自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おそばも食べたし
2007年12月31日 (月) | 編集 |
今年の年越し天ぷらそば。
071231-2.jpg

北海道は、住宅の窓が2重になっているので、
例えば本州だったら4枚拭けば良い窓が、こちらだと倍の8枚拭かなければならないことに
掃除をし始めてハッと気がついた、ねこ村夫妻。
時既に遅し、途中でやめるわけにもいかず、気付いたら無言で窓拭き窓拭き。
大掃除にも北海道を感じた大晦日。いい運動になりました。

クローゼットも、何がこんなにというぐらい出てくる出てくる。
片付けて片付けて片付けて、よっしゃあ!すっきり!
来年は、リビングのクローゼットやろうね。それまでは、見て見ぬ振りしておこうね。

思った以上に時間がかかって、だからおそばの美味しかったこと美味しかったこと。
最後まで、美味しい幸せに包んでもらったねこ村夫妻でした。

さて、2007年も残すところあとわずか。
今年は、本当にたくさんの方とブログを通じて知り合うことができました。
更にはその中の何人もの方が、ねこ村パン屋に足を運んでくださいました。
多くが予告なしのサプライズで、どれだけ驚かされたことか!
すごく嬉しかったです。

また、いろんな世界観の方と知り合え、その考え方に触れるにつけ、
常に新しい発見や感動、意識を持つことができました。
目に見える星の数より多くの人が、今ブログをやっていると思いますが、
その星の数の中からめぐり合えた運命に、今本当に感謝しています。

個人的には、なんといってもタップとファイターズでしょうか。

初めて札幌ドームに応援に行った試合。勝った試合。負けた試合。
秋の紅葉狩りをキャンセルしてまで観に行った、9月の首位争い。
野球というものを楽しさを、今年生まれて初めて知りました。

タップは、激動の1年でした。
北海道に来てくすぶっていたタップへの思いが、今年突然弾けた、そんな感じ。
1年通して、タップを追い続けてきた気がします。

今、ハナはヒーターの前ベストポジションでまったり、
トキはその横でみんなの動きをチェック中、
ユメはハナの隣によっこらせ、
ヒデはソファに座って『のだめカンタービレ』読んで大笑い、
ワタシは今年最後のブログの更新をしています。
明日もお休み。ああ、気持ちいいな。

今年も1年、ありがとうございました。
どうぞみなさん、良いお年を!
071231-3.jpg
来年も、いっぱい笑っていきましょー!
スポンサーサイト
2007のKを振り返る
2007年12月31日 (月) | 編集 |
今年最初に記事に、1年の計は元旦にありとのことで2007年の計を書いていました。
『2007のK』
今年最後の日に、2007のはかりごとはいかなる結果を迎えたのか、振り返ってみます。

「まず、風邪を引かない」

・・・思いっきり引いちゃいました。しかも、寝込んむほどの風邪を。
胃腸炎とインフルエンザ、ともに今年残り数ヶ月のところでです。
それまでは順調に行ってたのになあ。油断したのかなあ。
風邪・・・たかが風邪、されど風邪。
うーん、悔しい。

「あと、キレイになる」

これは・・・かなりイケたんじゃないでしょうか。
あいやいや、あの、あれですよ、「筋肉が」ですよ。
バレエやタップのレッスンで、使う筋肉を意識しようとする脳の筋肉が発達してきたことが
目指すところの「しなやかな筋肉」に、少し近づけるポイントになったのかなと思います。
そうか、脳みそだったのか、足りなかったのは。
うすうす気付いてはいたけど、やっぱりそうだったのか・・・

そしてお肌の方は、続けてます、佐伯チズさんのローションパック。
お肌に関してはかなりコンプレックスを持っているので、・・・お肌に関して「も」か、
だからキレイになったのかどうかは分からないのですが、まあ、継続は力なりということで、
やってなかったら、もっとダメダメなお肌になっていたと思うことにしましょう。

ふーん・・・
パーフェクトではないけれど、年間通して続けてこれたという点では合格点。
でも意識してやってきたわけではなく、終わってみたら1年やっていたなという感じで
そう思うと、1年の計はやっぱり元旦にあるのかも。

さて、お天気も良くなって来たし、気温も上がってきたし、大掃除始めようか。
今年はヒデと一緒に掃除できるから楽しみ。
窓と、クローゼットの整理。あとは普段どおりの掃除でいいでしょう。
終わったら、ちょっとお買い物。

071231-1.jpg
「がんばんなー」
ねこ村パン屋仕事納め
2007年12月29日 (土) | 編集 |
ねこ村パン屋、本日2007年仕事納めでした。

今年はしんどい数字の1年でした。
あり得ないぐらいしんどい1年でした。
要因はいくつも考えられるのですが、
1番の要因は、結局、
全てに於いて自分自身だと思います。

反省するには、あまりに嫌な自分と向き合わなければならないので、しません。
その代わり、来年は、その要因をひとつずつ解消していく努力をします。
しんどい思いして反省するより、そっちの方がずっとしんどい。
だけど、やってみます。

数字以外では、本当に嬉しくて実りある1年でした。
ねこ村パン屋を媒体にして、たくさんのネット友達と会えました。
なんていうんだろ・・・
自分の中に、何かエネルギーのようなものが注ぎ込まれて、
ひとつひとつの出会いが、私の中で実りの種となって溶けてこんでいく、
そんな感じでした。

明日の大掃除で、年内お店に行くのは最後になります。
今年、数字と共に下がって上がることの出来なかった私たちのモチベーションも、
掃除してすっきり綺麗に流してきましょう。
そして明日は、お昼ごはんに吉野家の牛丼食べに行くぞー。
それまでにどこまで掃除を終わらせられるかが、ひとつの鍵です。
ごはん食べてマッタリしたら、そこから掃除の続きがめんどくさくなっちゃいそうだから。

・・・終わらなかったら、泣いてヒデに手伝ってもらおう。

071229.jpg

とりあえず、1年間お疲れ様でした。
来年は来年の風が吹く。その風に乗って進んでいこう。
デビュー戦決定
2007年12月27日 (木) | 編集 |
アキのデビュー戦が決まりました。
来年4月21日の日曜日、場所は札幌随一の歓楽街ススキノです。
ススキノ?何のデビューだ?!

8月の最初。
今のスタジオにタップの体験レッスンを受けに行った日。
この日の歓びは、今でも鮮明に覚えています。
練習しながら、私笑ってた。嬉しくて。

8月の終わり。
正式にそこのスタジオに通うようになった最初の日。
「いつかまた、何も考えず、タップのステージに立てたらいいな。」
その日がこんなに早く来るなんて、この日は夢にも思っていない。

先月だったかな。
レッスンの後、先生からタップのユニットへ参加しないかと声をかけて頂きました。
先生の構想なども聞かせてもらって、・・・いえ、聞かせてもらわなくても返事はひとつ、
「やりたいです」

来年4月、タップダンサーアキが札幌デビューします。

って話を、タップレッスン納めの今日、初めて知りました。
まぢでー!
ユニットの話、こんなに現実だったんだ。
ちょっとだけ、「いつかそのうちにねー」っていう希望の話かと思ってた。

今年最後のタップのレッスン。
最後の日に、大きな目標と課題を与えてもらいました。
心の中で、静かに闘志の火が燃え始めています。メラメラ。
久し振りだ、この感覚。

ということで、来年4月、時間のある方は是非アキのデビュー戦に応援に来てください!
詳しいことは、私もこれ以上はサッパリ分かりません。
とりあえず報告とスケジュール調整のお願いを。なんちって。

タップの神様。生きる場所を与えてくださってありがとう。
照れ屋とジャズ
2007年12月26日 (水) | 編集 |
ちょっと血迷って、ジャズダンスのレッスンを受けてきました。
ジャズダンス・・・かれこれ5年振りぐらい?
実は私のダンス初体験は、何を隠そうジャズダンス。
今では、ヒップホップ、コンテンポラリーに続いて苦手なジャズダンスです。

いんやあ~~~~~~~~あ!
大変だった・・・
ジャズって、あんなになにかと動きが早かったんですね。
忘れてたわ・・・

いろんなダンスの基礎として、バレエのテクニックはあっていいでしょうが、
タップに有効なのは、バレエではなくジャズのテクニックや魅せ方だと思っているので、
ジャズもカッコよく踊れるといいんだけど、いいんだけど、
今日の私は踊ったんじゃなくて思いっきり踊らされてました。

途中からは、鏡見るのもおっかなくなって現実逃避です。
だって見ちゃうと、あまりの不細工さに笑っちゃうんだもん。
いわゆる、苦笑いっていうんですか、苦笑ですよ、苦笑。
自分に苦笑。

なんでかな。
タップは、タップシューズ履いただけで細胞レベルで自由を感じられるのに、
ジャズは迷える子羊のごとくオロオロしてしまいます。
多分、ジャズで自由になることを、どこかで恐れている。不安に思っている。
もしくは、恥ずかしく思っている。
そんなとこだと思います。

タップは、ステップという動かしがたい真実が存在して、
バレエも、パという動かしがたい真実が存在して、
私はそれを心の頼りに、自分を表現できるんだけど、
ジャズやヒップホップ、コンテンポラリーには、その動かしがたい真実がなくて、
それが私には、あまりにも心許なく、自分をさらけ出さなければいけないようで、
恥ずかしいんです。
意外と照れ屋さんでしょ。照れ屋さんなんですよ。

そう思うと、ますますタップが好きになってくる。
タップシューズは、魔法のシューズ。
あのシューズを履いていると、何でも大丈夫って気がしてくるもん。

つまり、今日のレッスンで1番の収穫は、やっぱりタップってこと・・・
にゃにゃにゃ、それだけじゃありません!
ん~と、ジャズダンスはやっぱりカッコイイ。
踊れれば。・・・。

やっぱタップだよー!

071226.jpg
「さらけ出すのだ!」
ねこ村の美味しいクリスマス
2007年12月25日 (火) | 編集 |
071225-1.jpg

今年も、 『創作菓子 ラティーネ』 さんから、クリスマスケーキを届けてもらいました。
私たちが東京に住んでいた時、同じ町内にあったケーキ屋さん。すごく美味しいんですよ!
クリスマスも忙しいところ無理を言って、毎年作ってもらっています。

071225-2.jpg
全体像はこちらです。ちょっとキラキラさせてみました。
ケーキの周りには、サンタさんを先頭に雪だるまとキノコがぐるりと可愛いです。
このケーキは北海道まで送るため、崩れないようダイナミックデコレーションになっています。
実際のクリスマスケーキは、こちらから見られます ⇒ 『ラティーネクリスマスケーキ』
とっても繊細でしょう~!お店に並ぶケーキは、みんなキラキラ宝石みたいなんですよ。

中はこんな風になってました。
071225-3.jpg
ホワイトチョコの天使が、レンガの壁にもたれかかって誰かを待っていますね。

あっさり生クリームがタップリ、フルーツはイチゴではなくマンゴーかな、
スポンジは冷凍で送られたとは思えないぐらいしっとりふっくら。
口の中に入れると、クリームとスポンジがフワッと溶けるんですよ~うわあ!
「口どけがいいっていうのは、こういうことを言うんだね~」
あまりの感動に、目をつむって幸せのケーキを味わうふたり・・・

北海道に引っ越す1週間前には、本当に毎日通ったケーキ屋さん。
北海道に来てからは、ラティーネを超えるケーキには出会えなくて、
あちらこちらのケーキを食べるたびに、ラティーネを思い出していました。
北海道まで送ってもらえることが分かった時の、喜びと興奮といったら・・・!

オーナーパティシエの心がこもったケーキ。
北海道にいる私たちのことを思いながら作ってくださったのが、ひと口食べたら分かるんです。
作り手の愛情が伝わる、真心溢れる素晴らしいケーキです。

そうだ、ケーキの前にはこれも食べたんだった。

[READ MORE...]
ピザの季節の憂鬱
2007年12月23日 (日) | 編集 |
ねこ村パン屋のクリスマスシーズンは、ピザのシーズンでもあります。
ヒデの作るピザ。
トッピングはお客さんの好みに合わせて。
1枚1枚、来店時間に合わせて焼いていきます。
ピザは、焼き上がってから30分のうちに食べてください。
冷めてしまうと、ピザの美味しさは失われてしまいます。
チーズがみよーんと伸びる、そんな新鮮な時間でお召し上がり下さい。

電話がかかってきました。
2時にピザを予約のお客さん、今から行きますと1時10分ごろ。
今すぐは無理なので、1時35分ぐらいにならなんとか焼き上げられると答えるヒデ。
そりゃそうさ。
生地を伸ばして、ソースを塗って、トッピングを載せて、釜に入れて、
そこから焼き上げるのに10分・・・すぐになんてどう考えても無理。
ということで、1時35分に受け渡し時間が変更になりました。
全ての作業を後にして、急遽ピザ作りに入るヒデ。

そして、1時35分。
ピザは焼き上がったのに、お客さんが来る気配はなし。
時間はどんどん過ぎていき、ピザはどんどん冷めていき、
お客さんがお店のドアを開けたのは、1時55分。

なんで?

2時だったのを、お客さんの要望で時間を早めて、
ちゃんと約束の1時35分には用意して待っていたのに、
なんで1時55分なの?だったら、最初の2時のままで良かったんじゃないの?
何のために時間変更したの?

「ピザがかわいそうだよ」

ヒデはいつも、お客さんのことを、そして、パンのことを考えています。
ヒデのパンが優しい味がするのは、パンに愛情をこめているから。
パンへの愛情がいっぱい詰まっているから。
ピザももちろん一緒です。

お客さんに美味しく食べてもらいたい。ピザも美味しく食べてもらいたい。
届かない、この気持ち。

毎年、ピザの受け取り時間に関しては切ない気持ちになりますが、
今年もやっぱりそうなっちゃった。
なんなんだろうなあ・・・
今日何曜日?
2007年12月22日 (土) | 編集 |
いつもお店の厨房で流れているラジオ。
あれ?何でこの人が喋ってんの?
・・・あ、そうか、今日土曜日か。
そっかそっか。今日は土曜日。今日は土曜日っと。

ねこ村パン屋、29日まで休まず営業中です。
今年は定休日が24日にあたったから、定休日なし。
クリスマスシーズンは最後の稼ぎ時。がんばりまっせー。

お休みがないと、曜日感覚までなくなるんですね。
普段だと、土曜や日曜は、外に出た瞬間、
町の空気が休日モードなのを感じられるけど、
今日は全くそれを感じないで、お店まで行ってしまいました。
だから、平日と同じ感覚で、あれ、なんかおかしい。
地に足ついてないような、フワフワッと・・・

この前12月になったばかりだと思ってたのに。
もうクリスマス。
やっぱり地に足ついてないのかな。

071222.jpg

「大丈夫、ボクがしっかり乗っかっててあげるから」
もやもやもやもや
2007年12月21日 (金) | 編集 |
昨日のタップのレッスンは~・・・思いっきり消化不良。
近年まれに見る消化不良で、そんな自分にびっくらこいてる自分がひとり・・・

大好きなルパン三世。

どれだけ好きかというと、子供の頃、
本気でルパンファミリーに入りたいと思っていたとか、
ルパン愛用ワルサーP38のモデルガンを自分で買って組み立てて、
2畳半のマイルームで、オレンジのプラスチックの玉をパチコンパチコン撃ってたとか、
映画『ルパン三世 カリオストロの城』の台詞を覚えるぐらい見てたとか、
今でもルパンの曲を聴くと、なんだかソワソワしてしまうとか、
これぐらい好きです。

その、大好きなルパン三世のテーマ曲で、大好きなタップを踊る。
こんなにルパン三世好き冥利に尽きることはないじゃあないですか。
なのに、消化不良・・・

ステップは分かってる。
タラッタ~タラッタ~タラタダンタンタラララタ・ダン・ダン・ダン
じゃなくて、
タダッタ~タラッターアタラダダンタンダラララダ!ダン・ダン・ダン
こっちだ。

「タ~」が「ターア」とか、「ラ」や「タ」が「ダ」とか、「タン」が「ダン」とか、「・」が「!」とか、
これだけで、ステップ踏んでて感覚違ってくるんですよ。全然。で、
「タラタダンタンタンタラララタ・」は、今まで私がやってきたタップの感覚。
「タラダダンタンダンダラララダ!」は、恐らく今習っているリズムタップの感覚。
そりゃあどっちが楽かって、タラララタの方が私はやりやすいですよ。
でもそれじゃ、リズムが合ってるだけで、ビートが違う・・・ビートが違うんだあ!
ま、実際、タの音とダの音、出すステップも違うんですけどね。
分かってるんだけどー!分かってるんだけどー!体が勝手にいー!

慣習って恐ろしいですね。
分かってるんだけど、体が勝手に動いちゃうんですよ。
「それは結局分かってないってことじゃないの?」と言われれば、「ハイそのとーり!」
あああ、でも本当に体が勝手に・・・足が勝手に・・・

先生によってステップの嗜好は様々だから、
あの先生は「こう来るならこう」が、この先生は「こう来たらこう」みたいな、
同じような違うような・・・つまり違うんです。

ああっ!だから何が言いたいの、ワタシッ?!

だからつまり、タップ楽しいな~大好きだな~ってことです。
そうなんでしょ?
あーもー消化不良ー!

071221.jpg
「・・・終わった?」
シュトーレンに想う
2007年12月20日 (木) | 編集 |
今日から、ねこ村パン屋でもシュトーレンの販売を始めました。
シュトーレンは、ざっくばらんに言うとドイツの伝統的なクリスマスパンです。
シュトレンと呼ぶのが正しいみたいですが、日本で一般的な呼び方はシュトーレン。
ねこ村パン屋でも、シュトーレンと呼んでいます。
日本でクリスマスにケーキを食べるのと同じように、ドイツではシュトーレン食べるんですって。

ねこ村パン屋のシュトーレン、1本2200円です。
予約優先の限定個数で作ったので、今年お店で売るのはほんの少しだけ。
それでも2200円という金額、店売りで売れるのかどうか、微妙な心境です。

「それから、あのこれ、1本下さい」
「・・・シュトーレンですか?!」
「そうです」

ビックリ!いきなり売れました!
思わずシュトーレンかどうか確認しちゃいましたよ。間違いなく、シュトーレン。
普通にパンを買いに来られたはずなのに、シュトーレンもお買い上げです。

私、シュトーレンが売れると本当に嬉しいんです。
だって、2200円ですよ。しかも年に1度、この時期だけの商品だから味見も出来ません。
でも、買っていってくださる。
うちの味を信用してくださっている証拠だと思うのです。

予約を頂くのも・・・

今年も予約をくださった方。
今年初めて予約してくださった方。
どちらの方も、やっぱりねこ村パン屋の味を信頼してくださっていると思うのです。
こんなに光栄なことはありません。
大げさではなく、心が震えるぐらい嬉しい。
言葉では伝え切れない、感謝の気持ちに溢れます。

パンの神様が、その年最後に与えてくれる大切な贈り物。
ご褒美と、教訓。
お客様への感謝の気持ちで満たされることと、それを何があっても忘れないこと。
パンの神様は、いつも私たちをちゃんと見ていて、
その時に必要なものを与えてくれます。

さあ、今年もあとわずか。最後まで頑張ります。
その頃カレは・・・
2007年12月19日 (水) | 編集 |
071219-1.jpg
「キライ!」

071219-2.jpg
「キライ!!」

も、好きのうちなんでしょ?

だって・・・

071219-3.jpg

笑ってるもん。
ある日のふたり
2007年12月18日 (火) | 編集 |
071218.jpg

高速スリスリ。

そしてガブリ。

いでー!それ、私の足だってば!
喋って踊って
2007年12月16日 (日) | 編集 |
『POCO A POCO』のポコよしちゃんちに、遊びに行きました。

「最寄り駅に着いたら電話ちょうだい」
と言われていたので、駅に着いて電話しようと思ったら、電話番号知らなかった・・・
こういう時、携帯電話っていうのはメール機能があって助かります。

ちょうどお昼時。
宅配インドカレーを注文して、届いたカレーを食べながらオシャベリオシャベリ。
お茶を飲んでオシャベリオシャベリ。コーヒーを飲んでオシャベリオシャベリ。
はあ~くつろぐ~たのしい~・・・!

今回遊びに来た目的は、オシャベリだけじゃありません。
実は、ポコよしちゃんと私は、ダンスユニットを結成しているのです。
コンテンポラリーとタップのコラボレーション。
その、曲合わせやら何やらをやりたかったのです。

ポコよしちゃんは、去年、右太ももに悪い腫瘍が出来て右足全部を切断しました。
でも、今風に言うなら、「そんなのかんけーねー」です。
タップだったら無理だけど、コンテンポラリーなら問題ないし、やろうよやろうよ。
ということで、ユニット結成しました。

ポコよしちゃんが選曲してくれた曲で、お互い動きながら模索していきます。

「ここのとこ、こういう感じの動きがいいんだよね」
「今さっきの、すごく良かったよ、それ使おうよ」
「ここではこういう音が欲しいんだ」
「私、ここは動かない方がいいな」

2人とも初めての試み、手探りの中、曲を流しながら体を動かしていくと
最初にイメージしていたものとは違う、新しい息吹が次から次へと芽生えてきて、
なんかすごい!面白い!やっぱり頭使うより体使う方がいーねー!
楽しーねー!

「目指すは 『情熱大陸』 だから」
「えええっ?!」
「それぐらいの気持ちでやりたいし、やんなきゃ意味ないと思うんだよね」
きゃっ!図々しいゾッ!
でも、ちょっとは本気です。それぐらい、本気でやりたい。チャレンジしたい。
せっかく念願のパートナーとユニットが組めたんだから、遊び感覚ではもったいない。
お互い射手座だから、目標があれば、そこに向かって矢を射ることに何の抵抗もないはず。
さあ、ビュンビュン射りまっせー!

これから2人がどんなユニットになっていくのか。
きっと私たち2人が、1番楽しみに思っていると思います。乞うご期待!



ポコよしちゃんからクリスマスプレゼント。ヒデと私に貰いました。
私は天使の絵柄の入った石けんを。
念のため、「食べちゃダメだよ」と言っておきました。
なんちゃって納め
2007年12月14日 (金) | 編集 |
昨日は、バレエのレッスン納めでした。
今月後半は、私のスケジュールとクラスの時間が合わない為、
残念ながら、今月半分を残して、昨日が今年最後のレッスンとなりました。

フリーのクラスで、昨日は私を入れて生徒は5人。
私を除いた全員がアンダートゥウェンティ~で、わー大人はあたいだけっ?!

「これはチャンスだと思おう」

以前だったら、完全に萎縮して頭真っ白で冷や汗かきまくっていた私ですが、
みんな、小さな頃からバレエをやっている真正バレリーナなので、
当たり前ですがとても上手とても綺麗、右を向いても左を向いてもお手本だらけ、
これはどう考えてもチャンスでしょう。

キラーン・・・盗む!

なんちゃってバレリーナの本領発揮!
その綺麗な動作を盗めるだけ盗むのだ!
あの子からもこの子からも、いろいろお持ち帰りしちゃる!

実際、上手い人とレッスン受けると、すごく良い影響を受けられます。
いい意味で引っ張られるんです。正しい方向に。
ちょっと上手いぐらいじゃダメ。確実に上手い人と。

だからかどうかは分かりませんが、昨日はピルエットがびっくりするぐらい回れました。
多分、なんちゃってバレリーナ人生で1番安定して回れたと思います。
先生から指摘された、腹斜筋と、もっともっと体の中心っていうことを意識したら、
あれ?あれ?っていうぐらい、思うように体がクルクルッと。
ブラボーアキちゃん!

この時の気分を例えるなら、花火大会で、最後の連続打ち上げ花火が
ババババババーン!と上がった時でしょうか。「うおおーすげえー!」みたいな。
打ち上げて燃え尽きてまぐれでしたにならないよう、
あの感覚を来年までちゃんと覚えておいてね、私の体と脳細胞。

多少暴れたところもありましたが、上手い子達に何とかついていけた、
頭もしっかりしてたし、かいた汗は冷たい汗じゃなかったし、ビビらなかった、
それらを総括してみて、今年も1年よく頑張ったと思います。
何度も言うように、私はやっぱりタップダンスが1番、それは不動で、
バレエはダンスのテクニックとダンサーとしてのボディメンテナンスの為にやっていますが、
それはそれで、やっぱり、クラシックバレエが大好きです。

071214.jpg

レッスン終わってみたら、駐車場で待ってくれてたでめきんが美味しそうになっていました。
サンタとシクラメン
2007年12月12日 (水) | 編集 |
先週の夜、とあるお客さんから、可愛いシクラメンの鉢植えを頂きました。
ヒデのことを「マスター」、私のことを「ママ」と呼ぶその男性は、
まん丸頭とまん丸お腹、これで白くて立派な髭が生えていて赤い服を着ていれば、
どこから見てもサンタクロースな新聞配達員さんです。

どちらかと言うと、いえ、どちらかと言わなくても女性だったらドン引きするタイプ。
「何この人」とか「近寄りたくない」と、間違いなく思われるタイプです。
女性のお客さんに、露骨に嫌な顔されたこともありました。
怪しげな雰囲気を身にまとっちゃっているんですよね、このサンタさん・・・

でも、私はサンタさん好きです。
最初はお客さんだからっていうのもありましたが、
オシャベリしていると、サンタさんの確かな温度を感じられるのです。

よく悪態もつかれます。それもご愛嬌。
サンタさんも分かって言っているし、私も分かって応対している。
私が唯一「パン買ってって下さいよ」って図々しく言える、そんな間柄なのです。

気分が乗らない時は、パンを買いに来てもひと言も発しません。
そういう気分なんだなって分かっているから、私も特に何も言わないし、
サンタさんは、私が分かっているのを分かっていて、黙って帰っていきます。
すごい気分屋さん。
そこがまた私は面白くて、1人ニヤニヤしているのです。
そんな様子を見て、ヒデは戸惑っているみたいです。

決して、身なりがいいとは言えないサンタさん。
言動以上に、見た目でものすごく損をしているかもしれません。
きっと、サンタさんはそれも分かっている。
分かった上で、サンタさんはサンタさんの生き様を貫いているような気がします。
その生き様には、パン屋に花をプレゼントするという粋な心もあって、
誤解されやすいサンタさんの、そんな一面に触れられることが
私はとっても光栄だったりするのです。

071212.jpg
美味しい幸せ
2007年12月10日 (月) | 編集 |
西洋ドラ焼き?


違います。ヒデが作ってくれたケーキです。
昨日は私の、第にゃー回21才の誕生日だったのです。

さて、この円盤・・・基、バースデイケーキ、中身はどうなってるかといいますと・・・
071210-2.jpg

はみ出てる!!!なんかいっぱいはみ出てるよ!!!

スポンジケーキのはずが、出来上がってみたらなぜかブラウニー。
包丁入れたらスポンジが頑固で、中身がみょーと飛び出してきたのです。
サッパリした生クリームの中には、イチゴとマンゴーとブラウニー風スポンジ。
「ケーキだと思わないで、ブラウニーにクリームつけて食べると思えばいいんだよ」
ビターなブラウニーとふんわり生クリーム、ジューシーフルーツ、美味しかったです。

ケーキでお腹いっぱいになったので、マンションのレクリエーションルームで
卓球をして腹ごなし。ウハウハとピンポンに興じた後は、ヒデシェフによるディナーです。

071210-3.jpg

ぺスカトーレに鱈のアンコーナ、シークワーサーのジュースです。
これ、ぺスカトーレ、見てくださいな。
071210-4.jpg

タップリ魚介、平たい麺のフェットチーネにトマトソースがしっかり絡んで、美味しそうでしょ。
魚介のだしがきいていて、トマトの程好い酸味と甘味、塩加減、全てのバランスがサイコー!
ヒデの作るパスタはいつも好評ですが、このぺスカトーレも私と作った本人大絶賛でした。

071210-5.jpg

もうひとつ、鱈のアンコーナ。アンコーナとはイタリアの地方料理だそうです。牛乳煮込み。
本当はジャガイモを使うのだそうですが、私がジャガイモ苦手なのでレンコンで。
大好きなローズマリーの香りがふわっと漂い、あっさり牛乳ソースがまた美味しいこと。
シャキシャキのレンコンとホロホロの鱈によく合っていました。

美味しいものを食べることが、生きる幸せのひとつだとすると、
昨日の私は、この上ない幸せに包まれて過ごすことができました。
これもひとえにヒデのおかげ。ヒデ、素晴らしい誕生日を過ごさせてくれてありがとう!
森の宝物
2007年12月08日 (土) | 編集 |
『いんでないかい北海道』のezomomongaさんが、ねこ村パン屋に来てくださいました。
お店に入られる時から、ものすごくニコニコオーラを放出されていたのですが、
お話させていただくと、そのオーラが2倍3倍に膨らむスーパーニコニコezomomongaさん。
実は私、ezomomongaさんの写真の大ファンなんです。

特に動物たちの写真なんて、可愛い通り越して面白いんですよ。
面白いエゾリスとか、面白いナキウサギとか、面白いなんとかとか・・・
なんでこんなに面白いんだろうな~と考えていたら、今日気付きました。
そこには小さな生き物達のありのままの姿があるからなんですね、きっと。

木の上で、食べようと持っていたご馳走を落として固まってしまったエゾリスとか、
冬に備えてありえないぐらい木の実をがっつくエゾシマリスとか、
もう、可愛いんじゃなくて可笑しいんですよ。
で、この感覚って何かに似てるんだなあと思っていたら、うちのにゃーたちです。
うちのにゃーたちも、可愛い通り越して可笑しいんだけどそれがまた可愛いんですけど、
ezomomongaさんの動物たちも、まさにそれと同じなんですよね。

そして今日、ezomomongaさんのニコニコオーラを見るにつけ、
そうか、こんなオーラを出している人だからこそ、あんな写真が撮れるんだなと
ものすごーく納得しました。
きっとezomomongaさんは、私にも、エゾリスにも、カラマツにも、同じように
「地球は丸いんだよ~」
ってニコニコしながら話しかけてくれる、そんな方だと思います。

071208.jpg

ezomomongaさん製作、2008年カレンダー
基本的に、自宅には時計もカレンダーも置かない主義なのですが、
このカレンダーは、ezomomongaさんのブログで見た瞬間に一目ぼれ。
ezomomongaさんが森で見つけた12の宝物。来年が待ち遠しい~。

ezomomongaさん、お会いできて本当に嬉しかったです。
野幌の森はいかがでしたか?
優しいオーラいっぱいのご主人と、陽だまり色の車と、スーパーニコニコezomomongaさんと。
私は今日1日、森の神様から贈り物をいただいたような気分でした。
情熱スタート8年前
2007年12月07日 (金) | 編集 |
8年前の今日は、ヒデがアキに告った日です。
ヒデが人生の大博打に出て、アキがその真っ向勝負を受けて立った日ともいいます。
あれから8年。2人でひとつの車窓の旅は、まだまだ始まったばかり。
楽しい毎日です。

ダンスとバイトの毎日で、好きな事をしていたので不満はなかったけど、
ヒデと一緒に過ごすようになって、「ひとりよりふたり」の意味を初めて知りました。
実はそういうタイトルの本を持っているのです。
でも、本を読むよりもずっとずっと、「ひとりよりふたり」。
ヒデってすごいなあ。

うちに帰ると、「ひとりよりふたりより3匹」。
この3匹がまた、どうしようもないぐらい可愛いんですよ。
しかもヘンで。そのヘンさ加減が可笑しかったり可愛かったり。
ワタシこんなに幸せでいいのかしらと思うぐらい、「ひとりよりふたりより3匹」です。

8年前の大勝負、密かに、軍配は私に上がったんじゃないかと思っています。
私だったらアキに告るかなあと思うと、多分告らない。やだよ、こんなワガママな女子。
いまだに 「ヒデ、ナゼ?!」 と思うことしょっちゅう。
でも、私はすごく幸せだから、やっぱり私の勝利じゃないのかなあ。


先日、ムラニャさんにステキなプレゼントを頂きました。
071207.jpg

「赤い泡風呂らしいよ」
「・・・これ、残り湯洗濯に使えないじゃん」
ムラニャさん、ご心配なく。
私たちのパッションは、いつまでも冷めることはないですから。
それより、ムラニャさんこそお風邪早く治りますように・・・


ヒデありがと。うふふのふ。
ビッグな風邪のビッグなパワー
2007年12月05日 (水) | 編集 |
記憶にある限りで生まれて初めてのインフルエンザにかかりました。

お医者さんに「インフルエンザだなあ」と言われた時には、
一瞬元気になるぐらいしこたまビックリしました。
私はインフルエンザにはかからない人間だと思ってたのに・・・不覚。

インフルエンザはしんどいと、話にはよく聞いていたのですが、
喉もと過ぎたらしんどさすっかり忘れちゃって、記憶に残っているオドロキと言えば・・・

『2日で体重が2キロ以上落ちた』

・・・これに尽きるでしょうか。

体重計乗った瞬間、「?」と思ってもう1度。
「・・・ふおおおお~~~~ありえねー」
10代最初の頃、そういえばそんな体重の時があったっけねえ・・・
っていうぐらいの数字が何度計っても表示されて、これまたしこたまビックリ。
恐るべし、インフルエンザ。寝ているだけでも2キロ減。

だけどアキちゃん、ちょっと待って。
体脂肪は変わってない。体重だけが減ってるよ。
いいの、大丈夫、分かってる。
落ちたのは脂肪じゃなくて、筋肉だって。
切なあ~~~~い・・・

まあ、いきなり2キロも筋肉が消滅することだってありえないですから、
200グラムぐらいは脂肪が消滅してくれたんじゃないかと思いますが、
いや、そもそも何が2キロも減ったのかサッパリ分かりませんが、
とにもかくにもインフルエンザ、すごいですね。
普通の風邪じゃ、2日でここまで体重落とせませんよ。
高熱よりも何よりも、インフルエンザの威力を感じた瞬間でした。


追伸。かずさんへ。
インフルエンザじゃないってウソついてごめんなさい。

ダウンしてましたー!
2007年12月03日 (月) | 編集 |
ご無沙汰しております。
気付いたら12月ももう3日、早いですね。

先週の火曜日から、ビッグな風邪を引いて寝込んでおりました。
寝込んだのは丸2日ほどですが、すっかり体力奪われてしまい、
日常生活を送るのに少々ゼーハー息切れのする毎日を送っています。

ブログもほったらかしのまま、コメントのお返事なども遅れてしまいました。
いつも様子を見にきてくださっていた皆さん、本当にゴメンナサイ。

おかげさまで、風邪はほとんどよくなりました。
これからは少しずつ体力&筋力戻していって復活する予定です。
皆さんのところにも、ぼちぼちと顔をのぞかせていただくつもりです。
また、遊んでくださいね♪

皆さんも、風邪などにはどうぞ充分気をつけて。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。