か・・・
それに自分が踊る2曲も加えて、トータルでは10曲以上抱えていました。
プラス、発表会の後の交流会の出し物の準備だの段取りだの。
あの時は無茶して足も痛めましたっけね。
無茶もするしかなかった古き良き青春時代です。

それを思うと、今はとってもラクチン。
自分の練習だけに集中できるし、振りもお師匠さんがほとんど考えてくれるし、
衣装や会場などの段取りも、全部指示出してもらえるんですから。
その分お金もチョッピリかかっちゃいますけどね。

恵まれてるなあって思います。

またタップを踊れる場所に立たせてもらえることを。
シンプルに自分が踊ることだけを考えていても良いことを。

嬉しいし、そんな環境を与えてもらえたことに、心から感謝します。
タップの神様に、お師匠さんに、そして、誰よりもヒデに。

080208.jpg
「ボクらには?」

キミらにも。
こだわる
2008年02月07日 (木) | 編集 |
一心不乱にこの方が飲んでいらっしゃるのは・・・
080207-1.jpg

沸かしたてのお風呂のお湯。

080207-2.jpg

器は必ず洗面器。

違いの分かる男、こだわりのこの一杯。



[READ MORE...]
はわあっ!
2008年02月05日 (火) | 編集 |
4月のタップのライブ、2曲目の振り付けが先週から始まりました。
アコースティックギターの生演奏に合わせて踊ります。
ビッグバンドの生演奏で踊った経験はありますが、アコースティックギターは初めて。
練習は生演奏ではなくデモテープのようなものに合わせてやっていますが、
そもそもギターに限らず、バラードっぽい曲で踊ること自体が初めてなので
まだ曲とステップの雰囲気がつかみきれず、アワアワしています。

ホラ、今までは若くてピチピチした曲が多かったから~。
まあ、ワタシもちょっと大人なオネエサンになってきたってことかしら~。

でも、すごくステキなんです。
そして、ムズカシイんです。
奥が深いです。

ステップは簡単。
だからこそ、正確に綺麗で心地良い音を出さないと、いろいろバレます。
その心は、足でピアノを弾いてる感じ。

「ねこ村さーん、オレ水曜まで覚えてられそうな気がしないんだよね・・・」

先週のタップのレッスンで、お師匠さんがそう言いました。
そんなこと言われて、「ああそうですか」で終われるわけがありません。
そりゃも、ツルツルピカピカな脳みそに必死でお願いですよ。
「覚えて!なんとしても覚えて!」

で、頑張って覚えて、練習して、そしたらですよ。
ギターの曲はなんとか覚えられたけど、1曲目、ルパン三世のステップ忘れました。
ギターのステップ、押し出しの勝ちです。ルパン初黒星。

タラダ ダ!ララ ダ!ララ ふにゃふにゃふにゃ パン ダッ ダン!

この「ふにゃふにゃふにゃ」の部分だけ、ポッカリ穴が開いたように抜け落ちて・・・
ああ~どこに落としちゃったのさ、私のステップ!

あともう1曲あるんですよ。全部で3曲踊るらしいんです。
今からこんなのでワタシ大丈夫?脳みそ大丈夫?

080205.jpg
「知るけ。今寝るのに忙しいんじゃい」

うえーハクジョウモノー!
好きでしょ
2008年02月03日 (日) | 編集 |
「アンナちゃん、バレエ好きでしょ?」

昨日はなんちゃってバレエのレッスン。
私の受けるクラスの前に、今度コンクールに出る子達が練習をしていました。
アンナちゃんは、私の通うバレエスタジオで1番上手な女の子。

「ハイ~」
「バレエ好きなんだなって、見てて伝わってくるもん」
「あ!ホントですか!」
「うん、すごく。ガンバってね!」

「アリガトウゴザイマス~」
アンナちゃんはキラキラ答えてくれました。

他のコンクールに出る子達は、とにかく一生懸命。
「大変そうだなあ、頑張ってるんだなあ」って印象を受けたのですが、
アンナちゃんは、見ていて思わずときめいてしまうようなバレエを踊っていました。
もちろんアンナちゃんも、一生懸命なんですよ。
でも、そこが見えない。一生懸命さじゃなくて、楽しさが伝わってくる。
アンナちゃんの、バレエの好きな気持ちが伝わってくる。
そういうのいいなあって思いました。

もちろんそう見せるには、あくまでも高度なテクニックがあってのことで・・・

そんなステキなアンナちゃんの清々しいバレエを見た後だったので、
私もその気になっちゃって、いつもよりなんちゃって度がアップしていました。

腕を動かす時も、肩、肘、手首、指の間に無数の筋肉の点々があって、
その点々をひとつひとつ順番に動かすようなイメージを持つと
あ、なんちゃってアンナちゃんっぽい気持ちかも!って感じ。
まあ、なんちゃってでもワタシがその気になれるのはそこまでなんですけどね。

私も、あんなふうにタップ踊りたいな。
見ている人に、「すごいなあ」じゃなくて「楽しそうだなあ、嬉しそうだなあ」って
そういう気持ちを共有してもらえる、そんなタップが踊りたい。
自分だけが楽しいのもイヤだし、見てる人だけ楽しいっていうのもビミョー。

うん。
うん。

アンナちゃんありがとう。




おまけ・・・

今日は、お店が終わった後、タップの練習を2時間近くやりました。
2時間近くやって、掴んだ感覚は1・・・2コぐらい?
でも、その1コの感覚が、「これか!」ってぐらい私にとっては大きなもので、
それは未来の扉を開く鍵になりそうな予感がビシバシしていて、
もうすぐ日付が変わるというのに、私の心はどこかを飛び回っています。
ウレチー!!!
白い光
2008年02月01日 (金) | 編集 |
今朝はとってもいい天気。

080201-1.jpg

お店の前は真っ白です。
昨日の夜も、雪が降りました。今日の朝も、ヒデが頑張って除雪してくれました。
駐車場と、歩道と、車道と、区別つかない白さです。
まぶしいんだなーこれが。

お店は南向きだから、晴れるととっても暖かいです。
ポカポカして、春みたいな陽気です。
半袖でも大丈夫ですよ。

こんな時は、うちでは猫たちもきっと暖かい。
きっと、こんな感じで。

080201-2.jpg

見ているだけで暖かい。
にゃー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。