自営業ヒデ&アキ+甘えん坊愛猫3匹の北海道生活満喫ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねこ村ジャジャジャン
2006年12月31日 (日) | 編集 |
ねこ村パン屋に続き、ねこ村3大ニューーーーーーーーーース!

1231-1.jpg
2006年年越し蕎麦ねこ村バージョン。

その1ジャジャジャン。マンション買った。
これはもう、ダントツの特大ニュースでしょう。
それまでは、うちに帰るのも憂鬱な住環境でした。建物然り。住人関係然り。
今は「早くうちに帰って猫に会いたい」が、仕事で疲れた時の元気が出る呪文。
暮らしの環境が人に与える影響の大きさを実感した1年でした。
ありがとう。

その2ジャジャジャン。野球に目覚めた。
ビックリ度で言えば、マンション買ったことよりビックリだったのがこれ。
今年は野球に限らず、サッカーW杯とかトリノオリンピックとか、
スポーツ色の濃い1年だったとは思いますが、野球ですよ、野球。ワタシが。
本人が1番ビックリ。
ファイターズのファンになったことで、スポーツニュースが楽しみになりました。
野球に限らず、名前しか知らないようなスポーツでも、興味を持って見ています。
例えるなら、猫を飼い始めたら、犬もうさぎも、他の動物もみんな可愛くなってきた、
この感じでしょうか。
人生の楽しみがいっぱい増えて、毎日のウキウキ度が300&アップ、ありがとう!

その3。とりあえず、みんな無事だった。
細かいことで、あれもニュースこれもニュースと取り上げたいこともあるけれど、
やっぱりこれかな。ヒデも、アキも、ハナもトキもユメも、みんな無事。
ヒデは相変わらず、気管支炎と皮膚炎の病院通いは続けているし、
アキは今年は、やたら体調崩してゲホゲホゴホゴホうだうだやってしまったし、
猫達は・・・猫達は本当に元気だったわ。
今年は初めて、体調不良が原因で臨時休業することはありませんでした。
それまでは2年連続して、どっちかがダウンしてお休みしたことあったんですよね。
それがなかっただけで良かった。やっぱり、笑っていられることが1番。
ありがとう。

お店の大掃除もほぼ予定通り終えられて。
うちの大掃除も、とりあえず玄関と窓とトイレは気合入れてやって。
お蕎麦も食べて。メチャメチャお腹いっぱいになって。
猫はフクフクまるまるしてて可愛い。
終わり良かったから、2006年ねこ村、いっぱいハッピーでございました!

みなさんありがとう!また、遊んでくださいね!
スポンサーサイト
ねこ村パン屋ジャジャジャン
2006年12月30日 (土) | 編集 |
2006年の営業も、本日無事終了。
明日の大掃除で、ねこ村パン屋2006も幕を閉じます。

HP時代から仲良くしてもらっている 『ネコ専科』 のシバヤンの日記
恒例シバヤン家5大ニュースが載っていたので、ねこ村もそれに便乗して・・・

ねこ村パン屋3大ニューーーーーーーーース!!!

5つも思い浮かばなかったからね。3つでもかなり難儀したからね。
そんなに大きなニュースが何度もあったら、かえって困るしね。

その1ジャジャジャン。大型特注。
札幌には、コンサドーレ札幌というプロサッカーチームがありまして、
そのホームグラウンドのひとつが、ねこ村パン屋のある地区にもあるんですが
そこで試合が行われる時、ある特定のファンクラブ会員対象に、
ねこ村パン屋のパンを配るという企画を頂戴したのです。
残業したり、早出したり、大変だったのは大変だったけど、
売り上げもさることながら、なにより良い経験、勉強になりました。
そしてもひとつ、クリスマスコンサートで来場者に渡すプレゼントに
ねこ村パンをとお客様から。その数330個!どひゃー!
私はてっきり断わるかと思ってたのに、ヒデ引き受けちゃうんだもん。
作るのはヒデだから、ヒデが良いと言えば良いんだけど、びっくりしたよー。
お渡しの日なんか、ちゃっかりサッカーの練習に行ってるし。すごいわ。
改めてヒデの職人っぷりに惚れた、その1ジャジャジャンでした。

その2ジャジャジャン。本州からのお客様。
考えてみたら、ねこ村にコメントを下さっている方々のうち、
会ったことない方って、実は圧倒的に少ないんですよ。これもびっくり。
めろんさんみーやさんタピアンさん、こちらのお3方は、
北海道旅行&帰省のスケジュールに、ねこ村パン屋訪問を組み込んで、
遠方はるばる、札幌の外れにあるお店まで足を運んでくださいました。
みーやさんとタピアンさんは、まだブログでのお付合いも日が浅かったのに、
お会いすることが出来て本当に嬉しかったし、思い出しても感激です。
めろんさんとは2度もお会いできたし、次は私が行く番ですね。
こんな縁を取り持ってくれた、ブログとお店にも感謝。

そして最後、その3ジャジャジャン。
まあ、ニュースというにはなんですが、売り上げが前年を上回ったことかな。
年初めにいきなり前年比を下回り、そうでなくても前年ものすごく悪くって、
まぢでヤバイよとヒデと対策を練り始めた頃、雑誌等の取材や特注が入りはじめ、
年度が変わる頃から、少しずつ立て直してくることが出来ました。
と言っても、前年を下回る月もあったし、何とか勝ち越したという感じ。
来年もドキドキしながら毎月過ごすんだろうな。その次も、そのまた次も、ずっと。
ただ、今年は頑張りました。今年もって言わなきゃダメか。
月例ミーティングも年間通して欠かさなかったし、毎月新商品出したし、
去年やらなかったことで、出来ることにはトライしてきたと思います。
こんな感じで来年も、出来ることにトライしていけるよう、頑張りまふ。



とりあえず疲れたー!ヘロヘロだー!でもいい1年だったー!
来年もいっぱい笑える1年になりますように!ありがとうございました!
店側
2006年12月28日 (木) | 編集 |
クリスマスパンのシュトーレン、今日で予約分のお渡し完了。
これでやっと、ねこ村パン屋のクリスマスも終わりました。
本当は昨日終わっているはずだったんだけど・・・

「毎度ありがとうございます、ねこ村パン屋です」
「あ、はい!」
「あの~シュトーレン、今日27日なんですが~」
「ああっ!!私今日って言ってましたっけ!」
「ハイ、先日も確認されて・・・」
「わああ~ごめんなさい!ああ~バカバカ!すみません、明日でもいいですか?」

と、今日までクリスマスが延びたわけです。
年末年始の家族旅行、その電車の中で食べてくださるんですって。
去年もそうだったから、それに間に合いさえすれば、こっちはいいんです。
旅行は明日からだから良かった。楽しんできてくださいね。良いお年を。



それに、シュトーレンは日持ちするから、1日2日ずれても平気。
上手な保存で、ますます美味しさが増していくぐらい。
でも、そうじゃないものもあります。それは、ピザ。

[READ MORE...]
私のサンタクロース
2006年12月25日 (月) | 編集 |
サンタクロースの存在を信じていたのは、いつまでですか?
私は小学校5年の時まで、かなり本気で信じていました。

1225.jpg

近所の子達と遊んでいたら、サンタクロースなんていない、
サンタクロースは本当は親なんだよという話題で盛り上がりました。
「そうじゃなあ」と言葉では同意して、じゃあバイバーイと先に帰った曲がり角、
まだ集まって騒いでいる子達を見て、「本当はおるもん」と心で叫んだあの日。
あれが小学5年の時でした。本当に信じていました。すごいな。

そこまで信じ込ませてくれた親に、とても感謝しています。
クリスマス前に我が家では幾つかイベントがあって、
サンタさんにクリスマスプレゼントをお願いする儀式とか、
おもちゃ屋さんで欲しいプレゼントを母に報告する儀式とか、
今思えば、欲しいものが母にバレバレな儀式オンパレードだったのですが、
でも、朝起きて枕元に欲しいプレゼントそのものがあると
「すごい!なんでサンタさんは私の欲しいものが分かったんだろう!」と
喜びと驚きをもって母に話していました。それを見る母の嬉しそうな顔。

その後どうやって、我が家のサンタを認識したかは覚えていませんが、
間違いなく私にはサンタクロースが存在していました。
あのサンタクロースの存在は、今でも心から信じています。
美味しい夜
2006年12月24日 (日) | 編集 |
クリスマスディナー、骨付き照り焼きチキン。

トリもも肉の何がいいかって、皮がいいです。
あと、骨付きは軟骨も食べられるからいいです。皮も軟骨も大好き!
近所のスーパーで安かったチキンだけど、美味しかったし、
何より食卓にこんなのがドーンとのると、それだけで「うわー!」ってなります。

1224-2.jpg
メリークリスマス!緑のクリスマスケーキで、森の中のサンタクロース。
待ってたよー!5日間もお預けくらってたよー。
ちょっぴり子供向け風なデザインは、冷凍で東京から送って貰ったため。
形が崩れるので、凝ったデコレーションは出来ないのです。
でも、オーナーパティシエの気持ちが伝わってきて嬉しいケーキ。
よし、切り分けますよ!
1224-3.jpg
わー!栗だ!栗のペーストが入ってる!本物の栗も!
普通の抹茶ケーキには入ってないのに。えー私がモンブラン好きだから?

・・・・・・

食べ始めて、気付いたら無言になってました。あまりに美味しくて。
抹茶の美味しい渋みが、クリームにもスポンジにもしっかり生かされていて、
どんなに食べてももたつかず、この渋さはまさに大人の味わい。
栗もさらりと上品で、しっとり甘く、実に抹茶によく合っています。
ああ、抹茶だ・・・栗だ・・・

北海道に来て初めて、妥協しないクリスマスケーキを食べました。
ああ、来年のクリスマスが楽しみ!
幸せの冬至
2006年12月22日 (金) | 編集 |
12月22日は冬至。今年はお客さんのお陰で、冬至らしい冬至になりました。
これ、美味しそうでしょ。

かぼちゃのぜんざい。お客さんからのおすそ分け。
ストーブの上でじっくりじっくり炊いて、あずきはとろっと、かぼちゃもとろっと。
あずきとかぼちゃ本来の甘さが、ふわあ~っと広がって、ホッ。
生まれて初めて食べたかぼちゃぜんざいは、とってもとっても美味なりで、
ハア、私シアワセだわ。かぼちゃぜんざい好き。

それから、柚子湯にも入りました。これも生まれて初めて。
お風呂の蓋を開けると、ふわわん~ああ~いい香り~。
湯船に浸かると、ぷかぷか柚子が近寄ってきて、カワイイ~ホイホイ。

この柚子は幸せの柚子で・・・
八百屋で柚子が欲しかったおばあちゃん、2個でいいのに4個入り。
それを見ていたお客さん、「じゃ、うちで2個もらいますよ」
おばあちゃんと柚子、半分ずっこ。
でもそのお客さん、実は既に柚子を用意していて、そうだ、パン屋さん。

今年は思い出しても風邪の多い1年で、残念なことに今もそうで、
もしかして去年の冬至で食べたかぼちゃアイス、あれがそうだったのかな。
冷え性気にしながら、でも冬至でかぼちゃだからって敢行したかぼちゃアイス。
でも来年は大丈夫!これだけ幸せな冬至を満喫したから!
カモン~来年!

あ、その前にクリスマスあって、年賀状もあって、大掃除もあって、
えっとそれからそれから・・・そうだ、猫砂買わなきゃ。
クリスマスケーキ
2006年12月20日 (水) | 編集 |
これなーんだ。


正解は、セロファンに包まれた抹茶のクリスマスケーキ。
ただいま完全冷凍中。今日の朝、はるばる東京は北池袋から届きました。

去年のブログで食べたいと絶叫したラティーネのケーキ。
今年の年賀状に「ラティーネのケーキが食べたいです」と書いて送ったら
オーナーから「冷凍で送ったことがあるから大丈夫だと思います」とのお返事。
まぢで!まぢですか!まぢ!
そして今年、入籍記念日と結婚記念日と、このクリスマスで3回目のお取り寄せ。

東京時代は、これプラスお互いの誕生日にデコレーションケーキでしょ、
給料が出たら、給料袋持って小物のケーキ1人2個ずつで4つでしょ、
北海道に引っ越すことを決めてからは、毎日通ったでしょ、
・・・年に3回のお取り寄せじゃ、本当は全然足りないところなんだけど
食べられるだけシアワセ。うん、ありがたい。

去年はクリスマスが日曜だったから、仕事の後にクリスマスパーティやったけど、
今年はクリスマスが月曜だから、定休日が潰れて大晦日まで休みなし。まぢですか。

でも、今日届いたこのケーキを見たら、そんなことどうでも良くなって、
仕事の後ヒデとひょーひょー言いながら、このケーキをカットしている姿を想像して
あー待ち遠しい!いつ食べる?日曜食べる?月曜食べる?やっぱり日曜?

ヴェールの向こうで、ケーキが微笑んでくれてるような・・・
私たち、幸せになります!
再会
2006年12月16日 (土) | 編集 |
まだまだタイムマシーンで、今日は12月16日土曜日。

いつ頃からだったかなあ・・・
1週間の中で1番売れる土曜日が、そうじゃなくなってきたの。
今週の土曜日も、朝からまったり。
そんな状況にも慣れてきたし、自営も4年目に入れば腹も座ってくるさ。
もう、ビクビクしないもんねーだ。

でもこの土曜日は、ちょっと特別な土曜日。
パン屋がパン屋とパン屋の話をする。パンの話じゃなくて、パン屋の話。
パンの話は出来ないからね。だって私パン作れないもん。

北海道で出会った人は、みんなお客さん。
お客さんである以上、ちゃんと線引きが出来ていないといけない。
どんなに親しくなれても、どんなに親しくして貰っても、そこはお客さん。
そのことに救われている時もあれば、それが切ない時もあり。

救われるのは、パン屋のアキとして振舞えること。
こう見えて、どうしてどうして、私は非常に警戒心が強いから、
例えば多くの人が集まる場所は、心から苦痛を感じます。
でもパン屋アキなら、「パン屋アキ」というキャラクターを演じられるから、いい。
だから毎日お店にも立っていられるし、笑っていられる。それが、パン屋アキ。

切ないのは、そんなパン屋アキのストレスを誰にも話せないこと。
ナゼ?だって、北海道で知っている人は、みんなお客さんだから。

でもこの土曜日は、パン屋アキがパン屋アキのままストレス発散。
自営業じゃなければ分からない、パン屋じゃなければ分からない、
そんなあれやこれやを、思いっきり喋って聞いてのスペシャルサタデー。
ご主人とパン屋を営むめろんさんが、ねこ村パン屋に来てくれました。
無遠慮にいろいろ聞いちゃって、私は発散したけどめろんさん大丈夫だったかな。
こういう話がしたかったんです、きっと。ずっと。めろんさん、ありがとう。

1216.jpg


おめでとう
2006年12月15日 (金) | 編集 |
ちょっとタイムマシーンに乗って、今日は2006年12月15日。

退院おめでとう(^0^)/新たな出発、まずは今日がサイコーの1日になりますように(=^▽^=)

朝、仕事の途中に携帯メールを送った相手は、この日退院する友人へ。
がんで入院治療中だった彼女が、いよいよ退院の日を迎えたのです。

 まだまだ入院しているから、いつでも来て下さい。

最初のメールを貰ったのが今年の7月11日
最初にお見舞いに行ったのがそれから1週間後
あれから5ヶ月。入院先から貰った最後のメールには・・・

本当にこの日が来た~嬉しい♪♪

この1文だけで、彼女がどれだけ嬉しいのかが伝わってきて、
今となればあっと言う間だったような入院生活の、その長さを改めて思い、
頑張った彼女に、尊敬と心からのエールの気持ちでいっぱいになりました。

実際辛かったと思います。
でも、彼女と会ったり、メールしたりする中では、そんな様子を全く感じさせず
時には病人であることをお互い忘れそうになるぐらい、あっけらかんとしていて
野球で盛り上がったり、人生相談したり、くだんない話で笑ったり。

「よく前向きだって言われるんだよね」
私もそう思うよ。チョー前向き。だから、こんなに早く退院出来たんじゃない?
最初の頃は、年内退院できるかどうかってところかなあって言ってたもんね。
上出来じゃん。すごいよ。おめでとう。本当に良かったね。

新しい生活に落ち着いたら、自宅に招待してね。柿の種チョコ持って行くわ。
うちにも遊びに来て。見晴らしいいよ~感動するよ~。
今度は、その日が来ることを、私は楽しみに待つとするわ。また連絡するね。


今年7月、ねこ村パン屋のオープン記念。
この日の案内で出した1通の葉書が、彼女と私を再び結ぶことになりました。
パン屋をやっていなければ、きっと繋がることのなかった関係。
感謝しています。
ドーン!
2006年12月11日 (月) | 編集 |
ヒデの手作りバースデーケーキ、ドーン!

チョコ生クリームがたっぷり。ココアパウダーで化粧しました。
どれぐらいの大きさかと言うと・・・

このピザ、大体デリバリーピザのMサイズぐらいでしょうか。
このピザの乗っているお皿と、ケーキの乗っているお皿は、同じものです。どひゃー!

それでは中身、ドーン!
1210-1.jpg
うーん、なんかすご~い・・・
ヒデが作りたかったのは、ロールケーキ。しかしこのスポンジ、曲がったことが大嫌いで
「なにくそ、曲がってたまるもんかい」と、巻いてる最中ポッキリ折れちまいました。
冒頭で申した「チョコ生クリームたっぷり」は、実は、ロールしなかったロールケーキを
見た目何とかごまかそうとした結果。イエス!ナイスカバー!

「スポンジとクリームはすごいおいしいよ!」
そう、ヒデが作ってくれた部分は全部美味しかったです。
ヒデが作らなかったイチゴとキウィとブルーベリーは、サイコーに酸っぱかったです。
耳の裏のリンパがきゅっと縮み上がるぐらい酸っぱくて、かなり度胸試しでした。

でも・・・

久々に仕事でてんてこ舞いの1日で、しかも週末疲れのたまっている時で、
仕事が終わったあと、厨房から「うわー」とか「うおー」とか言いながら
一生懸命ケーキを作ってくれている姿を見ていたら、フルーツが酸っぱいのも
スポンジがポッキリなのも、機関車かというぐらいビッグサイズなのも、
全部がキラキラキラキラ、私には輝いていてサイコーな出来事でした。
ヒデ!ありがとう!面白かったよ!
モンブランが好き
2006年12月09日 (土) | 編集 |
「明日もいい仕事が出来ますように」
毎晩、寝る前に必ず祈ること。

何をもっていい仕事とするのか、具体的には考えない。
具体的にすると、それこそ限りがなくなるから。
ただ、いい仕事が出来ますように。

仕事中、時々自問する。ほとんどが接客をしている最中。
「いい仕事出来てるかな」
そして自問するのは、大抵いい仕事が出来ていない時。
お客さんに対して、ちょっとした負の感情が芽生えた時。
ああ、いい仕事出来てないな・・・

店員である前に人間になってしまう。
お客様は神様だと分かっていても、その神様だって人間だから、
人間同士の付き合いで、嬉しいこともあれば、腹立たしいこともあり。
私、好きな仕事させて貰って、それはすごく幸せなことなのに。

以前ほどではないけれど、シロは白クロは黒じゃないと嫌なところがあって、
人に対してもそうで、だから接客を生業としているとお客さんに対してもそうで、
そんな自分をちっちゃいなあと思う反面、そんな自分が好きだったりもする。
なんだ。自分には白黒つけられてないじゃん。甘いな。そこがまた好き。



そんなことを仕事しながら考えていた12月9日は、私の21才の誕生日。

・・・うふ。
上の文章にはちょっぴりマチガイがあります。
いーの!気にしないで!本人がそれで納得してるんだから!
さやぼんさん、ケーキありがとう!サイコーに嬉しかったでっす!!!
お店デコレーション
2006年12月07日 (木) | 編集 |
2004年ねこ村パン屋クリスマスのワンカット。


最初の年のクリスマスは何をやったか全然覚えていませんが、
この2004年は、真夜中までお店で飾り付けしてたの覚えてます。
ヒデ制作パンかごは、オーナメント以外全部パン。食べられませんよ。

今年も、どっぷりクリスマスシーズンでございます。
今年ももちろん飾り付け、今年はのんびりやってます。
と言っても、あまりのんびりしてるとクリスマス終わって大掃除になっちゃうから
それなりにプレッシャー感じながらやってます。もう12月も1週間経っちゃったよ。

飾り付け、やってる時はかなり集中してやってるんですが、
実際ワタクシ、飾り付けとかインテリアとか、よく分かりません。
自分の店だから好きにやればいいんだけど、あまりにぶっさいくだと切ないし、
年に1度のこの為だけに、それ系の雑誌等で勉強する気迫も持ち合わせていません。
なので、自分の脳細胞だけを頼りにうーうー唸りながら飾るわけです。

加えて、非常に手先が不器用ときたもんだ。
と言うと大抵の方に、「えーそうですかー?」とか「そんなことないでしょー」とか、
いーえ!誰がなんと言おうとそうなんです!まつり縫いもよく分かりません!
だからちょっとしたことに時間がかかってかかってしょうがない。
はーマイッタナこりゃです。

「イベントなんだから、楽しもうって言ってたじゃん」
誰が?私が?いつ言った?ごめん、覚えてない。
いっぱいいっぱいの脳細胞から送られる指令なんて、せいぜい
歩く時は右足出したら次は左足ってことぐらいです。

師走だからかな。なんだか落ち着きません。
あれしなきゃ、これしなきゃ、あれもあった、これもあった。
少々心に余裕がなくなってきているのか、ふわふわと焦りが付きまといます。

まあ、それでもなんだかんだで楽しく過ごせてるからいっか。
そうだ。明日は柿の種チョコ買おっと。
ね・雪
2006年12月02日 (土) | 編集 |


今日は夕方から雪がいっぱい降りました。
「あ~降ってきたな~」なんて思っていたら、あら、あらあらあらあらあら、
どこまで降るの、いつまで降るの、ナゼにそんなに降り続けるの?
それは、ここが北海道だからです。これぞ自然の成り行きです。

随分北海道民として馴染んできたと自負していましたが、まだまだ。
こんなに降り積もるとつい興奮して、写真を撮りにデジカメ&携帯片手に
雪ザンザン降る屋外へ、仕事そっちのけでイソイソ出てしまうのです。
そして本州の友達へ、「北海道だから~」と写メール送ったりするのです。
まだまだ甘いな~ワタシ。

このまま根雪になるのかな。
根雪・・・

根雪といえば、ワタクシ、ずっと 『根雪』 を 『寝雪』 だと思っていました。
『融けないで寝付いてしまう雪』 というニュアンスだったんですが、
正しくは根雪なんですね。
根雪・・・寝雪の方がステキじゃない?なんかキレイよ。どう?

同じようについこの前まで、『契約更改』 を 『契約公開』 と思ってました。
だって、みなさん契約内容公開しているじゃないですか。てっきり公開かと・・・
ファイターズファンになっていなければ、この先も契約公開でしたよ。

それとはちょっと違うけど、『広告代理店』 と聞いて想像していた業務内容は
思いっきり 『旅行代理店』 のそれでした。
ワタシにとって、全ての代理店は旅行に繋がっているのです。
最初に知った代理店というものが、旅行代理店だったから。

日本語って難しいなあ。

1202-2.jpg
ふ~わ~生クリームみたい。おいしそーだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。