自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突き抜ける興奮
2007年07月31日 (火) | 編集 |
今日はとってもエキサイティングなことがあった。

070731-3.jpg

今の私が望んでいる、欲しているものが、突然目の前に現れて、
あまりにも唐突だったから、しばらく興奮冷めやらず、
ようやく落ち着いたとき初めて、うっすら汗をかいているのに気付いた。

だって、本当に 「今の」 私が求めて止まないものだったから。

いろんな決意や確信、そういうものが体いっぱいに渦巻いていた時、
渦巻くものを噴き出させるように吹いた、大きな大きな追い風。
進め!進め!さあ、湧き上がれ!

070731-4.jpg

澄んだ空のように、高く、高く。
迷いなく、志天高く。
さあ!
スポンサーサイト
層雲峡の滝
2007年07月30日 (月) | 編集 |
 銀河の滝。

昨日は、層雲峡まで滝を見に行こうドライブでした。
一昨年行った時は、デジカメが壊れていた上寒くて写真撮影断念
去年行った時は、大雨で滝への道が通行止めだった上にアキ逮捕
今年こそ素晴らしく滝を堪能しようと、気付けば3年連続の層雲峡ドライブです。

北海道に来て何ヶ所かで滝鑑賞していますが、
ここ層雲峡の滝は、なんと言っても名前の通りの美しさが見事です。
銀河の滝は落差120m。流星の滝は落差90m。
柱状節理と呼ばれる断崖を流れ落ちる姿は、揺るぎない宇宙の荘厳さを
髣髴とさせる圧倒的な存在感で、心をわし掴みにされます。

070730-4.jpg
残念ながら流星の滝は、滝が鑑賞できる駐車場からはこのような感じで
滝の落ち始めしか見えませんでしたが、流星の滝との名前にふさわしく
ほうき星のような姿が・・・だからヒデ、ほうき星のような姿がね・・・

夏休み、そして日曜ということもあってか、夕方前の時間でもたくさんの観光客。
しかし駐車場の奥に進むと、全く人気はなくなります。
070730-2.jpg

しかも倒木が行く手を阻むように道を塞いでいるので、
滝からは少し離れたこの場所に行ってみようと、特に思わないのも頷けますが
離れた所から眺める滝の姿もまた美しく厳かで、静粛な気持ちになります。

070730-3.jpg これで?

・・・この人が何をやっているかと言うと、
実はこの駐車場の奥に、更にいくつかの滝へと続く遊歩道があったのです。
が、落石の恐れがあるため完全通行止めになっていたので
「あたいはこの先に行きたいんだよー!」とまあ、そういうことらしいです。
そこを狙うより、上に登るか下を潜るかした方が確実に先に進めそうですが
先に行く度胸がないからこんなことやってるんでしょうね。
いや、なくていいんですよ、そんな度胸。

銀河・流星の滝は、2つ並んでいながら駐車場からは同時に眺められません。
後になって知ったことですが、この駐車場のどこかから、
双瀑台という2つの滝を同時に鑑賞できる展望台へのルートがあるらしいので
次に訪れた時は是非そこに登ってみようと、新たな目標が出来たのでした。
楽しいかな、層雲峡ドライブ。

070730-5.jpg 070730-6.jpg
大きいでめきん。小さいでめきん。
部屋に土
2007年07月27日 (金) | 編集 |
例えば、いつもより仕事がかなり遅くなって、凄く疲れて帰ってきて、
何とか気力を振り絞り、にゃー達にご飯をあげようとリビングに入ってみたら
観葉植物の鉢が倒されて、部屋中土だらけになっていたとしたら、
呆然と立ち尽くしたり、へなへなと力が抜けて動けなくなったとしても、
仕方ないですよね。
しかも新しく出てきた若い葉っぱを食いちぎられ、その食いちぎった葉っぱを
部屋のあちこちに吐き出されていたら、やるせなくってもいいですよね。

例えて言ってみたものの、つまりはこれが現実だったってことですよ。
犯人はこの人ですよ。
070727.jpg
実はこの人前科者。

去年、タップ教室の生徒さんに観葉植物を頂いた時も、
がっつり鉢を倒して、部屋中土まみれにしてくれました。
しかもその時私は、38度以上の熱を出して、仕事を早上がりさせて貰って
ふらふらしながらなんとか帰宅して部屋に入ってみたら、これだよ。
で、あの時は本当に腰が抜けて、しばらく動けませんでした。

倒すこと自体本来なら頂けないことなんだけど、
それにしても同じ倒すなら、もっと余力のある時にしてくれればいいのに。
何故にクタクタでヘロヘロになってる時に限って、土まみれなの。

・・・さては、怒る気力がないだろうと、ワザと狙ってやってんのか?
こんにゃろ~可愛い猫の振りして、とんでもないヤツだな。
とりあえず、もう寝る。寝るぞ!
はああ~~~
2007年07月26日 (木) | 編集 |
何と言いましょうか・・・
本日は非常に疲れております。気持ちが。

今日は、とあるダンススタジオにタップのレッスンを受けに行きました。
先生のタップシューズがとても綺麗なのを見た瞬間、あ、やっぱりなと思ったのですが
やっぱりなと思った以上に先生がステップ踏めてなくてビックリ。

まあ、いいんですよ・・・何かを教わりに行ったわけじゃないし。
自分に馴染みのないステップがあったら盗もうと思ったのと、
自分が札幌でどれぐらいのレベルなのか確かめる為に行ったんだもん。
ちょっとした心の中でのひとり道場破り。
目的は果たせたからヨシ。3000円も払ったけどヨシ。ヨシ。ヨシ。ヨシー!

こんなだったから、せめてファイターズには勝ってほしかったのに~いいい・・・
ファイターズ、オリックスに負け越し。
しかもこの3連戦、エラーのなかった試合が1度もナシ。1度もナシ。1度たりとも!
くああ~~~~~~~~!バカタレ!シャキッとせんかー!

救いは、ねこ村パン屋閉店30分前に完売御礼になったこと。
と言っても、今週になってガクーンと客数と売上が落ちて、
今日は作るパンを減らせるだけ減らしたので、普通通りに作っていれば
絶対完売するような状況にはならなったんですけどね。

いいんだあ~~~~~~・・・はあ~~~ああ~あ~~・・・


「おかえりなさいませ、ご主人様」

4年前のハナ。なぜか三つ指ついて斜め視線。
北海道へ引越しカウントダウン1ヶ月を切った頃の写真。
ハナ、まだ4才になってないのか。若いなあ~。
我が家のピンチ
2007年07月24日 (火) | 編集 |
電子レンジ、スタンド式掃除機、2層式洗濯機、
14インチブラウン管テレビ、デスクトップパソコン、プリンタ。

電子レンジは、とうとう先日使用不能になり、新しいのを購入しました。
新しいレンジは前レンジとデザインが似ているので、違和感なく我が家に溶け込み、
なおかつ無駄なく素晴らしい働きをしてくれています。
願わくば、このままトキが新レンジを勝手に開けませんように・・・

デスクトップパソコンは、もう既にお蔵入り。
現在はお店のノートパソコンが、自宅とお店を往復する日々。
しばらくはこの状態が続きそうです。

スタンド式掃除機、2層式洗濯機は頑張ってます。
ガムテープで補修されていたり、押さえていなければ動かなかったりですが、
本来の働きは充分果たしてくれている愛着ある家電なので、
本当に動かなくなるまで、ずっと使い続けようと思っています。

プリンタは、今日黒色が紫色になりました。
ちゃんとインクも入っているし、なんとかチェックとかなんとかクリーンとか
そういうのも異常ないんだけど、黒色が黒に近い紫色として出てきます。
今年の初めからは、山吹色がどう見てもピンク色にしか見えなくなっていました。
今のところ、まあそれでもいっかーな状態で過ごしていますが、
いつかいっかーじゃなくなる時が来るような気もしないでもない今日この頃。

テレビは、こちらもとりあえず問題なく働いてくれているので
地デジに切り替わるまでは、サイコロみたいな可愛い14インチブラウン管で。
ハナの専用ベッドにもなっているし、もともとテレビあまり見ないし。

で、この中で我が家の1番のピンチは何かと言うと、
何を差し置いてもこれでしょう。

FU TO KO RO

070724.jpg
「さみしいの?」
ちょっと見えた
2007年07月21日 (土) | 編集 |
今日も先週に引き続き、マイク先生のバレエレッスンでした。
日本人暦の長い私には、ハッキリ言って、英語で先生が何を言っているのか
よく分かりませんが、分からなくても分かった顔して目で頷けば、
先生も目で頷き返してくれることが分かった、今日のレッスン。
大切なのは、心の通ったハッタリです。

『CATS』というミュージカルがあります。

私はこのミュージカルを、ブロードウェイと劇団四季の公演で観ました。
もちろんブロードウェイはブロードウェイなので、全て英語です。字幕なしです。
劇団四季は劇団四季なので、全て日本語。私日本語は得意です。字幕なしです。

この作品の中に、『MEMOLY』という歌があります。
グリザベラというみんなから爪弾きにされているヨレヨレの娼婦猫が、
集まった猫たちの前で心の丈を歌い上げる、クライマックスのナンバーです。

正直、劇団四季の公演を観た時、
「何でここでこの猫はこの歌を歌うんだ?」
と疑問で仕方ありませんでした。ずっと頭にはてなマークでした。
それが、ブロードウェイで観た時、グリザベラが
「Touch me!」
と歌い上げた瞬間、何かに弾かれたように私は号泣してしまいました。
「触っちゃる!あたしが触っちゃる!」
辛うじて残っていた理性が私を座席に着かせたたままにしていましたが、
危うく、グリザベラを抱き締めに舞台へ跳んで行くところでした。

もちろん全部英語で、聞き取れたのはこのひと言だけで、
その前後にグリザベラが何を歌っていたのかなんてサッパリでした。
ただこのひと言で、私は全てを理解できたのです。
このキャッツという作品と、このシーンでこの歌の歌われる意味が。
得意なはずの日本語では、全く理解できなかったことなのに。

大切なのは、心の通った言葉です。
たとえ言葉は通じなくても、心が通っていれば伝わるのです。

今日で私のマイク先生レッスンは終わりましたが、
「私はやる気満々です!」オーラをバリバリ出しながら受けたレッスンは
私にとって、非常に価値あるものになりました。
今まで頭でしか理解できていなかったことに、体がふいに応えてくれたり、
普段のレッスン以上にドラマチックに手を伸ばしたり、首を傾けたり、
いつもと同じ動きだけどいつもとちょっと違う風にやることで、
見えなかったものが突然目の前現れる、そんな感覚が何度かありました。

大切なのは、心の通ったコミュニケーション。
私の心と私の体とのコミュニケーション。

波間にフラフラしていた体に、ヒョッと魂が戻ったような
そんな週末になったもんだから、ホラネ、楽しい。

070721.jpg

かくれんぼ、見つかった?

波間
2007年07月20日 (金) | 編集 |

緑の波間にかくれんぼ、だあれ。

今週は、気持ちが波間に浮いたり沈んだり、沈んだり沈んだり。
気まぐれに浮いたりしながら沈み続けて、気付いたら週末だ。
なあ~んか楽しいことないかなあ・・・

そんな風に考えてる時は、楽しいことも簡単に見過ごせる。
楽しいことを探しているようじゃ、楽しいことは見つからない。
楽しいってのは、結果論だから。

それならば、何とか波間に浮いていましょう。
成り行きに任せて、浮くだけならば案外出来るんじゃないかな。
気付いたら、足のつく場所にたどりついてたりするもんだよ。

それでいいじゃん。こういうときは。
感謝の虹を渡る心
2007年07月18日 (水) | 編集 |
野球素人アキによる、本日のファイターズの負け要因解説。

その1、先発投手金村まさかの大乱調。
前回完投した試合のヒーローインタビューで、
「次は初回にホームラン打たれないよう気をつけます」
みたいなことを言ってましたが、ホームランじゃなくても4点取られたら
まだホームラン1本だけの方が良かったよ、金村・・・

その2、長打力に加え三振力も強い野手の起用。
新助っ人外国人ミッチ・ジョーンズと社会人ルーキー金子洋平は
素人から見れば似たり寄ったりの選手だと思う。
長打もあるけど、それに勝る三振もある・・・そっくりだ。
今のファイターズは、長打に頼らなくても勝てる要素はいっぱいあるのに
その要素を削ってまで先発メンバーにこの2人を並べたのはナゼだ?
しかも相手は、今年はとっても上手なピッチャー。
そんなにパカスカ打てる相手じゃないですよ、敵ながら。
だったら、コツコツ当てて足で稼いで、少ないチャンスをものにしたい。
やっぱ素人考えっすかね。

その金子洋平の言葉に、ちょっと引っかかった。
「やっぱり人がたくさんいるところでやらないとプロじゃない」

人がたくさんいるところっていうのは、1軍の試合のことです。
所詮2軍は2軍、観に来る人も比較にならないぐらい少ないんでしょう。
でもそれ、その数少ない応援に来てくれる観客への感謝の気持ち、こめられてる?

もちろん、みんな1軍で試合をしたくて、1軍で試合をする為に、
必死で2軍で力をつけて必死で1軍にのし上がろうとしてるわけですよ。
2軍にいる選手の誰一人として、2軍で満足してるはずありません。
金子洋平の発言も、そういう意味で解釈できなくもないんですが、
でも何か引っかかるんですよ。あまりいい気分がしない。

洋平、1軍と2軍は違うからね。
2軍で打ちまくってても、1軍の選手相手に同じようにはいかないよ。
言われなくても分かってると思うけど、言わずにはいられない。
1軍に再登録されたキミの幾つかの発言に、どうしても違和感を感じてしまう。
全ての人に、感謝の気持ちを忘れんなよ。
多くの人の支えがあって、今ここにこうしてキミが立っていられるんだから。
決して自分ひとりの力じゃないんだから。

・・・私もそうだ。



大地にかかる虹。
心にも虹をかけて、その美しさに感謝して。
初ナイター
2007年07月17日 (火) | 編集 |

試合終了後、選手のハイタッチと、ヒーローインタビューの舞台の準備。

今日は生まれて初めてのプロ野球ナイター観戦に行ってきました。
先月応募していた、この日の試合観戦のチケットが当たったのです。
札幌市にある9つの区、今日はその中のひとつ、ねこ村夫妻が暮らしている区の
区民1000組2000名が、このソフトバンクホークス戦に招待して貰いました。
1塁側アッパー指定席にぞろりと揃った同じ区民の皆さん。同士よ!

ドームで試合をやると、昼も夜も晴れも雨もほとんど関係ないですね。
そしてドームで試合観戦をやると、昼も夜も晴れも雨も、1塁側も3塁側も、
内野自由席もアッパー指定席もほとんど関係ないですね、ワタクシ。
内野自由席に比べると非常に静かな周囲の雰囲気なんてお構いなしに
ワーワーキャーキャーがんばれーかっとばせーばんざーい!
隣の小学生が、物凄い勢いでこちらにチラ見視線を送っていました。
まだまだねボウヤ。ふふふん。

試合も勝って、こりゃあ夕方5時にお店を閉めた甲斐があったってもんだ。
いつもより3時間も早くお店を閉めて、札幌ドームで野球観戦。

ま、たまにはね、こんなこともあっていいでしょう。
あー楽しかった!

070717-2.jpg
ドーム入場前、空があまりに綺麗だったので1枚パチリ。
赤い花白い花
2007年07月16日 (月) | 編集 |


  赤い花つんで あの人にあげよ
  あの人の髪に この花さしてあげよ
  赤い花赤い花 あの人の髪に
  咲いて揺れるだろう お日様のように

  白い花つんで あの人にあげよ
  あの人の胸に この花さしてあげよ
  白い花白い花 あの人の胸に
  咲いて揺れるだろう お月さんのように

070716-2.jpg

「好きな歌は何ですか?」と尋ねられたら、間違いなくこの歌。
子供の頃、『みんなのうた』で聴いたこの歌が大好き。
あの人って誰なんだろう。
大人になった今でも、あの人が誰なのか分からない。

もうひとつ、『みんなのうた』で聴いて好きな曲、『オランガタン』。

  深い川の右の岸で 深い川の左の岸で
  川の向こう少し気にして 川の向こうとても気にして
  オランガタン オランガタン
  ここでは赤い色の幸せが ここでは青い色の幸せ
  なにより美しいと言われてる 誰もが他の色を認めない
  川はある日 水を増して 町をひとつにした
  ああ 青赤混じり紫色 ああ 不思議な色の幸せの世界さ

オランガタンとはオランウータンのことだとか、
実は『みんなのうた』では流れなかったこの続きがあったとか、
大人になって知ったちょっぴり不思議な世界もありますが、
1番不思議なのは、どちらも色の歌だということに今気付いたこと。
今の今まで、全然気付かなかった。

世界は色に溢れている。

070716-3.jpg
青い空に浮かぶ白い三日月。
紫の世界
2007年07月16日 (月) | 編集 |


今日は2年振りに、富良野のファーム富田へラベンダーを見に行きました。
前回と同じく、ものすごい渋滞に飲まれて途中ボターッとしましたが
ラベンダー畑について、この紫と香りを前に、出てくる言葉はひとつ。
「きれい・・・」

070715-2.jpg
日の光をたっぷり受けて、ああ、まぶしい。
お花は太陽の光を浴びると、とても嬉しそうに見える。

070715-3.jpg
小さな小さな花が集まり、大きな紫の海になる。
大きな海の、元はこんなに小さくて可憐。

070715-4.jpg
明日の海を夢見て、今はまだつぼみの中に。

最近、ラベンダーの香りにハマッています。
寝る時、ラベンダーの香りのお香をたいたり、軽くミストを吹きかけたり。
ほのかなラベンダーの香りに包まれて寝るのは、なんだか素敵気分満点です。
帰り道は、でめきんの中が素敵気分満点に。

070715-5.jpg
本物のラベンダーの香りは、草の香りのおまけ付き。
今日の夜は、いつもと違うラベンダーの香りで素敵気分に浸りましょう。
ちょっと嬉しかった
2007年07月14日 (土) | 編集 |
今日のバレエは、マイク先生のクラスレッスン。
マイクというぐらいだから、もちろん外国人の先生です。
去年も1度レッスンを受けたことがあります。
それを踏まえた上で、今日の私はちょっぴりブルーでした。

例えばこれが、タップのレッスンだったら違ったと思うんですよ。

タップだったら、外国人の先生のレッスンがあると聞こうものなら、
聞いた瞬間からドキドキワクワクソワソワウキャーウキャーで、
レッスンも鼻息荒く、誰よりも先生の側に陣取る自分の姿が目に浮かびますが、
バレエでしょお~・・・

何度も言うようですが、私はバレエの為のバレエのレッスンではなく、
タップの為にバレエのレッスンを続けているので、
いつもの先生のレッスンで充分というか、いつもの先生のレッスンがとても良くて、
毎回毎回発見や課題があって、それに取り組むのが良かったんです。
私はまだ、外国の先生のレッスンを受けるレベルじゃない。ないったらない。

こんな文字にするとイラつくぐらい後ろ向きモードで挑んだ今日のレッスン。
あれ?・・・思ったよりいい感じかも。あれ?あれ?

去年は汗もかかずに終わったような気がしていたのですが、
今日のは、マイク先生が言っていることが理解できて、
私にとっては複雑な動きにも、何となくついていけている気配がして、
何より、ちょっとだけ個人的に指導をしてもらえたりして、
あれえ~なんか、ちょっと嬉しいかも。・・・えへ。

1年前には出来なかったことが、1年後には当たり前のことになっていて、
1年前は人の後ろでコッソリやっていたことが、1年後には図々しくも
人の前に出て、間違えようが何しようがガッツリやっていて、
1年間自分が何をやってきたのか、少し垣間見えたような気がしました。
頑張ってるよ、自分。

来週も、マイク先生のクラスレッスンがあります。
今日指導してもらったことを意識して、集中していこうと思います。
もう今日みたいにやる前からブルーな気持ちにはならないぞ。
頑張れ、自分。

070714.jpg
青い花。とっても綺麗。
期待
2007年07月13日 (金) | 編集 |
期待するから辛くなる。
期待通りにならないと、やるせない気持ちになる。
だったら、最初から期待しなければいい。
勝手に期待して、勝手に落ち込んで。

でも、期待しないのも期待されないのも、
もしかしたら、ものすごく寂しいことなんじゃないだろうか。

期待しない。

期待しないは、どこかでその繋がりを絶ってしまう感覚になる。
見捨てる、見放す、そんな言葉に似たにおいがする。
期待すると辛いけど、期待しないのも、辛くないだろうか。
生きていて。

ふとそんなことに気付いたら、
期待するのも期待外れに終わるのも、悪くないなと少し思えた。
期待外れは辛いけど、時に負のエネルギーに満たされるけど、
生きていたらそれぐらいはあるもんでしょう。

そうだ思い出した。
私はシアワセなだけの人生なんてつまらないと思うタイプだった。
光もあれば影もある。
影がなければ光もない。
どっちも愛しい。光も影も、どっちも愛しい。

期待外れが期待外れになる瞬間なんてのがあった時には、
嬉しいやら気恥ずかしいやらくすぐったいやら、ちょっと罪悪感やらで
そりゃもう不思議な気分ですよ。

なるほど、これが生きているってことか。
楽しいな。

070709-2.jpg

ナイター中継に思う
2007年07月12日 (木) | 編集 |
今日のファイターズは、高卒ルーキーカワイイ顔した読書家吉川くんが、
初完投初完封でオリックスバッファローズに勝利しました。
2回裏に7点の大量リードを貰って、気持ち的にも余裕持てたんじゃないでしょうか。
でも、今日言いたいのは、ファイターズヤッター吉川くんカワイーではなくて・・・

2回裏のファイターズの攻撃。

先頭打者4番セギノールがセカンドゴロに倒れた後、
5~8番までヒット連打で1点先制なお1アウト満塁。
続く9番選手会長金子誠がファーストゴロに打ち取られたと思ったら
キャッチャーエラーで3塁ランナー生還1点追加、まだ1アウト満塁。
続く1番森本のヒットで更に2点追加してこれで4点、まだ1アウト1・2塁。
オリックス先発投手デイビー、まさかの2者連続デッドボールで押し出し1点。
また1アウト満塁で、打順は再びセギノール、今度はライト前ヒットで2点追加。
結局ここでオリックスデイビー降板、次の投手に代わってやっと2回裏終了。

はっきり言って、デイビーが本気で気の毒でした。
投げれば打たれ、投げれば打たれ、今度は投げたらぶつけ、しかも2回も、
どんな気持ちでマウンドに立っているのかと思うと、なんかもう・・・
解説の元キャッチャーの人も、120%ファイターズ応援中継ではあるものの
デイビーが気の毒で、代わりにマスクを被ってやりたいと言っていました。

・・・いやね、いいんですよ、120%ファイターズ応援実況だから。
そりゃあ1イニングで7点も取りまくれば、笑いも止まらないでしょう。
止まらないだろうけど、だからってヘラヘラ笑いながら実況しないでほしい。
ただのファンじゃなくて、あなた実況っていう仕事中でしょうが。

なんて言えばいいんだろ。

いくら敵とは言え、苦しんでる人の立場をちょっとでも感じられないかなあ。
解説の声のトーンが落ちているのに、実況はエヘラエヘラと・・・
別に敵に塩を送れとは言わないけど、なんかないの、感じるものが?

あ、分かった。
頑張ってる人を笑う人が嫌いなんだ、私は。
ねこ村家でいつも聞いている北海道のラジオ局の実況アナウンサーは
そのあたり欠けていると思わせる人が、とっても多いんだ。
だから、ファイターズを応援しながら、別のところでイライラしてる。
今日はそのピークだったのかも。

とりあえず、吉川くんおめでとう!
オニイサン方もよく後ろを守ってくれてて、良かったね。
キャッチャーの鶴岡ツルちゃんもいいリードしてくれてたみたいだし。
いいチームに来たじゃん~これからもヨロシクネ、頑張って!応援してるよ!

070712.jpg
「おめでとう!ばんざーい!やったー!」
ああっ・・・
2007年07月11日 (水) | 編集 |
昨日は仕事から帰って寝室で着替えて、ニャー達のいるリビングに行くことなく
そのままベッドにドバーンとダイビングして遠い世界に行ってしまったので、
今朝トキと約束したし、今日はニャー達といっぱいコミュニケーション取ろうと
ユメが犬のようにくわえて持ってきたマタタビの小枝を使うことにして、
お膝でマッタリしていたトキに、ごめんねとちょっと譲ってもらい、
ユメの小枝狩りのお供をさせていただいていたら、小枝じゃなくて
私の小指が獲物になってしまいました。イタイ~~~~・・・

絆創膏は家にはないし、これからお風呂に入らなきゃいけないし、
寝る前に根性を試す機会を与えてもらったことに、感謝すべきかどうなのか。
ねえ、トキ、どう思う?

070711.jpg
「・・・・・・・」
4周年を終えて
2007年07月09日 (月) | 編集 |
070709-1.jpg

7月7日は、ねこ村パン屋開店4周年記念日でした。
今年は6~8日までの週末3日間で、全品5%オフセールをやりました。
ねこ村ブログでも繋がっている方にも来ていただき、本当に嬉しかったです。
ありがとうございました。

正直、いろいろ複雑な思いが交差した3日間でしたが、
なんとか無事に終了することが出来て、今はホッとしています。
「なんだかんだ言って、お客さんに育ててもらってきたんだよね」
セールを終えての、ヒデと私の最終的な感想です。

また明日から、そしてこれからしばらくは、
『夏の暑さは売り上げダウン方程式』との戦いが始まります。
気持ちで負けないよう、気楽に、楽しく、頑張っていこうと思っています。
私も、接客の基本と初心に立ち返って、レベルアップを図るつもりです。

先のことは分からないし、
先のことを考えて何かをする余裕もないし、
そういう先見の明も持ち合わせていないけど、
明日につなげるために、今日を頑張ろうと思います。
私に出来るのは、これぐらいしかないし、
これが全てだとも思っているので。

とりあえず、借金返すまでは意地でも頑張るどー!
見てろよ、国民生活金融公庫!
走る童心
2007年07月04日 (水) | 編集 |
滝野すずらん公園、園内にあるこどもの谷。
070704-2.jpg

赤い大きなゴムボールを持って、たくさんの子供とそのお父さんとお母さんが
丘を登ったり降りたり、途中で休んだりしていました。

谷を囲む遊歩道を歩きながら、
「あのボール、あれどうやって遊ぶんだろうね」
谷の上までエッサオイサと玉転がしして、谷の上から本当に玉転がし。
うーん・・・

あっそうか。
子供はそれだけで楽しいんだ。
丘の上まで、大きなボールを転がして上がって、
せーので転がるボールを追いかけ丘を下っていく、
それだけで楽しいんだ、子供ってのは。
猫もそうじゃん、仔猫も走るだけで楽しそうじゃん。
楽しいんだよ、子供は走るだけで。
そうかそうか。

・・・じゃあ、ちょっと走ってみる?
ヒデと谷の頂上から、せーので谷下りスタート。

「うわわわわわわわわ!ちょっとちょっとちょっとちょっと!」
「止まらない止まらない止まらない!」
「うわははははははは!」

なんだ、大人も楽しいじゃん。
げらげら笑いながら、谷を猛ダッシュで下っていく男女2人。
こどもの谷では、大人も子供になれます。

070704-1.jpg
子供に戻りすぎて、アスレチックで大興奮するいい大人の図。
ピカピカでめきん
2007年07月03日 (火) | 編集 |
ねこ村家の愛車、三菱トッポ、名前はでめきん、クールなMT車。
070703-1.jpg

日曜日、滝野すずらん公園に行く前でめきんを洗いました。
自力で洗車したのは本当に久し振りで、多分3年ぶりぐらい。
カー用品店でちょっとした洗車道具を仕入れて、いざ洗車場へ。
お天気の良い日曜の午後、愛車を連れて訪れている人で賑わっていました。

洗車場に来るといつも思う。
みんな車が可愛くてしょうがないんだ。
茶金髪なニイチャンも、愛想ないオッチャンも、誰も彼も、
大事な愛車の頭のてっぺんから足の裏まで綺麗に拭いたり塗ったり。
そこにいると、妙に幸せ気分になるのです。

よし!ねこ村一家も仲間入りだ!

今まであまり気に留めることのなかった、でめきんの隅から隅までを
ワックスつけたタオルでしっかりしっかり磨いてあげると、
ああ、こんな傷がついてたんだ、こんなとこにも傷があったんだ、
でめきんの体にたくさんついた傷に、ごめん、でめきん。

今までいろんな所に乗せて行ってくれて、
丈に見合わない長距離を、文句言わずに走ってくれて、
でめきんがいたからこそ、忘れられない経験をしてこれたのに、
そんなでめきんに対して、自分はなんて無頓着だったんだろう。

でめきんのボディに触れながら、ぎゅっと締め付けられるのは
私だけじゃなくて、ヒデも同じみたいで、ごめんな、でめきん。

外も中もピッカピカになったでめきんは、
「ほら見てピッカピカ!」と言っているようで、中に入れば
「ほら中もピッカピカ!」と喜んでくれているようで、
ピッカピカのでめきんはピッカピカな気持ちで、
いつもと変わらず私たちを乗せて走ってくれるものだから、
いいヤツだな、でめきん。

これからは、私たちが楽しませてもらってきた分、
でめきんも楽しい気持ちにさせてあげる機会を、増やしていこう。
なんたって、ねこ村一家の思い出乗せた大事な足だもん。
な!でめきん!

070703-2.jpg
「早く帰ってこないかなあ」
百花繚乱
2007年07月02日 (月) | 編集 |

ラベンダーは、もう少しです。

日曜日、滝野すずらん丘陵公園に行ってきました。
去年か一昨年、天文観測会に1度だけ来たことがある場所。
明るい時間に訪れたのは初めてです。

綺麗に整備された公園には、あちらこちらに花が咲いていて
070702-3.jpg 070702-5.jpg
070702-4.jpg 070702-6.jpg
陰になり、日向になり、初夏の空気を姿いっぱい浴びていました。

北海道は、桜が咲いてから梅が咲いて、
タンポポとアジサイとヒマワリとコスモスが一緒に咲いたりするもんだから、
ゴージャスといえばゴージャスな光景ですが、
それぞれの花に四季を感じていた私には、なんだか奇妙な感覚で、
花の移り変わりは、今でも本州が懐かしい。

花の季節が短いから、花もみんなで必死に咲くのでしょうか。
そう思えば、いじらしい。がんばれ、がんばれ。

060702-2.jpg
「ラベンダーはまだだね」
プロフェッショナル
2007年07月01日 (日) | 編集 |
家パソコンが壊れたのは、既にお話した通り。
今日はその治療に、神の手の持ち主にお越し頂きました。

『続・へろりん日記』のさやぼんさんのダンナ様。
IT関係の企業にお勤めされるダンナ様は、びっくりするほどパソコンに詳しくて、
パソコン暦はそこそこ長いのにパソコンのことを全く理解していない
・・・しようとしていない私に、非常に分かりやすく納得のいく説明をしてくれます。
そして拙い状況説明にもかかわらず、テキパキとした診断と治療をしてくれる、
私にとってパソコンのゴッドハンドなのであります。

そんな神の手をもってしても、厄介だったのが我が家のパソコン。
あれもだめコレモダメ、こうなったら本体分解外科手術と思いきや、
ガードが固く、カバーの分解すらさせない気合いの入れよう家パソコン。

こんにゃろー、どこまで手を煩わせるんだあんたってばよ。
そんなんだから、掃除機は折れた部分にガムテープを貼って、
電子レンジの受け皿は割れたところをつなげて、
洗濯機は今の時代に2層式で、テレビは14インチのブラウン管で
充分満足という私に、愛着を感じさせないんだよ分かってっか?

とりあえず、家パソコンはさやぼん夫妻宅に緊急入院となりました。
本体は、原因不明の奇病で使用不能と判断が下ったので
残したままのデータをDVDに移す作業を行うそうです。
私がきちんとバックアップを取ってさえいれば、在宅治療で済んだのに、
休日出勤でお疲れのところ、まことに申し訳ありません。

それにしても、毎度毎度神の手には感動させられます。
パソコン治療をお願いしたのはコレが2度目。
最初は、店パソコンの調子が狂った時に。
その時も、スラスラスラ~っと問題を解決する仕事ぶりに仰天したものですが、
今日も当たり前のように全てを想定の範囲内にしていくその姿に、
すごいな~プロだな~プロってやっぱりいいなあ~。

さ!でもこれで、7年使ったウィンドウズミレニアムエディションともお別れ!
バイオとミレニアムエディションという名前に釣られて購入したのが
そもそもの過ちだったのよ。私のバカバカ。
次購入する時は、分解しやすい本体にするぞー!

060701.jpg
「そんなんだからまた壊れちゃうんだよね」
「全然分かってないよね」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。