自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンフェスティバル2007
2007年11月25日 (日) | 編集 |
行って来ました、北海道日本ハムファイターズファンフェスティバル2007。

071125-1.jpg

さやぼんさん夫妻とさやぼんさんご両親とねこ村夫妻と。
ヒデがひとあし先に行って席を確保してくれていたおかげで、ほぼ満員の札幌ドーム、
なかなか良い席でゆっくり楽しむことが出来ました。サンキューヒデグッジョブ!

ファンフェスティバルと言うと、私のファイターズの原点。
というか、始めて札幌ドームの中に入って、初めて生の選手を見たのが
去年のファンフェスティバルで、ここから私のファイターズが始まったのです。

去年同様、選手との写真撮影やサイン会、ハイタッチなどふれあいイベントや
トークショー、キックベースボールなどの楽しいイベントがある中で
私の今年のファンフェスを象徴したのは、この2つでしょう。
トレイ・ヒルマン前監督のファイナルライブと、田中幸雄選手の引退セレモニーです。

071125-2.jpg

ヒルマン前監督が1番最初に選んだ曲は、Daniel Powter の 『Bad Day』
「皆さんのよく知っている曲です」と言われながら、最初は分からなかったのですが、
「Cause you had a bad day~」と、いつも流れるサビの部分を聴いた途端に
涙が溢れてきました。
これは、金子誠選手会長が打席に立つ時の登場曲なのです。
この曲を選んだ理由は、ヒルマン前監督に聞いてみないと分からないことですが、
最後の最後に、ファンの前でこの歌を選んで歌ってくれたことを思うと、
次から次へとこぼれ落ちる涙を、止めることが出来ませんでした。

ヒルマン前監督の退団会見に端を発し、シーズン終了後もチーム内の進退問題など
いろんなことをいろんな記事などで言われ続け、正直心も乱れることもありましたが、
改めて、目の前で起こっていることを信じようと思った瞬間。

田中幸雄選手の引退セレモニーでは、幸雄さんが挨拶に登場する前
闘将会の先導で、幸雄さんの応援歌を歌いました。
けど、やっぱり歌えなかった。こういうの、こらえられなくてダメだ・・・
幸雄さん、最後までちゃんと挨拶してくれたのに。

071125-3.jpg

前監督、選手会長、投手代表、捕手代表、外野手代表、内野手代表による花束贈呈の後、
ベンチからみんながワラワラと出てきて、幸雄さんをワッショイワッショイ胴上げして、
人間花道で幸雄さんの札幌ドームラストロードを飾りました。
最後は涙じゃなくて笑顔で。これが、ファイターズというチームなんだろな。

そうそう。
幸雄さんの花束贈呈には、シリーズ終了後に阪神タイガースにトレード移籍した
金村暁投手も登場しました。金村選手も、ファイターズを代表する選手の1人でした。
花束を渡す選手。花束を受け取る選手。
もうファイターズのユニフォームでプレーする姿を見ることはないと思うと、寂しくて。
写真撮りたかったけど、それよりしっかり目に焼き付けておきたかったので。
時間経って落ち着いてみたら、やっぱり写真撮っとけば良かったな~。

去年は、まだ選手の名前も知らない人の方が断然多くて、
写真撮影の幸雄さんを見ても、「誰だろうこの人」というぐらい無知で、
あれから1年、私はいっぱいファイターズのことを知って、
そしてこれからの1年、新しいファイターズのことを知っていって、
来年、またこの場でこうして、選手と笑うことが出来たらいいなと思いました。

梨田新監督、よろしくお願いします。
今日は緊張されてましたよね。私も、期待と緊張で、正直少し身構えてました。
来年のファンフェスティバルは、ユニフォーム姿でのパフォーマンス期待しています。

ちなみに、今日のMVPはこの2人に。
ハッスル部門に工藤隆人外野手。
キックベースボールでのハッスルぶり、まるで子供な笑顔で弾けてましたよ。
そして演技部門で坪井智哉外野手。
同じくキックベースボールでの熱い監督ぶり、そして罰ゲームのダンス『スイングスイング』、
場の空気の読み方といい、プレーだけではないベテランの輝きを見せてもらいました。

心に残るファンフェスティバル、ありがとう!
スポンサーサイト
アキちゃん
2007年11月23日 (金) | 編集 |
「アキちゃんちも猫いるの?」
「います~」
「うちもね、いるの」

・・・今、アキちゃんって言った?

「何の話?」
「ねこ村さんちも猫飼ってるんですって」
「そうなの?」
「ハイ、3匹います~」

・・・気のせいか。

昨日は週に1度のタップのレッスン。
レッスン前、先生や一緒にレッスンを受ける人たちとオシャベリしながらストレッチ。
貴重なコミュニケーションタイムです。
レッスン始まると、みんなガツガツステップに没頭するから、今のうちに。

このスタジオに通い始めて丸3ヶ月。
今やすっかり雰囲気にも慣れて・・・というか、体験の時から雰囲気はすごく良くて、
週1回のまだ3ヶ月なんだけど、とてもリラックスしてレッスンを受けられています。

レッスン終了後、先週からどうしても気になっていたステップを先生に質問しました。
あれ、私の弱点克服にかなり有効そうだったから。
そんなステップを忘れてしまうなんて、ダメじゃんワタシ。いかんいかん。

スッキリするまで結構しぶとかったので、着替えていたら次のクラスがスタート。
はちゃー、邪魔にならないようコッソリ出なきゃ・・・

「ごめんねアキちゃん、チケット、カウンターの上に置いてあるから」
「あ、オッケーです」

・・・やっぱアキちゃんって言ったよね。絶対今言ったよね。
嬉しいぞ。

私は、名前で呼んでもらうのが大好きです。
もちろん「ねこ村さん」でもいいんですけど。「奥さん」って呼ばれるのに比べれば。
でも「アキさん」とか「アキちゃん」とか、名前で呼んでもらうのが1番好き。
なんか受け入れてもらったような感じ。すごく嬉しい。

次のレッスンでも、アキちゃんって呼んでもらえるかな。
きょはー!照れるー!

071123.jpg
「そんなこたどうでもいいから、ステップ忘れないように」

・・・ハイ。
どうなの?
2007年11月21日 (水) | 編集 |
071121.jpg

暑いんだか寒いんだか。
値上げスパイラル
2007年11月20日 (火) | 編集 |
先日、お店で使っている小麦粉が値上がりしたと言いましたが、
お店で使っている使っている卵も、値上がりを続けています。
タマゴ屋さんによると、まだまだ値上がりは続くそうです。

「鶏が卵を産まなくなってるんですよね、餌が少なくなって」
あれです。バイオ燃料 です。

鶏の餌になるトウモロコシなど輸入穀物が、バイオ燃料に使用されることにより
食べるための穀物の量が減り、どんどん値上がりしていっているのです。
既にいろいろなものが、値上がりするとか、値段はそのままで量が減っているとかで
この問題を知っている人も少なくないと思います。

「もうね、タマゴ屋1件潰れてるんですよ」
「え、じゃあ、そこにいた鶏達はどうなるんですか?」
「う~ん・・・それはやっぱり、処分とか、他に譲るとか・・・」
「譲るっていっても、譲られた方もこんな状況じゃ困りますよね」
「そうなんですよね」

2つのショック。
既に、潰れた会社があること。
そして、その為に犠牲になった多くの鶏がいること。

鶏に関しては、一昨年、鳥インフルエンザに絡んで 記事を書きました。
馬車馬のように、命を削って働いてくれている鶏達の行く末・・・

「例えば、100万円卵を売っているタマゴ屋がありました。
 鶏の餌代は120万円します。今はこういう感じなんですよ」

それじゃどう頑張ったって、何をどう節約して切り詰めたって、商売は成り立たない。
餌代を確保するためにも、卵をいっぱい売りたい。
売りたいけど、充分な餌が確保できないから鶏が卵を産まない。
卵を産まないから、卵の値段はどんどん上がっていく。
値段が上がるから、買い手も躊躇せざるを得ない。
買い手が躊躇すれば、当然卵の売り上げは伸び悩む。
これじゃ、需要も供給もあったもんじゃないですよ。

他人事じゃないなと思いました。

071120.jpg

うちだって、いつそうなるか分からない。
もちろんそうならないように頑張るし、頑張りたいと思っているけど、
タマゴ屋さんに聞いても、粉屋さんに聞いても、他の食材屋さんに聞いても、
全く良い返事は聞けない現状です。本当に、ことごとく、皆さん渋い返事です。
どうにもならない値上げのスパイラルに、静かに確実に巻き込まれているのを感じます。

何故か最近、田舎の兄からメールがあり、こういう話題にチョロッとなることがありました。
兄曰く、「経済界は不況とは認識してないよ」
知るか。

今の状況で、不況じゃない、不景気じゃないと、どこをどう見て感じればいいワケ?
私はそういうお勉強をしていないから分からないけど、
勉強して経済界の認識が分かったとしても、だからナニ?ってきっと思う。
ああ、なんかだんだん腹が立ってきた。

負けねーぞ!
至高の幻想即興曲
2007年11月19日 (月) | 編集 |
中学3年のピアノの発表会で弾かせてもらった曲、
それがこの ショパンの幻想即興曲シューベルトの即興曲 でした。
この曲と出会って、ベートーベンと同じぐらいショパンが大好きになった私。
現在開催中のフィギュアスケートグランプリシリーズ2007で、
私の大好きな浅田真央選手が、この曲をフリースケーティングの演技に使っています。

大好きな真央ちゃんが、大好きな曲で踊っている。
カンドー・・・

振り返ると、浅田真央選手のことをねこ村ブログで2回も書いていました。
15歳の真央ちゃん と、16歳の真央ちゃん
そして今、17歳の真央ちゃんを見ています。

真央ちゃんの武器はジャンプじゃないかとインタビューする松岡修三氏の問いに
真央選手のコーチ、ラファエル・アルトゥニアン氏は強く否定して、こう答えました。

「真央の最大の武器は美しさだ」

グランプリシリーズ、スケートカナダとフランス杯に出場した浅田真央選手。
ジャンプはどちらの大会でも転倒やミスで減点されました。
それでも優勝できたのは、ラファエルコーチの言葉が全てを語っているでしょう。

今までは、私もジャンプの浅田真央を見ていた部分がありましたが、
今年は彼女の演技そのものに完全に惹きこまれています。
幻想即興曲で踊るステップは、素晴らしい芸術作品を前に、息を飲み、言葉を失い、
思わず涙がこぼれてしまう、そんな感じになりました。

なんだろう。

こんなに心揺さぶられるスケートを見せられたのは、初めてかもしれない。
アイスダンスで似たような感覚になることはあったのですが、
シングルの演技で、こんなに感動するなんて・・・
トリノオリンピックでの荒川静香さんの演技も美しかったけど、
真央ちゃんのそれは、もっと私の心深くに響いてくるものでした。

たった1年で、ここまで美しく凛とした女性に成長するなんて、思ってもいませんでした。
ミラクルマオとはよく言われますが、まさに奇跡を見ているようです。

ショパンの美しい旋律と、浅田真央選手の美しい演技と。

それが競技で得点と順位を争うものだというのを忘れさせられるほど、
浅田真央の幻想即興曲は私の中で至高の芸術作品なのです。
なにやってんの?
2007年11月18日 (日) | 編集 |
「この爪とぎはオレのものだー!」


と、
猫パンチの途中で寝てしまったハナと、
猫パンチに身構えたまま寝てしまったユメ。

平和ですな。
今年は青か!
2007年11月17日 (土) | 編集 |
ファンフェスティバル2007、今年も去年に引き続き当選しました!
071116.jpg

去年は一般から応募して、ものすごい倍率の中当選してしまったので、
今年は当たらないような気が心の奥底からしていたのですが
ありがたいことに、入場券がポストに投函されていました。
うれちー!

さやぼんさんから、おそらく今日葉書が届いているだろう情報を入手していたので
ドキドキしながらポストへ・・・
「来てるかなー来てるかなー」
ワクワクした声でプレッシャーをかけるヒデを後ろに、ポストの扉を開けると・・・
「あ、残念でした~」

青色のはがき発見。
当選は赤色で、青は残念でしたの500円クーポン。
残念だけど予想通りでした。

「当たってるじゃん」
「え、ハズレだよ」
「ここ入場券って書いてあるじゃん」
「え?!」

わー!今年は青色のチケットでしたか!
てっきり去年と同じ、赤がアタリで青はハズレだと思い込んでました。
おばかー。

ということで、25日の日曜日、札幌ドームで楽しんできまーす。
冬の扉開きました
2007年11月16日 (金) | 編集 |
雪が降りました。

071114.jpg

ここは北国北海道だし、
地球温暖化を考えれば降らないより降る方がいいし、
個人的にも雪は嫌いではないので、見てる分には白くてキレイでいいし、
でも小売店を営む自営業者には、厳しい季節がやってきました。

今年は灯油代が値上がりしてるから、
除雪もロードヒーティングは出来るだけ使わず人力で。
今までもそんなに使っていたわけではありませんが、
今年はねこ村パン屋も不景気なので、切り詰められるところはビシバシと。
ガス代も値上がりするので、お湯の使用もビシバシ切り詰めて。

ちなみに小麦も値上がりしてしまったけど、そこは切り詰められず。
このご時勢だからこそ、簡単に値上げなんて出来ないですよ。

自宅では、ほとんど暖房使っていません。
使わなくても暖かいんです。
さすが北海道。室内自然温暖化対策バッチリ。ステキー!

にゃー達も寄り添いくっつき自家発電。
今もユメがお膝にいますが、ほお~あったか~い気持ちいい~~。

寒くて長い冬にいよいよ突入していきますが、
心はいつも暖かく。
楽しく笑っていきましょー!
めぐり合わせ
2007年11月14日 (水) | 編集 |
水曜の夜は、ねこ村夫妻アクティブナイト。
ヒデがサッカーの試合とか練習に行っている間、
アキはお店でタップの練習をしています。

最近、ますますタップが楽しくて仕方ありません。
先週から、大好きなルパン三世のテーマで振り付けが始まってるので
その振り付けの練習してるだけでも、ノリノリです。

今指導してもらっている先生とは、相性の良さを感じます。
選曲も私好みだし、ステップもフィーリングがあって、
なにより、タップに対する意識とか考え方がすごく似ているのです。
改めていい先生に出会えて良かったなあ・・・と。

1番最初に習った先生には、私のタップの原点ともなる、
タップを踊る楽しさを教えてもらいました。

次に習った先生には、基本をしっかり教えてもらい、
どこに行っても困ることはないぐらいの技術を、身につけさせてもらいました。

次に習ったところでは、更なるテクニックの向上と多くの舞台経験を。
自分はどういうタップを踊りたいのか。その為に何が必要なのか。
タップダンサーアキとしての土台がここで作られました。

そして、今。
リズムタップという、私にとっては新しいスタイルへのチャレンジは、
今まで身につけてきたことを発揮し、今まで見逃してきたことを発見し、
持てる全ての力を出してなお、まだ力が沸いてくるような、
生きる喜びといっても過言ではないぐらい、細胞が歓喜しています。

世の中、少ない少ないとはいえ、タップダンスのインストラクターはたくさんいて、
その中で、私はどういう導きでこの先生たちと出会えたのだろう。
その導きに、めぐり合わせに、心から感謝。

今日のヒデはゴールを決めたそうです。おめでとう。
きょうだいだもん
2007年11月13日 (火) | 編集 |
トキはハナとは遊びたいけど、ユメとは遊びたくなくて、

ハナはトキとは遊びたくないけど、ユメとはまあ遊んでもいいかなだけど、
本当は1人遊びが1番好きで、

ユメは、ハナでもトキでもどっちでもかまってくれるならそれで良いけど、
トキにはあまりかまってもらえなくて、

微妙にすれ違う三角関係なんだけど・・・

071113.jpg

いつも一緒にいたいの、それだけは真ん丸関係の相思相愛。

下克上
2007年11月11日 (日) | 編集 |
071111-1.jpg
「天下獲った!」

071111-2.jpg
「あの、ちょっと、ボク天下獲りましたよ・・・聞いてる?」

071111-3.jpg
「そんなチマチマ座ってるヤツに従う気はないね」
「ハッ!」

071111-4.jpg
「天下獲りも楽じゃないな・・・」

既にトキの方が上にいるしね。
え、ナニ?
2007年11月10日 (土) | 編集 |
「アキ、アキ、ハーちゃんがカワイイよ」
ハナが可愛いのは知っているよ、今さらナニヲと思っていたら
「普通猫ってさ、手をこうする時こうじゃん、ハーちゃんは・・・」
と、ハナのしぐさがカワイイと猛アピールするので
「分かったよ、写真撮るよ」

071110-1.jpg
・・・。
この写真でハナを可愛いと思えるのは、ねこ村夫妻だけじゃないかと。
いや、私もこの状態で、ヤ~ンハーチャンカアワアイイイイ~~~~とはならないな。
どう見ても、どこにでもいるフツーのオッサン猫ですよ。

071110-2.jpg

このね、クロスした手が面白くて可愛いんですって。
ヒデが言うには。
普通手をクロスした時、両方とも肉球が下を向いている状態だけど
ハナは、上の手は肉球が上に、下の手は肉球が下になっているから面白いと。
うーん・・・

一応、「写真だと分かりにくいんだよね」と言ってはみたものの、
そんなに面白いのか、これ?
それとも私の腕が悪くて、その愛らしさが全く伝わらないのか?
なんだかよく分からないけど、ヒデ、ハーちゃん、ごめんよ。
とりあえず謝っとくわ。
だってヒデ、写真見て軽くガッカリした顔するんだもん。
お言葉ですが
2007年11月08日 (木) | 編集 |
「10円ぐらい後でいいですよって言ってくれると嬉しいんだけどなあ!
 いつも来てこれ買ってるんだからさあ!」

と突然言われましても、私が常連さんと認識していないお客様には
ツケをお勧めすることは到底出来ません。
例え10円であろうとも。

ねこ村パン屋はツケがききます。
ただし、あくまでも私が信頼しているお客様に限り。
数ヶ月に1度しか来られない、名前も知らない、そんなお客様に
「今度でいいですよ」と言ったところで、その今度が一体いつ訪れるのか。
そういう方にツケられるほど、ざっくばらんな商売は出来ません。
たかが10円であろうとも。

子供でも、お金が足りなかったら諦めます。
あるだけで買えるものを、頭使って考えて選んで買っていきます。
それが常識です。

あのねえ・・・

今の世の中、1円足りないだけでもジュース1本買えなかったりするわけですよ。
どんなに喉が渇いていても。
それを、どんな権利を持っているからって、私はこんなにも偉そうに
ツケを主張されなきゃいけないんでしょうかね。

挙句の果てには
「あんた経営者?」

だったらどーだっちゅーんじゃい。
なんか説教でもしようっちゅーんかい。

説教したいのは、こっちの方じゃー!!!ばかたれーーーーーーーー!!!

とりあえず!
お店の入り口に車横付けするのやめろ!次のお客さんが入れなかっただろーが!
それから!
ツケを頼むにしても、物には言い方ってのがあるのを知らんのか。
それを「ありがとう」も「すいません」もなく・・・お前は悪代官かーーー!!!
そもそも!
お前さんは1000円のランチ食べに900円しか持っていかずに、
「いいだろ100円ぐらい」と言ってランチ食べんのか?食べれんのか?
だとしたら、進む人生間違ってるぞ!ばーかーたーれーーーーー!!!

はあ・・・

ちくちょー悔しいなあ。
何も言えない自分が悔しい。言えない立場の自分が悔しい。

071108.jpg
「まあ、そうイライラすんな」

だって出来ないんだもん
2007年11月06日 (火) | 編集 |
タップダンスのレッスンに行って、よく聞かれること。
「うちでも練習とかしてるんですか?」

してます。
だってしないと出来ないんだもん。
レッスンの時間だけじゃ間に合わないんだもん。

「やっぱり練習しないとダメですよねえ」

そりゃダメでしょう。
出来ないんだから、練習するしかないでしょう。
天才じゃないんだし。

「そうですよねえ」

そうなんですよ。
で、するの?しないの?練習。

週1回のレッスンだけで、上達できるわけない。
と、私は思っています。タップもバレエも。音楽でもスポーツでも。
だから練習する。
出来ないから練習する。
出来ることはもっと上手に出来るように練習する。

出来ないんだったら、練習すればいいじゃんって思う。
人がどれだけ練習してるとか、そんなの関係ない。
上手になりたいんだったら、練習すればいいじゃん。
人の練習量気にしてる場合じゃないじゃん。

なんだろなあ・・・

出来ないんだったら練習しようよって思う。
それだけ。
楽しいひと時ふた時
2007年11月04日 (日) | 編集 |
ヒルマン監督プロデュースのグリル&バー『Hillmand's Hang out』
さやぼんさんと旦那さん、ねこ村夫妻の4人で行ってきました。
071103-1.jpg

「いらっしゃーい、楽しんでってねー!」
というヒルマン監督直筆のメッセージボード。
よーし楽しむぞー!と思っていたら、隣のちっこいボードに
「本日のランチは終了いたしました」

なんでやねーん!まだランチ終了まで1時間もあるじゃんかー!
どうやら、大人気で用意していたランチが完売した模様。
ディナータイムまであと3時間半・・・

071103-4.jpg
近くのコーヒーショップで、ランチ代わりのシナモンロール。
せっかく来たんだし、4人で食事なんて機会もなかなかもてないし、
待ちますよー、ええ、待ちますとも3時間半。

3時間半後。
着いた席のテーブルには、こんなものが。
071103-2.jpg
Fighters vs. Hawks September 27 2006

去年の9月27日、対ソフトバンクホークス戦の記録です。
コピーではなく本物。新庄さんや小笠原選手の名前も見えます。
更に更に、よーく見てみると・・・
071103-3.jpg
おおっ!こんなところにダルビッシュの名前が!
これが噂の、ダルビッシュ有リリーフ登板した試合ですか!
武田勝、ダルビッシュ、武田久、マイケル・・・うーんなんて豪華な投手リレー。

でもこの頃私、そんなに興味なかったんですよね。ファイターズもプロ野球も。
名前を知っていた選手も・・・3人、4人ぐらい?新庄、ダル、小笠原、森本・・・
Kanekoなんて「誰それ?」ですよ。

初めて日ハムのことをねこ村ブログに書いたのが、去年の10月12日
この時は、日ハムがセ・リーグかパ・リーグかすら分かっていませんでした。
今では両リーグ12球団、全部言えます。今季の順位まで言えちゃう。
成長したな~ワタシも。金子さんは選手会長兼キャプテンですよ。

4人で、「この数字は何だ」「これはあれだからきっとこうだ」と
書かれてある記号を解読するのがすごく楽しかったです。
おっ、ロッテのズレータの名前がこんなところに!
去年はホークスにいたのかー。
カブレラ・・・は西武のカブレラじゃないカブレラさんなんでしょうね。
今季不調の松中も、3割3分打ってますよ。
他のテーブルのも見てみたかったなあ。

さて、肝心のお料理ですね。
ブリトーとか、ジャンバラヤとか、サラダとか、チキンとか、
みんなで取り分けて食べましたが、私はかなりお腹いっぱいになって
1番楽しみにしていたデザートのブラウニーが食べられなくて残念でした。
メニューは、なるほどアメリカンスタイルなんでしょうな~という感じで
そういうものが食べたい時には、雰囲気も含めて楽しめるのではないかと。
・・・こんな感じです。えへへ。

1番楽しかったのは、4人でおしゃべりして過ごした時間。
またみんなでお食事に行きましょうねー!
終わってまた日が昇り
2007年11月03日 (土) | 編集 |
昨日の朝。
目が覚めて、朝焼けで桃色に輝く雲を見て、その日1番最初に思ったのは

「ああ、もう試合はないんだ・・・」

昨日はねこ村パン屋のお客さんに、残念でしたねって声かけてもらった。
「なんとか北海道に帰ってきて欲しかったんですけど」
最大級の笑顔で話さないと、泣きそうだった。寂しくて。
それでも、いつも野球の話で盛り上がる阪神ファンのお客さんとは
話しているうちに泣きそうになった。寂しくて。

「でも、この寂しさも時間が解決してくれることだとと思いますし」
「ううん、ずっと寂しいよお~」

ええ!?そうくる?!

今日は、寂しさも随分減ってきて、時々何かの弾みにグッとくるぐらい。
それよりも、ヒルマン監督退団新監督就任に伴うコーチ陣の退任とか、
選手の戦力外通告とか、予想通りではあるけれど
シーズンが終わった途端に吹き出してきた去就問題で眉間にしわです。

オリックスから移籍したばかり、ファイターズのユニフォームが似合わない萩原投手。
9月24日、対ソフトバンクとの首位攻防戦、延長12回の表。
大暴れしながらも抑えたあの日から、私の追っかけハギーが始まりました。
荒れながらもなんだかんだで無失点に抑えていくゴッツイおっさん。
クライマックスシリーズ優勝の時、子供のような笑顔でファンに応えていたハギー。
これからどんどんファイターズになじんでいくんだろうと思っていた矢先の解雇。
ポストシーズンでの活躍はなんだったんだ。・・・非常に虚しいです。


[READ MORE...]
ありがとう
2007年11月01日 (木) | 編集 |
2007年の北海道日本ハムファイターズのシリーズが、本日で全て終了しました。
日本シリーズ第5戦。1勝4敗。

今シーズンの開幕投手ダルビッシュ有。
今シーズン最後の試合でも、素晴らしい力投を見せてくれました。
今年のファイターズを若干21才の若武者が、最後の最後まで引っ張ってくれました。
日本シリーズでも、貴重な1勝を導き出してくれた若きエース。
ありがとう。

ナイター中継の後、いつものファイターズ情報番組をそのまま聞いていたら
マイケル投手や、森本選手の登場曲が流れました。
札幌ドームに行った時、いつも聴いていた曲・・・

綺麗な緑の芝。
抑えで登場、投球練習をするマイケル。
森本選手の登場曲に合わせて、応援バットでリズムを取ったこと。
広い広いグラウンドを走る、ファイターズナイン。
この1年のことが、次から次へと思い出されて、涙が出ました。
楽しかったなあ。

日本シリーズ。
不思議と、負けたことの悔しさはほとんどありません。
中日にも、今は、心からおめでとうを言えます。
中村ノリも本当に良かったね。おめでとう。
荒木・井端の二遊間は敵ながら惚れ惚れするアートなプレーだったし、
谷繁捕手のバッターを見る刑事のような目にはドキュンとしたし、
今回は、中日が2枚も3枚も上手でした。
おめでとうございます。

ファイターズのみんな。
もうあれこれ言うことはないです。何もないです。
ありがとう。
本当にありがとう。
すごく楽しかった。1年、とっても楽しかった。
ありがとう。
札幌で、待ってるから。
みんな元気に帰ってきて。
お疲れ様でした。

今は本当に、この言葉しか出てきません。

ありがとう。
諦めたら終わりだから
2007年11月01日 (木) | 編集 |
日本シリーズ第4戦。
1勝3敗で、中日ドラゴンズに王手をかけられ、
ファイターズはいよいよ後がない状況になりました。

さすがに昨日は落ち込んで、元気が戻らないまま、
それでもちゃんと寝られたし、朝も普通に起きられたし、
そして朝起きた瞬間からいろいろ思って考えて、
やっと、気持ちがまとまりました。

絶対、最後まで諦めない!

正直、今のファイターズの状態を素人なりに見て
勢いのある中日相手に、ここから3連勝は難しいと思っています。
でも、今戦っている人たちは、誰ひとりとして諦めてないはずです。
選手が、監督が、チームが、諦めていない限りは必ず勝機があります。

だから私も、最後まで諦めない!

出来ることなら、今すぐ札幌ドームの選手ロッカールームから
卓球台を持ってナゴヤドームに飛んで行きたい。
残念ながら私は今日も仕事とレッスンがあるので、それは出来ませんが、
いや、そんなのなくて暇でもそれは出来ないような気もしますが、
でも応援ならできる!

今日はタップのレッスンがあるから、中継を聞きながらは応援できないけど
レッスンがあって応援できないことが、私の最大の応援です。
私のレッスンがある日は勝てる!
この、嬉しいような切ないような縁起を、今日も担いで頑張ります。

ヒルマン監督と幸雄さんのラストゲームは、札幌ドームで!
札幌で、待っています!

頑張れ!ファイターズ!


このお方も、苦しい状況で諦めずに頑張っています。
そこに意味があろうがなかろうが、それが1番大事!

多分ね・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。